あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

351杯目 TJコラボ DOG HOUSE@富山 海老ソバット!?

2014-10-31 04:47:11 | 富山県東部(富山市周辺)のラーメン
TJ富山11月号「ラーメン新時代」の特集記事
県下20数店舗が新メニューや
TJ富山とのコラボ・ラーメン企画を展開

そのタウン情報富山誌とDOG HOUSEのコラボラーメン
海老ソバット800円(ソバットとはプロレスの決め技だそうです)
10月25日(土)より提供開始
(11月30日までの期間限定、昼の部10食/夜の部10食限定)
POPによれば
鶏節使用
焙煎乾燥の海老頭ペースト
鶏ハムチャーシュー
この3点がキーポイントのようだ


炒った海老の頭をペースト状にして
鶏ガラ醤油スープに溶かし込んであります。
着丼と同時に立ちのぼるエビの香り
スープをひと口すれば
もう、海老の香ばしさが口中に広がり
ガツンとくる旨さです。

デフォのトッピングが豪華
たっぷりの岩のり、刻みネギ、歯応えのよいキクラゲ
モチモチの大振りワンタン皮付きのローストした鶏肉

ふんわり柔らかい鶏肉の巻きチャーシューは鶏ハムだそうです。

対する麺は
中太の小麦粉感溢れるストレート麺
この濃厚なスープをガッシリ受け止め
スープに負けない力強さ。

夏場の限定は日の目を見ない試作倒れが多かったようだが
秋口に入り
DOG式BLCK~ぼくのくろ
肉そばブラック(10月31日で終了予定)
など矢継ぎ早に投入
俄然忙しくなってきたゾ。





コメント

350杯目 元祖一条流がんこ二代目クレープBON@福井 はじめての味噌 

2014-10-30 04:57:59 | 福井市内のラーメン

がんこ一条流二代目にして
福井一条流雅の修業先

クレープBON(くれーぷぼん)

なぜか現在はスイーツ屋さん
土曜日の12:00~14:00
木・金の17:30~22:30
がラーメン屋さんに豹変!!(笑)
今日で3回目の訪問

黒板メニューには
がんこラーメン塩、しょうゆ、みそと
あります
どうやら毎回メニューが変るようです
ローテーションによっては
同じメニューに遭遇する
可能性もあります

今回は味噌ラーメンを頂きました
いわゆる味噌野菜ラーメンとは違う
出汁と味噌の風味を味わう
シンプルで繊細なラーメンです

味噌が凄く薄い
味噌汁位の塩分濃度でしょうか
これと同じ趣のものは
金沢の神樂さんの季節限定、
味噌と同じと思われます
じっくり味わうというスープです
美味しい

こちらでは中細、中太の2種類の麺を
スープによって
使い分けておられるようです
このみそラーメンには
中太麺の組み合わせでした
この濃度なら
中細麺でも問題ないと言う位です

毎回感じますが、このチャーシュー
もはや肉塊
ポークシチューに入っていそうな位
箸でほぐれる位に
柔らかく煮込まれています

この赤いドンブリ
真空二重構造の断熱・保温効果が
あって冷めにくくなってます
ステンレス水筒(魔法瓶)
と同じ理屈ですね

木、金曜日の夜営業があるのは
ラヲタにとって朗報です




コメント

349杯目 今度は何かな? 鶏っぷ@福井 10月25日

2014-10-29 05:15:40 | 福井市内のラーメン
もうすぐ開店1周年を迎える

福井の 麺屋鶏っぷ(とりっぷ)
期間限定のつけ麺屋から復帰したかと
思えば人気の鶏白湯ラーメンを
完全リニュアルして鶏豚+煮干しの
清湯スープ×全粒粉麺を
提案してきた
これもぜんぜんアリで
地元産醤油や、北陸能登産魚醤を
使ったり
純米酒をつかった塩ラーメンなど
店主のこだわりが前面に出て
好感が持てる

