お座敷都市開発

計画性のない箱庭的乱開発でおうちの中が増々カオス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京阪3000系(初代)テレビカー

2013年10月24日 19時37分30秒 | レゴ(オリジナル)
今年の春、京阪から遂に引退しちゃったのですね、旧3000系…。窓パーツに頼らないビルドの習作として、中間車だけのつもりだったのですが、思い出の多い電車だったので…ついつい夢中になって1編成作ってしまいました。



JAMの時に持って行ったサロ153-900番台(サロ110-900番台)のように、1x2クリアブロック順組で簡単に作る事も出来るのですが、もっと大人のホビーとして楽しめる表現が無いものか…と、色々考えてみました。

高価なトレイン窓を大人買いして、力技で長編成に仕立てるのとは違った、もっとミニマルな「作る」を味わおう…といったアプローチです。今回は意地でもトレイン窓を含む、窓パーツは使わないルールで。大人の余裕のような言い方ですが、実際は修行のような鬼ビルド(笑)。



説明しにくいので…三枚おろしにしてみました(笑)。

一番手前のグループは、車体とはポッチで接続されていないユニット群です。鍵状、あるいはコの字になっているので、スポっとはめて、最後に屋根で押さえると、抜け落ちる事はありません。



さらに狭窓間の細い柱にあたるユニットを取り出してみました。内蔵部分(笑)は、外から見えにくくする為に黒ブロックで組んであります。

2ポッチ=5プレートの法則が基本ですが、1プレート単位で送られている窓は、車体側のポッチと一致しないので、ポッチ接続をしないはめ込み技が必要になってきます。

窓間の柱は3方向から押さえつけられていて、本当は全部をまとめて接続する必要はありません。必要の無いブロックを抜いてもっと軽量化する事は出来ると思いますが、その辺は実際にブロックで組んで、強度と相談しながら、いわゆるアンコ抜きをしていく事になります。

…ただ、まとまったスペースを捻出する事は出来ないので、PFシステムで動力化する事は不可能です。



3ポッチ幅の客用ドアを何とかする、というのも今回の目標です。1x2x2クリアパネルを使うと、残りの1ポッチを左右に振り分ける事になります。ブラケットの薄い部分が0.5プレートなので、これを利用して1プレートと1.5プレートに割り振っています。

1x2x2の窓枠を使うと、もっと奇麗に納める方法があるのですが、今回は使用禁止です…まぁ、そもそも黄色が存在しないですけど…。

顔は普通に順組でも良かったのですが、パノラミックウィンドウのガラスが、少しだけ内側に凹んでいるのを表現したかったので、貫通扉と乗務員扉を巻き込んで横組ユニットにして、腰板部分に少しだけ角度を付けてみました。

…因に、鳩マーク(蝶ですがw)は今の所、白は生産されていないようです。オデコのカーブスロープも、生産されるまでポチスロ代用ですね。



取り敢えず、3000(Mc)+3100(M)+3500(Tc)の3輌ですが、内蔵がギッシりテンコ盛りな関係でPF機器を搭載するスペースがありません。一時期あった8000系のT車(8500形8550番台)を組み込んで、そこに機器を搭載するか、…やっぱりダブルデッカーを作るか…ちょっと楽しい悩みではあります。

狭窓ズラリの車輌は上品でいいです。国鉄20m級よりも短い車体なので、ほぼスケール通りの全長38ポッチにしましたが、713系やクハ111よりも長く見えますね。
コメント (2)

クハ111(横須賀色)

2013年10月20日 01時09分49秒 | レゴ(オリジナル)
特急型のように、客室窓を適当に間引いても全体の印象が大きく変わらない車輌と違い、近郊型3扉車というのは、地味ながら結構難しい題材だったりします。

4扉の103系は、何故か扉1つ分省略しても…これまた印象が大きく変わる、という物ではありませんでした。個人的なイメージかも知れませんが、113系を印象付けているのは、両開きの扉が3つ並んでいる所なのかな…と思っています。

逆に言えば、扉さえ3つあれば、客室窓が適当でも113系に見える…かな?…と、ある時、以前考えた3扉アレンジの103系にそのまま713系のお面をくっ付ければ113系じゃん(笑)…と、ササっと考えてみたのがコレです。

…なんだ、客室窓は、高価なトレイン窓を使わなくても結構それらしく見えるじゃん。車端部の窓割りも、実車が3扉だけに103系のような余りが出ずに辻褄が合っています。40ポッチ長と3扉近郊型は結構相性が良いのですね。


