大人に負けるな!

弱者のままで、世界を変えることはできない

体罰するほど選手は弱くなる

2013-01-30 18:42:12 | 柔道教室
柔道の国内女子トップ選手15人が

代表監督やコーチらによる暴力・パワハラを受けたとして

JOCに告発文を提出していたことが話題になっています

ビンタや竹刀での殴打、暴言、ケガをしている選手への試合出場の強要など

およそ21世紀とは思えない「しごき」が行われていました( ̄Д ̄;)



前回の五輪では

日本女子柔道の金メダル獲得は、1個に留まっています

過酷なしごきを耐えてきた割には

報われない結果です



マキトは、日本代表レベルで

いまだにこんな低レベルのしごきが続いていることに

唖然としてしまいましたヽ(  ̄д ̄;)ノ

いわゆる体罰が、選手を弱くしてしまうことは

現代スポーツ科学では常識です



体罰は、ストレスホルモンの「コルチゾール」を増加させます

コルチゾールには、筋肉を分解する作用があるため

日常的に殴られる選手ほど、筋肉が落ちていきます



。。。それだけではなく

骨量が低下し、体脂肪が増え

免疫力も低下するので、体調を崩しやすくなります

全て、アスリートにとっては、最悪の変化です(|||゜Д゜|||)



なので、最新のトレーニング科学では

体罰など論外として

ストレスをもたらすような

ハード過ぎるトレーニングも、タブーとされています



「歯を食いしばって苦しいしごきに耐え続ける者は、負ける。。。_| ̄|○」

「快適なトレーニングをエンジョイする者が、勝利を手にする♪ヾ(〃^∇^)ノ」

これが、世界のスポーツ界の常識です



なお、人口1人あたりの金メダル獲得数が最も多い国は

あの陽気なジャマイカです

ジャマイカ人が金メダリストになれる確率は

なんと、日本人の27倍です!!





もし、体罰を受けた選手が成功したなら

それは

「体罰を受けたにもかかわらず」

そのハンディを乗り越えて強くなったと

理解すべきなのです



。。。それでもなお、世の中には

「体罰は勝つために必要」

と主張するスポーツ指導者が多いことも事実です

そのような「脳みそまで筋肉」指導者たちこそ

一列に並べてビンタするべきでしょう(笑)



それは冗談として

この件を機に、

全国のスポーツ指導者に対して

改めて臨時研修を行うべきではないでしょうか



体罰・しごきは、非科学的であるばかりか

「反科学的」ですらあります



それでもなお、体罰を続ける指導者については

これまでの実績にかかわらず

スポーツ界から永久追放すべきです



体罰は、指導にマイナスである以前に

まず、暴行傷害という

社会的に許されない「犯罪」です((;゜Д゜))



暴行犯をかばい、その地位を守るのは

もはや、選手への「組織的な暴行傷害」です

こうなると、暴力コーチ本人だけでなく

組織のトップまで訴えられる可能性があるのです



スポーツ団体だからといって

その競技で実績のある人物ばかりで構成されると

どうしても世界が狭くなり、視野が偏ります

スポーツと関係ない一般教育者、生理学者、法曹関係者など

多様な人材を「新たな血」として招き入れることが

今、日本のスポーツ界全体に求められています




※記事の転載を認めます












どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
この方法を実行してみてください
3分後に彼女の反応が変わります


コメント

【提言】足取りは1試合に1回だけ認めよ

2012-12-14 15:43:58 | 柔道教室
IJFからルール改正を視野に加盟国へ通知された内容によると、帯から下を掴むすべての行為は「反則負け」となるそうです。

あくまで試験的な導入ですが、肩車やすくい投げなど、多くの技術とその防御が消えていくことになります。


レスリング経験者に、洗練されたタックルを繰り返されれば、柔道のルールでは、なすすべないというのが現実です。

タックルを切って上から潰しても、現在ではうつ伏せの押さえ込みをポイントとして認めないからです。


むゆみに技を禁止すれば、柔道技術そのものの衰退を招きかねません。

タックルすら防げない柔道など、護身術としての価値もないでしょう。


そこで僕は、議論が分かれる技術については、完全に禁止するより「回数を制限する」ほうが、効果的だと思います。

つまり、「帯から下を掴む行為は、1試合につき1回だけ認める。2回以上繰り返したら反則とする」とします。

これならば、奇襲的な足取りはあくまでワンチャンスであり、両手で組み合う試合展開がメインとなります。

なおかつ、奇襲への防御技術が衰退することを防ぐこともできます。














どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
この方法を実行してみてください
3分後に彼女の反応が変わります


コメント

打ち込みより「約束投げ込み」を

2012-06-06 15:14:23 | 柔道教室
日本柔道が、世界でなかなか勝てないひとつの理由に

旧態依然とした練習方法があります。



その筆頭が

「打ち込みに時間を使いすぎる」

ことです。



打ち込みの問題は、それによってマスターできる技が限られてしまうことです。

背負い投げなどはいいのですが、たとえば巴投げや浮き技を打ち込みで練習することは困難です。

その結果、打ち込みで覚えにくい技は、どんどん苦手になってしまうわけです。

これは、柔道の文化全体にとっても、大きな損失です。



この問題を解決するには、打ち込みに費やす時間を削って

「約束投げ込み」を増やすしかありません。

相手がいなければ、「シャドー投げ込み」でもいいでしょう。







どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
この方法を実行してみてください
3分後に彼女の反応が変わります


