CJA日本語学校&ACE KIDS ACADEMY

主として、学習塾「岡村ゼミナール㈱」・日本語学校「CJA日本語教師養成講座」に関することについて、気ままに書いています。

加西市の県立フラワーセンターを訪問

2020年05月24日 | 日記
加西市の県立フラワーセンターを訪問

5月24日(日)、兵庫県を含めた関西では、緊急事態宣言の解除も行われていますので、少しずつ気分転換のために、近郊の観光地に出かける人も多くなってきたような気がします。

私は、今が盛りと思われるバラの花を観賞しに、加西市の県立フラワーセンターを訪れました。

まだ蕾も多く抱えてはいましたが、広大なセンターの隅々までも、大小取り混ぜて、多くの種類の色とりどりの美しいバラの花が咲き乱れていて、多数の人出の賑わいと共に、辺りは壮観な雰囲気でした。

取り分け、センター中央には大きな池があり、それを取り巻く散策路が整備されていて、その道に沿って各種のバラ園が作られ、そこそこにおいて立派に咲き誇っていました。

そのバラ園で、数多くの枝を伸ばして盛大に花や蕾を抱えたバラの木々において、実はその一本一本の木々の根本は実に太いことに驚きました。

フラワーセンターの数十年もの歴史を物語って、太い根元があって、そのお陰で、毎年その一本の木に多くの幹や枝が分かれて成長して、葉や蕾を付けるのだということが分かり、そういった自然の姿や生きざまが、改めて自分の心に強く響いてきました。

つまりは、太くしっかりした根元や株があり、幹があり、そしてそこから多くの枝が伸びてこそ、蕾や花も咲くという自然の節理が、人間社会においても同様に当てはまり、基盤がしっかりした企業・学校の組織体制を作らねば、豊かな花が咲き、実りもできないということでしょう・・・

新型コロナウイルス感染災難で大きな被害を受けた国や地域、あるいは様ざまな業種・企業の再生においても、根元に当たる企業や学校の組織や運営上の原則・信念等が、世間の役に立つ信頼できる内容を持ったものでなければならないように思われます。

かくて、社会や経済の立て直しの過程において、重要な役割を果たす国民、企業や学校などに、大きな責任が果たされているように思われますので、今後も緊張した日々が続くことになるでしょう。

引き続き、皆様のご理解とご支援を何卒宜しくお願い致します。

令和2年5月24日 日曜日
岡村ゼミナール&CJA日本語学校:岡村寛三郎
コメント

徳川家康の遺訓に学ぶ

2020年05月23日 | 日記
教務より

学校のある兵庫県では21日に緊急事態宣言対象区域(特定警戒都道府県)から解除されました。そして先日、当校の朝礼にて、岡村先生から教職員に励ましのお言葉があり、ぜひとも記録しておきたいと思い、こちらのブログを使わせていただきました。

新型コロナ感染症により、仕事だけではなく外出自粛が求められ、「コロナストレス・コロナうつ」でイライラしたり憂鬱になったりする人も増えています。

この不自由な毎日を「徳川家康の遺訓」のように考え、前向きな気持ちをもってくださいというものです。




人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。


大方こういう意味でしょうか。


人の一生というものは、重い荷を背負って遠い道を行くようなもの。急いではいけない。
不自由が当たり前だと考えれば、不満はない。心に欲ができたときには、苦しかった時を思い出すことだ。
我慢することが無事に長く安らかでいられる基礎で、「怒り」は敵と思いなさい。
勝つことばかりを知って、負けを知らないことは危険である。
自分の行動について常に反省し、人の責任を攻めてはいけない。
足りないほうが、やり過ぎてしまっているよりは優れているというものだ。


考え方を少し変えることで、心の負担も少なくなると思います。

気分を変えて、未来の自分、これからの仕事について一緒に考えてみませんか。
無料オンライン説明会も随時行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

ぜひご覧ください!↓何歳からでも始められる、在宅勤務ができる仕事「国内外で求められる日本語教師」↓


zoomを利用したオンライン説明会も随時開催中です。




日本語学校
〒676-0812 兵庫県高砂市中筋1丁目10-46
(JR曽根駅より徒歩7分/「高砂西インター」北へすぐ)
TEL:079-490-3363/FAX:079-490-8100
E-mail : info@cooljapanexpo.com
HP : https://www.cooljapanexpo.com/
コメント

歯車の逆転⇒正回転へ

2020年05月19日 | 日記
歯車の逆転⇒正回転へ

 皆様のご健勝とご清栄をお慶び致します。
 
ところで、「今日より明日はもっと良くなる!」と信じて日々暮らすことができることは、幸せです。

私は、意識的に、長年にわたり、そういう「今日より、明日にはもっと良くなるぞ!良くするぞ!」という前向きな上昇志向を掲げて暮らしてきました。

しかし、今回の新型コロナウイルス感染災難に関しては、2月中旬以降、とりわけ3月初めからは、国内はもとより、世界中から、「今日よりも、明日はもっと悪くなる!」という現実を、これでもか、これでもかと突きつけられて、日々暗い気持ちにさせられる沈んだ状態を重ねざるを得ませんでした。

しかも、そういった厳しい現実が、ごく最近の5月中旬までの約3か月間も続いたものですから、むしろ最近では、それが習い性になって、すっかり精神的には落ち込み続けていたと言わざるを得ません。

しかし、5月初旬以降では状況が変わり続けて、国内での新規の感染者数が目に見えて減少し続けている上に、更に、5月19日(火)朝には、米国企業でのワクチン開発が、具体的な期待を持てるほどの効果を上げ始めたニュースが入ってきました。

