ACE KIDS ACADEMY&CJA日本語学校

岡村ゼミナールの園児・小学生向けの珠算・習字・英会話部門、播磨にある日本語学校についてのブログです。

ACE Kids Academy FCへの最初の加盟校ご紹介

2015-04-28 20:26:34 | お知らせ
ACE Kids Academyフランチャイズチェーンへの最初の加盟校ご紹介

拝啓

皆様のご清栄をお慶び致します。

さて、Ace kids Academyフランチャイズチェーンにおける「九州全域の総代理店」として岩永学園グループが決定しました。

5月10日に申込書を交換し合い、相互のFC加盟契約書への調印は5月下旬予定です。

ここで、申込書交換とか相互のFC加盟契約と言いますのは、今回は学校法人・岩永学園グループと岡村ゼミナール(株)ACE Kids Academy事業部の双方が教育事業体として持てるノウハウや講座すべての使用・運用権を交換し合い、利用し合うことによって提携を促進することになったためです。

(すなわち、学校法人岩永学園グループは、既存のビジネス専門学校や来春に正式開校の通信制高校などに関する協力・支援者に認める地位と権利を岡村ゼミナール(株)に承認されるのと引き換えに、岡村ゼミナール(株)は、Ace kids Academyフランチャイズにおけるプラチナ会員の地位と権利を岩永学園グループにお渡しすることになりました。)

ちなみに、昨今では、九州での有力学習塾が、大手商事会社と提携した上で、英会話やピアノ教室のみならず、様々な講座を通してキッズカルチャー分野全般への進出を急いでおられる様子がテレビニュースなどでも報道されていますが、やがてはロボット科学教育や珠算、習字などの分野についても、子供の囲いこみ作戦の一環として遠からず開始されることが予測されるため、我々も少なくとも珠算や習字教室分野で、九州各地の学習塾などの教育事業者への普及拡大を急ぐ必要があるでしょう。

更に、今回の上記のような提携の一層の深化と拡大を目指し、5月には東京で様々な事業家の皆さんと頻繁に交流の機会を持たせていただき、それぞれの事業の発展に向けて増々協力し合うことについても合意しました。

では、皆さま、今後ともよろしくお願いします。

平成27年4月28日 火曜日
岡村寛三郎(岡村ゼミナール(株) 会長)
早期知能開発志向ACE Kids Academy:珠算・習字・英会話・速読講座
ACE Kids Academy:フリーダイヤル0120-121213、㈹電話079-284-2100

ACE Kids Academyフランチャイズチェーンでのテリトリー制について

2015-04-28 08:25:12 | お知らせ
フランチャイズチェーンのテリトリー制

皆様のご清栄をお慶び致します。

さて、フランチャイズチェーン・システムにテリトリー制如何は重要な問題ですが、チェーンに加盟するフランチャイジ―から見れば、原則的には一定のマーケット・エリアでテリトリー権が付与されなければ、安心して経営出来ません。

他方、フランチャイザー(主宰者側)から見れば、テリトリー権を付与せず、同一商圏内でも、軒を並べて複数の事業家に競争させる方が、商品や店舗運営についての改善・質的向上をもたらしやすいというメリットがあります。

しかし、早期知能開発志向ACE Kids Academy:珠算・習字・英会話・速読講座を受講する子供たちや生徒、利用するご家族の方々に、習得する技能・知識の向上や通塾すること・させることからの安心感や満足度を高めるには、先ずは、加盟事業者自身が安定的に事業を運営でき、自ら教育サービスの質的向上を心がけていく事が先決です。

そうでなくても、顧客ターゲットが類似する、または同種類に属する教育事業は数多くあって、一つの商圏内でも、多くの種類の教育事業家同士が、同一の狭い商圏内で競い合って顧客獲得にしのぎを削っているというのが現実の姿です。

そういう意味で、テリトリー権を付与するフランチャイズチェーン・システムであっても、同じ商標名では所定のマーケット内で独占事業であっても、そのマーケット内には、類似する競争相手が多くあって、日々の運営改善努力なしには、繁栄やその継続などはあり得ないのです。

