お座敷都市開発

計画性のない箱庭的乱開発でおうちの中が増々カオス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

#4886

2008年09月16日 17時00分35秒 | レゴ(お買い物)
3連休の…というか、BFTの初日。那須まで行くワケにもいかず、ユルく報告も兼ねてクリブリ垂水店に行ってみました。材料としてでなく、純粋に製品を買える開放感(笑)。

…と言いつつ、旧製品の#4886(Building Bonanza)を2箱とはいかに。まぁ色々考えはありますが、将来的に白ブロックが大量に必要になる予感と、旧材質が確実に手に入るうちに…という感じで。

屋根の裏打ち用に、見た目よりも基本ブロックがいっぱい入っているんですよね~、このセット。つか、それよりも、最近の白、そう、特に白いパーツの水っぽさ!…なんかあの薄さがなぁ…。

新旧比べてみると、やはり旧材質の方が濃厚で「レゴらしい」と思うんですよ。

まぁ、普通に目的があって、記号(あるいは手段)としてレゴを使っている時は忘れている事が多いんですけど、本当のレゴ好きな自分として味わう時は、やはりあの「濃厚な白」とちょっと柔らかい材質が良いなぁ~と。
コメント (2)

Brick Fan Town 2008 が始まりますよ~!

2008年09月11日 10時29分51秒 | レゴ(アイデア・その他)



【会場】那須ハイランドパーク内にある「LEGOスタジアム」
【イベント期間】2008年9月13日(土)~23日(火・祝)

★イベント期間は、街で路面電車の運転があります!
★イベント期間は、ブリックファンタウンの横に「あなた」の街スペースが!…会場に用意されたLEGOで街を作ってみましょう!
★9月13日(土)と14日(日)は、レゴモデルビルダーの直江和由さんに建物を作るアドバイスをしていただけますよ~!

※イベント終了後もブリックファンタウンの展示はずっと続きますよ~!。
※イベント終了後は路面電車の運転はありません。
※一般来場者用の街は、イベント期間のみの展示です。

詳しくは↑上のロゴをクリック!

~製作風景はココ!をクリックして下さいね~!


ミニフィグの目線になって街を観光するのも良し、鳥の目になって空から眺めてみるのも良し…ブリックファンタウンを色々楽しんで下さいね。


写真ではこの街の魅力を伝え切れないです。ぜひホンモノを見て欲しいなぁ~!私も「お客さん」になって、もう一度じっくりと街を観光してみたいです。
コメント

Brick Fan Town 2008 の設営に行って来ましたよ!

2008年09月08日 15時30分29秒 | レゴ(アイデア・その他)
取り敢えず速報です。設営途中の画像ですけど、既にこの密度感。何処を取ってもレゴ。眺めるごとに新しい魅力的なアングルが発見出来てしまう情報量の多さ。いつも遊んでいる大好きなレゴに、みんなの魔法(笑)をかけると、こんな事が出来るんですね~!


遠く離れた那須の地に、一所懸命に作った建物やクルマ、ミニフィグ達を置いて帰るのはきっと寂しいだろうな~と、想像していましたが、良い意味で裏切られました。自宅に帰っても、自分がレゴの街で生活を始めたような、そんな楽しい感覚です。そうか、終ったんじゃなくて、始まったんだ!

これからどんな感じで発展して行くのでしょうね~!>BFT


劇場前駅付近…アーチウェイや、お隣のホテルともうまく繋がりましたよ。2階の歯医者さんも営業開始です。

それにしても、写真に撮ると、「レゴしか写らない!」。…バック紙や切り抜き処理がいらないので便利です(爆)。





いよいよ今週末から始まりますよ!
コメント (2)

BFTの歩き方~!

2008年09月04日 16時33分43秒 | レゴ(オリジナル)
この街には大きな中央駅と、お城の袂にある市庁舎までを東西まっすぐに結ぶ広いメインストリートがあるのですが、その昔、このルートに沿って地下鉄が走っていました。

車輌をワイヤーロープで引っぱって動かすケーブルカー式…という、いかにも過渡期といった少し変わった構造だったけど、とても静かで乗り心地は良かったみたいです。

開通は1876年。世界で3番目の地下鉄だったので、地面の下を走る!っていうだけで珍しがられました。当時は街の名所と言えばお城と地下鉄…と言われたくらいで、観光客がわざわざ訪れたりしたみたいです…と、硝子屋のおばあちゃんから(笑)聞いた事があります。

あ、そうそう、その硝子屋さんのあるパラディサ通りはメインストリートの中程から南に伸びる大きな通りなんですけど、そこも地下鉄2号線が開通する予定で、ほとんど工事も終っていたんですよ。でも、1880年の大嵐で街は大停電、大雨が街を襲い、悪い事にトンネルの排水ポンプが停まってしまって、自慢の地下鉄は水没してしまいました。

