ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

12/08日 県境近くの大森山・浅間山(644m)・弓張山・城山を周回 その1:まず愛知県新城市の大森山を訪ねる。

2016-12-10 09:50:22 | 草花
同じ市内に住む女性からのハードな山行をお断りして、よりマイルドな山歩きで、痛めた膝の養生を図りたいと考え、選んだ山域が、愛知県東部で、すぐお隣が静岡県という県境稜線地帯でした。

ここならニートな歩きが出来るに違いないと睨んでやってきましたが、現実はそうでもありませんでした。
大まかにいうならば、緩傾斜の気楽な歩行部分が主体でしたが、そうでもない場所もありました。

今回はこの山行を6回に区切り、レポートしていきますが、その1で、新城地内の大森山から始めます。

位置図 ↓

赤丸部分になります。この日は風も吹かずに穏やかな一日でありました。
過去に「山と渓谷」などではよく”陽だまりの山歩き”という言葉が使われていましたが、この日はその表現が相応しいような一日でした。



鳥瞰図 ↓

赤い線は歩いた部分ですが、この図では車を置いたところから時計回りで進みました。



実行図 ↓

ここでも同じように時計回りで歩きました。



断面図 ↓

峰をいくつか越えて行きますので断面図上では凹凸が普通に現れます。左から右に移動しています。



国道257号 ↓ (下山時に撮影)

愛知県新城市の長篠からここまで来ました。この先に炭焼田トンネルがあり、その向こうは静岡県になります。トンネルの長さは国道番号の257と同じで、257mあるそうです。



車を止めた位置 ↓ (帰着後に撮影)

国道わきのこのスペースに車を置きました。朝暗いうちからヘッドライトを点けて歩き出します。



桧を見上げて ↓

この日は朝5時に起床。身支度を整えて歩き出したのは5時40分のことでした。
ヘッドライトの明かりを頼りに山に取付き、身体が温まるころに尾根の桧の植林帯に着き、ようやく明るくなってきましたので、ここで朝食をとることにします。同時に桧を見上げながらストレッチもしておきます。



朝の光 ↓

植林帯の先にも朝の光が差し込んできました。



落ち葉の斜面 ↓

こんななところを登っていきます。



日差しに黄葉 ↓

稜線がもう一つの稜線と合わさり、山頂が近づいた気配が出てきた中で、広葉樹の枝に残った葉に朝陽が当たり、美しい朝がやって来ています。



コナラの黄葉 ↓

コナラの葉はこんなにも見事に染まります。



山頂 ↓

稜線の木々の黄葉に見惚れているうちに、いつしかこの山の山頂に導かれていました。
その場所も落ち葉のきれいなところでした。



山頂の山名板 ↓

標高514mの山頂は見晴らしは無くて、静かな一角に、ぶちょうほうが一人立って、この板を眺めているのみです。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

愛知県と静岡県の県境にある山 浅間(せんげん)山・弓張山・城(じょう)山

2016-12-09 15:49:22 | 草花
先日同じ市内に住む女性の方から、あるハードな山行のお誘いを受けました。
それは滋賀県側から御池岳に登るかなり困難なコースでした。
しかし、先日の平山明神山の山頂ドーム直下の巻き道の苦闘で小生の膝は、ガタが来ていましたので、一旦休ませてやろうと思って、その山行をお断りしました。

その代わりに、穏やかな慣らし運転はしておこうと思い、ハードではない遠足の延長をしておきました。
場所は愛知県と静岡県の県境で、いつもほかの山から眺めて、気にはなっていたけれども、そこに行こうという気持ちが今一つ湧いては来なかったこの山域を、膝の養生を理由に穏やかに歩いておこうと思ったのです。

