お座敷都市開発

計画性のない箱庭的乱開発でおうちの中が増々カオス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

赤いシャーシだよ~!

2008年06月26日 17時45分14秒 | レゴ(オリジナル)
トラックの足廻りは黒とは限らないのですよ。他レゴ車輌メーカーと差別化する為…あ、いやいや、一度は作ってみたかった、憧れの(?)赤いシャーシを作ってみました。やや中断ぎみだった低床4軸車、再開です。

クォンのキャビンを作った段階で、偶然せたかさんとネタが被っている事が発覚、私もウィングバンにするつもりでしたが、同じモノを作るのはなぁ~と。

低床4軸は圧倒的にウィングバンが多いんですが、他に似合う荷台といえば、重量物輸送用のフラット荷台が思い浮かび…でも、赤いトレーラー作ったばかり…つか、せたかさんが既に黄色いのを完成済みだしなぁ…。


プロフィア(日野)やクォン(日産)あたりの資料を見ながら、特に横からのシルエットがそれらしく見えるように作ってみました。前記のように、艤装はまだ悩み中ですが、取り敢えずメーカー完成状態のシャーシだけでバランスが取れていれば、あとは何が来ようが怖いもの無しかと。


今回のキモは基本構造をテクニック系で作った事です。前2軸をステア出来るようにしたかったのが発端ですが、軽量、簡単で車高の低いクルマにも対応出来、机から落下させても壊れない(笑)程度の強度を確保、出来れば2軸~4軸まで柔軟に対応出来るくらい汎用性のある雛形が出来ればな~と、そんなイメージで開発してみました。

さすがに前2軸のステアを連動させる事は出来ませんでしたが、ほぼ理想的なフレームが出来たかと。簡単な差し換えで4x2から8x4あたりまで対応出来ます。ブロックで作った物に比べてかなり軽量です。

この上に、ダミーフレームの4幅プレートを重ねると、さらに強固になります。予めいくつか用意しておくと、短時間で大型車がポンポン作れるかも…。


後輪には簡単なイコライザーが入れてあるので、接地性が向上しています。重量物輸送車等で、頭をリフトアップさせるギミックを仕込んでも、2軸共きれいに接地したままの良い子仕様。
コメント (4)

久々の棚アップです。

2008年06月25日 12時45分34秒 | レゴ(アイデア・その他)
棚(brickshelf)にいろいろアップしました。1年振りくらいかな…棚アップ。それでもマトモに完成しているのはこれだけか。

日野 HH 6x4 トラクタ&低床トレーラー
日野 TC 6x2(前2軸)タンクローリー
GROVE TMS2800 & 日野 ZR300 トラッククレーン
いすゞ エルフ マイパック 移動図書館車
宇宙巻き 某私設国際救助隊 TB2 バージョン(笑)

レゴに向き合う時間はそんなに減ってないと思うのですが、1点あたりに要する時間が増えたのと、棚に載せるまでもない中途半端な遊びがやたらに多くなったのが原因かと。

こうやって見るとフィグスケールのトラックばかりですね。カフェコーナー規格の建物も作りたいのですが、なかなかそこまで辿り着けないもどかしさかな。
コメント (5)

分割出来るトラス構造を考えてみた…

2008年06月11日 17時09分32秒 | レゴ(アイデア・その他)
これを適当につないで、上に線路を乗せれば、上路式の鉄道橋になりますね。道路橋とか建物とか…色々応用が効きそうな感じです。

前回掲載したクレーンのジブは一体式なので、後で好きな長さに調整する事は出来ません。本物のクレーンは、中間に別のユニットを追加して長くする事が出来、輸送の時はトラックの荷台に納まる程度に分割出来る物がほとんどです。

…んで、改良版(ジブの中間部分)のサンプルを作ってみました。

テクニックのリフトアームで、一番長い物に合わせたので長さは15スタッド。幅は偶数にしておく方がブロックとの相性が良さそうなので6スタッド、高さは4スタッドです。

強度を出す為の筋交いを入れた場合、ブロックに合わせた寸法を出そうと思えば、最小の寸法は4スタッドという事になります。これ以下の小さい物は出来ません。次に大きい物は5スタッド、あとは3か4の倍数+1です。

