横濱・櫻木町コティベーカリーぶろぐ

街のこと店のこと今昔物語

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

🍞“パンと大砲” 4月12日は『パンの日』🥖

2017年04月12日 08時58分05秒 | 歴史散歩

日本で最初にパンが焼かれたのは
1842(天保13)年の4月12日、
このことから毎月12日は『パンの日』となっています。

江川太郎左衛門(英龍)が、
長崎のオランダ屋敷の製パン技術者の協力により
伊豆韮山で日本初のパンを製造しました。

英龍は『パン祖』と呼ばれています。

江川邸は博物館になっていて
当時のパンも再現されていました。

兵糧として作られたパンなので、
日持ちのする乾パンのようなパンだったそうです。


伊豆韮山の代官だった英龍の屋敷の門。


江川邸の玄関、屋敷内には様々な文物が展示されています。

土間に展示されている大砲。

その奥に、当時のパン焼き窯の石が残されていました。

こちらは当時のパン焼き窯の想像図です。



江川邸は、平成27年に世界文化遺産に登録された
『韮山反射炉』の近くにあります。

世界文化遺産に登録されたためでしょうか
交通も環境も整備されていて、楽しく見学できました〜♪





            
横浜桜木町シベリアのコテイベーカリーHP