まぁ、実際にはお面をポン付けしただけでは無くて、タイフォンやテールライト内側の手摺等を動かしています。

湘南色は鬼門ですから(笑)実現可能という条件下でのプライオリティー最上位は、言うまでも無くスカ色でしょう。まぁ、タンは117系用に手配中のパーツを含めると問題無いとして、濃青が意外にパーツ揃っているんですね。この色の場合、1x1横2方向ポッチパーツは、普通のテールライトパーツに差し替えが必要ですが、頑張れば作れそうな感じです。普通の青ならもっと簡単です。

ドア用のトレイン窓は、予備で多めに買っているので4輛は作れます。手持ちの分も合わせると、グリーン車もギリギリ出来そう。…その場合、クハのタイフォンカバーの位置を下方に移動したり、ATC仕様にしなければいけないのかな…関東の車輌は、あまり詳しくないのですけれど。


後方から見てもまぁ、見慣れたクハ111に見えますね。1500番台あたりを参考にしていますが、貫通扉はステンレス以前の仕様かも知れません。灰緑の扉がチラっと見える方が萌えるんですけど、窓がね…。

113系はパーツ的にも、技術的にも敷居が高いと思っていました。少なくとも、レゴ復帰直後の10年前では雲の上です。CADですが、カタチにしてみると、中ボス辺りを攻略して、少しは怖いものが減った気分です。モヤモヤした霧が少しは晴れたような感じでしょうか。まだ、湘南色153系や583系あたりの最終ボスには遠い気はしますが、一つの区切りにはなったかな。
コメント

クヤ593-1…なのか?(ガスタービン電源制御車全室案)

2013年10月14日 21時17分53秒 | レゴ(オリジナル)
前回の流れのまま、今度は客室の無いガスタービン電源制御車全室案を、アレンジ無しでレゴ化てみました。テキスト(笑)p143の一番下に掲載されている図面です。

全長15m弱の両運転台車ですが、顔がなんと、クモヤ495と同じ!…用途は半室案と同じく、電車に連結してそのまま非電化路線に連れて行くという物です。

形は図面をそのまま作ればいいのですが、問題は色。特急だと485系、急行だと475系あたりと併結するのしょうけど、何に合わせたら良いものやら…。上位互換という事で、特急色が妥当のような気もしますが、客窓が無い上に両運転台…おまけに顔は超ユニークなクモヤ495。車体断面は特急でも急行でも無く、そもそも裾絞りがありません…あぁ、サッパリ想像出来ません。

電源供給は直流でしょうから、153系や165系と連結される可能性もあります。湘南色?…う~んw。

実際の運用に就く前に、じっくりと試験されるでしょうから、ここは素直にクモヤ791と同じ試作カラーにしておきました。顔のデザインが違うので、警戒色の位置が違いますが、まぁ、こんなもんでしょう…窓が少ないので、赤がまた違った感じに見えますね。


例によって反対側の側面図はありませんので、なるべく理屈が通るように…想像で。よく調べると、前回の半室案と共通部分が多く、タービン室はほぼ同じ。全長が短くなった煽りで、制御機器は反対エンド側の室内へ移されています。エアタンクくらいは床下に残したかな…と思い、付けておきました。

実際には計画だけで終わった幻の車輌ですが、不明点だらけの図面でも、他との関連性や時代背景…等々筋を通していくと案外到達点は決まっていたりします。

ガスタービン電源を搭載した車輌…という形式上のカテゴリーは無いし、新たに起こされるとも思えないので、ブルートレインの電源車のように事業用車扱いで「ヤ」(厳密には事業用>職用車)になるのでしょうね。続く数字は…交流、直流共に運用されるという意味では交直両用が濃厚…クヤ490はこの車輌の作図時点(昭和48年)では既に使われていましたし、続番にする関連性も無いので、今までに無い特殊用途…という意味でも百位は「5」が使われたかも知れませんね。振子試験車の591系に「クヤ」は存在しませんが、まぁ、レゴで先に作ってしまったと言う事もあるので(笑)次の番号で…、命名、クヤ593-1。
コメント (6)

ガスタービン電源制御車半室案(急行電車仕様)

2013年10月13日 04時29分10秒 | レゴ(オリジナル)
前回掲載の713系のお返しを、関山さんにダブルで頂いてしまいましたので、やはりここは調子を合わせて…更に濃いモノをお返ししないと失礼と言うものです。

