ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

6/18日 白山釈迦新道歩き その4:標高1600メートルから2000メートルあたり迄、亜高山帯を行く。

2016-06-27 07:21:46 | 草花
花の終わったミズバショウを見たあたりからブナの木の出現は終わり、かわって針葉樹やダケカンバが出てくるようになります。
林相は広葉樹林から亜高山帯に変わってきたことを実感できます。
景色もだんだん遠くを見通せるようになって、高度感が増して来ます。
そして、道端には亜高山帯に特有の植物がどんどん現れて来ます。
この記事では標高1600メートルから2020メートルの釈迦岳前峰に至るまでのレポートとなります。

別山方面 ↓

周りの樹木の背丈が低くなり始めると、遠くの見通しも向上します。木々の切れ目から白山の南北に連なる峰の中では比較的南側に位置する別山が見えてきました。



ダケカンバ ↓

樹木はブナが終わり、ダケカンバが出てきています。始めのうちは背丈が高くて、高度が上がるにつれて樹高は低くなってきます。



ハクサンチドリ ↓

この山の名前を冠した野生ランが出て来ました。最初は他の草草の中に混じって咲いています。



ミヤマキンポウゲ ↓

ミヤマキンポウゲは草丈が高いかな?と感じましたが、これも次第に小さくなっていきます。



オオカメノキ ↓

オオカメノキはもう実になっていますが、後になって花を見ることになりました。



柳の一種 ↓

柳の種類もおろそかにはできません。高山帯にまで進出するくらいですから、亜高山帯でも当然顔を出してきます。



ナナカマド ↓

これは”タカネ”も”ウラジロ”もつかないナナカマドだと思います。



ハクサンチドリ ↓

また、ハクサンチドリを見ます。初めて歩く道ですので、この野生ランを見るたびに、喜んでいますが、このあとも実に頻繁に姿を現してきました。



イワナシ ↓

ここで見たイワナシもすでに花が終わり、実をつけています。



ミツバオウレン ↓

これは普通のミツバオウレンではないでしょうか、この山域では「ミツバノバイカオウレン」という花があるようですが、それには出会えなかったようです。(或いは見落としか)



オオカメノキ ↓

高度が上がってきたことによって、先ほど実になっていたものが、花の残る状態になってきました。



ベニバナイチゴ ↓

こちらは大袈裟な花が咲き、比較的粒の大きなイチゴを生らせますが、たいして美味しいものではありません。



別山と三の峰 ↓

別山の右側の稜線上のコブは三の峰だと思います。



ツマトリソウ ↓

ツマトリソウが出て来ました。聞くところによると、この花の花びらの基本的な数は”7”枚だそうですが、これもそれ以後も8枚の花が良く出て来ました。



コイワカガミ ↓

こういう花は高山植物帯の常連かと思っていましたが、2000mに届かないようなところから出て来ます。
小生の勘違いでしたでしょうか。



雪の渓 ↓

行く手の左側には雪の渓が見えています。きっと今年は雪解けが早くて、渓谷の雪幅が随分細くなっているのでしょうね。


ツマトリソウ ↓

ツマトリソウの群生だってあります。この山は凄いな・・・と思い直しています。


大汝・御前峰方面 ↓

標高が2000mを超えたところで、釈迦岳前峰の道標の杭が打ってあります。ここから白山の核心部が見えていました。



カシバードで確認 ↓

それをカシバードで山名確認します。なお、剣ヶ峰の名前が出ていますが、実際には手前の山稜に隠れて見えてはいません。もしも手前の山稜が無ければこの位置にある・・・という一つの指標として、カシバードで描画したものです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

6/18日 白山釈迦新道歩き その3:山道に入り、ブナの中を歩く。フタリシズカから水芭蕉まで

2016-06-26 06:45:52 | 草花
二本目の林道歩きが終わり、いよいよ山道に入ります。
植物の垂直分布的には広葉樹林帯歩きということになりますが、最初に出てくる林相はブナの林からでした。
山道の登りはじめの標高は約1100mほどで、今回の記事末尾の水芭蕉の出たところでは標高1600m弱でしたが、その間のレポートとなります。