でも、硝子屋さんも他のお店も冠水はしなかったので幸いでした。…あとで交通局の人が色々調べていたらしいのですが、大雨にも関らず街が水害に遭わなかったのは、実はトンネルに雨水が流れ込んだ事で、水位が上がらなかった為なんです。

風光明美な海岸線にあるこの美しい街は元々標高が低いので、度々水害に見舞われていたようですが、偶然とはいえ、地下鉄のトンネルが街を守ろうとは誰もが想像出来なかった事です。

「これはいい!」交通局の局長は言いました。「地下鉄はやめて、そのまま貯水槽にしよう!この街には路面電車もあるし、その方が市民の利益が大きいよ!」…水没した施設の復旧見込みが全く立たなかった…というのはここだけの話しですが、確かにそれはとても良いアイデアでした。この、その場しのぎ(笑)とも思われる発言は、歴史的に見ると、都市における大規模地下放水路の概念が出来た瞬間だった…とも言えます。

今、商工会の強い要望もあって、この放水路や地下鉄駅跡を世界遺産(産業遺産)に登録しよう!という流れになっているとかいないとか…。


…交通局長の発言から数カ月後、市議会で地下鉄駅はそのまま残し、水没した地下ホームへの階段は、消防用の水槽として役立てる事になりました。

市交通局は路面電車でカバー出来ない地域はバスを走らせる事にし、地下鉄市庁前駅はバスの営業所に転用、1階は水没した地下への階段を撤去、周囲に冊を施し、防火用水槽として整備した上で待合室と切符売場を設置、2階は交通局の事務所として使用する事にしました。

消防施設でもある…という事で、新庁前駅だった建物には火の見櫓として塔屋が増築されましたが、東側にはさらに高い市庁舎の時計台、南には大聖堂があるので、あまり役には立たなかったようです。


市庁前駅から国鉄中央駅のある東の方へメインストリートを2ブロックほど歩くと劇場前というバス停がありますが、その北側にある塔のような建物も地下鉄駅だった建物です。

こちらは民間に売却され、1階は池(防火用水槽)のあるギャラリーとして、時々展覧会や商工会の催し物が行われています。地下鉄が健在の頃は交通局の事務所として使われていましたが、アーチウェイ(メインストリートの空中歩道!)から入れる2階は現在、歯医者さんになっています。ちょっと荒っぽいけど早くて腕が良い…と評判です。


…ところで、この地下トンネル、工事中に古城からの秘密の抜け穴に突き当たってしまった…という言い伝えが残っています。地下鉄の開通直前に、火災等の非常時脱出通路として整備されたようですが、詳しい資料は残っていません。古城の秘密通路も解明されていない所が多く、噂では地下に財宝が隠されている…とか。

この噂話がダイバー達の間に広まって、時々宝探しにやって来る人が居たのですが、先日テレビ局が取材にやって来てからは観光客が激増、昨今のミステリーブームもあってか、すっかり宝探しブームに火が付いてしまったようです。駅跡の水路入口から進入するダイバーに交通局は困惑気味ですが、そのおかげでバスの乗客が増えて財政が黒字になったので、暫くは黙認…というところでしょうか。財宝はまだ見つかっていませんけどね。
コメント (6)

BFTで担当したアイテムは…

2008年09月02日 13時46分39秒 | レゴ(オリジナル)
最大幅7.5メートル、奥行き4.5メートルのレゴで出来た街。いったい、どんなに素敵な街になるんでしょうね~。

さて、私が担当しているのは地下鉄の駅です。厳密に言えば既に廃線になっていて、建物だけが残っている状態…つまり、普通の建物です(笑)。

一つは、バス待合室&切符売場として使われている「旧市庁前駅」、もう一つは、1階がギャラリー、2~3階が歯医者さんの「旧劇場前駅」です。

カフェコーナー等の、いわゆる「モジュールハウス」に準拠していて、自由に組み合わせて街を作れるのですが、さすがに駅同士が隣会う事はありえない(笑)ですね。貴重な竣工記念写真(笑)。

左が「旧市庁前駅」、右が角地仕様の「旧劇場前駅」で、どちらも32×32スタッドの敷地面積です。同時に建設され、設計者も同じ…という設定なので、並べると1つの建物に見えなくもないですが…。外からはほとんど見えないのですが、両方共1階に、地下ホームへ降りる階段跡が残っています。訳あって水が溜まっている…というヘンな遺構なのです。詳しくは次回で。

あと、その流れで市バスと、バス停留所を市内各所…といったところです。もっと色々考えていたのですが、もうそろそろ時間切れ(笑)。…つづく。
コメント