お座敷都市開発

計画性のない箱庭的乱開発でおうちの中が増々カオス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラッピング車輌…

2014年08月09日 21時15分55秒 | レゴ(アイデア・その他)
開催中の「鉄道模型フェスティバル2014」への搬入ノ為ニ梱包スル…の図。広告電車ではなくて…傷付き防止でラップを巻いただけです。

去年のJAMでは、コンビニ袋に1輌づつ入れたのですが、輸送中の微振動でカサカサと擦れて、特に黒い車輌が…あたかも艶消しのように細かい傷だらけになってしまいました。

その反省もあって、今年はセオリー通り業務用ラップに包んでみました。ラップはペタペタ付いて扱いにくそうですが、逆に接した面が動かないので「擦れる」事はありませんよね、よく考えれば。

あと、どうせブロックだから…という発想で、動力以外の台車のみ外し、編成全部をブロックで接続して一つの塊にしてみました。箱の中でガシャガシャ擦れたり暴れたりしなければ、破損や傷付きが少ないかも…という事です。

あとは、このまま新聞紙をグシャグシャにした詰め物と一緒にダンボール箱に放り込むだけのカンタン梱包。

現地での復元が面倒な下枠交差パンタも、こうすればそのままの状態で運べます。まぁ、何処まで大丈夫か実験です。

さて、明日はいよいよ現地に持ち込みますよ!


<告知>

「鉄道模型フェスティバル2014」
・開催場所:阪急百貨店うめだ本店
・開催日:8月6日(水)~19日(火)但、レゴトレインは12日迄
・時間:10時~19時
・入場料:600円

私は設営(非公開)日と、10日(日)&11日(月)に参加予定です。
コメント

客用扉、微妙に凹む…のテストです。

2014年06月29日 00時38分36秒 | レゴ(アイデア・その他)
制作中の117系と旧3000系で成しえなかった表現、扉の凹みをテストしてみました。%3794(1x2プレート中央ポッチ)などを使って0.5スタッド(ポッチ)後退させる…というのは、以前からよく使われている方法ですが、たて組ヨコ組を駆使した写植…じゃなくて、箱根細工的精緻な作品になってくると、相対的に、どうしてもそこだけ解像度が低くて大味な感じがしてきます。

で、もうちょっと鉄道模型的な表現に近付ける為に、0.5プレート(=0.2ポッチ)後退させる表現を考えてみました。画像を見れば「なんだぁ…」ですが、まぁ、そういう事です。支持部を含む扉側の2プレート+1スタッド(=2.5プレート)=4.5プレートで、車体側の2スタッド(=5プレート)との差分を後退分に充てる…というものです。

まぁ、ライトセーバーを穴に突っ込むとか、クリップでつかむとか、そういった自由な位置調整が出来る方法もありますが、黒子(支持部分)のボリュームは変わらないと思います。均一な位置決めが調整無しで素早く出来る…というメリットは、同じ作業の繰り返しが多い鉄道車輌では大きい筈です。


40ポッチ長車輌への応用例です。テスト用のドンガラなので、何という形式でもないです。コイルバネ台車とか、冷房準備工事とか、扉部分にラインが無いとか、色々分割民営化直前の国鉄的なセコい仕様に見えますが、気にしない。

車端部から扉まで6スタッド、扉間8スタッド…と、113系と同じ割り付けですが、なるべく簡単な順組構造になるように、トレイン窓を使っています。

これは予想外だったのですが、この程度の画像でも、沓摺の表現として各扉の足下に入れた灰色部分(1x4タイル)に微妙なハイライトが入って、もの凄く良い感じになります。

タイルなので、肩部分がプレートよりも甘いアール仕上げだから…というのも手伝って、薄いステンレス板で作ってある実物感が、偶然出てしまった…という感じです。

ディティールとしてはなかなか良い結果が出そうですが、引き換えに制約やデメリットも結構あります。

(1)扉部分の室内幅が4スタッド未満になるので、PF機器設置はその他のエリアに限定される。
 →作例の3扉車では、客室部分の床面を8×4スタッドとしているので、PF用バッテリーボックスはここに設置出来る。ただし、この部分は室内補強が必要な複雑な組み方は出来ない。

