Cool Japan Academy&ACE KIDS ACADEMY

主として、学習塾「岡村ゼミナール㈱」・日本語教師養成講座「CJA」に関することについて、気ままに書いています。

近況に応じ、❶教室生授業と❷動画配信との二者からの選択へ

2020年03月26日 | 日記
近況ご報告

いつもお世話になっております。

さて、国内外での新型コロナウイルス感染災難が、庶民の想像を絶して、一日一日悪化・拡大中につき、世間の人々の気持ちも、世間全般の社会生活も経済情勢も共に大きく揺らいできています。

そんな厳しい現実の中で、子弟向けの教育の重要性については、我が国の歴史におけるおよそ500年前の室町時代・戦国時代の「寺院教育」ないしは「寺子屋教育」を思い起こさざるを得ません。

 大人たちが領国・支配地域を拡張するために、次から次へと隣接領域との間で戦争を起こし、日本国中において、ひと時も休む間も無かった程に、様々な地域で様々な規模の戦争が繰り返されていた頃(戦国時代)でも、各地の人々は、次の時代での旗手や担い手を育成することの重要性に気づき、古来、知識階級だった僧侶たちが運営する寺院を中心に「読み・書き・そろばん」の子弟教育が次第に広がってきたという歴史的事実です。

 即ち、「国破れて山河あり」という言葉は、「国乱れて子弟教育あり」に置き換えることも可能になります。
 国と国、人と人、文化と文化との間での交流が増々盛んになっていたつい最近までは、我が国も、多数の国々から大勢の青年・学生さんたちを、留学生や技能実習生としてお迎えし、国際交流の深化が当たり前になっていました。

 それが突然に現れた新型コロナウイルス感染騒動で、国と国、人と人との間での交流が遮断され、国家同士が互いに巣ごもり状態となり、「鎖国時代」に突入したかのような状況が現実味を帯び始めています。

 しかし、無線技術が発達している今では、電話・テレビやインターネット交流などは、増々重要性を帯びてきて、盛んに活用される状態になってきています。

 そこで、このいわゆるIT技術を最大限に活用して、国内においてはもちろんの事ながら、国際的にも人と人、そして学問や文化・芸術同士の交換や交流が大いに促進され、外形的な鎖国時代の不便さを、かなりの程度にまで緩和できるでしょう。

 ところで、我が国では、かつての戦国時代での寺子屋教育は、約50年前の昭和時代の中頃から、「学習塾」教育という形に変わって大きく発展してきました。

 そこで、この学習塾においても、あるいは社会人向けの種々の職業・資格取得教育においても同様に、

❶教室内における生徒と教師の間での直接・対面式授業の採用のみならず、

❷IT技術を駆使して、生徒と教師の間での双方向での交流をも可能にしての遠隔地・在宅学習方式をも同時に採用し、学習者たちの様々な状況に照らして、学習者自身がより適切な手法を選択・活用することができ、かつ

❸各自の意欲や能力に応じた個別の学びを深化させることができるという「究極の学びのスタイル」を実現していくことが、充分に可能と考えられます。

 皆様のご理解とご支援を何卒宜しくお願い致します。

令和2年3月26日 木曜日
岡村ゼミナール&CJA日本語学校:岡村寛三郎



コメント

新型コロナウイルス感染阻止に有効な薬品!?

2020年03月18日 | 日記
各位

皆様のご健勝とご清栄をお慶び致します。

さて、先ほど下記の様なニュースが発表されました。

新型コロナウイルス感染災難も収束の可能性が大いに期待できますね!感染の拡大が一日も早く終息することを祈るばかりです。


東大の教授、山本瑞生助教(ともに医科学研究所)らは3月18日、新型コロナウイルス感染初期のヒト細胞へのウイルス侵入過程を阻止し、効率的に感染を阻害する可能性のある薬剤を明らかにしたと発表した。アジアやヨーロッパを中心に拡大する新型コロナウイルスの感染を防止する有効な手段となることが期待される。


⇒詳しくは、こちらをご覧ください。

東大、新型コロナウイルス感染阻止が期待できる既存薬剤を同定 | 東大新聞オンライン

 井上純一郎教授、山本瑞生助教(ともに医科学研究所)らは3月18日、新型コロナウイルス感染初期のヒト細胞へのウイルス侵入過程を阻止し、効率的...