ブナ ↓

山道に入ると早速ブナの大きな木が出て来ました。



ギンラン ↓

道端にギンランにしては花付きの悪いのが出て来ました。花の様子が違いますので他の種類のランかとも思いましたが、やはり、ギンランでしょうね。



フタリシズカ ↓

今度はお約束の姿でフタリシズカが出て来ました。



ブナの木立 ↓

ブナの大木が立ち並ぶ中を進んでいきます。熊さんが出てこなければよいのですが・・・・・



ウド ↓

こんな標高の場所でもまだウドがあります。



タニウツギ ↓

今度のタニウツギは花がまだ新しいですね。



エンレイソウ ↓

今回見たのはこのエンレイソウのみで、ミヤマエンレイソウは見ませんでした。



ズダヤクシュ ↓

ズダヤクシュも出てきて、やや湿った感じのところを進んでいきます。



ニワトコ ↓

いつも感じることですが、この低木は平地から標高2000mに届くところまで広く分布しますね。



水場 ↓

この水場は往きには使いませんでしたが、復路ではお世話になりました。



ツクバネソウ ↓




ショウジョウバカマ ↓

ショウジョウバカマは花が終わっていましたが、これも垂直分布の広いものですから、この後、可憐な花を見せてくれます。



マイヅルソウ ↓

マイヅルソウも葉だけのものが盛んに出てきていましたが、ここに至り、やっと花がついてきました。



アカモノ ↓

別名はイワハゼでしたか、これからあとどんどん出てきていました。



ゴゼンタチバナ ↓

マイヅルソウを見るようになると、この花も必ず見るようになります。



「ユキザサ」 ↓

「ユキザサ」も何種類か出て来ますが、鉤括弧付きとしておいて厳密な区分はしないでおきます。



ギンリョウソウ ↓

ギンリョウソウも咲き始めのものから、旬のものまで時々現れます。



ミズバショウ ↓

道端に花の終わったミズバショが出て来ました。これから後、どこで花が見られるのか楽しみにしていきます。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

6/18日 白山釈迦新道歩き その2:林道歩きで、山腹の多彩な植物に出逢います。

2016-06-25 07:18:51 | 草花
山歩きをして、雄大な山岳景観に接するのは大きな楽しみですが、登山道沿いの草花を見ていくのも、大事な楽しみの要素になります。
そしてこれは意外なことかもしれませんが、登山道に入るまでのアプローチの林道や車道歩きの中でも道端に多彩な草花が出てきて、目と心を楽しませてくれます。

皆さんは林道を急ぎ足でとっとと通過していきますが、鈍足の小生は、負け惜しみになりますが、林道歩きで見かける花との出会いも楽しみの要素として大事にしています。

この記事では2km弱あった林道歩きで、車道沿いに出てくる植物のまとまりなどをレポートしてみます。

フキ ↓

ここは国立公園内ですので、採取は禁止でしょうが、魅力的な姿ですね。



テンナンショウ属 ↓

ここでは通る人たちに背中を向けて咲いていました。



マタタビ ↓

マタタビかミヤママタタビか確認のために葉を齧ってみました。ひどく辛いので、これはマタタビと判断しました。



フタリシズカ ↓

完璧なVの字サインではありませんが、保険で撮っておきます。



ヤマブドウ ↓

これが蕾なのか実の小さいものなのかは確認しませんでした。うかつですね。



白峰神社 ↓

「今日一日熊さんに出逢わずに済みますように・・・・・」



カツラ ↓

カツラの木をせっかく見たのですから、花を探しますが、見つけられません、ここのところ、桂の花とはご縁が無くなってしまいました。



朝陽 ↓

向こうの山肌に朝陽が当たり始めました。時刻は午前5時42分でした。



マタタビ ↓

葉を白くさせたマタタビが出て来ました。葉の下では花の蕾も丸くなっています。



ヤブデマリ ↓

ヤブデマリも出迎えてくれます。ここでは大きな木ではありませんでした。



サワフタギか? ↓

これはサワフタギでしょうか、白い花の塊が綺麗でした。



タニウツギ ↓

花の末期でしたが、こういう低木も美しい花をつけていて、車道歩きと言えども侮りがたいものがあります。




ミズキ ↓

ミズキはこの時期の定番でしたね。



ツルアジサイ ↓

このツルアジサイは今が最盛期のようで、帰りの林道沿いでは大木にこれが這い登っている景色をたくさん見てきました。



トンネル ↓

このトンネルが見えてくると林道(車道)歩きは終局になります。



ヤグルマソウ ↓

今回ヤグルマソウにはたくさんの場所で会いましたが、花を持っていたのはここだけでした。



湯の谷を渡る ↓

湯の谷を渡ると、林道のカーブをあとひとつ曲がれば、登山道の入り口となります。



釈迦新道の登山口 ↓

ここで身支度を整え、登山道に取付きます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

6/18日 白山釈迦新道歩き その1:石川県側登山基地の市ノ瀬から林道歩きを交えて

2016-06-24 06:45:15 | 草花
久しぶりに白山を歩きたくなり、これまで歩いたことのない登山道を歩くことにしました。
(結果的には長い距離でとても歩き通せず、途中で引き返してきました。)

自宅からは車で、岐阜県側白鳥を経由して福井県の九頭竜湖を見て、勝山・大野を通り、石川県に入り、登山基地のある市ノ瀬にやってきました。
市ノ瀬ではトイレを使ったり、外でストレッチをしているうちに、しこたまブヨに刺されて、後日痒い思いをさせられました。