それが定着したようには
見えないのだが
11月初旬からは
更にリニュアルして
新メニューに切り替えるそうだ

詳細は語らないが
ナウでヤングな顧客への対応
アンド
福井の県民性を考慮しての
メニュー開発になるそうだ

ここまでくると
お客さんがついていけるのか
やや心配
自分の好きなもの
やりたかったことをこのラーメンで
表現しようとしているのか

まったくもって目が離せない
やんちゃ坊主
これからも注目しているよ




全粒粉入り麺

純米酒を使った塩タレと
コクがあってキレのあるスープに
仕上がっている

煮干し酢、ラーメンのお供

今日も美味しかった。



コメント

348杯目 ホームでランチ 貪瞋痴@氷見 限定5食アゴ塩10月24日

2014-10-28 04:56:06 | 貪瞋癡
久しぶりのホームでランチ。

氷見の貪瞋痴(とんじんち)
今日の気まぐれメニューは

1日限定5食の「アゴ塩」
貪瞋痴では初となる塩ラーメンです。

ベースはレギュラーメニューの鶏ガラ出汁のやや濁りの入った清湯スープ。
といっても旨みやコラーゲンがじっくり煮出されたほんのり
とろみさえ感じる旨み凝縮のスープ。
これって清湯じゃないよね(笑)
今回はアゴ(トビウオ)の出汁を合せたWスープで
鶏の旨みとアゴの魚介香る出汁が旨いのだが
さらに、水出しの「追い昆布」を加え
口中が旨みで溢れかえる。
味付けは、貪瞋痴では初めてとなる塩。
能登産、揚げ浜式製塩の天然塩。
ミネラルいっぱいの塩が加わり
このスープ、どっからどう食べても
旨いに決まってます。

麺はいつもの高圧縮・低下水のパッツンという食感の
ストレート細麺。

自家製スモークエッグも石川のTERRAさんに匹敵するくらいの出来で
美味。

今日もありがとう。



コメント

347杯目 出遅れましたが(;^ω^) 自家製麺のぼる@金沢 納豆ラーメン10月23日

2014-10-27 09:38:21 | 石川ビブグルマン神樂・のぼる・TERRA
お友達絶賛の今話題沸騰(笑)
金沢の人気店 

自家製麺のぼる

健康第一、納豆ラーメンなるものを投入してきました。
過去季節限定や、季節の変わり目の繋ぎ商品として
スパイス系(カレー)を展開してきたのですが
今回は「納豆」です。
金沢ではすでに納豆ラーメン(トッピング含む)を提供しているお店はいくつかあるらしいのですが
自分は食べたことはありません。
他の媒体で納豆を使ったラーメンだったかつけ麺だったかが
タイムライン上に流れていた記憶があるのですが
詳細は思い出せません。
いずれにしても
奇抜に見えるが
案外ベーシックな組み合わせではあるようです。
使う納豆は地元産「金城納豆
一旦焼き目を付けてから盛り付けてあります。

納豆ラーメンはこちらの京ラーメン(鶏白湯)がベースなのですが
正直レビューが多すぎて
新味が無いと言うか
実食の感想も感動が無いというか
その中に在って
担々麺に納豆を載せたらどうなるんだろう
凄いチャレンジャーがいたものです。
度胸のある方だと思います。

同じくトッピングで自家製キムチを入れて味変する位なら
初めから辛味のある担々麺の方が旨いのではないか
というか
レギュラーの鶏塩白湯では物足りないのではないか?
これが自分が出した結論でした(笑)

で、
遅れをとった自分としては
いきなりの変化球からの勝負となりました。

京坦々+納豆トッピング
なんか豪華
なんか馴染んでいます。
焼いた納豆と坦々の挽肉の取り合わせがいい。

動物性タンパク質と植物性タンパク質の夢のコラボレーション。
栄養満点。
いや、過剰摂取(爆)
納豆自体に下味がないぶん調味料が必要だと思うのですが
坦々の辛味と挽肉の濃い目の味付けがちょうどいい具合に絡んで旨みが向上。
(うん?、化調入りタレパックのおかげ?ワイルド)
少しずつ溶かし込みながら味の変化を楽しみ
納豆の粘り、糸引き具合を調整。

穴あきレンゲで挽肉、納豆をすくい上げるのが楽しい。
味噌ラーメンのコーンをすくい上げるのと同じ快感。
いつまでもすくいながら完食後の余韻が楽しむ(笑)

のぼるの優しい京坦々が
いつにも増して優しく滋味深い味わいになりました。
定番にする必要まではないけれど
美味しかった。


コメント (2)

346杯目【新店】 祝開店! らーめんlalala@石川県内灘町 

2014-10-27 08:53:02 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
内灘町のパチンコ屋さん敷地内にある

らーめんlalala(ららら)
10月23日グランドオープンです。
11:00の開店に少し遅れての到着
開店待ちの行列!!
かと思ったら先客1名。
ま、金沢市内から離れた内灘町なので
それも致し方ないか。

店長スタッフにご挨拶したのち
昨夜のプレオープンで23:30までワンマンショーの4人組がいたと聞き失笑。
さて
本番メニューを確認。
うん?

