De cela

あれからいろいろ、昔のアルバムから新しい発見まで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NPO法が成立した時の記録公開

2018-05-07 18:01:23 | パートナーシップ協働・行政
私が一番知りたいのは、この法律の名称の成り立ち。参議院に送られるときは「市民活動促進法」という名称だった。それが通過したら「特定非営利活動促進法」となった。法の中身からも「市民」という言葉は完全に消えた。第1条(目的)に1箇所残っているだけで。
「市民」という言葉が成立を阻止していたか。その時もすでに政府与党と「市民」とは対立構造にあったのか。そして「忖度」自治体も無数に生まれたのか。
市民あるいは市民活動という言葉は普遍的な言葉で、県民、区民、町民、村民活動などというものはあり得ない。ところが各自治体の多くは、「例えば「かながわ県民活動」などというように市民という用語を避けて使っている。市民活動という名前を付けないことが法の成立の条件だったに違いないと、私は考えている。誰がそのように変えさせたか、この記録で明らかになるかも知れない。

NPO法成立の「舞台裏」審議記録、国立公文書館に寄贈:朝日新聞デジタル
 民間の非営利活動に法的な地位を与えたNPO法の立法にかかわった国会議員らが、議論の経過を記した記録や資料を近く国立公文書館に寄贈する。通常、法律ができるまでの過程は国会議事録など公の記録でしか知るこ...
asahi.com

コメント

相模女子大松下ゼミ

2018-03-16 20:39:26 | パートナーシップ協働・行政
相模女子大社会マネジメント学科の中に松下ゼミというのがあった。
松下啓一教授とは相模女子大着任のころからのお付き合いである。
その松下教授がこの3月いっぱいで退職される。
松下ゼミは日本中の地域を学生と回ってまちづくり・まちおこし地域活動の研究を10年間続けてきた。

われわれは愛川高校明日楓会という形で高校生に実践的な市民活動を指導する。
単にボランティアの体験ということだけで終わらず、市民活動の本質と組織化の手順まで指導したい。
学識経験者という肩書が必要なら松下氏をお呼びする手もある。我々がその指導を応援する。

松下氏の退官記念講演を聴講し、旧交を温めることができた。
私の市民活動に関する知識や考え方の基本はこの松下氏や県の手塚明美氏から得たものである。
なんとか、愛川高校講師としてお呼びできないか。
来年度は無理でも再来年度にはこういう講師の謝礼金も国や県から降りてくるだろうから。
コメント

高校のボランティア体験教育

2018-02-11 11:08:09 | パートナーシップ協働・行政
高校で地域の市民活動にインターンシップで参加して地域社会の課題を学ぶ。そんな試みがあちこちで始まっています。
でも、実際に受け入れ団体の中で学校教育の目的に合った指導が正しくできる団体がどれほどあるだろう。
団体自体がもう少し「公益活動」の理念を学んでほしい。市民活動がどうして始まったか、特定非営利活動促進法をじっくり見直してほしい。そんな法律の理念のもとに市民活動があることすら知らない団体が多いのじゃあないでしょうか。この活動は行政が担当部署を作って推進しています。行政はなぜそんなことをしなければならないか理解してますか。行政は、この仕事も住民サービスの一つに過ぎないと考えているのじゃあないですか。いえ、これも住民に対する行政からのサービスですとはっきり言いきる行政マンもいる。私ははっきりと、市民活動サポートセンターはいわゆる行政サービスでなく住民が地域行政を支援参画する能力をつけるための機関だと考えている。
そんな中で、高校生に対する指導もしっかりと理念目的に戻って方針を見直してみる必要がある。
私は、時間を割いても高校生に特定非営利活動促進法(これは市民活動促進法という名称で審議されていて、成立直前にこの名前にすり替わった。間違いではないがこれがわかりにくくしているかもしれない)の中身と発足の背景と理念と目的をしっかり理解させたい。そして具体的にはワークショップで地域課題のリサーチとNPO法人の設立まで実践学習してほしい。
そして、高校生が進学して社会に出て、それで躓いても地元に帰ってきて社会起業をできる希望と能力をつけてもらいたい。
コメント