そういった意味で、ACE Kids Academyフランチャイズチェーンでは、他のチェーンと比べても比較的広域の半径3キロメートル制を採用しています。

但し、首都圏・名古屋(中京)圏・京阪神圏等の三大都市圏では、この3キロメートル制は市場での競争原理を阻害する欠点もあるため、テリトリー権を廃止しています。

なぜなら、上述のように、大都会では、同一または類似事業間での激しい競争が日常的に行われているため、テリトリー制でもってフランチャイジ―を保護することは、むしろそのフランチャイジ―の市場内での競争力強化に役立たない、弱体化させる、マイナスになると考えるからです。

以上の通り、テリトリー権に付いては、マーケット内での競争状態の強弱を考慮して、人口の集中化が予想されている三大都市圏と人口減少が進行すると予想されている地方とでは、逆の仕組みを採用しています。

平成27年4月28日 火曜日
岡村寛三郎(岡村ゼミナール(株) 会長)

 参考≪資料≫

(1)首都圏・・・日本における首都圏とは、首都圏整備法に基づき整備・建設された関東地方1都6県と山梨県を含む地域である。
 日本における首都圏の範囲は、本法において定義されている。

(2)名古屋圏(中京圏)・・愛知県の県庁所在地である名古屋市を中心とする都市圏である。日本の三大都市圏の一つ。
 名古屋圏(なごやけん)という用語が使われることもある。
 中部圏開発整備法などの法令上では中部圏(ちゅうぶけん)とも言う。
 ★名古屋市の経済界や企業では「中部経済圏」(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の一部)という語を使う場合が多い。

(3)京阪神大都市圏

 ■中心市、■都市雇用圏(10%都市圏)、■絶対都市圏(1.5%都市圏)を示す[1]
 総務省では、大阪市・京都市・神戸市の3市を中心市とした絶対都市圏(1.5%都市圏)を京阪神大都市圏としている(2005年国勢調査[1] 
 [2])。
 範囲は右図の■■■部分に相当し、大阪府全域、兵庫県南部、京都府南部、奈良県北部および南部の一部、滋賀県南部および北部の一部、和 歌山県の橋本市・岩出市・かつらぎ町・九度山町、三重県の名張市にまで延び、人口は約1,864万人。

                                                        以上

ACE Kids AcademyFC加盟後の「初期導入研修」の内容は?

2015-04-27 18:53:49 | お知らせ
初期導入研修についての参考≪資料≫

★フランチャイズ契約書より抜粋

第22条 (開校前の研修)

1.乙は、経営幹部及び開講教場数に応じた新規採用の講師について、甲が主宰する次の諸項目に関する「初期導入研修」を、乙の教室の開校前に受講・修了させることが必要である。

①新規事業の特性と導入理由・趣旨の理解と経営者自身のモチベーション強化

②必勝の戦略と戦術論(孫子の兵法とランチェスター法則、「先手の連打)の研究)

⇒⇒⇒(a)「出店数」問題へのヒント、(b)初期投資(軍資金)問題とその手当

③社内でのACE Kids Academy事業部長(又は教育部長)選抜と任命人事

④社内正職員と新規採用予定のパートタイマー講師との連係・協力策のポイント

⑤パートタイマーだが市井に埋もれた・世間の陰に隠れた分野の優秀な人材の発掘:

(a)募集と(b)採用基準・採用実施などの要領、(c)募集費用、(d)パートタイマーとの付き合い方
                      ⇒⇒⇒不測の事態に対応する「1~2人多めの採用」が必須

⑥採用後の待遇面での工夫を通してのスタッフの意欲を引き出す就業規則内容と採用スタッフの同意確保

⑦効率的経営・運営のための講師の組織化と役割分担(教育部長・課長・係長など)

