大人に負けるな!

弱者のままで、世界を変えることはできない

顕正会最大の急所 日蓮は天皇を折伏していない

2005-07-30 01:19:12 | 教義学
神奈川県警は28日、20歳の大学生を横浜市内の民家に監禁して入信を迫ったとして、宗教法人顕正会の会員2名を監禁容疑で逮捕、組織的犯行の疑いもあると見て、顕正会横浜会館を家宅捜索しました。

普通なら、こんな小さな団体の事件を取り上げはしません(宗教部門の課税法人所得は、創価学会・伊勢神宮に続いて顕正会がナンバー3とされていますから、財力では決して小さな団体ではありませんが)が、「ある事情」から取り上げてみたいと思います。



顕正会は、日蓮正宗の一派を自認(正宗は破門を主張)している宗教団体です。
日本国民全員を入信させ、天皇の勅撰と国会の議決を以て、国立戒壇を建立することを目標としています。
要するに、田中智学が唱えた日蓮主義のリバイバルのようなものです。
公称会員数は100万人を超えていますが、実質活動家は1割以下といわれています。

この事件以前にも、平成10年1月にはやはり横浜市で、顕正会員4人が、会社員男性に対して入会を強要し、拉致・監禁・暴行の容疑で逮捕されています。
この男性は、顔面などに全治一ヶ月の重傷を負っています。

顕正会員による同様の事件は、全国で多発しています。少なくとも、これまでに全国で50件以上の被害届が寄せられているとされています。

特に、未成年への勧誘に力を入れているため、全国各地の教育委員会が警戒に当たっています。



実は、僕の知人も何人か、顕正会に勧誘されています。
そこで、僕も顕正会について調べてみたのですが、いくつか腑に落ちない点がありました。



まず第一に、浅井昭衛会長の予言が、片っ端から外れていること。

もともと浅井会長は、

「広宣流布(顕正会を国教化すること)できなければ、ソ連が日本に攻めてくる」

そう主張して、勧誘をあおっていたのですが、ご存じの通り、ソ連はなくなってしまいました。

すると、北朝鮮が攻めてくることになり、今は中国だそうです。


平成10年の小田原大地震を予言して、見事に外れたことは、有名な話です。


それでも懲りずに、「国民が1人残らず日蓮に帰依しなければ日本は滅びる」そう主張し続けています。



もうひとつの疑問は、日蓮正宗の一派を自称していながら、会員が根本教典に当たる『御書(日蓮書簡全集)』を持っておらず、読んだこともない点です。

顕正会で『御書』について自由に解釈・講義できるのは、浅井会長だけです。
会員が知っている『御書』とは、浅井会長が選んだ切り文の部分だけなのです。

これは、キリスト教団体が信徒に『新約聖書』を読ませず、教祖だけが聖書を解説するようなものです。それはすでにキリスト教ではありません。
あるいは、共産党が党員に『共産党宣言』を学ばせていないようなものです。それはすでに共産党とはいえません。

日蓮を宗祖と仰ぐ団体が、教学の基本であるはずの日蓮の遺文を、会員に学ばせていない。
これでは、マインド・コントロールの意図があると解釈されても、おかしくありません。

『御書』を単なる参考文献に位置づけ、会長の著書を事実上の根本経典とする。
つまり、顕正会は教義上は「浅井宗」として位置づけられる宗教団体だと考えられます。

。。。それならそれで、何も日蓮正宗の名を語る必要はないと思うのですが。
堂々と浅井宗を名乗ればいいのです。



ともあれ、僕の知人で顕正会にハマる人は、1人もいませんでした。

。。。ところが、話はそれで終わらず、僕自身が勧誘されるハメになったのです!



仕事で付き合いがあるものの、たいして親しくもない女性から呼び出され、断りきれずにファミレスへいってみたら、やがて別の女性も現れました(2人以上で勧誘するのが、顕正会のセオリーだそうです)。
おそらく上級幹部なのでしょうが、自己紹介もしなければ注文もせずに一方的にしゃべり続け、「なんて常識のない人だろう」という印象を受けました。

仕事とは関係ない話のようなので、僕は30分くらいで席を立ちました。

「入信しないと罰が当たる」などと騒ぎ続けていましたが、「僕がこうして断って、あなたの言う罰が出るか試してみましょう」というと、絶句していました。
それからまもなくして、収入が倍くらいになりましたけど。