トラス…といいながら、筋交いが入っているのは側面だけで、断面と天地面は普通のペグ接続です。単体では微妙にねじれますが、両端に天地を絞った物を接続すれば、クレーンのジブとして使うには問題無いでしょう。片方に突き出たジョイントでどんどん繋いでいく事が出来ます。赤と白を交互に繋げば、実物でよくあるカラーリングになりますね。…まぁ、そんなにうまくパーツが揃うとも思えないんですけど。


こちらは前回作ったクレーンのジブ。パっと見はトラスに見えますが、片側面だけを見ると連続した菱形で、力が相殺する両側面を合わせてやっと強度が出る…といった簡易構造です。拡張は考えていなかったので分割する事は出来ません。

構造はインチキ臭いですが、一体なのでこちらの方が耐荷重は大きいと思います。力の掛り方が左右逆なので、厳密に言うとバランスは悪いと思うんですけどね。手持ちパーツの関係で、直角三角形を形作るセオリーを無私しているので、高さはスタッドのピッチに合っていません。
コメント (2)

まるで工場のようだ!

2008年06月05日 16時05分15秒 | レゴ(オリジナル)
ちょっと足まわりが怪しいですが、普通のクローラー式ジブクレーンらしくなりました。撮影に苦労しそうなくらい大きくなってしまいましたが、案外軽いです。素体の基本構造はそこそこ考えたので軽量な割に強度はあります。2段目のカウンターウェイトは積まなくても自立出来ますが、いっぱい積む方がカッコいいので…。


ジブ起伏用のワイヤを4往復に変更したので、フック用ワイヤが足りなくなってしまいました。ジブ先端のシーブをダブルに変更して、フック用ワイヤも4往復まで対応出来ます。今回のクレーンは、重量物を吊る気満々ですよ。


微妙にエクソを引き摺ってクワッドクローラーのままですが、調べてみると意外にも実在しているんですね~!。…まぁ、フックの代わりにバケットを取り付けた、超巨大なエキスカベータ(掘削機)とかですけどね。海外の露天掘りとかで豪快に穴掘ってるやつです。8組とか、スターウォーズに出て来るサンドクローラーみたいな物も…というか、元ネタは絶対コレだな(笑)。

配置は違いますが、本体とカウンターウェイトにそれぞれ独立したクローラーが付いているクレーンもあるので、まぁ、完全にウソ…というわけではないかも知れません。


操縦室付近にランボードを追加しました。こういったディティールは、人の気配が出て来るので効果的ですね。一応、フィグスケールです。信号灯は重機好きには外せないアイテム。

車輌…というよりも、プラント等の建造物と錯覚しそうな雰囲気です。この立体感は予想していなかったので、ちょっと楽しいです。港にあるようなもっとデカいのも作りたくなってきました(笑)。


そのまま飾っておくスペースが無いので、ある程度分解出来るようになっています。実物も輸送する時はこのようにバラバラにしてトレーラーで運びます。ジブはもっと小刻みに分解出来るような物を作ってみたい。
コメント (4)

旋回体をいぢる…

2008年06月04日 16時35分03秒 | レゴ(オリジナル)
やっぱり普通のクレーンにします(笑)。お遊びとはいえ、スケール物として鑑賞に耐えられるように作ってあったので、基本フレームはそのまま流用します。仮組で洗い出したワイヤーの取り回しに関する矛盾は、シーブとウィンチの位置関係を微調整して対応。


クレーンはバランスが命です。模型といえども重量配分はかなりシビアで、少しの狂いでひっくりかえります。

カウンターウェイトは、様々な吊荷に対応させる為に、着脱自由になっています。下段の基本ウェイトに左右、中央と自由に積めるので、細かく調整可能です。6幅のトレイン1両くらいは吊上げられれば良いかと。


カウンターウェイトをすべて取り外したところ。

テクニックは主に機構を楽しむもので、模型としての鑑賞にはちょっと…という声を聞きますが、ブロックやタイルで適当に穴を隠してやると、案外スケールモデルとしてイケるんじゃないか…という事も試してみたい。

プレートとタイルで側面を覆ってみただけですが、無骨さは思った以上に消えますね。逆にフレームさえしっかり組んでしまえば、殻の差し換えで色々楽しめるかも知れません。同じ強度でかなり軽量化も出来ますし。
コメント