この山行はシリーズ化して、明日から6回に分けてレポートしますが、これはその先触れ的に、心に残った風物を予めレポートします。

朝陽に照らし出されて ↓

歩き始めは朝星の輝く時間でした。目指す山の頂上間近の尾根歩きで朝日が登ってきて、コナラの葉を染めてきました。



沢筋を埋めた間伐材 ↓

遠足の延長のニートな山行を目論んできましたが、行く手に本日最大の難所が待ち受けていました。
この木々を跨いだり、潜ったりして、ずいぶん時間と体力を費やしてしまいました。



エビネ ↓

今回は林道作業の人以外は誰にも出会いませんでした。歩く道が、廃道であったり、マイナーなところでしたので、そういうことになるわけですが、その代わり、エビネの生育地を見つけたりして、これは儲けものでした。



浅間山 ↓

県境稜線に乗り上げると、それが浅間山の山頂です。



弓張山 ↓

今山行では標高の一番高いところですが、遠くへの眺望はありませんでした。



城山山頂 ↓

遠くから見た時にアンテナが2本立っている判りやすい山ですが、ここも山頂からの眺望は木立に妨げられて、全くありませんでした。



樹幹に見る黄葉 ↓

もう時期が時期ですので、葉はみな落ちてしまっていますが、時にはこういう眺めも出て来ます。



紅葉 ↓

山中で一度だけカエデの紅葉を見ました。



フユイチゴ ↓

山裾ではフユイチゴが熟してきています。



ご褒美 ↓

これは植栽ものでしょうね。旧国道沿いで、楓の木が何本か植えられていて、きれいに色づいていました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

11/25日 平山明神山・大鈴山 その6(最終記事):柴石峠から下り、県道八橋中設楽線を歩いて戻る

2016-12-06 07:04:46 | 草花
このシリーズの最終記事になりました。
ここでは柴石峠から山道を下り、薄暗くなってきた県道を歩いて、車を置いた場所に戻るまでの道筋を山村風景などを交えながらレポートしていきます。


峠の石仏 ↓

前にここに来た時には気づきませんでしたが、あたりの景色に溶け込む様にして、石仏がごく自然体で座っていました。



峠路の紅葉 ↓

峠の先の木の高いところにきれいな紅葉がありました。



急斜面を下って行く ↓

林道が眼下に見えていましたので、真っ直ぐに下ってしまいました。



少しの間林道歩き ↓

林道を歩きながらGPSで確認するとコースがずれていましたので、林道から逸れることにしました。



テンナンショウ属 ↓

林道から外れて少しだけ藪を漕ぎ沢沿いに出ると、昔は付けられていたと思える道が、今は草ぼうぼうになっています。
そんな場所できれいになった実を見つけました。



治山堰堤 ↓

その草ぼうぼうの道は沢沿いに幽かにわかる程度で伸びています。ここは沢と草生す道の両にらみで歩くことにしました。 途中で治山堰堤が出て来ました。



栃の大木 ↓

治山堰堤の傍には惚れ惚れとするように大きな栃の樹が立っています。



水の引き込みホース ↓

こういう人の生活の匂いのするものを見つけたので、このホースを道標として沢沿いに下りて行くことにしました。



治山堰堤 ↓

この沢下りでは治山堰堤を二度見ました。



ここにもトチの大木 ↓

ここでもトチの樹の大木を見ます。 沢沿いでトチの樹の大木は3本見ています。



イヌショウマ ↓



シライトソウのような花の穂を見ましたが、葉がまるきり違います。これはイヌショウマのようです。



梨沢集落までの沢下り最終場面 ↓

薄い黄葉を見る頃に、沢下りも終わりが近づき、人里が近くなっています。



梨沢の集落 ↓

梨沢の集落に着きました。日は山の端に沈んでいるので、あたりは薄暗く感じます。



これは? ↓

ミツバチの巣箱でしょうか? ニホンミツバチの巣箱のようです。
こりん様にコメント欄でお知らせいただきました。
なお同じように上で「砂防堰堤」と記述したものを、正しくは「治山堰堤」とするそうですので、ご指摘に従いまして用語をそのように差し替えました。詳しくはコメント欄の説明をご覧ください。



