ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

蒲郡市の相楽山(さがらやま)に孫二人と爺・婆の四人で遠足に行きました。(上の段)

2016-05-24 06:37:12 | 草花
小学生の孫たちの運動会が土曜日にあって、週明けの月曜日はその代休とやらで、孫たち兄弟が二人して我が家に乗り込んできました。
迎え撃つ爺・婆は連合軍で、(よせば良いのに)外に連れ出すことにしました。
昨日の名古屋地方は真夏日で、相当暑い一日でしたが、出掛けた先は、山地でしたので緑陰のクーラーが効いていて、耐えきれぬほどの思いをしないで済みました。

老若4人で出かけた”遠足”の模様を上・下二つの段に分けてレポートいたします。

ヤマボウシ ↓

出掛けた先は蒲郡市郊外の相楽山というところで、昔は国民宿舎のあった景勝地ですが、10年以上前にそれは取り壊されて、今は静かな山中の公園地域となっています。
車を置いた場所にヤマボウシがたくさん花をつけていました。(恐らく植栽もの)



キショウブ ↓

山の中腹が広場のようになっていてそこには池もあります。
池の周りには渡来植物のキショウブが咲いています。



シャクトリムシ ↓

孫が後ろで何かを見つけたようです。戻って、近づいて見ると尺取虫でした。


ハナミョウガ ↓

折角ですので、見晴らしの良いところへ連れて行こうとしますが、急坂を登らねばなりません。
坂道を上る道端にハナミョウガを見つけました。



ニガナ ↓

ニガナの花もポツポツと出てきます。
なおこの遠足では孫たちにもカメラを持たせて、自由に写真を撮らせています。



展望台から ↓

潮見展望台から、蒲郡の海岸線を見下ろします。今日は望遠レンズを持ちませんでしたので、こんな景色の画で我慢します。
なお双眼鏡を持ってきていますので、それを取り出すや、早々に孫たちに取られてしまい、爺婆たちは老眼で眺めるだけになってしまいました。



展望台から ↓

上の画より西を見たところで、眼下に三谷温泉が見えていて、海の向こうには薄く渥美半島が見えています。



ザトウムシ ↓

孫が地面を動く虫を見つけて、毒グモが居たと騒ぎます。腰の赤い点には見覚えがありましたので、てっきりセアカゴケグモに違いないと思って二匹を踏みつぶしましたが、これはザトウムシのようで、赤い点はダニですね。とんだ勘違いで、罪深い殺生を重ねてしまいました。心が痛みます。



ソクシンラン ↓

細長い茎(草丈約50センチ)に付く小さな花を見つけました。ソクシンランでユリ科でしたね。



シライトソウ ↓







今回この山に入ったのは、このシライトソウが目当てでした。孫たちも盛んにカメラを構えます。
花の時季はちょど良かったようで、古びた花はひとつも見ませんでした。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

昨晩の満月 ネットのお友達の真似をして・・・・・

2016-05-23 11:25:57 | 草花
昨晩のことでしたが、新しいネットのお友達のところで、現在進行形に近い記事が出ていました。
それはそよかぜさんのブログでしたが、折からの満月を記事にされていました。
そのことに触発されて、カメラを持って外に出ましたが、いろいろ工夫してみても一向に良い写真になりません。
何十枚も撮った中で、月の表面の模様が出たものをやっと一枚だけ選び出せました。
月の右隣りは火星でしょうね、これも仲間に入れてみました。

満月 ↓





火星 ↓




月と火星 ↓



一茶の句に
      ♪あの月をとってくれろと泣子哉(なくこかな)♪
または  ♪名月ををとってくれろと泣子哉(なくこかな)♪(文化版) 
または  ♪明月ををとってくれろと泣子哉(なくこかな)♪(文政版)
                   という有名な句がありましたね。 
一茶とかかわりのあった子供はいずれも夭折しているそうですから、哀れさが際立ちます。

一茶の句のついでに、宿題になっていた「あなた任せ」の語句について、少し記述させていただきます。

♪ともかくもあなた任せのとしの暮♪ 

この句では「あなた任せ」という言葉に深い意味があるようです。
小生の観念的な浅読みでは、他人任せに世を送る軟弱な一茶像を抱いていましたが、これはどうも違うようです。
人生の辛酸をなめつくした一茶が、ただ”か弱く”他人任せに生きていることはないはずですね。

