群青色の空と

遠くから眺めても、近くに寄っても美しい伯耆大山です。ゆっくり登れば出会いと感動があります。

(10-1) 南大山の色づき 鍵掛峠から

2018年10月10日 | 雑記、徒然に

平成30年10月7日   鍵掛峠から見える大山

午後には雲が取れ青空が見えるかなと思って大山に出かけましたが雲は結局尾根を覆ったままでした。
台風24号の影響で倉吉江府溝口線(大山環状道路)の鍵掛峠~桝水高原は路面破損したため通行止めで(10月10日現在も)、鍵影峠から少し色づいてきた大山南壁を眺めて帰りました。
最低気温次第で紅葉が進みそうです。
日曜日までに通行止めが解除になれば三ノ沢、二ノ沢で紅葉を眺めれそうですが。。。

大山山麓のブナ林が少し色づいていています。
今年の紅葉は良いとの噂で。。。楽しみにしています。

 

 ・・・・・・・・ 平成30年10月8日   大山夏山登山道 ・・・・・・・・・・

午前8時15分南光河原の駐車場から大山夏山登山道を往復しました。
11時前に弥山山小屋着、1時間ほど休憩して下山、2時30分着でした。
紅葉が昨年より早いようで、山肌が少し色づき始めています 。

 


 6時半、家を出るときはほぼ快晴だったのですが、夏山登山道を登るに連れ地面から立ち昇るガスで尾根隠れて行きました。
弥山山頂で休んでいるとき、ガスが切れ剣ヶ峰が現れました。その瞬間が楽しいんです。


大ノ沢の崩れゆく斜面
皮がはがれて行くようで痛々しさを感じてしまいます。


連休中の大山夏山登山道は登山者が多くて登って来る登山者を何度も待ちながら下山しました。
この日は親子連れの登山者が多くいました。


 三鈷峰はガスに隠れたり出たりして、写真撮りは大変です。

コメント

ブロク村

にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村