横濱・櫻木町コティベーカリーぶろぐ

街のこと店のこと今昔物語

昭文社『街ナビ 東京・横浜2012』で紹介されました。

2011年12月29日 14時33分34秒 | 掲載・放送 ・イベント情報

昭文社の『まっぷる 街ナビ 東京・横浜2012』が出版されました。

当店は220ページの「関内伊勢佐木町」に掲載されています。

東京情報が中心なので横浜情報は少ないのですが、
個性的なスポットが紹介されていて楽しめます。
片手に収まる文庫本サイズですが、
地図や交通案内がとても細かいので
お出かけの時にバッグの中に入れておくのに最適です。

送料無料の楽天ブックスで好評発売中!






           
横浜桜木町シベリアのコテイベーカリーHP
コメント (2)

『はまれぽ.com』 の取材がありました☆

2011年12月15日 20時27分05秒 | 店のこと
 
 

12月15日(木)、横浜のキニナルが見つかる!Webマガジン はまれぽ.comの取材がありました。
前回は当店の前の通り、「音楽通り」についての取材でしたが
今回はシベリアについての取材でした。

当店の記事に掲載は、クリスマス頃になるとのことです。


取材に来られたライターさんのお話では
今から30~40年前
山梨県、甲府の南の地域のパン屋さんで
長方形のシベリアが売られていた、とのことでした。
間の羊羹は練り羊羹だったそうです。
山梨県のシベリア目撃情報は初めてなので、とても参考になりました。






           
横浜桜木町シベリアのコテイベーカリーHP 


初代南極観測船「宗谷」改修の地~浅野ドッグ跡~

2011年12月10日 18時09分46秒 | 街のこと

TBSテレビではドラマ南極大陸が放映されて話題を呼んでいますが、
横浜・山内埠頭コットンハーバー地区には、宗谷を改修した日本鋼管浅野ドッグ跡があります。
現在は公園になっていますが、日本鋼管OBによる宗谷改修記念碑が建立されています。

日本初の南極観測船 宗谷 はこのドッグで大改造が施されて
1956年(昭和31年)11月18日晴海埠頭から南極へと出航しました。

記念碑表面の画像です
修繕船・改造戦国鍋で世界にその名を馳せた
日本鋼管 浅野ドッグ跡
(1923年ー1995年)
初代南極観測船「宗谷」誕生の地(1956年)


2006年 4月建立
建立者:日本鋼管OB有志


来年はロシア調査隊が南極の氷の下に眠る湖を掘削調査するとのこと
バクテリアしか生息していないとされる湖、はたして他の生き物はいるのでしょうか?
今からとても楽しみです。



高層マンションが林立する山内埠頭から、コットン橋の眺めです。




前回この記念碑を見に行ったのは2007年のこと
その時は「みなとみらい橋」は工事中で、東神奈川駅から歩いて行きました。
今回は2008年12月に開通した橋を自転車で渡りました。
 
(残念ながら「コットン大橋」は自転車・歩行者は通行禁止です)

みなとみらい橋は
歩道もかなり広くとられていて、ジョギングやウオーキング、サイクリングを楽しむことができます。
以前に比べると、湾岸の交通が格段に便利になりました。



横浜港の眺めです☆

画像左から、ベイブリッジ、(遠くに)マリンタワー、インターコンチネンタルホテル、コスモクロック
横浜ベイホテル東急、クイーンズタワー、ランドマークタワー
高層マンション群、ドコモタワー、
(奥に)ニッサングローバル本社、ゼロックス…と、高層建築が立ち並んでいます。





トラックバック (1)

有線放送電話~昭和の農村の通信機~

2011年12月06日 16時10分08秒 | 農事

今ではインターネット通信が発展して、
地球の裏側でさえ、瞬時に情報が伝わる世の中になりました。
子供の頃には想像さえも及ばなかった“未来”に
生きていることを実感する昨今です。

昭和30年代の横浜の農村では、有線放送電話が唯一の通信手段でした。
これは電話とラジオが一体となったもので
当時、生活の中は正式な名ではなくて『有線放送』と呼んでいました。
一定の時間だけNHKラジオが放送されていた記憶があります。

電話は村内の農協組合員だけの連絡に使用するもので
交換手の女性が
「29番さーん、鈴木さーん」
といった調子で呼びかけて来る、のどかなものでした。
この交換手の女性もまた農協の組合員でした。

今では見ることができなくなってしまった有線放送電話、
なんとかもう一度、あの懐かしい「有線放送電話」を見たいと思い
ネットを探し続けていて、ついに見つかりました。

立命館大学産業社会学部教授・坂田謙司先生の
「声」の有線メディア
ラジオ共同聴取・有線放送電話・親子ラジオ

というサイトです。

坂田先生にお借りした画像で、感動の再会です!

私の記憶の中にあるのはこのタイプの機種でしたとても懐かしいです。




 
当時は有線放送電話もいろいろな機種があった事を知りました。

当時は炊事は“かまど”で行っていましたので
かまどに火を燃やし続けながら有線放送のラジオ番組を楽しんでいました。

この“かまど”も見ることができないものと思っておりましたら
小林 哲朗さんの『廃墟ディスカバリー』で再会することができました。
当時のままの「かまど」に再会できて感動です。


坂田謙司先生の著書
『「声」の有線メディア史―共同聴取から有線放送電話を巡る“メディアの生涯”』 
送料無料の楽天市場でも発売されています。


※この記事を書くにあたり、
貴重な研究資料を快く提供して下さった坂田謙司先生に心より御礼申し上げます。


当店掲載の☆Googole “お店フォト”が公開されました☆

2011年12月01日 18時22分34秒 | 掲載・放送 ・イベント情報
 
今年の3月22日に取材のあった
Googole “お店フォト”が公開されました。
 


もっと早い時期に公開されていたのかもしれませんが
今になって気付きました(ノ∀`)

URLはコチラです。

地図下の画像をクリックすると、読み込みに少々時間がかかりますが
このように表示されます!

360度の角度でお店の中を見ることができます。
ストリートビューの室内バージョンです♪


Google検索ボックスに店の名を入れると表示されるシステムになっていました。
バーチャルでいろいろなお店を訪ねてみるのも楽しそうです♪





           
横浜桜木町シベリアのコテイベーカリーHP