大人に負けるな!

弱者のままで、世界を変えることはできない

資本金で計上する方が、むしろヤバイのでは?

2006-04-27 19:51:32 | 堀江貴文関連・ライブドア事件は国策捜査
風説が風説を呼び、民主党の代表交代にまで発展した、一連のライブドア騒動ですが、東京地検特捜部は、これ以上の捜査を断念しました。

一時は脱税疑惑までが大々的に報道され、地検も捜査に乗り出したとされていましたが、事実無根であることがハッキリしました。

こうした虚偽の報道により、ライブドア株主が受けた損失は計りしれません。報道各社は、当時の株主から損害賠償を請求される可能性があります。今のうちに土下座をして誤っておいた方がいいでしょう。風説を流布した容疑で、東京地検特捜部に強制捜査されるかもしれませんね(笑)


ライブドアに残された容疑は、「粉飾」「風説の流布」「偽計」の3つに絞られましたが、どれも根拠薄弱なモノばかり(-_-)

まず粉飾決算と風説の流布ですが、もし、ライブドアが還流したとされる新株売却益を自社の資本金に繰り入れていたとしたら、売り上げを過小に記載したとして、脱税の容疑をかけられていた恐れがあります。

問題のファンド(投資事業組合)が、100%ライブドアの子会社でない以上、ライブドアとすれば、売却益を資本金に繰り入れることは、法的にまず「できません」。それこそヤバイです。
売り上げとして計上する以外の選択肢はないでしょう。

もし、東京地検特捜部の論法が許されるのなら、「ファンドを経由して利益を得る行為全て」を、恣意的に違法にできます(>_<)

どう転んでも、罪名をつけられる。

つまり、この容疑はイチャモン以外の何ものでもないのです。
典型的な、法律の悪用例ですね。教科書に載せられます(笑)

こんな簡単なロジック、何で誰も見破れないの?


そして偽計、つまり買収を1ヶ月遅らせて発表したという疑惑ですが、もともと「買収から何日以内に発表しなくてはならない」という法律がありません。また、何を以て買収の開始と見なすか、完了と見なすか、などといった法的定義もありません。

つまり、検察が即日発表でなければならない、と見なせば、1日以上買収の発表が前後したケースの全てが、取り調べの対象になってしまいます(>_<)

買収そのものの事実がなかったのならともかく、マネーライフ社は実際に買収されているのだから、まず偽計とは考えられません。

これもイチャモンの域を出ないでしょう。


ただ、特捜部を弁護するわけではありませんが、ホリエモンは政権与党の買収まで宣言していた人物ですから、政府が手段を選ばずに弾圧するのは当然です。
いつの時代、どこの国でも、政府とはそういうものです。何も、今の日本政府だけが汚いわけではありません。
それを覚悟で、闘い続けるのなら、ホリエモンもたいした人物ですよ。


保釈請求が通りそうですが、身辺には十分に注意する必要があります。これは、日本政府と堀江貴文個人の戦争なのです。


いずれにせよ、舞台は法廷に移ります。




ホリエモンエピソードゼロ「拝金主義者」の逆襲~起業前夜~僕がまだ青かった頃の話


堀江貴文氏(ホリエモン)講演会『逮捕前夜』



最新ニュースランキングをチェック



コメント   トラックバック (1)

高卒元キャバ嬢、代議士に! 太田和美(26) 

2006-04-24 23:32:28 | 若さが歴史を動かした(ノンフィクション)
昨日の衆院補選で、高卒の20代女性候補が、東大→キャリア官僚→ハーバード→副知事という超エリート候補を破って、最年少代議士に(@_@)!

太田氏は、高校卒業後、いくつかの職を経て、22歳で不動産会社を設立。25歳で千葉県議会議員となった、猛スピードの叩き上げ女性。

選挙戦では怪文書がバラまかれ、太田氏もキャバクラで働いていたことを認めます(キャバ行ったことない成人男性っています?)。
その赤裸々さも選挙民にウケて、見事に副知事を下しました。

いまや、まだ若いとか、学歴がないとか、夜の商売をしてたといったことが、ハンディになる時代ではありません。

むしろ、エリートほど反感を買ってしまうという面もあります。
ある元代議士のせいで、東大卒エリートの信用が失墜したという事情もありますが……(-_-)

選挙民は、エリートたちが、ニッポンという制度の歯車に過ぎないことを、とっくに理解しています。

むしろ、高卒元キャバ嬢のサバイバル能力を評価し、リーダーに選びました。

従来の序列が意味を持たなくなる。この混沌は、歴史の激動期すべてに共通する傾向です。天下を統一した秀吉は足軽の子でしたし、維新の志士も地方の下級武士たちでした。



このブログをチェックしている方には、もうお分かりでしょうが、僕は常々、

「若者が政治経済を動かす時代が、近い将来必ずやってくる。ヒルズ族の登場で、経済はすでにそうなった。次は政治」

バカのひとつ覚えで、そう言い続けています。そして、今のところその通りになっています。
杉村太蔵議員が思いのほか選挙民にウケ、ホリエモンまで出馬したことで、二大政党でさえ、「今どきの若者」の集票力を無視することはできなくなっています。

歴史の変革期とは、そういうものなのです。これからも若者がどんどん出てきますよ!



