銀座ジャズバーエムズのブログ

 生演奏のある小さなバー・・・「大人のくつろぎ空間」をお探しの方にご案内申し上げます。

ジャズ的な

2019-10-18 14:04:20 | 

 およそアートとか芸能は、「見様見真似」で始まります。

細かい技術は先達に指導していただくほうが速い、という場合もありますが、

結局は「聴いたまま、見たまま」になぞってやってみて、さらに自分風な

やり方で身に着けていく、ということしか、会得の方法はありません。

 

 「どう歌えばジャズっぽいか」なんて、教えようとしてもできないし、

教わってもできないものはできないんですもの。

 

「こんな曲だ」とか「こういう気分を表現したい」という明確な意思があって

しかも作曲家が意図した流れとハーモニーに沿って、さほど大胆でなくとも

その人らしい心地よさを追求できるなら、それが立派な「インプロビゼーション」

の一つになるわけです。

 「なんでもいいから、2コーラス目は違うメロディーを考えて変えて

歌いなさい」などというアドバイスが、もしあるとしたら、それは

音楽を壊すことになる、と私は思っています。

 

 もともとの曲は劇中のバラードとしてできたものを、アドリブを回す演奏で

使うためにリズムを大きく変えたり、速いテンポにしたり、というのは、

もちろんジャズの楽しみの一つです。 でも、歌詞をつけて歌う側であれば、

本当に楽器のようにソレに参加できるのでなければ、歌と声と表現力の範囲内で

できるだけ自分も共演者もオーディエンスも心地よくなる表現を目指すのが

真っ当な楽しみ方だ、と固く信じております

 

 今宵は、夜は二度目の登場

バリトン・サックスの大御所にして、とっても楽しい呑み仲間

原田忠幸さんのトリオですw/森田潔(P)谷口雅彦(B)

秋の夜長、月は見えずとも、心に月明かりを灯す「凄い」演奏と

思わず笑っちゃう(ナゼ)面白トークを、あなたも

ぜひ経験してくださいませ。

コメント

新入り「リカちゃん」

2019-10-10 15:54:25 | 

 久々のニューフェイス、「CAFE LICA」は、高槻市の小さな酒造の作品。

アルコール度数31度の、甘くないコーヒー・リキュールです。

このままロックで飲んでも「アルコールの強い食後のコーヒー」として

楽しめますが、この秋のおススメ・カクテルとして、私の憧れの

「大人のカカオ・フィズ」を作ってみました。

が、苦味が強いので、酸味とぶつかり、配合はいろいろ検討の余地がありそうです。

 

 この週末、もう一つ大きな台風をやり過ごさねばならないようですが、

明日:10月11日(金)は「十三夜」

奇しくも、先月の「十五夜」と同じ、深澤芳美(P)下間哲(Tp,Vo) Duoのご出演です

江戸時代より、郭の風習としては「片月見は縁起が良くない」そうで

どうぞ明日も「裏を返しに」お出かけください。

 グラスのレモンを月に見立てて楽しみましょう

ただし、お天気の荒れないうちに、「早番」で。

コメント

「秋」とは言いながら

2019-09-22 13:32:07 | 季節

 曲と歌詞とは必ずしも連動していない・・・

例えばミュージカルの劇中歌のように、作曲者と作詞者が

同じ場面とキャラクターを想定して作った場合はいいのですが、

演奏家がまず演奏用の曲を作り、それがいい曲だというので、

歌う人または歌わせたい人が、タイトルから連想した歌詞を後付けしたりすると、

作曲者のイメージとはまるで違ったものが独り歩きする、という曲も多いわけです。

 

 さらに、演奏家も歌詞をあまり気にせず、タイトルだけで

イメージした演奏をしている場合も多く、これなんかまさにそう

'Early Autumn'

「『初秋』・・・まさに今の季節にピッタリなのでお送りします

・・・・歌詞はですね、

「・・・早すぎる秋が来て 街の空気を凍らせる・・・

4月の気分で恋は始まったのに

こんなに早く別れが来るとは思わなかった

どこかでまた会えるだろうか・・・

やり直せるものなら 二度とこんなに早い秋はごめんだよね・・・」

おいおいって感じです

 

 個人的には、サンマのおいしい秋のうちはまだ歌いたくないなあ

街路樹が色づき、ちょっと上着の襟を立てたくなるくらいの

季節になってから・・・

 

 

 

 

コメント

月に想いを

2019-09-15 22:08:20 | つれづれ

 9月13日(金)は「十五夜」でした

夕方まではどんよりしていましたが、夜半はキレイに晴れ上がり、

煌々と輝く月を観ることができました。

(満月に近くなると、夜中にちょうどてっぺんに上って来るので、

銀座の中でも帰りに楽しむことができるのです)

 

 さらにこの日は、「ジャズひな祭り」の発足を後押ししてくださった

オリオンズの創始者にして「ミスター・バーテンダー」と称された

澤井慶明氏の14回忌でもありました。 St.SAWAIオリオンズ

 ゆかりのある深澤さんが、在りし日の氏に捧げて作った曲なども演奏、

ちょうどいらしていただいた方々と、銀座の「佳き時代」を偲びました。

 と、言っても、澤井さんは明るいことの大好きな豪気な方だったし、

おまけに共演の下間さんの誕生日でもあったので、現場は

思い切り盛り上がりました

 

 今、エムズで毎月、深澤さん下間さんの演奏を聴けるのも、

毎年ジャズひな祭りがあるのも、その時代のご縁がつながっているからこそです

銀座の深夜に観る月は、昔を懐かしむだけでなく、今のライブの現場を

演出し応援してくださった先達と、それぞれの佇まいや

いろんなエピソードに想いを致させる、とても特別な月でした。

コメント

脳内愛好会

2019-09-06 14:22:38 | つれづれ

 昨夜は何度目かのコンビネーション、

小林洋さん(ピアノ)と下間哲さん(トランペットと歌)でした

 このお二人に共通しているのは、スタンダード曲それぞれへの思い入れが

とても強いこと。私としても、最もエムズ・スタイルで重要だと

思っているポイントです。

 ここにベースの大津昌弘さんを加えたトリオで、これまでに

「アルファベット順のTributeスタンダード愛好会」なるものを

企画してまいりました。 この秋は、メンバーの都合を

休日の昼間に合わせることが叶わず、見送っていましたが、

9月3日は河辺浩市さんの命日だったので、私の頭の中では

「個人的に捧げる会」のようなつもりで選曲していました。

でも、結果的には、大先輩と共演が叶わなかった下間さんも、

彼らに捧げる曲を自ら選んで演奏してくださったので、

たぶん喜んで聴いてくださっていたことと思います。

 オーディエンスの半分は初めてみえた若い方々だったため、

選曲の趣旨については私たちだけのこだわりだったのですが、

近場で聴く生のスタンダード音楽を堪能していただけたようなので、

それも良いご供養になったのではないかな、と

うれしかったです

 

 スタンダードを愛する者は「まず、曲ありき」

洋さんが力説していましたが、私も心からそう思います。

良い曲を大事に演奏することが、作者も含め先人たちへのリスペクトであり、

現場で演奏する者を自ら幸せにする、音楽の力を受け取ること、

エムズが一番大切に守って行きたいことです。

 

 今宵:9月6日(金)はそんな業界の親分こと、

五十嵐明要さんのアルトサックスを囲んで、

スタンダードの生演奏を愛する人たちと楽しみたいと思います🍻

コメント