お座敷都市開発

計画性のない箱庭的乱開発でおうちの中が増々カオス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山陽電鉄クハ3600(旧カラー・非冷房時代)

2013年11月15日 00時27分46秒 | レゴ(オリジナル)
また地味な電車を…(笑)ですが、色々繋がりなのです。

最近、レゴトレイン界隈では、京阪間を皮切りにだんだん西へ移動して京阪神ネタが流行している感じですが、阪急まで広がったその線路上をもっともっと西へ移動して、折角なので姫路や網干とかの終端まで行ってしまえ…というのが一つ。まぁ、自分の生まれ故郷に近い…というのもあります。

もう一つは、国鉄の新湘南顔繋がり…という事です。レゴの技法の事ではありません。…???な感じですが、この車輌の前面硝子は、153系高運車のパノラミックウィンドウと同じ寸法の硝子を使っている、という意外な事実。

ヘッドライトや標識灯の位置で、これだけ地味な顔…いやいや(笑)印象の異なる顔つきになるという面白さもあって、作ってみました。



顔部分の拡大図…まぁ、基本的にクハ111等の応用ですが、運転席の窓より下に灯火類が全く無いので、車体裾まで後退角を付けています。特にヘッドライトのある面に後退角を付けると、光軸がアサッテの方向を向いて微妙にヘンな人になってしまうので、私的には基本的にNGなのです。そういう意味ではこの顔は都合がいいです。地味ですけど。

標識灯の位置がオデコの端っこという、意地悪な位置にありますが、まぁ、何とかそれらしく見えるでしょうか。現在は貫通扉に列車種別と行き先表示のそれぞれ小さな表示器がありますが、最初期のサボ式にしてみました。

ドアはわざわざタンのトレイン窓を使っていますが、クリアブロック横組でも何とかなる筈です。実車の客用窓は2段窓ですが、保護手摺を入れて、それらしい雰囲気が出るかな?…という実験的な試み。単純に2x1クリアブロックを2段に積んでもいいと思います。



山陽電鉄って、関西の私鉄の中ではあまり目立たないのですが、海沿いの高台から明石海峡大橋が見えたり、小さな漁港のある街や、工業地帯、意外にもトンネルが2カ所あったりして、なかなか味わい深い沿線風景が楽しめます。今では、姫路から阪神梅田まで直通特急が走っていますし、相互乗り入れをしている阪神電鉄の車輌を使って、近鉄の奈良まで団体列車を走らせた実績もあるとか。

それにしても3000系、初期の車輌って、既に車齢50年近いんですね!…カラーリングが変更になったり、車内もリニューアルされているようですが、あまり古い感じがしないんですよね…というか、最初からそこにあっても気にならないような地味さ加減だったので、いつまで経っても古さを感じさせないというか…そんな味のある電車なのです。
コメント (2)

立命祭レゴトレイン展示(2日目)

2013年11月09日 20時53分45秒 | レゴ(イベント)
一般公開前の時間を利用して、欧州型フル編成の高速運転を堪能しました。

俯瞰で見ると、Nゲージくらいの大きさかと錯覚してしまいますが、普通に6幅トレインです。速度が上がると、重量感が増してさらに迫力があります。TGV10輌フル編成が、mazta-kさん新作のDB近郊型電車と離合中。




taizoonさん作の485系とmazta-kさん作の683系、新旧北陸特急フル編成!…新疋田ループ線を俯瞰撮影しているようなダイナミックな眺めです。

ショートスケールでも、長編成だとこんなに迫力あるシーンが展開されるのですね。双方、インテリア&ライト点灯が標準装備…という、とても密度の高い作品です。

来場の女性グループが、485系の内装に魅入っておられたのが印象に残っています。トレイン作品も、インテリア付き食堂車の組み込みとかになると、ドールハウス的な要素があって、一般女性ウケが結構良いのですね。



高速列車同士の多重衝突事故シーン…結構えらい事になります。インストのあるオフシャルモデルでも、壊れ方によっては修復に結構時間を要しました。

主催者様はあまり出したくないシーンでしょうが、一般公開前の高速テスト走行の参考として掲載しておきます。

開催直前にレイアウト変更があったようで、その煽りでどうしても脱線しやすい場所ができてしまった…との事です。カント付き緩曲線自体には大きな問題は無かったようです。

全体的には、引き揚げ線、留置線や、編成全体を反転出来るデルタ線の導入など、とても運営しやすいレイアウトだったと思います。
コメント

立命祭レゴトレイン展示(1日目)

2013年11月08日 18時06分41秒 | レゴ(イベント)
2013年11月2日(土)~3日(日)立命館大学びわこ草津キャンパスの学園祭に出掛けてきました。

お目当ては、JAMでもご一緒させて頂いたmazta-kさんからお誘いを頂いた、鉄道研究会のレゴトレイン走行&展示です。

1日目に到着した時点では、まだ関山さん他の東京組が到着していなかったので、持参したED500&77の試作機関車を走らせる事にしました。旧RC動力の牽引力テストをしたかったので、予め連絡を入れて貨車をお借りする事になっていました。

勾配と急カーブという、走行抵抗の原因になる要素が無いので、非力なRCでも10輛以上の貨車でも全く問題無く牽引出来ます。本線は曲線半径が大きい&カント付きなので、フルノッチで走らせても遠心力で脱線という事はありません。



薬師山さんのN30戸袋無し低運転台103系、なんと関西バージョンのライムカラー!…関山さんのブログコメントで持参されるのは知っていましたが、まさか編成で完成させて来られるとは。

トレイン窓に頼らなくてもここまで出来る…という意味で、今回一番インパクトがありました。CADで検討した時に、単調な窓割りと、あっさりした前面デザインは、下手すれば大味になるのかな…と、制作を躊躇していたのですが、うまいバランスで纏められて来ました。

緩やかな大曲線をスケールスピードで走る103系を見ていると、街の風景が思い浮かんで来るから不思議です。それだけ、脳内にある103系の記憶をリアルに呼び起こしてくれるだけの力がある…という事なのでしょうね。



awazoさん作の完全自動踏切。センサー動作で、(1)列車接近→(2)赤色灯点滅、左レーン遮断棒締切→(3)右レーン遮断棒締切→(4)列車通過→(5)赤色灯消灯、遮断棒解放 …と、一連の動作が自動で行われます。

この動作デモに、来場した子供が入れ食い状態でした(笑)。…まぁ、大人もですけど(笑)。



mazta-kさんの新作、225系。特徴的なツリ目のヘッドライトにLEDが仕込んであって、走行シーンがとてもリアルで魅力的。客扉を2ポッチ幅にして、フルスケールにしなくてもちゃんと3扉になっています。窓割り優先の成功例ですね。



関山さんの関西急電色の80系。153系ブルーライナーも持参されて、まさかこんなに早く、歴代新快速が揃ってしまうとは…恐るべし、今年のレゴトレイン!

117系…早く作らないと。
コメント