「クハ153低運転台のテスト」は新旧の比較がとても参考になりましたが、「471系試作中…」は、475系を制作予定に入れていただけに、ちょっと黙っておれませんよ(笑)。こうなったら、直流電化区間から交流電化区間へ乗り入れた471系を、架線の無い非電化路線へ引き摺り込んでしまいましょう。

幻の国鉄車輌(JTBパブリッシング)p144に掲載されている、ガスタービンで発電した電力を電車に供給して非電化路線に乗り入れる…といった構想の具体案の一つで、実際の図面は、クハ455に似た国鉄顔の両運転台車、よく見ると車体断面は特急型、客室窓も485系等の特急型に準拠した作りになっています。オデコの表示幕もありません。

他にクハ455の床下に発電機一式を積む…という案も紹介されているので、471系に絡むならコレでもいいのですが、見た目はクハ455そのままなので…何と言うか…怪しさが足りないというか(笑)ここはやはり前者の方が趣味的にも魅力的です。客室を急行型にアレンジしても、特急型よりも説得力が減退する…という事は無いと思いますし。

基本寸法や窓割は、図面になるべく忠実に。顔は471系を意識してオデコの表示幕も付けています。713系では、塗り分けの関係で下げていたテールライトを1プレート上げて、ヘッドライトの内側にタイフォンを追加…まぁ、このまま471系(475系)に使えるデザインという事です。

客室は、特急型の固定窓でも面白いかな…と、一旦それで完成させましたが、妙にタンの面積が多くなってしまうので、ユニットサッシに見立てたトレイン窓に変更しました。


反対側の図面は掲載されていなかったので、平面図を見ながら推測して作っています。こちら側の発電エリアは通路になっているので、インテークを無くして、代わりにモニタ窓を1組追加。どちらのエンドが編成の内側になっても、通り抜け出来る構造のようです。

床下も略図だったので、クハを参考に推測で。燃費が悪そうなガスタービンの為に、大きめの燃料タンクは必修ですね。目立つように色を変えてみました。クハ抜きの編成に組み入れる事も想定して、コンプレッサーも積んでおきました。電動車じゃ無いのに、床下は機器でギッシリです。
コメント (4)

713系…CADですが。

2013年10月01日 21時03分33秒 | レゴ(オリジナル)
実車は4編成8輛しか作られませんでしたが、短編成で小気味良く駆けていくような魅力のある題材なので、いつかは作りたい…と思っていました。

CADだけの手抜きビルダーと言われないうちに(笑)何か大物を一つ…と、117系制作用のパーツを集めているのですが、キモになるパーツ…比較的高価なセットである#10220に、たった2つしか入っていない、タンの1x2x3トレイン窓(%4035)…が纏めて手に入りそうなので、それをネタに妄想展開…と、真っ先に思い出したのでした。

タンの客室窓は、#10194(Emerald Night)にいっぱい入っているみたいなので…まぁ、未開封ですけど。…まぁ、何処に積んであるのか分からないですけど。…CADでは硝子に入っている桟のモールドが表示されませんね。何故かな…?



今回は前面窓硝子に後退角を付けてみました。

いわゆる半ポッチずらしを使った方法を、先のクモヤ791-1で使いましたが、レゴトレイン界で積み上げられた表現方法に少し手を加えた格好です。

153系を起源とする、いわゆる東海型から発展した国鉄近郊型の前面デザインは、流線型でもなく、まったくの四角でも無い…レゴにとっては苦手な造形なのですが、レゴトレインでは既に色々な表現方法で模型化されています。

密度感は出るものの、小さなモデルではやや荒々しく見えてしまう積分系の弱点を、ベクトル系の技法で少し補うだけで、微妙に丸みがあるイメージに脳内変換されると感じるのですが、いかがでしょうか。



車輌が変われば、同じ高架モデルも佐賀駅周辺に見えてきます。ちょっと遊び心で付けた、車輪止めの黄色が、案外アクセントとして効いています。



交流用車輌の屋根は考えているだけで楽しいです。機器に加えて、屋根を這う配線も加えてみました。実車の資料を見ると、実に6幅アレンジがし易いレイアウトになっています。小運転に向く2輛単位の編成といい、レゴトレインビルダーに優しい電車なのかも知れません。



2編成併結…といっても、合計4輌ですから、おサイフにも優しい(笑)…。



ただ、先頭車同士の連結だと、ヘッドライト横の手摺が標準のカーブレール上で干渉しそうなので、マグネットを1つ入れてやらないといけない感じです。まぁ、手摺は付けない方がスッキリするのですが、今回はHG仕様と言う事で…。
コメント