また全行程を通じて、著しくブヨやコバエに纏わりつかれ、相当煩わしい思いをしました。
もちろん昆虫忌避のスプレーを持参していますが、身体に噴霧しても汗を掻くとその効き目がなくなり、何度も吹きかけて凌いでいました。
それでも刺されてしまった部分はムヒの軟膏を塗りながら歩きました。

この道は花の種類も数も多彩で、歩きごたえのある山旅となりました。

位置図 ↓


行程図 ↓

釈迦岳を登ってもう少し上部まで行って引き返してきました。この道は思いのほかにロングコースでした。

断面図 ↓

同じ道をピストンしていますので、断面図は左右対称形になっています。歩行距離は22kmを超えていました。

九頭竜湖 ↓

車で走行中です。ビューポイントパーキングがあったのでここで休みを入れ湖を眺めると、水位は相当下がっています。全国的にダムの貯水率が低いようで、今夏が心配です。



市ノ瀬の駐車した場所 ↓

登山基地のある市ノ瀬に着き、そこでトイレを使わせてもらってから、やや賑やかだったその場所を嫌い、少し離れたこの場所に車を置き、一夜を明かします。翌朝はここから歩き始めとなりました。



細谷川 ↓

午前5時少し前に細谷川に架かった橋を渡ります。道は車の走れる舗装道路となっています。



始めの登山道入り口 ↓

ここから登山道になりますが、あとでまた車道と合流します。



コバノフユイチゴ ↓

山道に入り始めに目に付いた花はコバノフユイチゴでした。



◯◯ショウマ ↓

これは見分けづらい花です。アカショウマでしょうか。



オオナルコユリ ↓

これは大柄なナルコユリで、オオナルコユリとなるのでしょうか。



ササユリ ↓

まだ標高が900mくらいの場所ですので、ササユリも出て来ます。



杉の植林地帯 ↓

杉の植林の中をなだらかな道がついています。



コアジサイ ↓

三河の山でもよく見かけた花に、ここでも出会います。



ヤマアジサイか? ↓

これはヤマアジサイでしょうか?



トチバニンジン ↓

今年はトチバニンジンのこんな姿ばかりを見ていて、まだ咲いた花を見てはいません。



ウリノキ ↓

これも蕾のこんな姿ばかりで、特徴的な花の姿はひとつも見つかりませんでした。



車道とまた出会う ↓

先ほど離れた車道にまた出会いました。



車道歩き ↓

この車道を2kmくらい歩きます。時刻は午前5時半頃のことです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

参議院議員通常選挙(7月10日執行分)の期日前投票を済ませてきました。

2016-06-23 10:36:51 | 草花
今日から期日前投票が可能になりましたので、先ほど投票を済ませてきました。
例によって期日前に投票する「事由」を「宣誓書」によって誓約するのですが、その「事由」は大別して、
A仕事等、 B旅行等、 C病気等、 D住所移転等 の4つから選びますが、小生の場合はBの旅行等の「事由」が該当することになります。

これで投票日には心置きなく旅行が出来ます。
「事由」も大事ですが、小生の場合は当日の「自由」の方がもっと大事になります。

ところで、以前、小泉さんが首相の時に、重鎮の中曽根さんに出馬辞退(政界の引退だったか)を促したことがありましたね。
それとは逆の向きになりますが、一定年齢に達したら(例えば80歳以上からは)、「選挙権が無くなる」という制度はどうでしょうか。
これが成り立つと、体の不自由なご老人が無理して投票することから解放されますね。
もっとも今の政治なら、票にならない階層は切り捨てられて、ますます老人の居場所が狭まってしまいそうですが・・・・・。

投票済証 ↓


インゲン ↓

野菜のインゲンに花が来ています。一方ですでに収穫もあり、食卓に乘ってきています。



オニユリ ↓

さっきまで降っていた雨の、雨滴をお友達にして蕾が少しずつ大きくなってきています。



キュウリ ↓

キュウリも収穫期に入っていて、たびたび食卓に上がってきています。



スイートコーン ↓

知らぬ間にスイートコーンも実が大きくなっています。



スイカ ↓

当地(刈谷市)の西境地区では小玉スイカの出荷が最盛期に入っているそうですが、拙庭のスイカも実がぐんぐん大きくなってきています。



フウラン ↓

先日までセッコクの花が咲いていたと思いましたが、今はその跡形もなくなり、こんどはフウランの蕾が立ちあがってきました。



マンリョウ ↓

マンリョウもセンリョウも未だ蕾でした。



ミニトマト ↓

これからミニトマトも収穫期に入ってきます。これは実を採れる時期が長くて、随分役に立ちます。



ミニカトレア ↓

6月の始めに同じような花を見ましたが、別の鉢から少しだけ花の模様の違うものが咲き出しました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加