明日楓会の活動理念と活動目的

2018-02-08 15:35:50 | パートナーシップ協働・行政
明日楓会の活動理念と活動目的をまとめて関係者の理解を得やすくしようということでこれがまとまりました。

明日楓会の活動理念
1 明日楓会は、ボランタリー精神と公共性のある住民活動の理念を実務体験を通して愛川高校生と共有する。
2 明日楓会は、学校の教育目標に基づき地域課題への取り組みとその解決に向けて、社会人の経験と知見の上に立って愛川高校生の学習活動を支援する。

明日楓会の活動目的
 愛川高校生が取り組む地域社会の課題の発見と改善に努力し、明日の地域人材の育成に寄与する。


私の想いと校長の想いは一致しています。
私は、愛川高校生が(失礼かもしれないが)進学し、社会に出て、万一躓いたとき躊躇なく故郷に戻ってきて、高校生の時に学んだ地域活動と公益活動の仕組みの勉強を思い出して学んだ方式にしたがって地域課題を発見し、住民ニーズを発見し、これを事業化してNPO法人を設立したり社会起業をして自らが企業家として地域で活躍できるような力を身につけさせたい。

コメント

明日楓会設立趣意書

2017-12-29 12:28:30 | パートナーシップ協働・行政
これは神奈川県立愛川高校校長が作成した地域高校協力組織に関する設立趣意書である。
私もこの会の運営委員の一員としてこの趣旨をしっかり受け止め、協力できることはなんでも差し出す考えである。
ここに私の最後の社会御奉公ができるヒントが山積みになっている。

明日楓(あすか)会設立趣意書
近年、各地で高校が人口流出装置になっていると指摘されます。愛川町など県央・相模原北部地域でも同様で、進学・就職で東京・横浜圏に流出した生徒は戻らず、人口減少・超高齢化による社会変動は既に看過できない状況にきています。
既に地域では、雇用創出・子育て支援・起業支援といった取組みが行政により取組まれており、一層の推進を求めるところですが、それにとどまらず、私たち地域課題に真剣に取組む大人の姿を高校生に見せ、ともに取組むことで、生徒にも地域課題への当事者意識を持たせることは、学びへのモチベーションを高める効果が高いうえに、将来、身につけた高い専門性とともに地域を支える人材としての還流が期待できることから、地域にとってもメリットが大きい取組みなのです。従って地域が積極的に学校支援を行うことは、地域のための活動とも言えます。
文部科学省もこの動きを後押ししており、愛川高校を含むコミュニティ・スクールの学校運営において「地域創生」を重視としていることや、次期学習指導要領のキーワードである「地域に開かれた教育課程」はこうしたことを示しています。
私たち明日楓会は、「子ども達の65%が今は存在しない職業につく」とされる時代にあって、新たな職業の多くは与えられるものではなく、「正しい市民活動=人々の主体的参加」の延長に創造的に導かれると確信し、「参加型」の学びを、学校と地域の協働により推進しようと考えます。
大人たちが真剣に地域課題に取組み、高校生とともに課題解決をすすめることで、社会的経済的課題を新たな視点で改善し、10年後20年後に子ども達が地域に戻り、身につけた課題解決力を活かし、協働できる状況を作り、地域の力となり、より住みやすい地域を形成し、お互いを支えあい、何度でもやり直しが聞く豊かな人間関係の中で、家庭を持ち、地域の中で子どもたちを育て、障害のある人も、高齢者も、もちろんそうでない人々も心豊かに暮らしていけるコミュニティの活性化を図りたいのです。
私たちは、愛川高校生と愛川町を含む地域の10年後20年後の活性化を目指す協議会として明日楓会を作り、愛川高校生と地域の協働を通して、明日の地域人材(町の樹=楓)を育てたいと考えます。
コメント

空想物語その2

2017-10-16 12:01:45 | 科学・空想・仮説
宇宙と生命の秘密
4万光年先の文明を持った惑星から40万年かけて地球にやってくる宇宙船の話。
生命は宇宙共通のもので地球が特別なものでは決してない。10万光年のエリア内で時間空間を超えた交流がなされていて地球上の生命もその空間での創造物だった。しかしながらまだ10万光年エリアの連盟には加わっていない。