セッコク ↓

梅の古木にセッコクが着いていました。



県道に合流 ↓

県道に出ると50分くらいは車道歩きとなります。



寂しい道 ↓

朝ここを車で走って来た時も、いま歩いて行く時も、ついに一人も人に出会わない寂しすぎる道でした。



帰着 ↓

車に戻ったのは午後5時10分のことですが、あたりはどっぷりと暮れて暗くなっていました。



総歩行数 ↓

今回は歩行数は少ないのですが、山頂のドーム直下で急峻な場所を一時間くらい必死に徘徊していた疲れを拾い、実際には3万歩は歩いたかのように身体が訴えています。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

11/25日 平山明神山・大鈴山 その5:大鈴山から落ち葉の敷かれた稜線を柴石峠まで歩く。

2016-12-05 07:12:55 | 草花
グミンタ峠から、やや勾配のきつくなった斜面を根気よく登り詰めると、大鈴山の直近まで来ます。
大鈴山での眺望はあまりよいものではありませんでしたが、ここから下山が始まります。
この記事では柴石峠までのレポートとなります。

大鈴山と鹿島山を分けるT字路 ↓

グミンタ峠から25分弱歩いて、T字路に着きました。
ここは鹿島山と大鈴山との分岐点になります。



大鈴山方面 ↓

大鈴山に向かう道を取ります。ここも稜線になっていますが、ややなだらかな道で始まります。



大鈴山山頂 ↓

T字路から5,6分も歩けば大鈴山の山頂に着きます。ここの標高は1012mで、今回の最高地点となります。



三角点 ↓

ここには二等三角点標石が設置されています。



二つの明神山 ↓

木の枝が邪魔ですが、ここからも二つの明神山が見えます。
右手前が歩いて来た、平山明神山で、左奥は三ツ瀬明神山になります。



日当たりの山 ↓

空模様は西側は鈍色の空で今にも降り出しそうな気配ですが、稜線の東側では日が当たって輝いている山もあります。



下山開始 ↓

天気の所為で眺めの良くなかった山頂を早々に立ち去り、柴石峠に向かいます。歩き始めは笹を分ける道になっています。



天堤(あまつつみ)の集落 ↓

稜線沿いの道は左側が切れ落ちていますが、灌木がありますので恐怖感は薄れます。紅葉の僅かに残った枝の間から天堤の集落が見えます。



鎖場 ↓

この場所に鎖とは大げさな・・・と思いましたが、そんな気持ちが消し飛びました。枯れ葉のために滑り、少しだけ尻餅をつきました。



イワカガミ ↓

ここでは葉が紅葉していません。この種類も紅葉してみたりしなかったり、気まぐれなのでしょうか。



落ち葉の稜線 ↓

稜線は落ち葉が敷き詰められているようです。この落ち葉のお陰で、道がとても不明瞭になっています。



アンテナ箇所 ↓

ここでは施設に「設楽町北大鈴山中継所」とありました。



もう一つのアンテナ箇所 ↓

3分ほど歩いた先にもう一つのアンテナがありました。これには「新城消防無線中継所」とありました。



山腹の道 ↓

今まで稜線を歩いてきましたが、時々山腹を歩くようなことも出て来ます。その道に落ち葉が詰まっていて分かりにくくなっています。



モノレール ↓

先ほどのアンテナ箇所に資材を運び上げるものでしょうか、モノレールが我が物顔で山道を横断しています。登山者はこれを跨いで歩くことになります。



柴石峠が近い ↓

杉の植林帯に入ると柴安峠は近くなります。



紅葉 ↓

峠の直近できれいな紅葉を見ました。高いところで色づいていますね。



柴石峠着 ↓

柴石峠に下りてきました。背後には天堤の集落からの林道が来ています。



化石の保護? ↓

柴石峠の名前の由来はこの峠付近で柴(=小さい雑木)の化石が出ることからだそうです。その場所を金網で保護してあるのでしょうね。その周囲は鉄条網が張られて近づけないようになっています。