(2)扉部分の塗り分けに制約がある。
 →少なくとも、この組み方で117系はアウトです。115系3000番台新車時等の青帯広島塗りならOK。末期色も勿論OK(笑)。答えは一つでは無いので、塗り分けによって、組み方を考える楽しみはありますが…。

(3)側板5ブロック+2プレートとした場合、扉直上の幕板が1プレートしか残らない(トレイン窓ハーフ使用の場合)。
 →本来なら2プレートは欲しいところですが、やってみると思ったよりも違和感は無いです。

713系にはそのまま応用出来そうです。115系3000番台だと塗り分けはOKですが(扉部分に最初からラインがありませんからね…)、客室部分は117系と同じ組み方で黒子だらけになってしまうので、PF機器機器設置は無理っぽいですね。

色々問題はありますが、技術的な引き出しを肥やす…という事で。
コメント

今月の廃車…

2014年06月18日 11時44分19秒 | レゴ(アイデア・その他)
・クモヤ791-1
・ED500-901
・ED77 901
・サロ110-900番台(湘南色)

<大型トラック等>
・GROVE TM2700トラッククレーン(シャーシ:日野ZR300)
・日野TCタンクローリー車
・いすゞ エルフ マイパック 移動図書館車

去年のJAMに参加した鉄道車輌は、591系を除いてすべて廃車にしました(あっさり)。まぁ、今から考えると、自分的には設計が古いので…というのもありますが、京阪旧3000系を造る為のベース素材になってもらった…というのが一番大きな理由です。

8幅規格の働くクルマ系は、流石に作品自体が古いので、もう展示の機会は無いだろう…という事で。もう7年も前の作品です…月日の流れるのは早い。パーツは全然劣化していませんでした…新品のようです。



まだ記事にはしていないのですが、ED77はPF機構をすべて車内に納めた、自走出来る量産型の設計が出来ているので、HG版として復活の予定です。

この901も気に入っていたのですが、完成を急いだ為に設計が煮詰まっておらず、パーツの浪費が激しかったのです。PF機器を車体内部に入れる事が出来ず、機関車なのに自走出来ないというのが最大の欠点です(笑)。AWAZOさんの車輌にユーレイ役になってもらって、会場を走り回っていたのが懐かしい…。

クモヤ791も、会場では意外にウケが良かったのですが、前面窓後退角の表現を発見する以前の積分的な表現だったので、まぁ、CADから設計し直すつもりです。40ポッチ長車体の検討用…という、本来の役割は充分に果たしたと思いますので、成仏パス発行でしょう。

サロ110-901(湘南色)は、黙って関山さんの155系に紛れ込ます用に造ったお遊びの車輌ですが、32ポッチ級の良さを理解する良い機会だったと思います。制作予定の113系編成の中に40ポッチ長のHG版サロ110が入っているので、グレードアップして復活する…とも言えます。

ED500-901は8年ぶりの復活で、今回はちゃんと動力車として造りました。RC規格…という一体成形の使いにくいユニットを乗せていますが、出来てしまえばPFよりも扱い易い物なので、JAMの後に立命館の学際でも活躍しています。8年おきに復活する…という周期が出来てしまったので(笑)次回の制作は2021年です(笑)。忘れてたら誰か教えて下さいね。
コメント

2013年の反省会…

2013年12月28日 21時20分15秒 | レゴ(アイデア・その他)
実感の無いままクリスマスも終わって、2013年もあと数日。何か年末企画でも…と考えていたのですが、近所(リアル)で建物の解体工事が始まってしまい、煩いやら埃っぽいやら…でレゴどころでは無くなってしまいました。年末年始は北陸方面に旨いものを求めて退避です。

で、毎年恒例の反省会というか、まとめというか、自分メモのようなモノです。


オリジナルビルド(リアル)

・振子試験車(1)<非公開>
・振子試験車(2)<非公開>
・HOT7000系中間車(振子テスト用)
・国鉄クモヤ791-1:交流試験電車
・国鉄591系:高速試験電車
・JR貨物ED500 901:交直両用電気機関車・試作機
・国鉄ED77 901:交流電気機関車・試作機
・小倉モノレール(日高式規格)<未完成・非公開>
・3幅マイクロモノレール<非公開>
・他、キハ187系や381系等の部分テスト組…

