ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

中秋の名月が雲と遊んだ二十二分間のショー

2016-09-15 20:19:53 | 草花
水泳界で今度のオリンピック代表になった女子選手の中に今井月という選手がいました。
今年16歳になったばかりで、期待度の高い選手でしたが、メダルには届きませんでした。
この選手の名前の「月」は「るな」と読むそうです。

ところで「LUNA」はラテン語、スペイン語、イタリア語、英語などで月の女神、または月そのものを指すそうです。

十五夜の今日、新しく最大野党の代表になった女性は果たして党勢立て直しの「女神様」になれるのでしょうか。

今宵は中秋の名月であり、明るいうちから月の出を期待していましたが、あいにく東の空は雲が厚くて、名月観賞を諦めていました。
しかし、夕食中に天気予報で「中秋の名月が見え始めた・・・」と言っていたので扉を開けてみると、雲間に月が見え隠れしていました。

早々に夕食を切り上げて、カメラを持って二階に上がり、東の雨戸を開けて名月を眺めていました。
写真を撮ったりしながら費やした時間はたった22分間だけのことでしたが、雲間にあった月が、雲から離れて無碍の空間に出るまでの間をレポートします。

18時45分 ↓

見た始めはごく薄い雲の向こう側を南に泳いでいきます。



18時46分 ↓

雲がかかり始めました。これからしばらくの間は雲と盛んに戯れていきます。


18時47分 ↓




18時56分 ↓




18時59分 ↓

雲とのかくれんぼは最終局面となっています。


19時04分 ↓

雲の塊の隙間に出ました。そしてすぐに薄い雲の中を移動していきます。



19時06分 ↓

飛行機雲を横切って進みます。


19時07分 ↓

そしてこれから後は雲の無い大空を泳いでいきました。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

9/10日 夏の名残の花たちと木の実など(下の部) その3:ススキ、ドングリ、ギンナン、ルコウソウなど

2016-09-14 08:23:15 | 草花
台風の影響でしょうか、ここのところ曇りがちの天気が続いています。
今朝も雨こそ降ってはいませんが、やや屈託のある空模様となっています。

久しぶりにNHKの朝ドラマを見ましたが、(偶然的に)どうやらドラマの核心部分に差し掛かっているようで、電気洗濯機における”商品テスト”そのものの評価を一般公開でやっているような場面となっていて、場面は刺激的に推移していました。
ともあれ、「暮らしの手帖」はあの時代の主婦たちにとって、購入時の良き羅針盤であり続けましたね。

付近をお散歩した成果、その最後の部分をレポートいたします。
マルバルコウソウ ↓

田んぼの縁で、かなり広範囲に咲いています。



クコ ↓

これは人家の敷地の外で見かけました。



ニラ ↓

これもクコと同じ場所で咲いていましたが、そのほかの場所でも広く、たくさんの回数見ています。



ススキ ↓

今年の中秋の名月は明(9月15)日ですが、天気は思わしくなくて、月が見られない可能性が大きそうです。
ススキのほうはやや若くて、穂のふっくら感は出ていません。



ホオズキ ↓

浅草のほおずき市は今年の場合は7月9、10日でしたね。
しかし、自然の状態のホオズキでは赤くなるのは今頃のような気がします。
江戸っ子は気が早いのか?


ドングリ ↓

そろそろドングリの落ちる頃かと感じていて、毎年行く公園に来てみると、まだ早い感じはありましたが、ポツポツと落ちていました。


ギンナン ↓

団栗が落ちているならギンナンも落ちているに違いないと思い、神社に行ってみると、・・・やはり落ちていました。


シャシャンボ ↓

神社の鳥居のわきにはシャシャンボの木があります。実はまだ青いままです。



ルコウソウ ↓

田んぼの縁で、今度はルコウソウが咲いています。こちらの方はマルバルコウソウと比べるとずいぶん数は少なく、ここで見たものが最初で最後でした。



ヒルガオ ↓

川岸の草むらの表面でヒルガオの花を見ました。


カルガモ ↓

川の中をカルガモの小集団が流れを遡って泳いできました。これはこの地に居付いているグループなのでしょうか。


ヨモギ ↓

川岸の堤防上では、ヨモギの地味な蕾も付いています。



ヒョウタン ↓

民家の庭で、棚からヒョウタンがぶら下がっていました。細長いので、初めはヘチマかと思いました。



トウガラシ ↓

拙庭にできたトウガラシです。鮮やかな赤い色が嬉しいですね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