この句の前文にはこうあります。:
「後生の一大事は其の身を如来の御前に投げ出して、地獄なりとも極楽なりとも、あなた様の御はからい次第、あそばされくださりませと、御頼み申すばかり也・・・・」とあります。

そこで、仏教者のこの句に対する解釈を拾ってみるとこうなります。:
「浄土真宗の門徒の家に生まれ、念仏者としても知られる、俳人小林一茶のこの句での“あなた任せ”というのは、他人まかせとういう意味ではなく、“あなた”とは阿弥陀如来様のことを指しています。
どんなに裕福であっても、貧乏であっても、おごることなく、卑屈になることもなく、ありのままに年を越していきましょうという意味ですから、とらわれの無い年の送り方です。」・・・となります。
(浄土真宗西本願寺派立徳寺の法話より)

つまり、「あなた任せ」の意味は仏教的であって、前文通りに「阿弥陀仏にお任せすること」という意味にとるのが正しいようです。
これは他力本願・(本願他力)の浄土真宗で用いられる語のようでした。

とすると、仏教者の解釈が句作者・小林一茶の心情に一番近いのかもしれませんね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

庭で咲くセッコク、アスチルベ、芽生えたオキナグサの種、雑記

2016-05-23 07:00:12 | 草花
庭の柿の木に着けたセッコクの花が咲いて来ました。 ↓

山で杉の大木の根元に落ちていた株を拾ってきたもので、我が家に来て20年以上になると思いますが、さほど株を大きくもしないで、毎年ほんの少しずつ勢いを伸ばしています。



アスチルベ ↓

これは知人から頂いた株で、そのときは「アワモリショウマ」ということでしたが、園芸種かもしれませんので、属名のアスチルベ(チダケサシ属)としておきます。



オキナグサの実生 ↓

一番初めは実生で増やしたオキナグサでしたが、種を飛ばして、庭のあちこちに芽を出すようになりました。
しかし、庭作業の際に間違えて雑草と一緒に引き抜いてしまったり、狙った場所で生育してくれなかったりで、それを解消するためにもう一度実生で苗を育て、狙った場所で咲かせようとしています。


先日、ある本を読んでいた時に、宗教的な記述になって、そこで小林一茶の句が取り上げられていました。
小林一茶の文政二年(1819年)の句に有名な

♪目出度さもちうくらい也おらが春♪ 

というのがあります。
これを、極上の目出度さではない、「中ぐらいの目出度さ」と観念的に浅読みしていましたが、どうも意味が違うようです。
この句の頭のところにこう記されています。
 「から風の吹けばとぶ屑家(くづや)はくづ屋のあるべきやうに、門松立てず煤はかず、雪の山路の曲がり形り(なり)に、ことしの春 もあなた任せになん 迎えける。」とあり、ここから句が並べられます。

年末の煤払いもせず、門松も立てないというのは一茶には「目出度く無い」ということではないでしょうか。
まして、愛する長女を前の年に痘瘡で亡くした後の正月ですから、門松どころではなかったことでしょう。
(「あなたまかせ」の意味については後日、別の句で意味を考えたいと思います。)

そこでものを言ったのが「ちうくらい也」という言葉の意味でした。
一茶の住んだ信州の方言では「ちうくらい」はあやふや、とかいい加減とか、どっちつかずといった意味があったのです。

♪目出度さもちうくらい也おらが春♪ 

それを弁えたうえで上記の句を解釈するならば、こうなるのではないでしょうか。
句の意味:
(老い先短い身には)正月を迎える、めでたさといってもいい加減なものだが、それもまた自分にふさわしいものではないか。(現代語解釈は学研全訳古語辞典より)

小生がこの句を年賀状に引用したのは、一茶の背景を考えるならば、料簡間違いのようですね。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホテイランに逢ってきました。 森の熊さんにも・・・・・・

2016-05-22 00:13:59 | 草花
ホテイランは小生にとっては久恋の花で、昭和55年ころより、この花に出逢いたくて、自生地として名前の挙がったところに出かけては、収穫ゼロで帰ってきていました。
そんなことが15年〜20年ほど続いていました。

