De cela

あれからいろいろ、昔のアルバムから新しい発見まで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

首長選挙

2014-06-12 21:48:10 | パートナーシップ協働・行政
ある自治体の首長選挙立候補者に選挙事務所で会う機会があって、私も偉そうなこと言える身分じゃないけれど、候補者心得を10発ぐらい述べてきました。ご無理ごもっともと9割までは素直に聞いてくれましたが、一つだけ大変な抵抗を受けました。

でも、聞き流していたわけでなく自分の説に合わないところは反発してくることで、却って安心・信頼感も出ました。

しかし、その一件はもっと本当に心を入れてわかってほしいこと。表面的な議論でなく、それが理解できればその奥深くの、自治体の長としての役割が見えてくる課題。

年の差は小1と大学3年の差の後輩だから威圧的説得的な言い方は勘弁してほしい。

ところで、抵抗を受けた課題とは
○○町町民活動(サポートセンター)という呼び名は現在の地方分権の一番大事な課題取組の上から○○町、市民活動と変えてくれといったこと。
選挙のためにここでややこしいことを表明すると誤解を受けて票に影響するだろうことはわかる。
しかし、住民を「市民」と考えてこそ地方分権の第一歩が見えてくる。
これを理解させることは至難のようだ。
でも、選挙に勝ったらもう一度じっくり説明・説得に行く。

こんなことを議論しなければならないなんて不思議な現象だが、これがほぼ全国で誤解されている節があるので言い続けたい。

この町の町長選に3人が出馬表明した。当選しそうなのはどうやら前々町長のお抱え元総務部長。だから、彼との差別化政策をはっきり述べることが大切。

先頭を走っている候補は地盤割りをしっかりと固めている。しかしこの町も戦後急拡大した人口。浮動票が圧倒的に多い。だから、田舎選挙といっても勝てる方策はあるのだが。

そこへもってきて3番目を走り始めた候補から、出陣式の時応援演説を・・と頼まれた。選挙権のないよそ者だから、ここは気軽に引き受けておいた。票は取れないが唯一の市民派であることは信じるから。




コメント

人生の終焉

2014-06-12 11:51:11 | 生活情報
女房の友達の旦那がなくなった(豊田)。中津川で畑つくりなど一緒にやった仲間。
家族葬ということで遠慮しがちに通夜に参列。やはり参列者は少なかったが通常の形式。


その後まもなくご近所の旦那がなくなった。がん。彼が定年退職してから行動も共にしたこともあるが、あまり人付き合いは好きでなかったようだ。これも家族葬ということで、町内には知らせない。しかしとくに深く付き合っていたごく周辺の人だけ連絡した。問題はその「周辺」に人付き合い上の問題人があり、遺族は参列から外してほしいという意向だったが、その問題の人もいずれは近所の支えが必要な人。あえて参列に参加してもらった。「出てやるもんか」という強がりと同時に、なぜ私を阻害したとあとから騒ぐ人。死ぬまで分かり合える人ではなさそうだが、こういう人こそ一番寂しく思っているはず。

そうこうしているうちにそのご近所でまた御不幸。未亡人で長く療養中だったがついに・・・。そしてまたしてもご近所の問題児(おばさん系)。本式の家族葬をするので地域の人の列席お断りということではっきりしていた。
ところが、我が家にだけはそっと参列してほしいとの意向。
さあ大変。いずれすべてわかること、なぜ仲間はずれにしたとまた騒ぎ出す。
やむを得ず、逝去の件を教えて、参列したいと遺族に尋ねてみたらと連絡。さっそく遺族に会って、その結果こじれて絶縁だと騒いでいた。

家族葬は私の場合も望むところだったが、結構難しい問題も残す。残された家族が気まずい思いをすることもあり得る。近所の支え合い、見守り合いの精神を徹するため、町内には知らせるとい地道な路線をとるのが良いかと考え中。エンディングノート書き直さなけりゃ。
コメント (2)