⑧意欲を引き出す講師育成研修のコツ・方法論・費用

⑨生徒募集開始に良い時期と広報手段(インターネットのホームページ、チラシ、新聞折り込み誌など)、その内容について

⑩お月謝体系の策定について

⑪開業に至る道のりで最大難関への対処:(a)体験レッスンから入塾に至るまでの経路、(b)入塾生獲得法、(c)業界の平均獲得率

⑫体験レッスン申込み受け付け、入塾者名簿策定などの本部事務方作業と教室現場への連絡・告知徹底、迅速な双方向通信が可能な体制・システムの確立

⇒⇒⇒将来の生徒の成績データ管理・成績向上システムへの基盤整備と伸展について

⑬検定試験・年間指導スケジュールなどの決定と情報

⑭ 3歳からの低年齢生徒・保護者への指導と対応のコツ

⑮開講後の業務研修の方向性と方法

・・・教室現場から幹部に向けての「週報」と幹部からの「返信」(迅速かつ適宜の指導・アドバイス)の徹底

⑯授業外の行事・春秋2回の競技会・お楽しみイヴェント類開催の必要性と実施法

2.前項に定めた研修の詳細については、甲が定めた運用基準及びマニュアルに準拠する。

3.乙のスタッフは、第1項に定めた研修の全課程を受講し、甲から「ACE Kids Academy」フランチャイズチェーンの加盟校の適格者と認められ、修了証を交付された後でなければ、教室の営業を開始することができない。

4.甲が研修の受講効果について不十分であると判断した場合、乙の当該スタッフは再研修を受
けなければならない。
                                                        以上

フランチャイズチェーン加盟説明会、4月27日付実施済み

2015-04-27 16:38:38 | お知らせ
フランチャイズチェーン加盟説明会、4月27日付実施済み

皆様のご清栄をお慶び致します。

さて、標記の説明会には、学習塾の2名が参加され、説明も順調に進み笑顔で帰っていただけました。

私どものACE Kids Academyフランチャイズチェーン・システムは、

(a)1~5教場の範囲での開設における加盟金が僅かに30万円で、しかも、

(b)毎月のロイヤリティも1教場に付き2万円のみの定額制で、

(c)開設初期費用は321,000円でしかなく、

類似のキッズカルチャーないしは、他の「珠算塾」フランチャイズチェーンの開設1教場当たりで126万円余りという初期費用と比較されれば、その有利さが際立っています。

しかも、ACE Kids Academy FCでは、その僅少な開設費用で1~5人までの新規採用の講師向け研修を無料で受けられるという特典付きなので、その経済的合理性は他に例を見ない抜群の良さです。

では、何故ACE Kids Academy FCでは、このように安価な経費で立ち上げが可能なのかと言えば、最大の理由は、早期知能開発志向:珠算・習字・英会話・速読講座のもつ大きな学習効果を、一人でも多くの学習塾経営の皆様や生徒の皆様に体験していただき、喜びを感じていただきたいという、多少誇張して表現すれば「社会奉仕・国づくり」を願っているからです。

 こうした岡村ゼミナール(株)及びACE Kids Academyの意図を理解していただき、是非とも皆様にもACE Kids Academyの仲間になっていただきたいと願っています。
 このACE Kids Academyへの問い合わせやご連絡先は、下記の通りです。

よろしくお願いします。

平成27年4月27日 月曜日
岡村寛三郎(岡村ゼミナール(株) 会長)

⇒⇒⇒ACE Kids Academy:フリーダイヤル0120-121213、㈹電話079-284-2100
   携帯電話:090-9097-7613、イ・メール: okamura3@oksemi.co.jp


「ACE Kids Academy珠算・習字部合同春季競技会」開催、ご報告

2015-04-27 08:32:21 | お知らせ
「ACE Kids Academy珠算・習字部合同春季競技会」開催を経て、
ACE Kids Academyのフランチャイズチェーン加盟要綱並びに加盟契約書完成!

