ECHOES

Punk Rock Life

STRANGLERS / Dark Matters

2021-09-17 21:43:00 | Weblog
ストラングラーズの新録アルバムが届いた。
昨年の5月に亡くなったデイブが最後に参加、そしてデイブへの思いが詰め込まれたデイブ亡きあとの曲、多くの人にとって胸に染みる1枚、区切りのアルバムになるのかなと。

近年のアルバムの中でも群を抜く素晴らしいアルバムだし、長いバンドの歴史の一コマがあちこちに刻み込まれている。

日本盤ボーナストラックでJJの歌う日本語バージョンも収録されているダウンが心に迫るけど、喪失感というのは時に名曲を生み出すものだけどこれなんかまさにそう。

このアルバムを出したあとが今から気になる。
これで終わってしまうような気がするほどのアルバムだから。
でも、この次の展開が大事なのはストラングラーズは良くわかってるはず、デイブのためにも。




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

THE OPPRESSEDの編集盤

2021-09-15 20:52:00 | Weblog
いろいろ探していて編集盤ベスト盤がとても多いTHE OPPRESSED

Fight For Your Lifeは1996年に出たベスト盤だけど、これは2年前にオレンジカラーのヴィニールでリイシューされたもの。
在庫は無かったけどユニオンに注文入れておいたら忘れた頃に届きました。

Greatest Bootstompin' Hitは2015年リリースの日本向けに編集したベスト。
ヴォーカルのロディー自身が選曲してるそうです。

当然のようにほとんどの曲が重なっているけど、どちらか一方にだけ入っている曲もありそれぞれ楽しんでます。







  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

LAST RESORT / WAY OF LIFE SKINHEAD ANTHEMS

2021-09-14 21:05:00 | Weblog
オリジナルは凄い音だよと教えてもらい、密かに狙っていた1枚。
LAST RESORTの1stのオリジナル、レッド・ヴィニール入手しました。
5桁かなって話だったけど6500円、キズも無しノイズも皆無。
確かにCDやリイシューアナログとは違う、生々しさが滲み出る音。






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

BOB DYLAN / BLIND WILLIE MACTELL

2021-09-06 20:51:00 | Weblog
秋にリリースされるディランのブートレッグ・シリーズ16に先駆けての7インチ。
インフィデルのためにレコーディングされたけどお蔵入りになった曲。
インフィデル、曲が粒揃いで好きなアルバムなんだけど、ミック・テイラーやスライ&ロビーなんて参加メンバーの個性が希薄なミックスでそれが少しもったい。
そんなメンバーでのレコーディングのラフ・ミックスやデモってすごく魅力的なんだけど、ブートレッグ・シリーズには未収録となるこのシングルのA面、BLIND WILLIE MACTELLのテイク1はそれの予告編のような音。
ブートレッグ・シリーズに収録のB面と比較してシンプルでとても良い!
いつもに増して期待値の高いボックスだなと、今からとても楽しみです。





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4 SKINS / UNRELEASED RADIO & STUDIO SESSIONS

2021-09-01 20:47:00 | Weblog
80年代中頃にレコーディングされた、4 SKINSのラジオ・セッションや未発表の12インチ音源、Bomper Sessions、デモを収録した12インチレコード。
Bomper Sessionsは他にも収録されたりで自分も聴いたことあるし、12インチ収録予定曲はよくありがちな間延びさせた感じだけど、A面に収録されたラジオ・セッションが自分にはメイン。
音質は良いし、オフィシャルレコーディングよりグッと荒っぽい演奏が良いですね!