35億年前に地球に送られた生命の設計図が完成するときを待ってやってきた宇宙人は完成に近づいた人間社会に飛び込む。そこは今から1000年前のインカ帝国発祥前のアンデス。そこで2世代ほど地球人類と共存し、さらに1000年後にもう一度地球を訪れるための基地をつくると再び宇宙へ。

太陽系の長楕円軌道に待機していた宇宙船はいま、再び惑星軌道に近づいた。そして遠巻きに地球の衛星軌道に入り地球と交信を試み始める。
千年前と異なり、地球人類科学も進歩し、直接交信が可能となった。
人間や機械の言語は一瞬にして解析しておりweb内にあるデーターで地球の情報はすべて取り込まれている。
宇宙人の目的は地球人に生命の秘密と宇宙の秘密を伝えることで、生命伝搬のプロジェクトに参加させること。

この物語の主人公と構成員は40万年間すべて同一。しかし、地球人類と同様その健康寿命は60年足らず。宇宙空間を移動する間は生命を凍結し、クローンを作って再生しながらミッションを遂げていく。

コメント

空想物語その1

2017-10-15 11:24:45 | 科学・空想・仮説
小説「預言者」

私がいきなり昭和26年にタイムスリップする。

60年前の少年の自分との妙な接触がある。戦後の貧乏に耐えている少年の自分を救おうと画策するが手元にあった21世紀の現金を、人をだまして使える金に両替し、たちまち偽札行使で御用。
警察で21世紀から来たと主張していろんな国際事件を予言するものだから、GHQに知れて引き渡しを命ぜられる。私は死んだことにされて、政府の官房庁調査室官というのに軟禁状態で尋問される。

少年自分との接触は途絶えるが、21世紀に入った時、高齢者となった当時の少年は過去に妙な予言者が歴史を変えてきたと気が付く。その予言者がタイムスリップしてきた私だった?
調査報告書は首相だけが引き継ぐ極秘外交文書ということになっていて門外不出。尋問に当たった元調査官のひとりが死を前にして新聞に語ったことから、この文書を読んで歴史を改ざんして私利を満たした首相がいるはずだと、私と元調査官の話を新聞に書いた記者が探りを入れ始める。

横浜金沢八景国際空港はハブ空港としてアジアトップを誇っているが、元調査官は新空港は成田三里塚にできる筈だったと語った。
長編空想物語。
コメント (2)

余命いかに生きるべきか、自叙伝?

2017-10-14 17:31:15 | 自分史エピソード
余命、いかに生きるべきか

ヒトの寿命は延び続けている。
そんなら、動ける間は自分の生きがいを感じながら何か社会の役に立ち続けようと誰しも思う。
そして、体が言うことをきかなくなったら、最後は自分の考えていることを書いて残す。
私もそう努力したい。
しかし、体が効かなくなると同時に頭も気力も効かなくなる恐れがある。
私の平均余命は10.5年ほど(厚生省簡易生命表)。
認知識別年齢はあと6年ぐらいか。
じゃあ、体力で形を残すとともに、「記録」でも形を残しておく必要がある。
典型的な必須記録はエンディングレポート。私が死んだり呆けありした時のために家族に残す。
あとは面白半分に小説の形にでもして自己主張。私の自叙伝など何の価値もないが、あるヒト(他人)の自叙伝なら役に立つ場合もあるかも。ヒトと入力すると他人と変換されることだし。思い出すのも嫌な恥ずかしい私の過去も、他人事にすれば書ける。ごく普通の人がごく普通の人生を歩んで、過去の栄誉も、反対に大きな失敗もだれも気に留めずに一人で死んでいく。

自叙伝はなかなか書かないだろうがくだらなーい空想物語は書ける。そういうテーマをいくつか温めてきたけどどこかに残すか残さないか。
こういう空想物語は睡眠障害を持った人間がベッドに入ってから巡らせるには良い方法だ。いきなり起き上がってパソコンで事実関係を検索したりする。