ちなみに、監禁とか、そこまでのことはありませんでした。



最後に、顕正会員の皆様に、『小蒙古御書』をお送りします。


 小蒙古の人・大日本国に寄せ来るの事、我が門弟並びに檀那等の中に若し他人に向い将又自ら言語に及ぶ可からず、若し此の旨に違背せば門弟を離すべき等の由・存知せる所なり、此の旨を以て人人に示す可く候なり。


これは、「蒙古が攻めてくるぞ」などと煽って折伏することを禁じる、日蓮直々の通達です。浅井会長のような人間が出てくることを、日蓮はちゃんと分かっていたわけです。

顕正会の「中国が攻めてくる」というやり方の折伏は、まさに破門に当たる行為です。

浅井会長は、『小蒙古御書』について、どのように講義されているのでしょうか。たぶん、永遠に取り上げることはないと思いますけど。

ともかく、御書を自分で読んだことのない人間に、日蓮の信徒を名乗る資格はないと思います。


また浅井会長は、田中智学と同じく、御書にある「国主」を天皇と解釈し、その折伏を教団の一大目標に掲げていますが、日蓮が天皇を折伏したかどうか、調べてみてはいかがでしょう。

日蓮が『立正安国論』を提出したのは、時の天皇ではなく、実質的な権力者である前執権・北条時頼に対してでした。

。。。これって、御書云々以前の、一般常識ですよね。


日蓮「立正安国論」全訳注 (講談社学術文庫 1880)
佐藤 弘夫
講談社

このアイテムの詳細を見る




顕正会、いや浅井宗の立場からすると、日蓮が天皇を折伏しなかったのは、怠慢ということになりますよね?
浅井会長が御本仏で、日蓮より格上ということになるのでしょうか?



顕正会員はなぜか「教学力がある」と評価されがちですが、僕の目から見ればあれほど無知な集団はいません。
彼らの教学は単に浅井会長の教えを暗記しただけに過ぎません。彼らは御書すら読んだことが無いのです。
それ以前に、基本的な歴史の知識さえあれば、御書そのものを一度も読んでいなくても、浅井会長にだまされることはないはずです。
一般教養のない人間がカルトにだまされるのです。





※本文のコピー・配布を許可します






日蓮―その生涯と思想 (講談社現代新書 135)
久保田 正文
講談社

このアイテムの詳細を見る

激安中古在庫あり



図説 法華経大全―「妙法蓮華経全二十八品」現代語訳総解説 (エソテリカ・セレクション)

学習研究社

このアイテムの詳細を見る

格安中古在庫あり

コメント

人はなぜ死にたくなるのか

2005-07-27 16:41:54 | 教義学
動物は、自殺しません。人間だけが自殺します。

肉体は、呆れるほどしぶとく、利己的なので、可能な限り生存しようとします。それが生命の本能なのです。

ところが、人間だけが、自ら死を望みます。

ですから、自殺願望の発生には、人間に特有の理由、それもよほどの理由があると考えるべきなのです。



もちろん、具体的な自殺の動機は、自殺者の数だけあります。

その上で、最も強力な自殺の動機として挙げられるもの。

それは、

「オマエなんか死ねばいいのに」

などといった「言葉」です。

この類のメッセージを、繰り返し聞かされ続けると、「どんなに意志の強い人間でも」死にたくなってきます。

それほど、言葉の暗示力は強力なのです。
使い方によっては、生存本能を破壊するほどに。

以前、このブログで取り上げた優子ちゃんも、自殺の直前には、家族やネット上でこの種の言葉を投げつけられ、相当なショックを受けていたようです。


僕は、こうした言葉を口にする癖のある人間は、厳罰に処すべきだと考えています。
言葉には、人1人を殺す力があるのです。





言葉に次いで、自殺願望をもたらす要因。

それは、「身近な人の自殺」です。

分かり易く言うと、

「自殺願望は感染する」

のです。


ユングが説いたように、人間の無意識は、環境のインプットに抗えません。

つまり、あなたの無意識は、自殺という行為を身近な例から「学習」してしまいます。

1人が自殺すれば、周囲の人々は、無意識のレベルで、人生に自殺という選択肢があることを学んでしまうのです。

その意味で、自殺を実行することは、言葉の悪用に次いで罪深いことでしょう。
どんなに莫大な借金を残すより、悪いことです。
人間、生きるか死ぬかの時は、借金なんて踏み倒してもいいんです。


