ECHOES

Punk Rock Life

TETRACK/LET'S GET STARTED

2015-04-23 21:47:28 | Weblog

オーガスタス・パブロ関連ではレアな部類に入るらしい、テトラックというヴォーカル・グループのリイシュー・ヴィニール。

前面に出過ぎずることなくバックに徹してはいるけど、自己主張はしっかりのオーガスタスのメロディカはアルバム全面通して効果的。

哀愁系の曲が多いのだけど、オーガスタスのメロディカはそういう曲と相性が良いですね。


コメント

Willy DeVille/In New Orleans

2015-04-21 20:22:16 | Weblog

ジョニー・サンダース生前に望んでいたニューオリンズでのレコーディングだったけど、それを実現したのがWilly DeVilleだった。

DR JOHNやMETERSの協力を得て1990年にレコーディングされたのVICTORY MIXTURE。


以前にも取り上げた大好きなアルバムなのだけど、最近になってこういうアルバムもあったのね、と、知ったのがIn New Orleansというアルバム。

曲目を見るとVICTORY MIXTUREに収録された曲のライブテイクがたくさん。
なるほど、VICTORY MIXTUREにボーナストラックを加えタイトルを変えての再発だなと、迷わず注文しました。

ところがそれは間違いで、VICTORY MIXTUREのあとにライヴ中心のBIGEASY FANTASYというアルバムがリリースされていて、In New Orleansはその2枚のアルバムの2in1ということになります。

BIGEASY FANTASYを聴いていない自分はもちろん大満足。
VICTORY MIXTUREに収録されていた最高の曲Hello My Loveのライブも聴けるし、IKO IKOもやっている。

これからも目立つことの無いアルバムだけど、間違いなく名ロックンロール・アルバムです。




コメント (2)

KIDDUS I / TAKE A TRIP

2015-04-13 21:50:55 | Weblog

レゲエのリイシュー・レーベル、IROKOからリリースされたKIDDUS I の新録音アルバム。

フランスのルーツ・レゲエ・バンドHOMEGROWN BANDをバックにレコーディング。
かなれ洗練された音だけど、キダスの声は昔の曲と変わらぬ張りのある声。

レゲエというジャンルにとらわれる必要はなく、アダルトなロックンロール・アルバムだと思う。
ガーランド・ジェフリーズとか思い出しちゃう感じかな。

アルバムの最初、1曲目によく知ってる曲が入っている。
ロックをよく聴いているからでなく、日本人には馴染みのある曲だと思う。

シャンソンのIf You Love Me、多くの日本人歌手がカヴァーしてるはず、越路吹雪さんとかがやってる愛の賛歌。

もちろんレゲエ・バージョンです(笑)
コメント

Music on Vinylから出たPETER TOSHのアナログ

2015-04-12 01:46:24 | Weblog



PETER TOSHのLEGALIZE ITにEQUAL RIGHTSをアナログで聴きたくなって、リリースしてから3年ほどのMUSIC ON VINYLからの180g盤2枚組を入手。

リリースして在庫が無くなれば終わりのライセンス・レーベルなのだけど、たまたまタワレコオンラインにどちらの盤も在庫あり。
オーダーしたら取扱終了になったので最後の1セットでした。

どちらも同時期に2枚組CDでリリースされたデラックスエディションを元に、1枚目のレコードはオリジナル曲を、2枚目にはデラックスエディションから抜粋されたダブプレートやダブ・バージョンを収録。

でも、抜粋された曲は少し不満があって、LEGALIZE ITだったらCDの2枚目収録されていたジャマイカン・ミックスだったら嬉しいな、とかね。

もちろんそれぞれの1枚目のオリジナル・アルバムは文句つけようの無い素晴らしさ!
音質もバッチリです。

コメント

New Race/The First and The Last

2015-04-11 08:42:38 | Weblog

まだ、聴きつづけるRadio Birdman、関連です。

Radio Birdmanのデニス・テック、ロブ・ヤンガー、ワーウィック・ギルバートが、ストゥージーズのロン・アシュトン、MC5のデニス・トンプソンと組んだバンド、New Race

以前とりあげた2枚のライブは、ライブ音源をストレートにCD化したもの。

西新宿にあったレコード店、ウッドストックで最初に知ったこのバンドのレコードがこれです。

レコードは無くしてしまっていたのでCDを入手。

これもライブなのだけど、ギター等のオーバーダビングあり。
レコードAB面の収録時間の都合でフェイドアウトもあり。
CDになってもオーバーダビングは変わってないのが残念。

先の2枚のライブCDより音質は良いです。
コメント

Kiddus I/Topsy Turvy World

2015-04-06 19:33:53 | Weblog

Kiddus Iの新作が出るそうで、それをどこにオーダーしようかと検索してたら、2013年にも新録音のアルバムを出していたんですね、知りませんでした。

Amazonで最後の1枚となってたアナログを速攻で注文。

ストレートなルーツ・サウンド、それなりに年齢も重ねているはずだけど、昔のレコードと変わらない張りのあるソウルフルな声。


キャット・スティーヴンスWild Childをカヴァーしたりもしています。


コメント

Elliott Murphy/Aquashow Deconstructed

2015-04-03 21:43:06 | Weblog

びっくりするほど頻繁に新録音のアルバムをリリースするエリオット・マーフィー。

今回は、マーフィーが73年にリリースしたデビュー・アルバム「AQUASHOW」の曲を、40年後の昨年に再レコーディングしたもの。

もちろんデビュー時の声や演奏とは違うのだけど、40年前には出来ないだろう、今だからこそ出せるそれぞれの曲の新しい魅力を楽しめるアルバム。

ほんとに良い曲は、月日の経過や年齢による歌い方の違いを飛び越えて素晴らしいのは、ディランとかを聴いてよく知っているけど、それをあらためて思わせてくれる1枚でした。
コメント