9/10日 夏の名残の花たちと木の実など(中の部) その2:稲、ミズオオバコや彼岸花など

2016-09-12 07:03:37 | 草花
散歩の足はのびて、田んぼの方にやってきました。
日差しは強くなり、暑さを感じ始めていますが、時折吹いてくる風が身体に心地よくて、暑さも苦にはなりません。
見上げる空には筋雲があって、秋が始まっていることを実感しています。

秋の田 ↓

田んぼはすでに実りの時季に入っています。



頭を垂れて・・・↓

実を充実させて稲穂は曲線を描いています。「稲バウアー」というのでしょうか。



ミズオオバコ ↓





用水路の幹線から離れた小さい流れにはミズオオバコの花が咲いています。
毎年見る場所ですが、こんなにたくさんの花を見ることが出来たのは初めてのことです。



コナギ ↓

ミズオオバコの株に交じってコナギの株も散見されますが、花の付いているものは少なくて、こんな写真しか撮れません。



オクラ ↓

やがて田んぼが終わり、人家が近づきますと、畑の周りを歩くようになります。
オクラ畑では収穫の最終段階になっていましたが、まだ花はポツポツ咲いています。



ヒガンバナ ↓



川の堤防斜面で彼岸花が咲いています。近づくとやや赤黒さを感じます。
花のすぐそばに行って、その赤黒さは蕾にあることが分かりました。



イチジク ↓

イチジクの実が割れていますので、一つ失敬して試食しました。ところが甘さが遠くて、美味しくありません。 子供のころに食べたものは、こういう姿になると甘さ抜群でしたが、木の種類によって随分違うものなんでしょうか。



レモン ↓

レモンの実を久しぶりに見たので、記念撮影です。



フウセンカズラ ↓

写真を撮る段になると、風が吹いてきて、実が揺れました。



民家の庭で見たヒガンバナ ↓



散歩の最終段階で、民家の庭で咲く彼岸花を見ました。
ここのものは白花と黄花で、面白いと感じました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

9/10日 付近の花巡り(上の部) その1:夏の名残の花たちと木の実など

2016-09-10 15:40:47 | 草花
夏の暑さが少しずつ引いていくようですが、それでも日中の気温はまだ30℃を越していますので、外の出歩きは気持ちが臆してしまいます。
今朝は大分涼しく感じて、思い切って朝食後に2時間ほど外を歩いてみましたが、時間とともに気温がぐんぐん上昇してきました。
大汗を搔いて家に着き、シャワーを浴びてやっと落ち着きましたが、室温はちょうど30℃で、今日も立派に真夏日になっています。

久しぶりに外を歩いて、草木を見ていくと、季節は静かに移り変わってきたようにも感じました。

そんな散歩の成果を3回に分けてレポートしていきます。

ホルトノキ ↓

公園に植えられているホルトノキですが、地面には青いままで実がたくさん落ちていました。




アオギリの実 ↓

これも公園の植栽ものですが、特徴ある実が出来ていました。




カリンの実 ↓

公園の外周沿いに植えられているカリンは強い剪定によって背丈は低く抑えられていますが、このように実を生らせている木もあります。



ノウゼンカズラ ↓

民家の庭から道路側に花を出していました。



サルスベリ ↓

花を見上げて撮りました。きれいな青空には筋雲もありましたが、撮れていなかったのは残念でした。




ゼフィランサス・ロゼア ↓


近写 ↓

ゼフィランサスのピンクのきれいな花を見つけました。この種類は”ロゼア”になるようです。




フヨウ ↓

ここのフヨウの花は終わり近くでしたが、咲いているものはまだ元気があります。




アメリカノウゼンカズラ ↓

アメリカノウゼンカズラは、普通のノウゼンカズラよりも花の色は深紅に近くて、曖昧な色のノウゼンカズラよりも印象が強く感じます。また花の筒もラッパ状に長くて、やや違和感があります。



タマスダレ ↓

こちらもゼフィランサスの一種ですが、”ロゼア”と比べるとぐっと地味ですね。
タマスダレという呼び名の方が呼びなれているのではないでしょうか。



アメリカミズキンバイ ↓

田んぼの縁でこの花をたくさん見ます。夏の盛りの時季より咲いていますね。



野生化したアサガオ ↓

人家跡地の斜面で朝顔が野生化して居て、こうなると花の大きさは随分こじんまりとしています。


ヘクソカズラ ↓

建物によって、この時間は日陰になっている場所で咲いていました。スローシャッターのために風揺れの影響を受けてしまいました。



ノブドウの実 ↓

同じような場所で早くもノブドウの複雑な色の実を見つけました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