…JAM参加をきっかけにレゴ復帰、というのが一番大きな出来事です。去年末に積みレゴをいくつか処分して、物理的に動きが取れるようになったのも効果があったかと。



CAD作図

・国鉄117系:直流近郊型電車
・国鉄クモハ103:直流通勤型電車
・国鉄クモル145系:事業用配給電車
・姫路市営モノレール(フルスケールVer.)
・姫路市営モノレール(日高式規格)
・国鉄713系:交流近郊型電車
・国鉄ガスタービン電源制御車(半室案)
・国鉄ガスタービン電源制御車(全室案)
・国鉄クハ111(横須賀色)
・京阪3000系(初代)テレビカー
・山陽電鉄クハ3600(旧カラー・非冷房時代)
・国鉄113系:直流近郊型電車(湘南色0'番台・2000番台・グリーン車各種)
・国鉄サロ110-501
・国鉄165系:直流急行型電車
・ダイヤブロック「3LDK」の再現
・国鉄ED77:交流電気機関車(量産型・PF機器搭載準備工事車)<非公開>
・犬山モノレール(日高式規格)<非公開>
・小倉モノレール(日高式規格)<非公開>
・マイクロ#42009テクニック モバイル・クレーンMKII<FBでのみ公開>
・CUBEY・TB2Ver.<mixiでのみ公開>
・グラスマーカー用マイクロモノレール<非公開>
・国鉄EF55:直流電気機関車<未完成・非公開>
・旧型客車用ウィンドウシル<未完成・非公開>
・4幅車用ムーバー<非公開>
・スラブ軌道付き高架橋
・地上用複線軌道(PC枕木・信号ケーブル・地上設備…付き)<非公開>

やりたい事を検討・整理する…という意味でCAD導入。夏以降はヴァーチャルビルドばかりでリアルなブロックは殆ど積んでませんがな。こうやって一覧にしてみると、ブログでは半分近く公開してないのですね。未開封セットの次は未公開CADデータを積むのか?w


2013年のお買い物リスト…

・#10220(フォルクスワーゲンT1キャンパーヴァン)×2
・#10233(ホライゾン・エキスプレス)×2
・#21005(カウフマンズ邸・落水荘)×2
・#31012(ファミリーハウス)×1

・他、パーツ買い多々。

…まぁ、可愛いものです。パーツをセットから調達…という考えは、もう過去のものになりつつあるかもです。セットは組んでみたいものだけ購入…あ、でも、2箱づつ買う癖が抜けていませんね。不要なセット(積みレゴ)の処分は時間の関係で出来なかったのでゼロです。

ここ数年の停滞を思えば、自分にしては積極的に活動した方です。この勢いで、CADで計画した物をリアルに起こしたい所ですが、件の工事が半年くらい続くようなので、暫く無理かも。
コメント (5)

ダイヤブロックの「3LDK」をレゴで再現してみた…

2013年12月18日 17時34分20秒 | レゴ(アイデア・その他)
関山さんのブログに、懐かしい記事が上がっていたので、ふと思い立って作ってみた。

広告画像の右下あたりに掲載されている「3LDK」がモデルチェンジした、最終バージョンを、幼少の頃(1970年代中盤)に買ってもらっていた記憶があるのです。基礎板がピンク色の物で、横引きのサッシがたくさん入っている…。

検索してみたら、以下のブログに掲載されていました。6年以上も前の記事ですが、資料としては貴重です。未だ、昔の物を所有されているようです。ブログの更新は中止されているようなのですが、この画像は残しておいて欲しい!

http://neconokool.exblog.jp/5714348/

http://neconokool.exblog.jp/5709383/



パッケージ画像の角度で。

ダイヤブロックとレゴでは元々の規格が違い、そのまま作ってみると背だけが低くなってしまうので、1階部分の高さでバランスを取ったり…まぁ、色々アレンジしています。

小さな窓は、1×2×2の窓枠を組み合わせると、近い感じにはなりますが、平屋根部分の大窓と、玄関ドアは組み合わせでそれらしい雰囲気にしています。

10×20スタッドの基礎板を3枚使って、横30スタッド、奥行き20スタッド…という大きさだったと思います。



裏側は画像がありませんので、表から透けて見える辺りからの推測と、脳内タイムスリップで思い出しながら(笑)。

LDDはダイヤブロックのCADではありませんので、完全な再現が出来ないのが残念ですが、思い出深い製品なので、何とか資料として残しておきたいなぁ…。
コメント (2)