そのために自分が生きているうちにはこの花に出逢えることはないだろうと、思い込んでいました。
ところがある時に花に詳しい方から、「そんな事は無いから行ってごらんなさい。」と場所を教えられて、遠くまで遠征し、初めてこの花に出逢ったときの感動は並大抵ではありませんでした。
布袋様に思わず合掌したのを覚えています。

最後にこの花を見たのは、忘れもしない、2012年の5月19日のことで、この花を撮影しているうちにカメラが壊れてしまい、愛機ニコンD100を手放すことになった日でした。

その後4年経ち、ネットのお友達のこの花の写真掲載記事を見るにつけ、矢も楯もたまらずにこの花に出逢いに行ってきました。
花には遅かったのですが、今回の山行はこの花を探し回ることに特化して、いろいろ山中を歩き回りました。
そのおかげで、熊さんに出逢うという「幸運?」にも巡り合いました。
それでは写真を何枚も並べますが、言葉は使わない方が自分の気持ちに正直なような気がします。
それをそぎ落として、ペタペタと張りますが、どうかこの絶滅危惧種毅舛縫薀鵐されている希少な花をともに楽しんで頂けたなら幸いに思います。

三重連 ↓


熊さん ↓

森の中からこちらを見ていました。カメラのピントがうまく合わずにモタモタしているうちに、森の奥に帰って行ってしまいました。

 

 

  

  



















































  
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

京都市北部の伏条台杉と滴る緑(下:最終):緑麗しき谷間 カツラの大木 トチノキの大木 ハシリドコロ  

2016-05-21 07:18:37 | 草花
伏条台杉の点在する尾根から離れて谷筋に下りて行くと、今度は緑麗しい、まるで夢の中にいるような空間が用意されていました。

頭の上には太陽の照り付けがありますが、それを優しくさえぎる広葉樹の葉が、日に透かされて、明るい樹陰を作ってくれます。
そんな中をしばらく進んでいくと、谷筋の下り勾配がなだらかになり、そういう場所には、大木が点在しています。
樹種はカツラやトチノキ、それにサワグルミなどが主体でしたが、これがあたりの雰囲気をとても和ませてくれています。

沢沿い、沢底を漫歩し、そこで昼食をとったのちに、来た道を戻ることにします。
谷筋を下る ↓

太陽の強い光は木々の葉に遮られて、優しい光となって身体に届いてきます。



ヒトリシズカ ↓

花の終わったヒトリシズカも姿を見せます。



カツラの大木 ↓

根元から幹を叢生させたカツラの木が現れました。かつては薪炭伐り出しの供給源だったのでしょうか。



ハシリドコロ ↓

見るからに葉の柔らかそうな草が群生しています。シカが食べないのはこれに毒があるからでしょうか。



カエル ↓

何かが動いたように感じられ、目を凝らしますが、それが何なのか見つけられません、もう一度手を動かしてみると、ピョコタンと動き、それがどこにいるのかわかりました。
これでも保護色としては有効のようです。



緑に包まれて ↓

緑が嬉しい谷筋を下って行き、適当なところで昼食タイムにします。



トチノキの大木 ↓

左下に人が配置されていますので、その大きさを判断していただけると思います。



ネコノメソウ ↓

この葉の配置は見覚えがあります。 花がないのでちょっと考えてしまいましたが、おそらくネコノメソウ属の葉でしたね。



タニギキョウ ↓

尾根に登り返す途中で、もう一度タニギキョウにご挨拶していきます。



伏条台杉 ↓

今山行で見た最大規模の台杉でした。天然記念物級と見ましたが、格別の保護措置はしてありませんでした。 京都北山ではこういうものがゴロゴロしているのではないかと思いました。



取付かれた台杉 ↓

来るときに見た記憶のある場所に戻りました。角度を変えてもう一度撮ります。
「弱り目に祟り目」という言葉を思い起こしました。

尾根から下りて、車を置いた場所に戻り、家路につきます。

名神・新名神・東名阪・伊勢湾岸道と4つの高速道路を乗り継いで戻りました。
今回、通しで運転を引き受けてくれた方に感謝しつつお別れをします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加