9月1日:防災の日 今日も残暑がやって来る 

2016-09-01 10:33:32 | 草花
このところ立て続けにやって来た台風も、中京圏だけはどうやら相手にしていないようで、雨がさっぱり降らず、渇水状態となっています。
それでも給水制限とかの騒ぎが大きくはなっていないのが幸いですが、日本列島の他の地域では水災害に見舞われるところがたくさん出て、大変心を痛めています。
水は多くても少なくても”過ぎる”のは困りものですね。

そうこうしているうちにカレンダーは月が進んで、9月入りしてきました。
暑い暑い・・・と言っているうちに、今年も三分の二は終わってしまったのですね。

今から93年前の今日は、関東地方で大地震災害のあった日でした。
小生の父親は東京で生活していて、当時12歳の少年でしたから、震災の状況は強烈に記憶に焼き付いていたはずですね。
そういうことに気づかず、小生が成人してからも当時の悲惨な状況を父親から聞くことなしに、冥途に行かせてしまったことは残念至極なことでした。

その大震災を教訓として防災の意識を高めるために「防災の日」が制定されたのは1960年の事と聞きます。
街のはずれに住んでいる小生のところまでは、防災行事の具体的な気配は届いて来ませんが、恐らく街なかでは官庁主導で何らかの動きがあるのでしょうね。

ブログ更新を大サボリしていますが、この怠惰な状況の居心地よさは満更でもありません。

夏休み中孫たちが家に来ていて、それに適当に距離を置いて付き合ってきましたが、今日からは学校が始まり、ここにおいて爺婆は、無罪放免の身となりました。

これからは残暑の野原に出かけやすくなってきます。そろそろ腰を上げようかといったところです。
しかし、今日は、これから未だ暑さがやって来るそうです。

水族館の魚 ↓

学校の夏休み最終日の昨(8/31)日、蒲郡市の竹島水族館に孫と行ってきました。
一番最初の展示はこの魚でした。確か南半球のナマズの仲間だったような気がしました。




亀かスッポン ↓

これも他所の海の生物で、首が長くて、亀かスッポンだと思いました。
この水族館内は、フラッシュを光らせて写真撮影をしてもOKという貼り紙がしてありました。



カピバラ ↓

水族館内でこんな動物を見るとは思いませんでした。
カピバラは齧歯目テンジクネズミ科カピバラ属に分類されるそうですが、これは南米のアマゾン流域を中心に棲息するそうです。



タカアシガニ ↓

写真の撮り方に失敗しました。 この蟹は世界最大の蟹だそうで、脚は非常に細長いが、成体のオスでは脚を広げると3.8mに達し、甲羅は最大で甲幅40cmになるそうです。
それなのにその大きさをうまく写真表現できなくて、大変陳腐な画になってしまいましたが、蟹の周りを泳ぐ魚たちは50センチ級であり、甲羅の下で隠れているようにして居る魚などを見ると、その大きさを類推できるかもしれません。



アシカ ショー ↓



アシカショーがあるということで、それをアテにして、来ていました。
このアシカはオタリアというそうですが、
オタリア (Otaria flavescens) はネコ目(食肉目)アシカ亜目(鰭脚亜目)アシカ科アシカ亜科オタリア属の海棲哺乳類である。オタリア属はオタリア1種のみで構成される。 オタリアはチリ、ペルー、ウルグアイ、アルゼンチンなどの沿岸に生息する。(wikiの記述による)

今回芸を見せてくれたアシカは推定6歳の雌で、体重は80kgということでした。
中々の芸達者で、ひょうきんなしぐさもこなし、調教の係官の話術も絶妙で、笑いと拍手喝さいを浴びていました。



オモト ↓

青い実をつけていますが、いくら水遣りをしても去年の葉はどんどん枯れていきます。



イヌマキ ↓

イヌマキに実がたくさんついています。透明感のある赤味掛かった実は、薄甘くて、食べることが出来ます。(白く粉を吹いたような青い部分は毒と聞いています。)



シュウメイギク ↓

この間うち、シュウメイギクの花を見ていましたので、写真を撮ろうと近づきましたが、花は散っていて残念でした。 別の株ではまだ蕾の状態です。



ワレモコウ ↓

付近の川岸から持ってきたワレモコウですが、我が家に来てから、25年は経ちます。
始めのうちは穂が短かったのですが、今は随分穂が長くなり、5センチを超えています。
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加