こう書くと、

「自殺に追い込まれた人をバッシングしている」

そういうように言われそうですが、少なくとも、お手本にすべきでないことは確かです。

そして、やむなく命を絶たれた方も、二度と自分たちのような犠牲者が出ないことを願っていたと思います。

だからこそ、僕はあえて、「彼らをお手本にするな」そう訴えたいのです。

残された者が、この悲劇から何も学べなかったとしたら、それこそ、無駄な犠牲になってしまいます。



自殺とは、意志の強弱の問題ではないのです。

本能に従って、惰性で生き続けた方が、よほど楽です。むしろ、意志が弱かったら、死ねません。弱い人間では、自殺できません。

生存本能に逆らって、自らを死に至らしめるというのは、他殺よりはるかに強固な意志を必要とするでしょう。

強固な意志が、死というベクトルに向かってしまったときに、悲劇が起こるのです。




では、自殺願望に取り憑かれてしまったとき、人はどう対処すべきなんでしょうか?


手っ取り早いのは、

「生も死も否定する」

ことです。いわゆる虚無主義です。

自殺とは、

「生を否定し、死を肯定する」

という哲学の帰結ですから、生に絶望していても、死にはまだ何かを期待しているわけです。だから、死に向かうエネルギーが生じます。

でも、あの世がこの世よりマシなんて保証は、どこにもありません。たいして変わらないとすれば、わざわざ死ぬ意味はないのです。
そう考えてしまうと、死ぬ気力すらなくなります。

ちなみに、これはベストの考え方ではありません。

「生を肯定し、死を否定する」

のが正しいという風潮も強いですが、これも厳密には間違いです。人は必ず死ぬという現実から逃げています。

本当は、

「生を肯定し、死も肯定する」

でないと、おかしいのです。

この思想であれば、死はいくらでも先延ばしできますから、生を肯定しつつ、死を受け入れることができます。
わざわざ自殺しなくても、いつかは嫌でも死ねるのだから、焦る意味はありません。



かつて、あのアントニオ猪木が、借金苦で自殺を考えたことがあったそうです。

しかし、ただ死ぬのももったいないからと、太平洋を力尽きるまで泳ごうとか、ライオンと闘おうとか、いろいろ死に方を考えたといいます。

その結果、

「本気で死ぬ覚悟があれば、なんだってできるじゃないか」

そう気づいたそうです。


そうなんです。

「死ぬ気があれば何でもできる」

のです。

借金を踏み倒すくらい、何でもないはずです(ちなみに、猪木さんは全額返済しましたよ。生き延びたから、義理も果たせたのです)。

人間、一度くらいは死を覚悟しないと、生を完全燃焼することはできないのかもしれませんね。


「いつかは死にたい」という気持ちを持っていることは、不都合でも何でもありません。むしろ、人は必ず死ぬのだから、好都合です。死から永遠に逃げ回ることはできません。僕だって、1億年も生きたいとは思いません。

ただ、死ぬのを1番最後にすれば、一口でも多く美味しいものを食べられるから、お迎えが来るまで待った方が得だよ。それだけのことなんです。



花が咲こうと咲くまいと生きていることが花なんだ
アントニオ猪木
経済界

このアイテムの詳細を見る









今話題のブログをチェック(人気ランキングへ)

コメント (7)

TV局は偽善者集団か

2005-07-26 20:34:36 | 市民には何も知らされていない
先日、何気なく某民放を観ていたのですが、つくづく、ジャーナリズムのカケラもない連中だと痛感しました。


それは、海水浴場で水着姿を盗撮する男たちを糾弾する内容の報道番組だったのですが、同じ番組の中で、視聴率稼ぎのためでしょうか、海水浴を楽しむ女性たちの水着姿が、何度もアップで映されているのです(?_?)

水着盗撮を糾弾する番組で、ですよ?

関係者の頭の中には、脳味噌の代わりにキャベツでも入ってるんでしょうか?



これこそ、職権を乱用した盗撮行為そのものでしょう。

海水浴場を撮りたいのなら、ビーチ全体を映せばいいのであって、若い女性の水着姿をアップで撮影する必要はどこにもありません。

明らかに、報道のために容認されている範囲の無許可撮影を逸脱しています。

僕の恋人や親族が、無断で水着姿を撮影され、全国に放送されたら、僕はその局を爆破します。



水着だろうと着衣だろうと、私人を無断で撮影することは、原則許されない行為です。勝手に撮っていいのは、公務中の公務員くらいのものでしょう。

番組に出ていた保安員は、まずこのTVカメラマンを捕まえるべきでした。



ちなみに、この保安員も、かなり悪質でした。
うちのブログでは、以前から悪質な警備業者を告発していますが、あれはかなりひどい部類に入るでしょう。ほとんどチンピラです。