コメント

ねじりながら引き付けるべし

2011-11-30 19:11:32 | 柔道教室
草むしりをするとき、ただまっすぐ引っ張るより、ねじりながら引っ張ったほうが、はるかに力を入れなくて済むことは、経験的によく知られています。

これを、柔道に活かさない理由はありません。

相手にぷらさがって崩す場合は、腋を締めます。

どちらかというと、自分より背の高い相手に有効な崩しです。

上方向に引き付けて相手を浮かせる場合には、逆に腋を開き、かいなを返します。

こちらは背の低い相手に有効です。
コメント

真面目に考えたい畳の衛生

2011-11-19 17:59:23 | 柔道教室
畳には直接肌が触れますから、衛生には最大限に気を配る必要があります。

道場では、毎日、大勢が素足で歩き、汗や垢、抜けた体毛などを残していきます。

柔道用の畳の表面は、たいてい塩化ビニールレザーで覆われていますので、水分を吸収したり、ダニが繁殖したりという心配はほとんどありませんが、汚れを放置しておけば、雑菌が繁殖することは避けられません。

練習後の雑巾での乾拭きは、毎回行うべきでしょう。

汗の水分を吸収することで、雑菌の繁殖を食い止めることができます。



しかし、凹部分に入り込んだ汚れは、乾拭きだけでは十分に取り除けません。

塩化ビニールレザーは中性洗剤が使えますので、週に一度は、中性洗剤を水で薄めた溶液をつけて、雑巾がけすべきです。



また、忘れてはならないのが、雑巾そのものの衛生です。

汚れた雑巾で拭くくらいなら、何もしないほうがマシです。



基本的に、雑巾は毎回洗濯機で洗い、天日干ししましょう。

それが難しい場合は、中性洗剤とハイターを溶かした溶液をつくって、雑巾を一定時間つけておき、もみ洗いしてから真水でよくすすぎましょう。もちろんゴム手袋が必要です。



常に清潔な環境で稽古したいものです。










抗菌二ツ折柔道用マット   AB-55
クリエーター情報なし
わたなべマット


収納、取扱が楽な二つ折で気になる汗の臭いやカビやシミを防ぐ衛生的な柔道用マットです。
コメント

なぜ腰を引いてはいけないのか

2011-11-15 19:20:22 | 柔道教室
白帯レベルのうちは、自然体にまっすぐ立つより、腰を引いたほうが、投げられにくい気がします。

しかし実際には、腰を引くと、内股の格好の餌食になります。



内股をかけるコツは「いかに相手の頭を下げさせるか」です。

腰を引くと、自然に頭を下げることになりますから、自分から勝手に崩れるようなものなのです。



また、腰を引くと、まっすぐの引き付けには対応できますが、「斜め前」に引き付けられると、足を次いでいかれなくなります。

片足に重心が固定され、かつ棒立ちの、きわめて不安定な状態になってしまうのです。



なので、高いレベルの選手ほど、腰を引くことは少なくなります。



逆に言うと、腰を引いて逃げ回る相手には、内股を仕掛けるのが効率的です。

得意技に固執するのではなく、相手の出方に応じて技をセレクトしていくのが、真の柔道でしょう。






柔道用品 タックルマシン(人形型) JTM001 
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

コメント

抑え込みは「布団」のように

2011-11-12 22:29:57 | 柔道教室
抑え込みというと、「ガッシリ固める」というイメージが強いですけれど、これは技術的には最低です。

以前にも述べたように、人体は力むほど重心が固定されてしまい、持ち上げやすくなります。

実は、力を抜けば抜くほど、返されにくくなるのです。

イメージとすれば「布団が覆いかぶさる」感じです。





モルテン(molten) 柔道用タイマー 商品コード:UD0020
クリエーター情報なし
モルテン


コメント

正しい打ち込みの方法

2011-11-12 22:07:51 | 柔道教室
バーベルでMAX100キロをリフトアップできる人でも、左右50キロずつのダンベルを差し上げることは、まずできません。

この事例からも分かるように、人間は、重心が一点に集中している物体を持ち上げるのは得意でも、重心が分散している物体を持ち上げるのは苦手です。



この原理は、柔道の「崩し」の中核です。

人体は固体ではなく、流体ですから、通常は重心がぼやけていて、持ち上げにくくなっています。

しかし、力むと、固体に近づくので、重心がほぼ固定されてしまいます。

崩しの目的は、相手を「棒立ち」にして、重心を一点に固定してしまうことです。



打ち込みにおいては、全身を棒のようにガッシリ固定して受け止めるのが一般的ですが、実は、これは最低の受け方なのです(苦笑)