こっさりが削除されていますね。
魚介を効かせる黄金比率
店長の納得がいかなかったため
一旦レギュラーメニューから外し
調整するとのこと。
それがいいですね。
というか、裏メニューに徹したほうがいいかも(彦根のチキン野郎みたいに)
結局あっさり、清湯スープの中華そば
こってり、鶏白湯の2種類になり
味は塩と醤油があります。

こちらの主力である鶏白湯を塩で頂きました。
スープの外観は先日頂いたコッサリと見分けがつきにくい。

黄金色に近い乳化系スープで粘度はそんなに高くない
いわゆるドロドロ系ではないので
わりとサラッと飲みやすい無化調スープです。
鶏のいろいろな部位を使って旨みを引き出し
コラーゲンたっぷりの味わいで
自分のような
ジジィのお腹に優しい一杯に仕上がっていました。
しかしながらナウでヤングな顧客にとって
この優しさがどのように受け止められるか
やや杞憂するところでもあります。

麺はコッサリと違い中太のストレート
質感は同じで太さだけがやや太くなります。
先日は高圧縮低加水のパツンとした食感の麵もありかなと
提案したのですが
地元の中高年の固定客に受け入れられやすい麺に
暫くは頼るようですが
今後どのように変わるか
それも楽しみです。

後客の様子も見ていたのですが
中華そばの注文が圧倒的に多いのに驚きました。
主力の鶏白湯をどのようにアピールしていくかも
今後のかだいでしょうね。

出身となった武骨屋商店を管轄する
一心屋社長のFBでも
取り上げて告知されていましたが
人を育てるという事は大変なことですね。

一心屋出身の独立開業組は
麺屋じゅん、凌駕堂、つち田、、、
それぞれに人気店に成長していると思います。
らーめんlalalaも
素晴らしい先輩方に続いていかれることを祈る次第です。


金沢の人気店のぼるさんからもお祝いが
鶏白湯つながりで
2軒目はこちらへ(笑)


コメント (4)

参考 らーめんlalala@石川県内灘町 プレオープン

2014-10-27 07:20:55 | 石川県(金沢・野々市他)のラーメン
元一心屋グループの武骨屋で店長を務めた方が
この度独立開業しました。
場所は内灘町のパチンコ屋さんの敷地内にあった
豚豚炉というラーメン屋さんの跡地。
2014年10月23日(木)のグランドオープン予定です。
以下SNSへの投稿記事


らーめんlalalaブレオーブンの報告です。
メニューは清湯スープの中華そば、鶏白湯、
それと『こっさり』といって鶏白湯を魚介で割った
コッテリとアッサリの中間のスープの3種類あり、
それぞれ塩と醤油が選べます。
この日は『こっさりの完成度が高いです』とのことで、それを頂きました。
クリーミーな鶏白湯をさまざまな節で採った魚介出汁と合わせ、
鶏の旨味と魚介が香る一杯に仕上がっていましたが、
まだ魚介の効き方が弱く改善の余地がありそうです。
濃厚だけではなく、アッサリ目のメニューも取り揃えることで
地域の中高年のお客さんもガッチリ掴もうということのようです。
カウンター以外にも奥にはボックス席や小上がりもあって、
女性客や家族連れにも人気が出そうです。後はバイトなどのスタッフの教育と慣れ。
レシピは走りながら調整して行くしか無いと思います。
彼の人柄が明るく、大らかそうなので大丈夫だなと確信しました。
皆さんの愛情溢れるご意見を聞かせてあげて下さい。
                        以上、報告まで



外観、パチンコ屋さんの駐車場内にあります

入るとL型カウンター、

右奥にトイレ、黒が基調でシックなイメージ

左手奥はBOX席

仕切り付でプライバシー重視

小上がりもあって家族連れなんかも利用できそう
オヤジの宴会場所になったら女子は嫌がるだろうな
回転悪いし、オペレーションに人件費高騰の原因、
不安要因

厨房とスタッフ
店長の他に男2、女1のバイトさん
スタッフの教育・訓練が肝要
あとは慣れ


コッサリ(塩)

麺は中細22番

この日のチャーシューは豚バラブロックのスライス
メンマは下味がほとんど無かった

プレオープン用の手書きメニュー


コメント (2)

345杯目 通し営業 もきち@石川県白山市 

2014-10-26 08:36:37 | 石川県(加賀・小松・白山市他)のラーメン
14:30を過ぎてからの営業店がなかなか見つからない。
でもチェーン店は嫌だ。