例えば、被疑者の持っているカメラを、強引に没収しようとする。
捜査令状を持っていない私人が、単に疑わしいという理由で他人の所持品に手をかけることが許されたら、市民生活はメチャクチャになってしまいます。

また、被疑者の個人情報を開示させ、撮影した映像をチェックする。
私人にも現行犯に対する逮捕権はありますが、取り調べはできません。速やかに警察に届けないと、監禁罪になります。

さらに、多数のスタッフが見守る中、被疑者に対して侮辱的な発言を繰り返す。
日本には、一応侮辱罪という法律があるんですが、保安員の講習では教えてないんでしょうか?


うちの職場にこんな保安員がいたら、そんな業者とは即刻縁を切ります。保安員の不法行為を放置するような業者を使っていたら、こっちまでとばっちりを食ってしまいます。



局に少しでも法律の分かる人間がいたら、こんなのはとても放送できないはずです。それを報道番組でタレ流してしまう。チェック機能が、完全にマヒしています。

ライブドアによるニッポン放送買収騒動があったとき、メディアは、「ジャーナリズムの使命」なるものを盾に、ホリエモンをバッシングしました。

あれだけのことがあったからこそ、気を引き締めるべきなのに、このていたらく。

やはり、ホリエモンの言うとおり、「TVを殺す」しかないようですね。

同時に、ブログのような個人による情報発信が、ますます重要になってくるでしょう。



今話題のブログをチェック(人気ランキングへ)





WOWOW



シマンテックストア



サンワダイレクト


コメント (2)   トラックバック (3)

男性人口、減少に突入

2005-07-26 19:06:36 | 市民には何も知らされていない
ついに、来るべき時が来てしまいました……(>_<)

総務省の調査によると、2005年3月末の時点で、男性の総人口が前年比0.02%減少していたことが明らかになりました。

総人口は来年でピークに達し、2007年から減少局面に突入する見込みです。

2007年は、団塊の世代が定年を迎える年としても注目されています。また、大型買収元年になるとも見込まれています。日本社会の大きな転換点になりそうです。


詳しくはこちらの記事


最新ニュースをチェックする(ランキングへ)


コメント   トラックバック (1)

道路公団副総裁逮捕、本部ガサ入れ

2005-07-25 23:17:40 | 市民には何も知らされていない
本日夕方、日本道路公団の副総裁が、独占禁止法違反幇助と背任の疑いで逮捕されました。
副総裁は省庁でいうと事務次官クラスですから、事実上、公団のトップです。

また、総裁立ち会いの元、公団本部も家宅捜索されているようです。



しかし、道路工事の談合なんて、いまさらです。

これまで放置されてきたものが、なぜ今、逮捕なのか?



道路公団は、郵貯の財投タレ流し先として、悪名が高い。

郵政民営化が正念場を迎えた今の時期に、改めて公団の体質を世間に示すことで、法案に反対しにくい世論を作ろうという、小泉首相サイドの思惑が働いたのでしょう。

叩けばほこりが出ると分かっているからこそ、まず公団の民営化を決めて、泳がせ、動かぬ証拠をつかんだ上で、本命である郵政民営化に利用するという、まあシナリオ通りの展開です。

これを、日本社会の本格的な変革の表れと見るのは、まだ早いように思えます。



ともあれ警察としては、首相に貸しを作ったかたちです。

小泉総理としては、形だけでも法案を通したいところです。どうなるか?




最新ニュースをチェック(ランキングへ)

コメント (2)   トラックバック (1)

海水浴なら石地海岸!

2005-07-25 13:35:17 | いろいろ
この週末は、徹夜で高速を飛ばして、海に行って来ました!

行き先は、新潟の石地海岸です。

兄貴の地元ということもあって、新潟にはちょくちょくいくのですが、その中でも、イチオシの海水浴場が、石地です。

まず、全国の海水浴場でも、トップとされている水質の高さ! 飲めるくらいです(海水は綺麗でも飲んじゃダメだよ)。

砂浜から、泳いでる魚が見えます(@_@)マジで。それだけ水の透明度が高いのです。隣にはフィッシングセンターがあって、沖では漁船が操業してます。


さらに、石地は遠浅の海岸に併設して、岩礁があります。カニなんかフツーに歩いてます。

潜ってみると、ウニやサザエがへばりついてます。これを採集して食べるのが、例年の楽しみです。
もちろん、10種を下らない魚たちといっしょに泳ぐことができます。フグなんかもいました。動きが早いので、捕まえるのは困難ですが。

