銀座ジャズバーエムズのブログ

 生演奏のある小さなバー・・・「大人のくつろぎ空間」をお探しの方にご案内申し上げます。

今週のお知らせ

2014-09-29 13:58:43 | 日記

 風の心地良い季節になりました。

日中はまだまだ気温が上がるけれど、「残暑」という言葉は当たらない感じですね

さて本日 9月29日(月)エムズは通常営業しております。

深澤芳美さんのピアノ・ソロで

 

明日(9/30火)小林洋(P)中村新太郎(B)

そして10月です

10/1(木)袴塚淳(P)大津昌弘(B)

2(木)辻邦博(G,Vo)・・・バラエティ系ユニットになりつつあり

3(金)五十嵐明要(As)森田潔(P)谷口雅彦(B)

秋の夜長をどうぞご一緒に

コメント

女将の夜食

2014-09-26 13:45:45 | 日記

 深夜の食事は一般の方にはおすすめできませんが・・・。

ま、勤務時間の関係で、どうしても「夕食=深夜食」になりますね。

行きつけのバーのマスターは、飲み物のオーダーを聞いた後、

「お腹は?」と尋ねて、それぞれの状況に応じてちょっとしたものを用意してくれます。

目玉焼きとハム、パンではなくてクラッカー。Sunnyside Upの半熟加減が絶妙

朝ごはんみたいね、と言いかけたらなんと肉まんのオマケ付き

「さっきお客様から差し入れ

スコッチ・ソーダでちょっといい気分。

 

 「初めてお相撲を観に行ったんですよ 砂かぶり席で、力士の体温体臭感じる席で()

投げ飛ばされたらスゴイ人が落ちてくる席で 食べたり飲んだりもできないし。

でも、せっかくチケットいただいたので、序の口から気合い入れて観に行きました。

 実際に観ると感動  幕内に入った途端に相撲がキレイになるのが、素人目でも

わかりました。 すっかりハマっちゃって、それから毎日録画してます。

夢中でレポートしている若い女性の声を聴きながら、2杯目はピンク・ジン・ソーダ

いいなあ小さなくつろぎタイム

コメント

お知らせ:本日(9月25日;木)

2014-09-25 14:06:12 | 日記

 小谷さんの「P.S.クリニック」が行われます。

(詳細はサイトの[Information]をご参照ください)

また、19:45~20:30の1stステージは、クリニックに参加された生徒さんの内

何名かの「腕試し参加=A.C.セッション」となっております。

最初は小谷・大角ペアの演奏~生徒さんの歌数曲~ラストは私の歌、というやり方です。

 もちろん、偶然にその時間にいらっしゃる一般のお客様はご存知ない場合もありますが、

この時間は基本的に、一律ライブ料金にて(\3,000;1drink)お入りいただいております。

どうぞご了承ください。

コメント

お彼岸

2014-09-23 16:32:13 | つれづれ

  去る9月20日(土)

 まだ、彼岸には行っていらっしゃらない河辺さんに捧げる企画第一弾:

【Tribute to 河辺浩市『愛好会スペシャル』】を開催いたしました。

永年のファンの方を始め、亡くなる直前に両国のギャラリー・トークにいらして、河辺さんご自身から

お誘いを受けたという方々もあり、「偲ぶ」スタンスはそれぞれだったかもしれません。

一緒に献杯をしようとエレキ・ベースを持ち込んでくださった大津さんと共に(故意の通りすがり)

河辺さんが必ず演奏されたナンバーから、

Around The World

Easter Parade

 そして20年近く前の河辺さんとお手紙をやり取りした、私の思い出の

I Kow Why (and So Do You)

 もともとやるつもりだった「I」で始まるナンバーから5曲。

そして今回は、やはり10年来のお付き合いのあった 「墨東キネマ」さんの御厚意で

数十年前の河辺さんの映像・・・・「11PM」「題名のない音楽会」「越路吹雪ショー」etc....

エムズの壁に模造紙を張っただけのスクリーンとラジカセでの上映会

それでも映像の力はスゴイものでした。 この数年で河辺さんと知り合われた方々にとって

80代としてはとても立派な体格だった河辺さんの、本当にお元気だった時期の姿と音は

感動の初体験だったでしょうし、最後の「NHKオールスターズ」に至っては

現場で聴いているかのような大拍手と掛け声

 そして再び思い出のナンバーと爆笑エピソードなどで、本当に充実したライブになりました

遺された者の喪失感は、簡単に埋められはしませんが、みんなで語り合い、

楽しい思い出を共有することで心穏やかに偲ぶことができたような気がします。

 この催しを定例化していけるかどうかはまだ未知数ですが、河辺さんご自身がその場にいて

ご一緒に楽しんで楽しませてくださるような企画を、できるだけたくさん作り出すことが

御供養になるのではないかと感じています。

ベースアンプで一回、映写で一回、そしてラストの曲;The Nearness Of Youで一回

あり得ないミスが発生 全員が「あっ河辺さんのダメ出しだ」と

ちょっとうれしくなったりして・・・・。

 

「墨東キネマ」さんのサイトで『河辺浩市(公一)アーカイブス』

もご覧いただけます。

コメント

しゃっきり

2014-09-19 12:22:48 | つれづれ

 窓を開けて息を吸い込むと、風が秋の香りですね。

しゃっきり背筋が伸びます。

さわやかさが続いてくれることを祈りつつ。

 

 しゃっきり、と言えば、先日ある定食屋さんでのこと。

一人で静かに食事している人が多い中・・・・

髪の毛は寝ぐせのまんま、その辺にあったものをひっかけて来ました、という風情の男の子

(むろん20代の人です)が入ってきて近いところに座り、椅子に斜めに腰かけて

組んだ足をブラブラさせながらスマホを見ている・・・注文の品が来るまでこれじゃあ

たぶん食事中にはもっとひどいお行儀なんだろうと思うと憂鬱になりましたが・・・。

ところが

食事が運ばれてくると彼は、さっとスマホを離してテーブルに正対し、合掌して

「いただきます!!」と一言。一度も姿勢を崩すことなく、きちんとした箸使いで食べ終えて

「ごちそうさまでした!!」と再び壁に向かって一言。食器を下げに来たスタッフにも

「ご馳走さまでした!」と一礼して、颯爽と出て行きました 

おおスバラシイ こういうことは、小さい時に美味しく一所懸命食べる、ということを

叩き込まれていなければ、付け焼刃ではできませんよね。 もうちょっとなりふり構えばいいのに、と

残念な部分もありましたが、その人の根っこのところは素直でしゃっきりしている、ということが

よくわかってうれしい気持ちになりました。

 

 食事するときは特にそうですが、バーでグラスを前にしているときにも、ぐにゃぐにゃした姿勢は

まったく似合いません。背骨が斜めになっている人を見ると、どんなにお疲れなのか、または

心に屈託があるのか、という印象で辛い気持ちになります。

 そういう心を癒しに来るのがバーなのですが、そこで「家飲み」しているようなくつろぎ方を

されましても、それは周りの人のストレスになります。 最近「他人に迷惑はかけてない」

という言い方をよく耳にしますが、自分が他人に積極的に害をなしてはいなくても、

何をしているかが他人の目に入ることで不快な気分を与えている、ということもおおいに

あるのですよ。・・・・・と自分に言い聞かせつつ・・・

 

コメント