風色明媚

     ふうしょくめいび : 「二木一郎 日本画 ウェブサイトギャラリー」付属ブログ

怒涛のクリスマス攻勢!

2018年11月01日 | ペンタトニックス
ペンタトニックスの新しいクリスマス・アルバム「 Christmas is Here ! 」
すでに海外では10月26日にリリースされています。

日本盤は11月21日に登場です。




1. What Christmas Means To Me

2. Rochin' Around the Christmas Tree

3. It's Beginning To Look A Lot Like Christmas

4. Grown-Up Christmas List

5. Greensleeves

6. Sweater Wether

7. When You Believe

8. Waltz Of The Flowers

9. Here Comes Santa Claus

10. Making Christmas

11. Where Are You, Christmas?

12. Jingle Bells


全曲カヴァーや伝統音楽などで、オリジナル曲はないようです。
この内、誰でも一度は耳にしたことがあると言えるほど知名度が高いのは次の3曲でしょうか。

「 Greensleeves(グリーンスリーヴス) 」 16世紀頃作られたといわれるイングランド民謡。
「 Waltz Of The Flowers(花のワルツ) 」 チャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」の中の1曲。
「 Jingle Bells(ジングル・ベル) 」 知らない人がいないほどのクリスマス・ソングの定番中の定番。



収録曲のミュージック・ヴィデオはすでに公開が始まっています。
第1弾は「 Making Christmas 」でしたが、まだご紹介していませんでしたので掲載します。

[OFFICIAL VIDEO] Making Christmas (from 'The Nightmare Before Christmas') - Pentatonix




そして10月26日には第2弾「 Sweater Weather 」がアップされました。

[OFFICIAL VIDEO] Sweater Weather - Pentatonix




新アルバムからのミュージック・ヴィデオは、今のところこの2曲だけですが
驚いたことに YouTube のオフィシャル・チャンネルには
「 Yule Log Audio 」という形で、新アルバムの全曲が一気にアップされたのです。

Yule Log というのはクリスマス・イヴに暖炉に焚べる大きな薪のことで
それを模したケーキがブッシュ・ド・ノエルということになります。
そのため通常のミュージック・ヴィデオとは異なり、曲の背景は暖炉の動画のみとなります。

過去のクリスマス・アルバムでも、Yule Log Audio は何曲か公開されていましたが
リリースに合わせて全曲を一気に公開するのは初めてのことです。
では Yule Log Audio の中から「 Jingle Bells 」を。

[Yule Log Audio] Jingle Bells - Pentatonix





そして更に驚いたことに、前作「 A Pentatonix Christmas 」の収録曲で
ヴィデオが作られなかった8曲の Yule Log Audio も公開されました。
前作のジャケットに合わせて、新アルバムのものとは背景動画が異なります。
では、それらの中から「 Coventry Carol 」をどうぞ。

[Yule Log Audio] Coventry Carol - Pentatonix




その他は YouTube のオフィシャル・チャンネルでご覧ください。
https://www.youtube.com/user/PTXofficial




背景が共通の Yule Log Audio がほとんどとは言え、リリースされたばかりの新曲全12曲を含め
21編ものヴィデオを一挙にアップしたのは驚きです。
音楽配信サイトからダウンロードせずとも、CDを購入せずとも
音質を気にしなければ、誰でも全て聴くことができるのですから破格の大盤振る舞いとも言えます。

素人目にはクリスマスを前にして総攻撃をかけてきたようにも見えます。
このような方法を採ったのは販売戦略によるものが大きいのでしょうが
メンバーやスタッフたちの自信の表れであるのかもしれません。


------------- Ichiro Futatsugi.■

コメント