自分よりパワーのない相手は跳ね返せても、パワーのある相手には、簡単に投げられてしまいます。

実戦を想定した場合、相手の技をいかに「柔らかく受け流すか」が、強い相手に投げられないためのポイントになります。

ですから、打ち込みでも、包み込むように受けるのが、正しい受け方なのです。



打ち込む側は、逆に、柔らかく受け流そうとする相手を、いかに崩して棒立ちにするかがテーマになります。

打ち込みの一本一本を、きちんと崩してから技をかける必要がありますから、通常の何倍も質の濃い稽古になります。





ミツボシ 柔道試合用得点板キャスター付 C-00081
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


コメント

片手で相手を崩せ

2011-09-12 07:34:19 | 柔道教室
柔道においては、両手で相手の襟袖をしっかり握って崩すのが基本とされています。

しかし、これは理想であって、有段者になれば片手で相手を崩し、そのまま投げることが求められます。

高いレベルになるほど、容易に組ませてくれなくなるからです。



片手で崩してかける代表的な技というと、一本背負いや払い巻き込みなどです。

いずれも、今日の国際大会で有効に使われている技です。









肩車や朽木倒しもそうです。











あまり知られていませんが、「一本内股」や「一本大外」も、有効な技術です。

特にお勧めなのが、裏一本背負い(袖釣り込み)です。

基本は右組み手の場合、左で袖を釣りますが、実際には左右どちらの手でも釣り込めます。



襟が取れなくても巻き込めます


片手で相手のズボンをつかむ、いわゆる「丸山スペシャル」にも変化可能










これらの「片手崩し技」を、左右どちらでも仕掛けられるようになれば、かなりの実力アップが見込めます。





鬼の柔道―猛烈修行の記録 (1969年)
クリエーター情報なし
講談社


最高級二重織背継柔道衣セット帯なし5.5号
クリエーター情報なし
ミツボシ

コメント

左右どちらでも技をかけるべし

2011-09-03 16:31:27 | 柔道教室
半端なレベルの柔道家では、自分の組み手が取れるまで技をかけられず、そのまま時間切れというケースが多く見られます。

これは、絶対的な稽古不足です。

基本の組み手にこだわるのは白帯の段階です。帯に色がつけば、得意な組み手そのものを増やしていくのが当然です。



古賀稔彦が、長期に渡り世界のトップに君臨できた理由は、あらゆる組み手から背負いにいけたからです。

最も得意としていたのは袋(腋の下)を取っての右一本背負いでしたが、もちろん襟・袖を取っても入れますし、左の背負いもマスターしていました。

この時点で、6種類もの背負い方をものにしていたことになります。

ここに、諸手背負いや袖釣り込みなどのパターンも加えると、古賀にとって「自分の組み手」は、2ケタを数えたでしょう。

相手にとっては、どのように組んでも担ぎ上げられるので、警戒のしようがありません。



右組み手なら右技しか練習しない人が多いですけど、ぜひ左技も稽古を重ねてください。

サッカーで、右でしかシュートできないフォワードはいませんよね?






「背負い投げ」「1本背負い投げ」の極意(DVD付) (スポーツ新基本―柔道)
クリエーター情報なし
MCプレス
コメント

引き付けられたら斜めに踏み込むべし

2011-09-03 13:54:33 | 柔道教室
三船久蔵十段は、

「押されたら回り込め、引き付けられたら斜めに出よ」

そのように語っています。

今のルールでは、相手を故意に場外に押し出すと反則なので、より重要なのは引き付け対策でしょう。



具体的には、相手の引き付けの力を利用して斜めに踏み込み、足技をかけるということになるでしょう。

もちろん、技をかけられた瞬間、斜めに踏み込んで返す(潰す)のは当然です。

受けに引き付けてもらう「約束投げ込み」で、繰り返し練習する価値があります。





神技三船十段[完全版] 柔道の神髄 [DVD]
クリエーター情報なし
クエスト


コメント

引き付けるのではなく「ぶら下がる」

2011-09-03 13:03:31 | 柔道教室
柔道史上唯一、五輪3連覇を成し遂げた野村は、「相手にぶら下がるようにして崩す」と、その秘訣を公開しています。

ぶら下がりには、2つの大きなメリットがあります。



①自分の体重を利用できるため、筋力の消耗を抑えられる

②背の高い相手ほど崩しやすい




つまり、基礎体力に勝る相手を制することができるのです。これぞ柔道本来の理想です。

基本的には襟にぶら下がるのですが、袖の場合、上腕あたりを上から持つと崩しやすくなります。



筋力での引き付けに頼ると、結局は単なる力比べになります。

自分より小さな相手ならそれでも通用しますが、大きな相手には通用しなくなります。

「ぶら下がり崩し」には、パワー柔道の限界を突破する可能性が秘められているのです。





野村忠宏十番勝負―最強柔道家の人生をかけた闘い (ミキハウス“夢”応援シリーズ)
クリエーター情報なし
三起商行


コメント

ビジネスおすすめ情報

ダイナミックな人生を生きる方法無料ダウンロードプレゼント 7つの習慣のDVDが登場!期間限定キャンペーン中 ★車椅子の高校中退17歳が1億稼いだ方法★ ライブドア事件の真相・堀江貴文氏(ホリエモン)講演会『逮捕前夜』