お座敷都市開発

計画性のない箱庭的乱開発でおうちの中が増々カオス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2013 JAM レイアウト&建物レポート…その1

2013年08月31日 01時32分53秒 | レゴ(イベント)
少し趣向を変えてレイアウト&建物等を紹介しましょう。今回はちょっと中央駅あたりを街歩き…といった感じで。

まずは中央駅を正面玄関側から俯瞰。ドーム内やホームの作り込みは勿論ですが、駅本屋もみっしりと内部が作り込んであるのです…レストランのテーブルやグラスの配置まで心配りが行き届いていて、見ているといくらでも時間が過ぎていきます。



今ではプレミアムセットになってしまったカフェコーナーの隣には、モジュール規格のオリジナル建築物が並びます。屋上の洗濯物とか、遊び心満載ですね。密度感が凄い…これだけの大きなブースなのに、土地が足りない感じです。



藤棚ですね~来場者の方にも好評でした。気持ちのいいそよ風や、花の香りを想像しているうちに、この小さな世界に連れていってくれるような作品…レゴで出来てるというのを一瞬、忘れてしまいそうです。鉄道模型の懐の深さを感じるお気に入りのカットです。



鉄道主体のイベントですが、建物はモジュールタウン以上のクオリティー。BFT以降、このクオリティーが標準になってしまいましたね。「大味」という単語は、この街の辞書には載って無いかも知れません。
コメント

2013 JAM 新作レポート…クモル23(awazoさん制作)

2013年08月29日 22時06分32秒 | レゴ(イベント)
3日目後半に姿を現した、awazoさんのクモル23。今回のJAMに合わせて制作された作品です。

両エンド運転台の荷台寄りに有蓋室がある、クモニ13からの改造車、クモル23050あたりがモデルかと。車輌工場から電車区などへの部品輸送に使われた、いわゆる配給車という車輌です。

傾斜した前面2枚窓の表現が凝ってます。よく見ると、DT10(台車)の台枠とイコライザー間に付いたばねも再現されています。

もう1輌牽引車等があれば、中間車だけだろうが、先頭車1輛だろうが、間にどんな中途半端な電車を挟んでも違和感の無い、模型的には超便利車輌なのです。勿論、単体での運行もOKですし、電車庫の片隅で休む姿も絵になります。

今回は試作車「9のつく車輌」が裏テーマですが、そういう流れじゃなければ、私も「ヤ」や「ル」や「エ」や…「ヌ」?…のつく車輌に走っていたかも知れません(笑)。普通にお客さんの乗る車輌を作る気が最初から無いという…。先に紹介した私のクモヤ791-1は試験車ですが晩年は南福岡電車区で牽引車として使われていましたから、事業用車仲間なんですけど、電気方式が違うので一緒に連結して走れなかったのが残念。
コメント (2)

2013 JAM 車輌別レポート…湘南色のサロ153-900番台(サロ110-900番台)

2013年08月28日 13時41分54秒 | レゴ(イベント)
JAM開催まであと僅かとなった8月10日。関山さんのブロクにて以下の記事が…↓

http://legotrain.seesaa.net/article/371681695.html

国鉄初のステンレス製電車であるサロ95900(後にサロ153-900に改番)制作の記事末尾に、何やらこのサロを組み込む為の編成を作りました…との気になる文章。車種はこの時点では不明。ヒントとなるキーワード「レゴ的原色ツートンカラー!」、「元来の用途以外にも東海道筋の夜行準急とかに使われてた」…ふむふむ、なるほど。

楽しそうなサプライズすね~。これは…イタズラを仕掛けなければいけませんな(笑)。

ステンレス製サロの実車は2輛制作されていたので、同じ物をもう1輛…とも考えたのですが、関西に転属の後、113系に組み込まれた姿を私も関山さんも子供の頃に見ている…といったような話をした事があるので、AU12(分散型クーラー)を屋根に載せて湘南色に変更された姿の方が、「その」編成が更に面白い事になるだろう…と。ふふふw

まぁ、関山さんは十中八九155系修学旅行用電車をオリジナルカラーで作って来るだろう…との確信があったので、銀サロ混在編成に、さらに湘南色を加えてハデハデな珍ドコ編成にしてしまおう!というプロジェクトです。

既に車輌等の荷物を梱包してしまっていたのですが、こんなに面白い事を見逃す手はありませんよ。



思い立ったが吉日の一夜漬け。外から朝のチュンチュン音が聞こえてくる頃にはご覧の通り完成です。基本寸法は関山さんの作品を踏襲して、屋根にちょっと誇張気味のAU12を4個載っけときました。早く荷物に入れなければ間に合いませんがな~。

関西に転属する前には、既に153系に合わせた塗分けラインで湘南色に塗られていた筈です…冷改されていたかどうかは微妙ですが。



さて当日…予想通り、サプライズアイテムは155系オリジナルカラーです。中央駅に前作の新快速ブルーの153系と並んでいました。ちゃんと銀サロも組み込まれていますよ。

実は某SNSで、予め裏告知を行っていました。関山さんは斜張橋あたりで撮影中です。暫くトイレに行ったりはしなさそうなので、事情を知っているスタッフに協力してもらいながら、155系編成の銀サロの隣に組み込む事に成功!…このかくれんぼ的なドキドキ感はたまりませんね~(笑)。