そこで、本来は、それらの事実を基に、もっと喜び・浮いた気分に変わって行かなければならないのですが、今度は、今まで新型コロナウイルス感染騒動に抑え込まれて、意識の下に隠されていたビジネスの行方が、急に頭をもたげてきて、回復の歩みが確実に前進してゆくかどうかと気になり始め、違う意味での緊張が走り始めています。

とはいえ、同じ心配や緊張でも、新型コロナウイルス感染者数が増え深まり続けてゆく不安や心配よりも、その不安が次第に消え去って、代わりに、収束後のビジネスのあり方に気配りする状態の方が、ビジネスマンにとっては、正常で好ましいはずです。

・・・ということで、今後は、心身共に明るい未来に向かって、しっかりと歩んでいく、仕事にも励んでゆくという姿勢を明確にして行きたいと思います。

私の仕事は、もっぱらCJA日本語学校の各種の業務における取引先を、国内外にわたって維持・開拓してゆくことで、今後の活動の活発化を決意しています。

皆様、よろしくお願いします。

令和2年5月19日 火曜日
岡村ゼミナール&CJA日本語学校:岡村寛三郎
協同組合クラブ・メデカルツーリズム・ジャパン
コメント

ベトナム時間と日本時間

2020年05月13日 | 日記
今日は、4月28日に投稿したベトナム話の「第3弾」、ベトナム観光地で感じた「時間の概念」のお話です。

 ↓ 4月28日ベトナム話~第2弾~ ↓ のブログ
OGPイメージ

ベトナムの美味しい食べ物&美味しくない発音 - CJA日本語学校&ACE KIDS ACADEMY

今日はベトナム話の続きをご紹介したいと思います。↓前回↓のブログ新たな感染者"ゼロ"のベトナムでは日本語教育が盛ん-CJ...

ベトナムの美味しい食べ物&美味しくない発音 - CJA日本語学校&ACE KIDS ACADEMY

 


ベトナムの観光地といえば、やはり「ハロン湾」ではないでしょうか。



ベトナムのハノイに旅行に訪れる人の半数以上が観光するといわれる世界遺産。ハノイ市内からハロン湾までは車で片道3時間ほどかかりますが、それでもそこまで行くだけの価値はあると思います。ハロン湾には1,969もの島があるそうです。



ハロン湾ではクルージングが楽しめます。クルージング中は食事も楽しめて、ゆったりと4時間ほど時間をかけて様々な見どころを巡るのですが、ティエンクン鍾乳洞へ寄るのが一般的なルートとなっているようです。



こういった海外での観光地でツアーに参加すると、時間通りに出発、集合しないことが多々あります。

日本では、電車やバスの交通機関をはじめ、テレビ番組や荷物の配達も予定通りの時間に進むので、日本人の中にはイライラされる方もいるかもしれません。

しかし、時間に関する考え方は国によって大きく異なり、時間の感覚には大きく2つあると言われています。

M時間(Monochronic Time ― モノクロニックタイム)P時間(Polychronic Time ― ポリクロニックタイム)です。

M時間では一時にひとつの事を処理し、時間を厳守することが重視されるため、時間を無駄にすることを嫌う傾向があります。一方、P時間では、同時に多くのことが進行していき、スケジュールよりもむしろ人間関係が大切にされます。日本は元来P時間でしたが、明治維新後の欧米化の影響でかなり厳格なM時間の社会となっています。



異文化に接触した際、時間に関する「常識」が違うということを事前に念頭に置いていると、心の負担も少なくなるのではないでしょうか。日本語教師養成講座では、こういった異文化を理解するための勉強もしています。無料オンライン説明会も随時行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

今なら受講料10%OFFキャンペーン中です!



こちらもご覧ください!↓在宅勤務ができる「日本語教師」↓




日本語学校
〒676-0812 兵庫県高砂市中筋1丁目10-46
(JR曽根駅より徒歩7分/「高砂西インター」北へすぐ)
TEL:079-490-3363/FAX:079-490-8100
E-mail : info@cooljapanexpo.com
HP : https://www.cooljapanexpo.com/


コメント

岡村庭園からの朗報

2020年05月11日 | 日記
5月の庭を美しく彩る、あやめの花が咲きました。



あやめの花には、素敵な意味が込められた花言葉が多いのをご存知でしょうか。

・よい便り、朗報
・メッセージ
・希望、友情

あやめの花の別名でもある"Iris sanguinea"の由来となった「イリス」が、ギリシャ神話の中で神々の伝令役として優秀な働きをしたことから「メッセージ」や「朗報」などの花言葉が生まれたようです。ちなみに「あやめ」の花も「ショウブ」の花も「菖蒲」と書きますが、この2つの花は別物です。

あやめには紫色以外にも白色や黄色のものがありますが、日本の伝統的な色にも「アヤメ色」と呼ばれる色があるくらいなので、ポピュラーな色といえばやはり紫色ではないでしょうか。

我々日本人との付き合いが長い花というのは、和の色として定められています。より植物に親しんで暮らしてきた私たち日本人ならではの美しいことばです。
菖蒲色に藤色、桜色、桃色、山吹色・・・

こういった美しいことばも、日本語を学ぶ外国の人たちに共に伝えていきましょう!!



↓在宅勤務ができる「日本語教師」↓




日本語学校
〒676-0812 兵庫県高砂市中筋1丁目10-46
(JR曽根駅より徒歩7分/「高砂西インター」北へすぐ)
TEL:079-490-3363/FAX:079-490-8100
E-mail : info@cooljapanexpo.com
HP : https://www.cooljapanexpo.com/
コメント