屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

四国四県ぐるり旅 内子~四万十~桂浜

2016年12月03日 | 四国


第三日目
道後温泉=内子=四万十川=桂浜=高知よさこい温泉

内子散歩
明治の町並みを味わいながら内子座を目指した。
ただ、木蝋資料館などじっくり見たいところは何か所かあったが、
時間制限のツアーだから仕方がない。







四万十川の舟くだり
流れがほとんど感じられない四万十川、舟下りというより舟遊びである。
しかも、舟は格子付きの檻のようで、開放感がなく四万十川の空気を楽しむとまではいかなかった。
時間があれば沈下橋など歩いてまわりたかった。





竜馬の像がたつ桂浜
妻は貝殻拾いに夢中だが、貝殻はほとんど見つからなかったようだ。
年何万人と押し寄せる観光客が根こそぎ拾っていったせいかもしれない。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

四国四県ぐるり旅 金刀比羅宮~道後温泉

2016年12月02日 | 四国


第二日目
善通寺=金刀比羅宮=道後温泉



本宮まで785段、足があがらなくて途中リタイヤを考えたけど、
老夫婦、励ましあいながら??なんとか本宮まで登り切って満足!







木立ダリアと山茶花
木立ダリア(皇帝ダリア)は北海道では自生していないから、
道産子にとって珍しいよね。



さて、今夜の泊まりは道後温泉「宝荘ホテル」、
鯛ソーメンが旨かった!
夕食のあと、さっそく坊っちゃんの湯へ、夏目漱石が愛した温泉である。
地元の方から坊っちゃん温泉のいわれなどいろいろお聞きしたので、
もし、次に機会があれば一日この街で過ごしてみたいと思った。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

四国四県ぐるり旅 栗林公園と善通寺

2016年12月01日 | 四国


第二日目
鳴門温泉=栗林公園=善通寺
朝から雨、でも風がなくまっすぐ落ちてくる雨なので、
傘があれば身体が濡れることがない。
それほど大きな敷地ではないが、どこから眺めても画になる美しい公園である。



善通寺 弘法大師ゆかりのお寺
さあ、いよいよ金刀比羅宮の階段へ挑戦!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

四国四県ぐるり旅 鳴門のうずしお

2016年11月30日 | 四国


第一日目
新千歳~羽田~徳島空港=鳴門公園
鳴門のうずしお観光船に乗船

渦潮は想像以上の迫力があった。
われわれを追尾?してきた小型の観光船が大渦に巻き込まれて、
ぐいぐいと呑み込まれていく、ように見えた。
大塚美術館に寄りたかったが、これは次回のお楽しみ!



下船してから「渦の道」展望台(大鳴門橋の車道下に設置された海上遊歩道)へ向かう、
ガラス張りの床から約45m直下の渦潮を眺める、安全とわかっていても足がすくむ。
今夜のホテルは「ルネッサンスリゾートナルト」
タイの焼き物、刺身やお寿司そして釜揚げうどん!
食べ過ぎだよ、ホテルのバイキングが旨いと思ったのははじめてかも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

但馬安国寺・どうだんつつじの紅葉

2016年11月25日 | 日常


宝塚のMさん・・
明日から四国周遊の旅にでかけます。
道後温泉と四万十川舟下りが楽しみです。

同寺は鎌倉時代、夢窓疎石によって開山されたといわれる臨済宗大徳寺派の寺院です。
裏庭の斜面に植えられた、どうだんつつじの紅葉が有名であり、今年も新聞、テレビで大きく報道されております。
本堂の座敷から障子越しに眺めると、美しい額縁に入った日本画のような風景が鑑賞出来、緋毛氈を広げたような赤く色づく秋の紅葉は見事なものです。

摂津国の怪人
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加