保護区域の表示 ↓

その鉄条網の中にこんな表示の杭が打たれていました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

11/25日 平山明神山・大鈴山 その4:平山明神山の馬の背岩で眺望を楽しんでから、大鈴山へ向かい尾根を歩く。

2016-12-04 07:11:17 | 草花
平山明神山にも、三ツ瀬明神山と同じように「馬の背岩」があります。
三ツ瀬明神山の馬の背岩と違うところで、一番の特色はこちらでは行く手に傾斜がついているということです。

今回の歩く向きでは登り勾配ですが、逆方向ですと下り勾配になりかなり怖い思いをします。
ドーム山頂の手前で1時間ほど怖い思いをして斜面をヘつっていますので、この場面ではそれほどの恐怖感は覚えませんでしたが、それでも筋肉疲労を相当拾っていますので、慎重にこの「馬の背」を通過しました。

岩上からの眺望はとても良いところなのですが、この時は靄に邪魔されて近場の山しか見えません。
ここを過ぎて、大鈴山に向かう尾根歩きが始まりますが、この記事ではその区間のレポートとなります。

馬の背岩に取付く ↓

それではこの岩に取付いて馬の背岩に乗り上げることにします。



馬の背岩を渡る ↓

これは馬の背岩を通り過ぎた場面です。振り返っていますので、歩いた道に下り勾配がついていることがわかると思います。



岩上から二つの明神山 ↓

馬の背岩の上から、二つの明神山を見ます。手前の左側が、先ほど踏んだ平山明神山のドーム山頂です。



三ツ瀬明神山 ↓

三ツ瀬明神山を引き寄せて撮ります。



宇連山から鞍掛山 ↓

宇連山から鞍掛山までの尾根も適当な高度感で見えていますが、逆光線ですのでシルエットになります。



宇連山 ↓




鞍掛山と本宮山 ↓

鞍掛山の右に遠く本宮山が見えています。



城山から富幕山 ↓

30kmくらい南には弓張山系の県境尾根が見えています。


日本ヶ塚山 ↓

日本ヶ塚山は東北東に18km弱離れた位置にあります。これにて冴えなかった山岳眺望の楽しみは打ち切り、大鈴山に向かうことにします。



痩せ尾根 ↓

馬の背岩を渡り終えてもまだしばらくは、痩せた尾根道をソロソロと進みます。



ヒメシャラ ↓

この山行では初めてヒメシャラの木を見ることになります。


小明神山 ↓

痩せ尾根歩きが一段落ついたところで、小明神と書かれた木の杭がありました。ここは地図上に950mと表記された場所からは70mくらい西に離れてはいますが、同程度の標高を有するようです。



岩場にザイル ↓

小明神から尾根を下るときにプチ岩場がありますが、そこにはザイルがついていました。



岩古谷山への分岐 ↓

馬の背岩から歩いて15分弱で始めのT字路に着きました。ここでは岩古谷山へ道を分けています。
小生は直進します。


ブナの木 ↓

尾根上には時々ブナの木が出て来ますが、大木ではありません。



桧の植林 ↓

ここに植林があるということは、林業の最前線がかなり奥深くまで入って来たということですが、残念ながら手入れはおろそかになっているようです。


ロープ ↓

さほど危険を感じる場面でもありませんが、道端にロープが張られています。立ち入り禁止措置なのでしょうが、松茸が出る場所でもなさそうで、その理由が推測できませんでした。



グミンタ峠 ↓

これも名前の意味が解らない、謎の命名ですね。地図で見ますと近くまで林道がついていますので、昔はここまでの往来はあったようです。



ここにもロープ ↓

ここのロープは滑りそうな危険個所についていて、これは意味のある、大助かりの措置でした。


灌木帯 ↓

道は明るい灌木帯をやや傾斜を増して登っていきます。


キッコウハグマ ↓

灌木帯から針葉樹の植林帯に入ると樹陰にキッコウハグマの花穂が出て来ました。
今年はこの花が満足に開いたところを見ていません。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加