そんなとき白山市のもきちはありがたい。
加賀産業道路沿いにあっての通し営業。
しかもこだわりの中華そば。
現在の店主は二代目という歴史あるお店。


頂いたのは中華そば
細麺と中太麺の2種類の麺があり

この日の中華そばは細麺で頂きました。

ちなみに
これが通常の中太麺。

細麺は強縮れが入ってスープの持ち上げがハンパない。
福井の越前中華さんとも似た
透明感のある縮れ細麺
越前中華さんはもっと平たい麺で
独特の食感があります。

ガラと魚介が効いた美味しい出汁は和風にも通じ
毎日飲んでも飽きない
と、思う(笑)

こちらもお気に入りのお店です。
コメント

344杯目 初体験!!中華赤門@小松市 刀削麺

2014-10-26 04:35:09 | 石川の中華屋さん・食堂系・呑み屋さん
ブロ友のやっさんが食べていた刀削麺(とうしょうめん)
拉麺の原型とも言われている

削り取る製法の麺がここ、小松市の中華赤門で頂けます。

普通の麺はこねた小麦粉を圧延してカッターで裁断するのに対し
刀削麺とは
こねた小麦粉の塊を刀(包丁)で削ぎ取る。
それがピョンピョン空中を舞って
大きな茹で釜に飛び込んでいく様を
TVなんかで見た記憶、ありませんか?
自分は100%そういうイメージです。

しかし、こちらの厨房では西洋料理のピラー(皮むき)で
小麦の塊の表面を削いでいるようです。
イメージとしては
かんぴょう(巻き寿司の具材)
夕顔の実を皮剥きで麺上に削いでいく(知らんわね(笑))
あんな感じですかね

麺メニューを見ると
全てのメニューが通常の中華麵を
刀削麺に変更することが可能なようです。

今回は
大辛四川タンメンで刀削麺を頂くことにしました。

麺の感じは
ワンタンの皮。
べろん、つるん、とした感じで
ピラーでスライスしてあるので薄い。均一に薄い。
長さはバラバラなのは納得。
薄くて歯応えの無いのはもはや麺とは言えません(笑)
きし麺やほうとうの方が腹持ちはよさそう。
ラーメンの麺と違ってカンスイを使っていないんでしょうね。
初めての刀削麺に別の意味の感動。
調べるともっと提供しているお店が他にもあるかも知れませんね。
ぜひ食べ比べてみたいものです。

大辛四川タンメン自体は、辛いものが苦手な自分にもなんとか完食できるレベルでした。
もちろん頭頂部から汗をかきつつ。
辛味と化調の効いた旨みがバランスよく口の中でひろがり
美味しく頂けました。




あと小籠包



春巻きも頂きました。




コメント (2)

343杯目 麺屋ジョニー@長浜市

2014-10-25 04:56:16 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
麺屋ジョニー本店
先ほどの彦根市内にも2号店あって開店待ちの車がたくさん止まっていました。

こちら本店は国道8号線の路面店で敷地も広く、大型貨物トラックなども停められるため
ガッツリ喰らう、男の店という質実剛健な様子。
オープンな厨房を取り囲むL字カウンターとテーブル席、合わせて30席位でしょうか。
彦根で2軒回って、腹ごなしして
帰り道に立ち寄っても
通し営業なので
時間は安心♪
ホント行程が組やすくて助かりました笑)

厨房の中では武骨って感じのスタッフが
忙しく作業に追われる。
土間コンクリートでたくさんの火口と
大型寸胴が並ぶ光景は
本当にたくさんのお客をこなす
お店なんだなと理解できる。

こちらのイチオシメニュー

つけ麺を頂くことにしました。
ケンドーコバヤシ プロデュース
具体的に何がどうしたという情報はないけれど
グルメ本に載ったんでしょうね


自家製極太麺はモチモチした食感でしっかりしたコシのある
食べ応えのあるものです。

対するつけ汁は
動物系の濃厚ドロドロ系
魚介の粉末も入って旨み強烈
背脂、それに何でしょう?
粘度を高めるための繋ぎ的なものが入って
箸が立ちそうなくらいです。

麺に絡んでとっても旨い。
普通盛り250g
お腹はちきれそう

♪ ♪ ♪
お店情報
住所、長浜市湖北町八日市841
TEL,0749-78-1715
営業時間、11:00~22:00
定休日、月曜日
駐車場、大型貨物対応可能

コメント