皆様のご清栄をお慶び致します。

さて、昨日は、姫路商工会議所で、第一回の珠算・習字部合同の春季競技会を,新そろばん楽習塾・岡部秀夫先生を主賓に、そして習字の筆っこ®FC本部・代表・高木悦夫先生からは長谷川講師をお迎えし、総勢で約200名の生徒とそのご家族などのご臨席を得て、盛大に開催できました。

ACE Kids Academyの生徒たちは、京都の新そろばん楽習塾・岡部秀夫先生の教室に通い、僅か1年半の練習期間で暗算7段などの段位を持つ程に成長することができた小学生ら二人を取り囲み、その凄まじい暗算力実演の様子を見て、「すごい!」「すごい!」の連発でした。

習字部の方では、ACE Kids Academy講師の艶やかな書道作品を教室内外に展示しつつ、来賓の長谷川講師の指導を仰ぎながら、作品仕上げに夢中になりました。

この春季競技会は、ACE Kids Academyの生徒たちの第一歩の足跡を残しつつ、約半年後の英会話部を合わせての3部合同の秋季競技会(11月1日開催予定)において、彼らの大きな成長の歩みを確認することが目的で、ACE Kids Academyスタッフ全員の陰に隠れた非常な努力をもって開催されたものです。

そして、先週において第1回の進級検定試験を無事に終えたACE Kids Academyの生徒たち・講師たちの行く手には、5月の連休明け後の一層の技能向上に向けての積極的で真剣な修練の日々の連続が待っています。

どうか皆様の変わらぬご理解とご支援をよろしくお願いします。

ちなみに、上記のFC要綱や契約書は、株式会社・船井総合研究所・大阪経営支援本部・経営コンサルタント様を始めとする多数の協力者のご支援を得ながら、このほど完成しました。FCにご関心の有る向きは、下記のACE Kids Academy迄ご連絡ください。

 平成27年4月27日 月曜日
岡村寛三郎(岡村ゼミナール(株) 会長)
早期知能開発志向ACE Kids Academy:珠算・習字・英会話・速読講座
ACE Kids Academy:フリーダイヤル0120-121213、㈹電話079-284-2100

参考≪資料≫
ACE Kids Academyフランチャイズチェーン「加盟契約書」からの抜粋



第5節 指導,援助

第22条 (開校前の研修)

1.乙は、経営幹部及び開講教場数に応じた新規採用の講師について、甲が主宰する次の諸項目に関する「初期導入研修」を、乙の教室の開校前に受講させ修了させなければならない。

①新規事業の特性と導入理由・趣旨の理解と経営者自身のモチベーション強化

②必勝の戦略と戦術論(孫子の兵法とランチェスター法則、「先手の連打)の研究)
⇒⇒⇒出店数の問題へのヒント

③社内でのACE Kids Academy事業部長(又は教育部長)任命人事

④社内正職員と新規採用予定のパートタイマー講師との連係・協力策のポイント

⑤パートタイマーだが世間の隠れた分野に埋もれた優秀な人材の(a)募集と(b)採用基準・
採用実施などの要領、(c)募集費用、(d)パートタイマーとの付き合い方

⑥採用後の待遇面での工夫を通してのスタッフの意欲を引き出す就業規則内容と採用スタッフの同意確保

⑦効率的経営・運営のための講師の組織化と役割分担(教育部長・課長・係長など)

⑧意欲を引き出す講師育成研修のコツ・方法論・費用

⑨生徒募集開始に良い時期と広報手段(インターネットのホームページ、チラシ、新聞折り込み誌など)、その内容について

⑩お月謝体系の策定について

⑪体験レッスンから入塾に至るまでの経路・生徒獲得法・業界の平均獲得率

⑫体験レッスン申込み受け付け、入塾者名簿策定などの本部事務方作業と教室現場への告知徹底、迅速な双方向通信が可能な体制・システムの確立
⇒⇒⇒将来の生徒の成績データ管理・成績向上システムへの伸長について

⑬検定試験・年間指導スケジュールなどの決定と情報

⑭ 3歳からの低年齢生徒・保護者への指導と対応のコツ

⑮開講後の業務研修の方向性と方法
・・・教室現場から幹部に向けての「週報」と幹部からの「返信」(迅速かつ適宜の指導・アドバイス)の徹底

⑯授業外の行事・春秋2回の競技会・お楽しみイヴェント類開催の必要性と実施法

(以下省略)