中央駅に並んだ155系と153系。バックに写り込んでる東4ホール壁面との境界が曖昧なくらい溶け込んでいますね。素晴らしいビルドです。

件の湘南色サロもさり気なく溶け込んでいますよ(笑)。

…暫くしてから。「あれ!これ誰?…こんな事するの、ひたひたさんでしょ?」…て、バレバレやんw



せっかくなので、銀サロに使用してあるビンテージトレイン窓を使って、片面だけでも統一して走らせましょう!という事になり、急遽、現場で組替えです。



組替え完了…の図。1×2クリアブロックでも悪く無いのですが、やはりこのトレイン窓にするとオーラが出ますね。901号と902号(?)実車通りコンプです。

塗替え途中で臨時準急に駆り出された…といった趣です。



妙に説得力のある珍ドコ編成快走中!…2日目の一般公開が終了してから1時間程、内覧会があったのですが、その時間を利用してやりたい放題です(笑)。

…なので、一般来場の方には非公開のレア運転ですね。2回目は無いと思います。意地悪w

新快速ブルーの153系+クモユニ74編成と試作サロ×2組み編成の離合。時間外の会場、なかなかいい雰囲気でした。



クモユニ74と。ちゃんと塗り分けが揃っているでしょ?…関西に転属して、113系に組み込まれた後も、暫く153系に揃えた塗り分けラインのまま(113系のラインとズレている)走っていたらしいです。113系の方が、オレンジの帯が太いのです。

グリーン帯は、ライムにするか灰緑にするか…悩み所ですが、扉横のグリーンマークとの差を出したかったので、後者にしました。湘南色にグリーン帯って、子供の頃は憧れの的だったなぁ…懐かしい。
コメント (4)

2013 JAM 車輌別レポート…ED77 901

2013年08月27日 00時52分11秒 | レゴ(イベント)
実車ではあり得なかった、寝台特急との組み合わせが実現出来るのも、模型の世界ならでは。赤い客車にブルートレインはとても良く似合います。

開催直前に作った無動力の機関車を持ち込んだ為に、同じフルスケール組のawazoさんにはお世話になりました。この20系客車編成も彼の作品です。9V動力台車組み込みの客車に押して貰っているにも関わらず、さも一生懸命牽引しているかのように節操無く自慢げなDE77 901なのです。



同じく、awazoさん制作の旧型客車を牽引…ではなく、押して貰っているの図。

ED77は、磐越西線でのローカル運用専用という事もあり、新旧一般客車と貨物列車の牽引が主な仕事でした。斜張橋との組み合わせは勿論無いのですが、全ての作品に制作者の強い魂が込められているからなのか、結構説得力のある絵になってしまったりします。



リアルな造形のDE10(TN-FACTORYさん制作)やHD300(suuさん制作)と。ネタとしての派手さは無いものの、実車の特徴をよく捉えた緻密な造形が影響し合って、音や匂いまで伝わってくるような機関庫の風景を作り出していました。



リアルで妙にナマナマしい機関庫。私鉄風のDD13や、DD41(関山さん制作)、奥のEF510北斗星カラー(TN-FACTORYさん制作)。時代は違っても、たくさんの機関車が集う風景というのは、心躍らされるものがあります。



最終日になってくると、周辺がかなりカオス化してきましたが(笑)awazoさんのフルスケール作品群が加わって、違った魅力を醸し出していました。右側には、かう゛ぇさん制作のDD90(DD41)が入線。背後に見えるawazoさん制作のEF57とEF15は、遠目でもすぐに同形式と分かる造形だと、来場者に好評でした。

左の試作車を含む711系電車、その向こうのEF65 1000番台もawazoさん制作。作品制作のきっかけ&参考にした作品群が沢山見られたのはかなりの収穫でした。



前後しますが…2日目のカット。中央駅から中間駅への連絡線を使って持参車輌のセッティング。既に場所が無くて、同線が本来の役割を果たさなくなっていましたが、それだけ参加車輌が多かった…という嬉しい状況だったのです。

次回はPFの無給電レールでいいので、広大な留置線と、メンテナンス線を作れればいいなぁ…。
コメント (4)

2013 JAM 車輌別レポート…ED500 901

2013年08月26日 13時04分20秒 | レゴ(イベント)
ED500 901を先頭に、24系金帯電源車+寝台車+夢空間3輌~オロネ25 901(デラックススリーパー)+オハフ25 901(ラウンジカー)+オシ25 901(ダイニングカー)。夢の「9の付く車輌」編成。機関車以外はこれまたawazoさん制作です。

実車のED500は試験走行だけで終わったので、牽引したのは死重満載のコンテナ貨車くらいだったようです。…なので、作ったのはいいとして、牽かせる車輌が悩み処だったのですが、こんなに素晴らしい編成の運用に就けるとは…!

EF510に、まさかの北斗星カラー登場があったので、ED500が量産されていたら、北斗星カラーもあったかも知れませんね。性能的にはEF510よりも優れた機関車だったのですが、出る杭は打たれるというのでしょうか…薄幸な機関車です。



更にあり得ない(笑)…急行荷物列車を牽いてますよ。量産されていたとしても、存在した時代が違いますからね~。でも、不思議と似合っているのは贔屓目だからかな。

荷物列車の編成もすべてawazoさんからの借り物です。窓に入った郵便マークはちゃんとレゴで出来ていたのですね!ワサフ8000もマニアック。「Nゲージでも単品発売して欲しいんですけどね…」って来場者の方を唸らせるくらいツボなアイテムです。ふふふっ…レゴは何でも出来るのですよっ!…私が作ったわけではないけれど。



機関庫周辺の風景。実車は1輌しか無いディーゼル機関車が、色違いで2輌いますね(笑)これだけレアモノが並ぶと、ED500が普通に見えてきます。

図々しく独占しているターンテーブルは、電動で回転するらしいのですが、動く所を見れなかった。



来場者の方が、「Nゲージでも製品化されていないんですよ~!」と言われていましたが、そう、やっぱり「レゴは何でも出来るんですよ~w」…ヤル気さえあれば。
コメント (2)