珊瑚礁を見るために南の島までいく人の気持ちが、よく分かります。

もちろん、普通の海水浴にも持ってこいですよ。


ただ、海水浴には日焼けというネックがあります。

これには海大好きな僕も悩まされているのですが、今年は、「絶対焼けない」と謳っている某高級日焼け止めを試してみました。


……マジで焼けません。本当でした。

あれだけ晴れてたのに、僕はいまだに真っ白です。メーカーの技術力おそるべし! これは白人社会全てに輸出すべきでしょう。

下焼きしてある人はいいですけど、そうでない人は、海には必ず「全身に」日焼け止めしていきましょう。海岸は紫外線が乱反射しますので、肩だけではなく、全身くまなく焼けます。

ちなみに、日焼け止めは塗りっぱなしだとかえってシミの原因になりますので、帰ったらすぐに落としましょう。



石地の近くには、かの有名な寺泊があります。海産物が安いのです。鯛1匹丸ごと600円で焼いてもらいました。水族館もあります。

というわけで、石地→寺泊が、新潟の夏を満喫する最善コースのひとつだと、僕は思うのです。皆さんの夏のオススメは?



今話題のブログをチェック(ランキング)

コメント

ホリエモン、フジに生出演

2005-07-24 00:26:01 | 成功原則 全てはバランス
オキメグ離婚でちょっとした騒ぎのIT業界ですが、ライブドア堀江社長が、買収騒動以来初めて、フジテレビに出演しました。しかも、ノーカット生出演です。

トークの相手を務めたのは、占い師の細木和子。

それはどうでもいいんですが、


「火星にロケットを着陸させたい」

「ライブドアを世界一の企業にする」

「世界平和にも関心がある」


など、相変わらずスケールの大きい堀江節が炸裂していました。

若者には、本来、これくらいの覇気が求められているのではないでしょうか。



これほどの成功者が、無謀にも思えるようなビジョンを語る癖を持っていることに、世間はもっと注目してもいいと思います。彼は、不言実行ではないのです。

「言葉とイメージは、物質化する」のです。



堀江社長の描くビジョンの全てが、計画通りに実現するかどうかは分かりません。ライバルにもビジョンがあり、それも物質化に近づくからです。
が、少なくとも一部は物質化します(物質レベルでの行動は大前提)。

いつの時代にも、若者が大きな夢を描くところから、人類の進歩は始まるのです。



 「夢見ることができれば、あなたはそれを実現できます」

    ウォルト・ディズニー



今話題のブログをチェック(ランキングへ)




ホリエモンエピソードゼロ「拝金主義者」の逆襲~起業前夜~僕がまだ青かった頃の話

コメント   トラックバック (1)

デデュー連覇、そして引退

2005-07-22 14:31:09 | 理想の身体研究会
まだまだ続く世界水泳ですが、歴史的な事件が起こりました。
フランスのヴィルジニー・デデューが、シンクロソロで史上初の連覇を達成し、そのまま引退するそうです。

デデューは、鼻栓をつけないことでも有名でしたが、なんと言っても、その美貌と演技の完璧さで「シンクロの女王」として知られていました。おそらく、シンクロソロ史上最高の選手ではなかったでしょうか。



シンクロは、見ての通り、呼吸を制限されたまま不自然な姿勢で水の抵抗と戦う、超ハードな全身運動です。

単なる水泳、あるいはダンスなら、素人でも形だけは真似られますが、シンクロはとうてい真似できません。水中で逆立ちするだけでも、無理でしょう。それだけ難易度の高いスポーツなのです。

しかも、彼女たちには、その超過酷な運動に耐える強靱さと同時に、華麗な身体と動作が要求されています。

シンクロの王者とは、すなわち、その不可能な要求を誰よりも高いレベルで両立している人物なのです。

これまで、誰も連覇できなかったのも、無理はありません。

それを、デデューは成し遂げたのです。超人と形容しても、過言ではありません。

彼女の肉体は、人類が到達しうるひとつの究極型かもしれません。



世界水泳は、31日まで続きます。



最新ニュースを見る(ランキング)


コメント   トラックバック (1)

シュートボクシング、MAXを征服

2005-07-22 13:36:22 | 武学
今週は忙しくて、ほぼ一週間更新できませんでした。

その中のビッグニュースといったら、なんと言っても中国人民元の変動相場制移行と、ロンドンでの再びのテロです。

それはそれとして、うちのブログでは、K-1MAXに注目したいと思います。



今年のMAXを制したのは、シュートボクシングのエース、アンディ・サワーでした。参戦当初から、この階級で最強の評価を受けていただけに、ようやく実力通りの結果が出たといえそうです。