東大新聞オンライン

 


                                        以上
コメント

日本語学校業界にも、一筋の光明

2020年03月17日 | 日記
3月17日(火) エンピ・カンデルさんをお迎えして
☆UNIBIRD Inc.(ユニバード株式会社)代表取締役社長 

皆様のご健勝とご清栄をお慶び致します。

さて、長年の親交を重ねていますエンピ・カンデルさんが、この多忙な時期にもかかわらず、東京から大阪に出張された機会に、足を伸ばして姫路までお出で下さいました。

早速、地元・姫路の日本語学校さんにご案内させていただき、その理事長兼校長先生との対談の機会を用意させていただきました。

その中で、私が一番嬉しく思ったお話は、エンピ・カンデルさんがこの4月期入学向けに仲介されたネパールからの留学申請について、実に80%台半ばの好成績で、Visa獲得ができましたというお言葉でした。

しかも、それに応ずるかのように、上記の日本語学校理事長さんからも、この4月期入学向けのVisa申請を行った南アジア方面の国々からの分が極めて好成績でしたという喜びの声でした。

昨年1年間のVisa申請の厳しい結果を耐え忍んできた日本語学校業界だけに、今回の好成績は何よりもの朗報です。

もちろん、世界中に新型コロナウイルス感染流行とそれに伴う飛行機便等の停止という災難が発生していますから、入学ビザ取得者も実際には数カ月遅れての訪日になる可能性がありますが、高率でのビザ取得の成績は、暗闇の中で耐え忍ぶしかなかったような日本語学校業界全体に、将来における明るい一筋の光明をもたらしています。

その結果、近く国家資格に格上げが見込まれている日本語教師資格取得を目指される方々や関連業界である日本語教師養成講座の将来にも明るい兆しを見出すことができるでしょうか・・・

皆様のご理解とご支援を何卒宜しくお願い致します。

令和2年3月17日 火曜日
CJA日本語学校・理事長 岡村寛三郎



コメント

2020年3月13日(金)の特大ニュース

2020年03月13日 | 日記
2020年3月13日(金)の特大ニュース

 皆様のご健勝とご清栄をお慶び致します。

 ところで、新型コロナウイルス感染騒動がWHOからパンデミックだと名指しされたり、ニューヨーク株式取引では過去最大の2300ドル辺りもの下落が生じた言うニュースが相次いで報じられ、正に昨日や今日は、歴史に残る出来事の日となっています。

 12年前のリーマンショックや9年前の東日本大震災などの出来事も、長く人々の記憶や歴史に残る大きなニュースでしたが、今回の新型コロナウイルス感染騒動も世界中の人々を驚かし続けている大きなできごとです。

 さて、このような大事件の最中にあって、私達一般市民は、どういう心構えや態勢で一日一日を暮らしてゆくべきか?について考えれば、外面的には、できる限りの日常性を維持しながらも、内面的には、いざ各種の危機勃発!という場合に備えて、腰を低くして慎重に時を過ごしてゆくべきことになるでしょうか…

 こんな時でも、人間社会の道理や法理には急激な変動が起こるわけではなく、むしろ通常の道理や法理に潜在している核心的な、そして永遠性のある真理を思い起こし尊重して暮らす姿勢が大事だと思います。

 それは、「今日一日、怒らず・恐れず・悲しまず、正直・親切・愉快に、力と勇気と信念をもって、自己の人世に対する責務を果たし、常に平和と愛とを失わざる立派な人間として生きることを厳かに誓います。」(中村天風・作)という姿勢です。

 こういった人間社会における永遠性のある真理や姿勢を貫いて、この足元の地面が崩れ落ちそうな危険性もある大事な日々を、慎重に一歩一歩と前進してゆくことが大切だと考えています。

 今後とも、皆様のご理解とご支援を何卒宜しくお願い致します。

令和2年3月13日 金曜日
CJA日本語学校・理事長 岡村寛三郎
コメント

CJA日本語学校:日本語教師養成講座、4月期生受け入れに向け準備

2020年03月12日 | 日記
CJA日本語学校:日本語教師養成講座、4月期生受け入れに向け準備

 皆様のご健勝とご清栄をお慶び致します。

 さて、CJA日本語学校:日本語教師養成講座では、世間での新型コロナウイルス感染騒動を横目に睨みながら、4月からの新年度講座の開講準備を、つつがなく行っております。

 いよいよ14日(土)には、その受講希望者への無料体験授業会を開催します。

 皆様のお出でをお待ちしております。

令和2年3月12日 木曜日
CJA日本語学校・理事長 岡村寛三郎
コメント