さいきんの流星光/2018
売れない漫画家は楽しいぞ~!ナガレボシヒカルのクールな日常
 





世の中には、他人がルールにちょっとでも違反していると

すぐ「それはそうしちゃイカン!」とか

「ダメだろ、そうやっちゃ!」とかかなり上から目線で言ってくるじじいが存在する。

僕は、そういうじじいを

取り締まりじじい

と名前をつけて、

遭遇したら、なるべく記憶にとどめないようにしている。


どの街に出没する、権威を笠にきて、

上から取り締まるということをしたいだけのじいさんなのだと

思うようにしている。


先日も、僕が、有料のオートバイ専用の月極パーキングの敷地内に

自転車を5分ほど停めて、すぐ近くのお惣菜屋さんで買い物をしようと

していたら、どうやら自転車を停めるところを見られていたらしい。

「ちょっと!」

と言われた。

「あそこは有料で貸し出しているスペースだから停めちゃダメだよ!」

とかなり上から目線。

まるで部下を叱りつけるような口調だ。

ここで言っておくけど、

有料のパーキングのパーキングロットに勝手に停めてはいけません。

僕が停めたのは、その端っこ。

パーキングロットの一番右端までバイクが停車されていて、

ロックチェーンで固定さいれている、その右脇ですよ。

一番右端のバイクと、その右側にある金網の間にすっと入れていたんですよ。

ええ、僕はここ半年ほど、そこにとめていました。

お昼のおかずを買うときは。

なぜかって?

いつも、

そのすぐ近くから始まっているショッピングモールの入口に、

大量の自転車が停められているからです。

もっと言うなら、

そのショッピングモールの上、2階部分は大きな駐輪場になってます。

2時間までは無料。2時間過ぎたら時間に応じてお金がかかるというヤツです。

でも、だれも、ほんのちょっとした買い物のために、

2階の駐輪場を利用する人はいません。

みんな、ショッピングモールの入口に停めます。

なもんだから少なからず通行の邪魔になっております。

ショッピングモールの入り口の柱には、

「ここに自転車を停めないでください」

と、結構大き目の時で書かれた貼り紙もあります。

なのに、誰も言うことをききません。


僕は、少しでも邪魔にならないように、と考えた結果、

上い書いた、月極バイクパーキングの端っこ、

誰の邪魔にもならない場所に自転車を停めていたのです。


そこへきて、取り締まりじじいの登場です。


やつらは、すぐに見分けがつきます。

口調が、とても横柄で上からだからです。

月極パーキングの人なら、

もっと下から言ってくるはずです。

「ここに停めないでいただけますか」

って言い方になるはず。

「ここに停めちゃダメだよ!」

って言ってくる人は、取り締まりじじいです。


以前も、歩道をチャリで走っていたら、

向こうから歩いてきたじいさんに一喝されました。

非常に厳しい口調で。

「ここは歩道だから自転車は走っちゃいかんだろ!」

と。


これも、取り締まりじじいです。

フィールドに巣くうモンスターの一種です。

犬に吠えられたと思って、すぐに忘れましょう。



--------------------------------------------
■奥さんのツィッター(猫写真、映像たくさんあります)
■流星光のツィッター
■まんが倉庫

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑楽しんでいただけたらポチッとお願いします!
--------------------------------------------
タイムマシーン・ジャーナル
--------------------------------------------

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« バスとトトを... なぜそうしたのか »
 
コメント
 
 
 
Unknown (南国)
2018-07-07 11:14:07
あれは世直しの大義を借りた憂さ晴らしですね。
ズルい人たちだなと思います。

でも多分、他にすることがないんでしょうね。自分の人生に忙しかったら、世直しごっこをする暇もないでしょうから……
 
 
 
Unknown (流星光)
2018-07-08 08:50:04
>南国さん

コメント、ありがとうございます!

負けないよう、頑張ります!^^;
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。