シュートボクシングとは、1985年、シーザー武志によって創立された新興格闘技です。打撃だけでなく、スタンドでの投げ、関節技を認めているのが大きな特徴です。UWFスタイルの成立にも大きな影響を与えています。
ちなみに、ブラジルのシュートボクセ・アカデミーとは、関係ありません。

個人的には、『バキ』のモデルとなった平直行選手が印象深いですが、SBは他にも多くの名選手を輩出しています。
世界ホーク級王者にもなったマンソン・ギブソンは、K-2GPにおいて、あのアーネスト・ホーストからダウンを奪っています。
現在は大阪プロレスに所属している村浜武洋選手も、もともとはSB出身でした。

投げ技どころか首相撲さえ認めないK-1ルールにおいて、総合格闘家であるシュートボクサーが頂点に立った事実は、おおいに賞賛されてしかるべきでしょう。



最新ニュースをチェック(ブログランキング)


コメント   トラックバック (1)

トータルワークアウトのパーソナル・トレーニング

2005-07-15 21:07:40 | 理想の身体研究会
魔裟斗選手からホリエモンまで、各界の一流が御用達のジム、トータル・ワークアウト。

その根幹となる思想が、「パーソナル・トレーニング」理論です。



代表のケビン山崎氏によると、人体は、およそ3週間でひとつの刺激に慣れてしまい、それ以降はトレーニングの効果が低下してしまうそうです。

そこで、パーソナル・トレーニングでは、3週間で最大限の効果を生むためにメニューが組まれています。

トレーニングの目的や具体的なメニューは、様々です。ホリエモンのように、ダイエットを目的とする人もいれば、競技に必要な基礎体力向上を目的とする人もいます。



トータルワークアウトによって有名になったトレーニング法といえば、『プライオメトリクス』でしょう。

人体の運動神経は、青年期以降、どんどんやせ衰えていき、反応速度が鈍くなっていきます。

これを鍛え直し、素早い動きを取り戻すのが、プライオメトリクスの目的です。

まさに、神経系のアンチ・エイジングといえるでしょう。



具体的には、初動負荷トレーニングと同様、筋肉の伸張によって起こる反射収縮を誘引して、運動神経を刺激していきます。

その動作は、日常生活の延長に過ぎないシンプルなものばかりですが、実はそれこそ、短期間で神経を鍛える秘訣なのだといいます。

縄跳びなどは、代表的なプライオメトリクス運動です。
ブルース・リーは、縄跳びを毎日30分ほどぶっ続けでやっていたそうです。



さらに、休眠状態にあった運動神経網を活性化させることにより、それまで動かせなかった筋肉を使えるようになります。

そうなれば、筋肉全体の生み出す合力は大きくなりますから、たとえ加齢で個々の筋肉が多少細くなっていても、パワーアップできるのです。



トータルワークアウトのHPです

プライオメトリクスについて




今話題のブログをチェック(人気ランキングへ)




爆発的パワー養成プライオメトリクス DVD版
J.C.ラドクリフ,R.C.ファレンチノス
大修館書店

このアイテムの詳細を見る


コメント (3)   トラックバック (1)

腰椎が筋骨格系の中心

2005-07-14 23:52:22 | 理想の身体研究会
腰椎と大腿骨をつなぐ大腰筋が、脚の運動を支配する極めて重要な筋肉であることは、最近よく知られていますが、大腰筋に限らず、腰椎に付随する筋肉は、いずれも全身の運動を左右しています。



腕がどこから生えているか、ご存じでしょうか? 実は、腰からなのです。

胸椎下部から腰椎、さらに腸骨にかけての幅広いエリアから始まっている広背筋の先端は、上腕骨につながっています。
つまり、あの大きな広背筋は、100%腕を動かすために存在する筋肉なんです。
筋肉系からすると、腕の始まりは腰なのです。


広背筋の主な役割は、腕を下方向に引きつけることです。
具体的には、鉄棒のけんすい、水泳のかき、バスケのドリブル、柔道のしぼりなどといった動作の、特に最終局面に活用されています。