今日の社会ニュースランキング(^_^;)




ドミノ・ピザ【PC向けサイト】



WOWOW






コメント

「ライブドア事件は陰謀」元国税調査官

2006-04-17 02:04:53 | 堀江貴文関連・ライブドア事件は国策捜査
このブログでは、ホリエモン逮捕直後に、ライブドア事件を不当な企業弾圧と断定しましたが、元国税調査官の大村大次郎氏も、『ライブドアショック・謎と陰謀』を緊急出版し、僕とほとんど同じ見解を発表していますので、氏の主張するポイントをご紹介したいと思います。



◆上場企業の組織犯罪といった大きな事案の場合、法務大臣の許可を得ないと、検察は動けない。今の内閣が、あらかじめ強制捜査を知らなかったことはまずありえない(つまり、政府がライブドアショックを引き起こした!)。

◆もし、本当に地検の独断で強制捜査に踏み切ったとしたら、現場が法務大臣の存在を無視して動いたため、結果的にライブドアショックを招いたことになる。特捜部長が即座に厳重処分されなければおかしい。

◆検察の監督指揮権を握る杉浦健正法務大臣は、小泉首相と同じく、森派である。以前の内閣では官房副長官まで務めており、首相の右腕に等しい存在。首相が杉浦法務大臣に命じて、東京地検を動かしたと考えるのが妥当。

◆過去3度の内閣改造でも、法務大臣のポストは森派が独占している。現在の検察は、首相の意向に逆らえないと考えられる。

◆東京地検特捜部は昔から有力政治家に弱い。ロッキード事件では、田中内閣の退陣から捜査開始まで、2年もかかっている。リクルート事件は朝日新聞の取材で発覚したが、検察は当初動こうとせず、贈収賄では1人しか立件できなかった。金丸元幹事長に対しては、罰金20万円の略式起訴で済まそうとしている。

◆東京地検特捜部は、検察庁の出世コースであり、必然として、特に上を見て仕事をする。

◆通常、証券取引の刑事捜査は、証券取引等監視委員会の管轄。あるいは、金融庁や東証もライブドアを指導できる立場にあった。しかし今回、これらの機関が動いた形跡はない。東京地検の独断専行は、極めて異例かつ異常。

◆過去に、東京地検特捜部が独自に高度な経済犯罪を捜査した例はない。つまり、経済犯罪を摘発するためのノウハウを蓄積してきていない。独自の潜行調査を重ねてきた可能性は低い。

◆通常、企業犯罪に対しては、事情聴取を重ね、トップの身柄を確保したうえで強制捜査に踏み切るのが、捜査機関のセオリー。買収を指揮していた宮内取締役が不在のところを踏み込むのは、最重要参考人に逃亡や証拠隠滅のチャンスを与えるに等しく、通常では考えられない。つまり、どうしても「あの日」に強制捜査せざるを得ない事情が、特捜部にはあった。

◆あまりにもマスコミへの情報漏洩が多い(本来、漏洩自体が守秘義務違反)。捜査そのものの正当性に自信がなく、世論を味方に付けたいという特捜部の意図が強く感じられる。

◆堀江社長への事情聴取が1度もなく、いきなり強制捜査に踏み切った上、1週間で逮捕というスピードは、企業犯罪捜査史上前例がなく、極めて異例かつ異常。

◆粉飾で利益を水増しするというのは、つまり税金が増えること。粉飾疑惑と脱税疑惑とは、動機面からも矛盾しており、両立し得ない。

◆不正の自覚があれば、その商取引は隠蔽しているはずだから、税務申告に矛盾が生じ、必ず脱税で摘発される。つまり、売り上げを隠さなかったこと自体、不正の自覚がなかった証拠になる。

◆日本は罪刑法定主義であり、たとえ99%クロであっても、100%クロでなければ犯罪にならない。グレーゾーンを摘発してはならないのが法の精神。投資事業組合が「事実上」ライブドアの子会社であったとしても、「法的に」「完全に」子会社として位置づけられるものでなければ、不正取引に当たらない。

◆買収をどのタイミングで発表するか、明確に規定した法律はない。企業の任意である。通常、偽計での摘発は、存在しない資産をあると偽るような、極めて明確かつ悪質な虚偽発表に限られる。1ヶ月買収の発表を遅らせた程度で偽計と見なされることは異常。

◆不自然な会計捜査は、どんな企業にもある。特捜部がこれだけ徹底的に捜査して、この程度の問題しか出てこないこと自体、ライブドアがクリーンな経営体質を持っていることの証明になる。

◆過去における粉飾決算の摘発例では、「持っていない資産を持っているように見せかける」という、明らかに違法なものであるが、ライブドアのケースでは、資産は確かに存在し、しかも余分な税金まで払っている。投資判断に与える影響が甚大だとは考えられない。過去に、この程度の粉飾疑惑が告発された例はない。