それに、ジャケ写真のメンバーの表情がまた良い(笑)




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

MAU MAUS/THE ENEMY WITHIN

2021-08-23 22:08:00 | Weblog
80年代からのハードコアパンクバンド、MAU MAUSの復活新録アルバム。
ヴォーカルが変わってるけど、ベテランのメンバーとは思えないスピード感。
A面には新曲が5曲、B面には初期の5曲の再録、45回転12インチ、収録時間14分30秒、パンクのアルバムの最善のフォーマットですね。
同内容のCDが付いてるけど車用にはアナログから落としたCD-Rを持ち込んであります。







  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Condemned 84 ‎/Battle Scarred

2021-08-22 21:42:00 | Weblog
86年にオリジナルがリリースされているCondemned 84の1stミニアルバムだけど、これはボーナストラックが4曲プラスされた1996年にリイシューされたレコード。
ホワイトビニールだけど、レッドビニールも存在するみたいですね。

これの後もリイシューされてるけど、この14年は出てなくて、中古でCDはあってもレコードはあまりなく、たまたまユニオンオンラインに1500円で出ていました。

探しにくいけどスキンヘッド系はリイシューなら中古でも比較的安価かなと。





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Combat 84 ‎/ Orders Of The Day

2021-08-19 20:29:00 | Weblog
1999年にリリースされたCombat 84の編集盤、しかもピクチャーレコード。
ピクチャーだと喜んでいるのでなく不満なんです(笑)

ピクチャーレコードというのは薄い2枚のビニールの間に絵を挟み込んだ3層になっていて、構造上湾曲しやすいし音質的にも不利。
自分としては通常のビニール、CDでも良いからCombat 84の音源が欲しかったけど無いんです。
やっとあったのがピクチャーレコードということ。

不満たらたらだけど、元々音質が良い音源でもなさそうだし、盤は曲がってなく正常なのでまあいいか…

内容は身体が勝手に動くようなかっこよさ。
こんなバンドがいつでも誰でも簡単に聴くということができないのは残念だなあ。




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

The Oppressed/Live

2021-08-11 20:38:00 | Weblog
最近、昔から持っているジャズのレコードをよく聴いているのだけど、それも理由があって。

あまりに音質が悪い、それも高域の音は完全に潰れてシャーという音になっていて、これってもしかしてカートリッジやアームのセッティングが悪いのかなって思ったんです。

元々がジャズのレコードにステレオを合わせているので、確認をするには聴き慣れているジャズのレコードが一番。
結果は全く異常は無く、レコードの音や品質がとても悪いってことで(笑)
編集も雑で、1曲ごとにフェイドアウトなんかもちろんしてなくて、プッツンと曲が終わり次が始まるの繰り返し。
大昔に西新宿で買ってきたハズレアナログブートで、こんなのあったかもってレベル。

でも、なんでこんなかっこいいんだろ。
臨場感エネルギー感覚たっぷり。
これ、音をよくしちゃったらつまらないんじゃないかって思ってしまう。






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

JOHN COLTRANE & ALICE COLTRANE / Cosmic Music

2021-08-09 20:51:00 | Weblog
この日になると思い出すレコード。
コルトレーンが来日した時に、長崎に訪れて手を合わす写真が裏ジャケに使われている。
これがオリジナルで、CDも含めて再発された時はジャケットは変えられてそっちの方が一般的。
コルトレーンが亡くなった後に、アリスコルトレーンが主導で出したもので、当然フリー期に入っての音源、アリスのピアノもグッとフィーチャーされてます。

だいぶ昔だけど横浜の反町に、ビンテージオーディオをメンテナンスして売っていたクラシックガーデンという店があって、スイング・ジャーナルの記事を読んで訪ねて行ったのだけど、レコードよりもオーディオの事をいろいろと教えてもらって、今もメインで使っているシュアータイプIIIというカートリッジはそこで勧められたもの。

基本はオーディオ屋さんなので、レコードはさほど置いてなく、半分以上はクラシックだったので、何があるかはだいたい把握していて、店に行く時は必ずレコードを買う覚悟で行ったと思う。

このレコードはコルトレーンが好きだった自分に推してきたけど、あそこの客層を考えるに自分しか買うやついないだろうと、推しというか押し付けたのかも知れないですね(笑)

コルトレーンの写真を見ても感じるように、二度と核が使用される事があっては行けないし、憎むべきは戦争、戦争こそが死ねばいい。






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする