横濱・櫻木町コティベーカリーぶろぐ

街のこと店のこと今昔物語

『雲南地湧金蓮』…という植物♪

2007年06月24日 16時19分40秒 | 好きなもの
                 
2年前にガーデン・センターで雲南地湧金蓮(ウンナン・チユウ・キンレン)の苗を入手しました。これは中国雲南省南西部・原産の植物で、冬はいてつくような寒さの標高2500mの高山でも育つ、最も耐寒性のあるバナナの仲間です。ガーデンセンターの見本に展示されていた「金の蓮の花」に感動して。育ててみようと思いました。その花は この様なもの で、仏具のように見えました。実際に神聖な花として雲南省の仏教寺院の装飾のにあしらわれているのが、リンク先のサイトの画像を見ると分かります。
                 
当初、自宅の屋上で育てていましたが根詰まり状態になり、これ以上の成長も開花も期待できないと思い、郊外の実家の庭に地植えすることにしました。古い葉や根を整理して移植準備完了、4月8日に植え替えたのが1枚目の画像です。

                 
そして、この画像は5月6日のものです、周囲に生えた蕗に埋もれてしまっていますが、地植えにしたのでとても元気良く育っています。
                 
そして6月、ついに花を咲かせました!!花びらのように見えるのは実は苞で、その間にある小さなものが花です。自宅で花を見られないのは残念ですが、やはり地植えにして良かったなと思います。「地面から湧いて咲いた様な金色の蓮の花」に見えることからこの名がありますが、満開になると、たしかに蓮の花のように見えます。樹高は芭蕉のように大きくはなく60cm~1mほどです。


学名・Musella lasiocarpa
   ムセラ・ラシオカルパ
バショウ科 Musaceae (単子葉 ショウガ亜綱 ショウガ目)


雲南地湧金蓮をお求めの方はコチラにご案内があります。

                     




お詫びと訂正

2007年06月19日 15時07分11秒 | 店のこと
23日(土)のテレビ朝日『ザ・クイズマンショウ』で当店の商品が紹介される予定でしたが、たった今テレビ局から「編集の都合でカットになりました」との連絡が入りました。

当店の製品は、番組内に登場しません。お詫びして訂正させていただきます。
大変お騒がせいたしまして、申し訳ありませんでしたm(__)m




コメント (5)

メロンパンダ・メロンコアラ・誕生秘話♪

2007年06月17日 19時01分08秒 | 店のこと
               
これは当店の名物 メロンパンダ、メロンコアラ です。メロンパンの仲間で、中には白あんが少し入っています。このパンが生まれたのは1980年代のことでした。
                
先代から店を引き継いだ時、メロンパンは レモンパン という製品での皮(黄色い部分)は全卵が使われていました。全卵を使用すると黄色みが薄くなるので、着色し、レモン香料を入れてレモンらしさを表現していました。

今の代になって、もっと自然な色のメロンパンをという思いから、メロンパン革命に着手しました。卵の黄身だけで黄色い皮を作り、香料はラム酒のみを使用するというものです。当時の時代感覚からすると薄すぎる色のメロンパンが誕生しました。

では余った白身はどうするかという事になり、考案したのがメロンパンダ、メロンコアラでした。1970年代に中国から日本へ来て人気者になったパンダ、1980年代にオーストラリアから日本に来て人気者のなったコアラ、この2つをなんとかメロンパンの皮で表現できないかと工夫したものです。横浜の 金沢自然動物園 にも、コアラが来たので横浜市民にコアラはとても親近感がありました♪
当初は動物パンという名でしたが、美味しさや可愛らしさを表現するために現在の名前になりました。

今後とも、当店のメロンパン・トリオをよろしくお願いいたしますm(__)m
                
コメント (2)