◆国税局が、もしこの会計捜査を発見しても、絶対に修正などしない。自社株の売却益を売り上げで計上してくれれば、税金が増えるからだ。

◆グループ内での利益の付け替えは、書類が完備している限り、合法であり、どこの企業でもやっている。連結決算の粉飾でない限り、不当とは考えられない。

◆堀江氏の収入の大半は、手持ちのライブドア株を売却したことによる利益。現在、株の売却益にかかる税金は、わずか10%。疑惑が報道されている脱税のリスクを犯すような酷税ではない。

◆堀江氏が個人的な裏金づくりをしていた形跡はない。つまり、堀江氏には企業犯罪に手を染めるメリットが一切存在しない。



詳しくは、氏の著書を一読されることをお勧めします。
要は、粛々と法律を当てはめていった場合、ライブドアショックの真犯人は政府で、ライブドアは最大の被害者ということです。


何より、これだけ弾圧されても屈しないこと自体、ホリエモンが単なる拝金主義者などではなかったことの証です。

一生、遊んで暮らせるだけ稼いだ人間が、なお働き続けると言うことは、お金以上の何かを求めている、何よりの証です。
彼が金の亡者だったら、ある程度稼いだところでさっさとリタイアしていたでしょう。
バッシングされてまで、チャレンジを続ける理由はありません。

改めて、断言しましょう。

ホリエモンは、実業家である以前に革命家だと、僕は見ています。



何度も繰り返しますが、ホリエモンは「自民党の買収」「天皇制不要論」を公言する人物ですから、例えば自民党総裁とか、公安警察などにとっては、宇宙で一番憎い相手であることは間違いありません。

いずれにしても、ライブドアショックを政府が引き起こしたことは明確なのですから、株主が損害賠償を求めるとしたら、政府に請求すべきでしょう。もちろん、ホリエモンにもその権利はあります。



余談ですが、このブログはホリエモンの日記にはトラバ拒否されており(小さな成功者とか書いてたからな……)、僕に彼を擁護する義理はありません。念のため。



社会・経済ニュースをチェック(^_-)





ホリエモンエピソードゼロ「拝金主義者」の逆襲~起業前夜~僕がまだ青かった頃の話

堀江貴文氏(ホリエモン)講演会『逮捕前夜』

コメント (1)   トラックバック (9)

3年で資産を2000倍に! 神王リョウ(26) 

2006-04-08 01:04:14 | 若さが歴史を動かした(ノンフィクション)
70社以上から就職を断られた(泣)今どきの若者が、ロバート・キヨサキ氏の著書に出会って一念発起、23歳で独立し、わずか1年で月収2000万を突破!
3年で資産は100万→20億に!!(@_@)

神王氏の本業はトレーダーですが、同時に5つの会社を経営し、インフォプレナー、ウェブデザイナーとしても著名。

さらに、スポーツチャンバラ第一回大阪市大会で準優勝という剣豪?でもあり、シンガーソングライターとしても活動中という、まさにマルチ人間~( ̄▽ ̄~)


今の時代、成功に必要なのは、何より「時を惜しみ、一気に成果を出す」ことではないでしょうか?

年齢を言い訳にして、スタートを遅らせる時代ではありません!




神王リョウ プロフィール

人気ランキングをチェック☆(v^-゜)





シマンテックストア






MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ





コメント   トラックバック (4)

ネットだけで月収100万! hideichi(25)

2006-04-07 22:46:27 | 若さが歴史を動かした(ノンフィクション)
学生でありながら、アフィリで月収100万を叩き出して話題を呼んだ、オンラインビジネス界の風雲児。

僕も、マイミク登録させていただきました<(_ _)>
(現在は、何か問題が発生してmixiからは落とされたそうです。このブログもgooや人気ランキングに何度も警告もらってますが……^^;)

hideichi氏の凄いところは、月収100万を可能にした手法をジャンジャン公開しちゃってるところです。
アフィリに興味のある人は要チェックですよ!



ひでいち氏のメルマガです

人気ランキングをチェック☆(^O^)



アフィリエイトならリンクシェア



サンワダイレクト






コメント

18歳で月収7ケタ! 林洋介

2006-04-07 17:08:14 | 若さが歴史を動かした(ノンフィクション)
前述した和佐大輔氏の友人であり、高校生インフォプレナーとして名を馳せた林洋介氏が……

卒業を目前にして、月収100万円を突破したそうです!(@_@)

これからもますます、彼のような若者が現れ続けるでしょう。

10代20代の若者が、中産階級として台頭し、やがては政治的な影響力まで獲得する。

それこそ、真の世代交代なのです。



林氏のサイト

人気ランキングをチェック☆(^O^)








ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


コメント   トラックバック (3)

ビジネスおすすめ情報

ダイナミックな人生を生きる方法無料ダウンロードプレゼント 7つの習慣のDVDが登場!期間限定キャンペーン中 ★車椅子の高校中退17歳が1億稼いだ方法★ ライブドア事件の真相・堀江貴文氏(ホリエモン)講演会『逮捕前夜』