もちろん、肩甲骨に付随する筋肉も重要です。上腕二頭筋も三頭筋も、肩甲骨につながっています。だから正確には、

「腕は、肩甲骨から腸骨の間にかけての体幹部から生えている」

のです。


しかしながら、腕を用いた動作に最も大きなパワーを与えうるのは、やはり広背筋だと考えていいでしょう。

四足動物の場合、広背筋は前足の踏み切りに使われる筋肉ですから、当然といえば当然でしょう。



腰椎から始まる筋肉は、大腰筋と広背筋だけではありません。横隔膜を形成する横隔筋も、実は腰椎から始まって、アーチ状を描き、肋骨の下部につながっているのです。


横隔膜は、主要な呼吸筋として知られています。
横隔膜を用いない、肋間筋に頼った「胸式呼吸」では、肺が十分に伸縮できないので、浅く早い呼吸になってしまいます。

また、肋間筋が呼吸のために使われてしまうと、肋骨が十分に動かせなくなります。上体の動きが、芯から硬くなってしまうのです。



さらに、腰椎からは脊柱起立筋も上に向かって伸びており、胸椎や肋骨とつながっています。広背筋の裏に隠れているので、表からは全く見えないインナーマッスルです。


脊柱起立筋は、文字通り姿勢をコントロールする筋肉です。単純に言えば、この筋肉をゆるめると背中が丸まり、締めると反り返ります。

体幹部の骨格を直接的にコントロールしているという点で、まさに、人体の中心的な筋肉と呼べるでしょう。



大腰筋、広背筋、横隔膜、そして脊柱起立筋。これらの重要な筋肉は、全て腰椎を中心に始まっています。

従って、人体における筋骨格系の中心は、腰椎と考えていいでしょう。


腰のケアだけは、十分に行って下さい。


以前に紹介した金魚運動であれば、筋骨格系だけでなく、胃腸のケアにもなります。



この記事に1票
コメント

河野義行氏、公安委員を退任

2005-07-13 14:26:04 | 市民には何も知らされていない
17日、松本サリン事件で冤罪被害を受けた河野義行氏が、長野県公安委員を退任しました。

河野氏は、3年の任期を振り返って、


①警察官の人数が少なすぎる

②公安委員の調査権限が限られている

などの問題点を指摘しました。



長野県警の人員は、人口およそ300万人に対して、総勢3000人程度。業務量に対して、人員が絶対的に不足している状態です。
これが、慢性的な超過勤務を招き、捜査の手抜きをもたらしていると、河野氏は指摘しています。

もちろん、これは全国的な問題です。自治体の財政破綻とも合わせて考えないと、解決できないところでしょう。



さらに、県知事に公安委員への指示権はないのに、県知事から命令を下されたこと、しかもそれが委員の権限を超えた内容であったことが、3年という早期での退任の原因となったそうです。

公安委員会は、警察権力の暴走をチェックするという責任を持っていながら、形式だけでほとんど機能していません。
つまり、内部からのリークを除いて、警察の不適切行為はほとんどノーチェックです。

警視庁で、警察官が拘置中の女性をレイプしたとして問題になっていますが、現状では、こんな事が起きてもおかしくないのです。

公安委員の権限強化の必要性が、改めて浮き彫りになった格好です。




ランキングで最新ニュースをチェック

河野さんの著書を見る
コメント

究極のアスレチック

2005-07-11 19:34:18 | 理想の身体研究会
アスレチックを見かけると、思わず試さずにはいられないマキトですが、大人が楽しめるアスレチックはそうそうないので、いつも歯がゆい思いをしています(-_-;)

そんな僕が、自信を持ってお勧めできるアスレチックが、「ザイルクライミング」です。

これは、要するに登山用ロープでできたジャングルジムなんですが、近所の公園にあるやつは、高さが10メートル以上あります! ザイルの間隔も広く取ってあり、どう見ても、大人のためのアスレチックです。

それでも、子どもが安全に使用することは可能です。
一本のポールを中心に、ピラミッド状にザイルを組み合わせてあるので、仮に落下しても、どこかで必ずザイルに引っかかります。万一の場合にも、ダイレクトに落下することが防止されているのです。
なので、かなり高いところまで登っても、それほど恐怖感がありません。

面白さと安全性の両立は、アスレチックにとって永遠の課題です。ザイルクライミングは、それに成功した希有な例でしょう。

全国的に広まっているのかどうかは知りませんが、ジャングルジムに代わる安全な遊具として、もっと普及してもいいように思います。



あと、これは有料になってしまいますが、東京サマーランドの水上アスレチックもオススメです。




この記事に1票
コメント   トラックバック (1)