とりあえず、その空想物語の主題をいくつかならべてみる。
その1)預言者;私がいきなり60年前にタイムスリップする。
その2)4万光年先の文明を持った惑星から40万年かけて地球にやってくる宇宙人の話。
その3)日本創生;2000年前、朝鮮半島から次々と王国の集団が移住してくる。日本の本当の歴史。
その4)一人王国;重力を自由に操れる物質を授かった男の野望。

コメント

愛川町での活動展望・無花果栽培の普及と加工食品の研究

2017-06-30 22:01:15 | パートナーシップ協働・行政
津久井地区の無花果普及団体と連携して、まずは個人的に無花果の苗木育成から始めてみたいと思います。

現在、私は愛川で中津川仙台下クラブに参加して河川の清掃整備と耕作放棄地をお花畑にするという活動をしています。
いずれも体力勝負の活動で、このところ急速に体力持久力の衰えを実感しています。
これ以上仕事を増やすことも考え物なのですがいずれも手を抜きながら「可能性」を追及していくだけで、後は続いてくれる人や行政の協力を待とうという作戦です。

今、白無花果の挿し木苗を作っているところで、この秋に畑に20本ほど植えて育てたいと準備しています。
まずは。挿し穂の育て方は相当にノウハウを積みました。これを育てて結実するまで経験して、無花果の栽培が愛川休耕地の活用に適していることを確認します。
そして、何か始めたいという若い高齢者(?)や若い農業チャレンジャーに勧めて、普及事業計画を練っていく。行政にも協働事業や支援事業として応募し、町全体で関心を高めていく。
一歩先に進んでいる農家や団体が津久井地区にネットワークを作り活動しています。その方たちの指導を受けながらのひとり活動です。

まちづくりやまちおこし、地域の活性化の事業テーマとして他にもいろいろ話は上がってきますが、まずは少しでも実績を積んで人をひきつけないといけません。愛川ブランドに結びついていくものを育てることが重要です。

今年度は、一歩愛川の地域活性化活動に政策面でも踏み込んでいくつもりです。中間支援活動で貢献するつもりですがその前にまずは実績を何か作らないと・・。

私の先の短い活動は次第に地域ブランドの育成に傾けて行ければと思っています。


コメント (1)

行政提案型協働事業(愛川町)

2017-06-25 23:15:49 | パートナーシップ協働・行政
愛川町が行政提案型協働事業の課題を上げて団体を募集している。
以下の4事業である。
1.登山道(仏果山他)の整備等事業
2.町観光キャラクター「あいちゃん」サポーター事業
3.八菅山いこいの森樹名板等作成事業
4.地域の安全・安心を皆で支える事業

具体的な内容は団体が作成し応募する。それを審査して協働事業として平成30年度に実施する。
具体的事業内容(プラン)が行政から出るわけではないので町の示す事業概要を基にして市民が立てる。

町が抱えている協働事業の課題はこの程度だろうか。ちょっと掘り下げが足りないように思える。
しかし、行政が実行すると膨大な税金投与が必要となり、市民活動団体が行政と対等な立場で実施すれば予算は激減するし、住民の自治体参画意欲が増す。その目的では住民の力を借りた方がはるかに良い。パートナーシップの考え方が浸透していけば住民自治は発展していく。
も少し住民能力を信じた課題を出してもらいたいが、これでは住民の労働力を安上がりに借りようとしていると揶揄されても仕方がない。

協働事業なら最長3年で終わるが、その事業は受け持った団体で長く継続してほしいというのが願いである。しかしここにあげられた事業は、行政の支援がなくなっても続けられるものだろうか。
協働事業は、長くとも3年間は行政と協働で推進するがその後は住民組織で継続し続けることが原則である。そのためには収益源が必要となる。はたして自力で経営できる収入源は考えられるだろうか。
住民側も、事業経験をもとにマネジメント能力・経営能力を備えた組織運営というハードルを越えなければならない。そこに人材の掘り起しも必要となる。説明会に行くだけ行ってみるか。
コメント