橋本真也選手急逝

2005-07-11 18:24:24 | 武学
本日午前、プロレスラーの橋本真也氏(40)が、脳内出血で急死したそうです。謹んでご冥福をお祈りいたします。



僕もプロレス少年だったので、橋本真也といえば、ヒーローでした。20代半ばの橋本選手は、自他共に認める新日本プロレスのエースでした。

しかし、上層部に直言する性格が災いして(現場監督だった長州力との確執は、アングルではなくリアルだったそうです)、徐々にエースの座から遠ざけられていきます。

最終的には、新日本プロレスも退団し、独自の団体を興して「昭和の匂いがするプロレス」を追求していきました。



生前は、

「好きな武将は織田信長。俺も太く短く生きる」

そう宣言していた橋本選手。その豪快なファイトスタイルを、ファンはいつまでも忘れないでしょう。




ランキングで最新ニュースを見る
コメント (1)   トラックバック (2)

人間だけが生命波をコントロールできる

2005-07-11 01:27:50 | 教義学
 先に、写真や位牌などを見ることが、その人の生命波にチャンネルを合わせることになると述べたが、もっと噛み砕いて表現するのなら、無生物にも生命波はある。例えば、この文章には、この文章を書いた時点での僕の生命波が出ている。

 「文は人なり」で、読むと安心する文章もあれば、嫌な気分になる文章もある。創ったものを通して、生命波(具体的には感情)は伝達するのだ。
 これは創作物に限らず、その人が縁したもの全てに出る。写真であれば、一番強く出るのは被写体だが、撮影者や写真の発明者、制作者や現像者の生命波まで、全て出る。

 本人の生命波が最も強いのは、おそらく「名前」だろう。写真などは撮影した瞬間の生命しか出ないが、名前となると、その人の命名された時からの全てがもれなく含まれている。肉体亡きあと、位牌や過去帳などに記された名前は、五感で感知できるもののうち、故人に最も縁深いものだろう。



 ただ、無生物は積極的に生命波を発信していくことができない。生者が積極的にそれを見るなり、触れるなりして、初めて生命波として感知される。

 それに、無生物が死の周波数を顕していることもあるので、注意が必要だ。典型的なケースが、オウムの崇拝していた発砲スチロールのシヴァ神である。
 シヴァ神はヒンドゥー教においては破壊神であり、仏経においては第六天の魔王に相当する。キリスト教ならばサタンということになろう。あれはまさに悪魔崇拝そのもので、シヴァ神の破壊的な周波に共鳴してしまったために、彼らは凶行に走った。

 基本的に、何となく気味が悪いとか、恐いといったものは、極力遠ざけることが望ましい。子どもは暗闇を恐がるが、やはり闇の発している周波数が死に向かっているからだろう。意外というかもっともというか、社や仏像などの周波数も死に向かっている。

 おそらく、不気味なものというのは、音波であれば不協和音のような、アンバランスな生命波を顕しているのだろう。こうしたものに触れる機会をゼロにはできないが、生に向かう波長に接する機会を増やすことで、その悪影響を減少することができる。環境には十分に気を配らなくてはいけない。

 何となく安心する、元気が出る、自信がつくといった環境を、積極的に創っていくことだ。例えば暗闇であっても、一緒に誰かがいるだけで恐怖感は減少する。マイナスの周波も、ちょっとしたことでいくらでも中和することができる。



 意識は生命波に対して能動的、無意識は受動的である。すなわち、能動的に祈ることができるのは、自我を持つ生命体だけである。

 植物は生命体なので、一応送られてくる生命波を受信できるが、能動的に送信することはできない。植物にテレパシー能力があることはよく知られているが、情報を受け取れても、送ることはできないのだ。
 受動的な生き方をしている人は、植物に転生することがあるかもしれない。

 高度な意識を持つ人間は、能動的な生命体の極致といってもいいだろう。自ら生命波を送ることはもちろん、死に向かう波長を中和することさえできる。

 人間だけが、生命波をコントロールできる。

 つまり、自分の運命をコントロールできる。人間だけに、そのチャンスが与えられている。

 縁あって人間に生まれたということは、教義学の立場からすると、限りなく尊いことなのである。



この記事に1票
コメント

ビジネスおすすめ情報

ダイナミックな人生を生きる方法無料ダウンロードプレゼント 7つの習慣のDVDが登場!期間限定キャンペーン中 ★車椅子の高校中退17歳が1億稼いだ方法★ ライブドア事件の真相・堀江貴文氏(ホリエモン)講演会『逮捕前夜』