ACE KIDS ACADEMY

ACE KIDS ACADEMYは岡村ゼミナールの園児・小学生向けの珠算・習字・英会話部門です。

ACE Kids Academyの総生徒数は、852名!

2017-11-24 17:43:38 | お知らせ


 各位

 皆様のご清栄をお慶び致します。

 さて、ACE Kids Academyの総生徒数は、勝原校・珠算部の活躍のお陰で、852名となりましたことをご報告いたします。


                                                       岡村ゼミナール・営業本部長:岡村寛三郎

岡村ゼミナールからの近況ご報告

2017-11-24 04:59:03 | お知らせ
各位

 皆様のご清栄をお慶び致します。
 
 さて、岡村ゼミナールもお陰様で順調に成長発展を続けさせていただいています。

 11月10日付けでの総生徒数は、4,082名になっています。

その結果、年末時点での4,100名越えが期待されるところにまで来ました。

 今年度は、年度初めより総生徒数が一度も減少する事はなく、前進が着実に続いています。

 このことからは、播州一円の御父母の皆様からは、学習塾として「一番のご信頼」をいただき、かつ、子どもや生徒たちからは、「楽しく分かりやすい授業で、学力を最も向上さ

せる役立つ学習塾」という人気度N0.1の高い評価をいただいていることが推測されます。

 世間の皆様からの「播州一の学習塾は、岡村ゼミナール!」というご信頼と評価を、今後も確実に向上させ、一層、皆様のお役に立てるように、職員一同が努力をし続けることを

ここに誓います。

 日増しに多忙さが増し続けるこの年末での、皆様のご健勝とご活躍とを祈念しつつ、岡村ゼミナールからの近況のご報告とさせていただきます。


                                         平成29年11月24日
 
                                         岡村ゼミナール・営業本部長:岡村寛三郎



血沸き肉躍るACE Kids Academy成長期の次の目標 =3年後には、フランチャイジーと共に生徒数2000名達成!

2017-11-20 08:53:50 | お知らせ
各位

皆様のご清栄をお慶び致します。

さて、血沸き肉躍るACE Kids Academy成長期の次の目標は、3年後に、「フランチャイジーと共に生徒数2,000名」達成です。

皆様のご理解とご支援を、引き続き宜しくお願い致します。

                                                        岡村ゼミナール・営業本部長:岡村寛三郎

早期知能開発:ACE Kids Academy珠算・習字講座のフランチャイジーを募集中!

2017-11-18 17:45:35 | お知らせ
各位

いつもお世話になります。

ところで、現在、播磨民間教育ネットワークの会員塾:神戸市須磨区の教育空間エグゼさんが、ACE Kids Academyの珠算講座のフランチャイズ・システムを採用・開講される準備

をしておられます。

また、同じ播磨民間教育ネットワークの会員塾:姫路市飾磨の高島英才学院さんは、既に昨年末よりACE Kids Academyの珠算塾運営システムを採用されて、講師研修にもご参加い

ただきながら、一歩一歩着実に成果を挙げてきておられます。

ところで、播州エリア内の学習塾さんと岡村ゼミナールの拠点とは一部で重なっているように見えますが、長年にわたって、それぞれに異なった運営上の歴史や手法をもって集客し

てきていますから、一部の事業拠点で重なっていること自体を特に気になされる必要はほとんどないものと思います。

それよりも、早期知能開発:ACE Kids Academyの珠算講座や習字講座・英会話講座・ロボット科学教育講座などでの集客上や生徒達の技能向上面での効果は極めて目覚ましく、そ

れらを見ていますと、私たちも将来的な学習塾運営面での明るい展望や自信を強く持つことができます。

他方、大阪や東京の一部の学習塾さんが採用しておられる関東に運営本部を置く伝統的な珠算塾のフランチャイズ・システムでは、❶開業時における開講可能な教室数に厳しい制限

が課されており、重要な開業時において地元の多数の伝統的珠算塾への対抗戦略上で、どうしても必要と考えられる出店・教室数を確保できない不利がある上に、❷そこが今までも

珠算塾であり続けた以上は、珠算塾部門で獲得した生徒たちについて、数年後の学習塾部門への引継ぎや引き上げという学習塾にとっては不可欠に思われる重要な運営システムや手

法が、そのフランチャイズ・システムにおいては、そもそも全く欠けていると思われます。❸更には、そろばん講師の研修においても、その研修が遠方の関東で行われるため、往復

や滞在などに大きな時間やコストがかかる不都合が顕著です。

これに対し、岡村ゼミナールでは、インターネット上での広報も即座に、かつ手軽にできる㈱キバンインターナショナル社製の革新的スタジオを設営し運用していますので、遠隔地

のフランチャイジーとの間での通信や講師研修なども、必要に応じて迅速かつ極めて安価に行うことができる点は注目に値するでしょう。

以上の諸点を考えれば、伝統的な珠算塾の運営するフランチャイズに加盟して、一時的に生徒数が確保できたとしても、実質的なメリットがほとんどなく、運営も長続きしない可能

性があります。

逆に、それらの問題点や課題がほとんどないか、又は解決済みで、フランチャイズ・システム加盟や運営上の緒経費も安価でリーズナブルな“ACE Kids Academy”の運営システムの

一日も早いご採用をお薦めします。

来年度以降でのご採用の場合は、ACE Kids Academyの今までの高いレベルでの運営実績面での発展を基に、加盟金やロイヤリティなどが若干ながらもレベルアップ予定です。

ちなみに、上記の神戸市須磨区の学習塾の方では、年内近日中に「珠算塾」開講をチラシなどで広報し、しかも、とりわけ人口密度が高い都会エリアでは幼児や小学生の集客にもと

りわけ大きな効果を発揮するスクールバスも導入されるなど、学習塾らしい発想での開業準備が進んでいるそうです。

最近では、全国的に一般の公立高校進学予定の小学生が、他の種類の習い事やスポーツ関係のサークル活動などに熱心になり、学習塾での算数や国語講座の受講にはなかなか来てく

れなくなってしまったことが、全国の学習塾共通の悩みですが、早期知能開発:珠算・習字・英会話・ロボット科学教育講座などの集客力の強さには驚くばかりですし、既に確保し

ている自塾の小学生たちの諸能力向上の手段としても、ACE Kids Academyの講座は十分に活用できると考えます。

さらに、ACE Kids Academyの習字講座では、「鉛筆の持ち方矯正器具」の特許も本年9月に既に取得済みという学習塾業界では前代未聞の快挙を成し遂げていますので、岡村ゼミ

ナールは、全国の他塾には見られない早期知能開発講座方面での際立つ特色を有しているといえます。

そこで、ぜひともこの総合的・発展力が目覚ましいフランチャイズ・システムのご採用をご検討くださいますように宜しくお願い致します。

各講座のご見学なども何時でも可能ですので、お問い合わせなどをお待ちしています。

平成29年11月18日 土曜日

岡村ゼミナール㈱ 営業本部長・岡村寛三郎

問い合わせ先イ・メール:okamura3@oksemi.co.jp

又は、丸岡智弘ACE Kids Academy企画室長

イ・メール:maruoka@oksemi.co.jp

電話:(代表)079-284-0253



[珠算塾と学習塾の融合化]を目指した岡村ゼミナールの努力、ご報告記事への閲覧数

2017-11-12 06:58:55 | お知らせ
【ACE KIDS ACADEMY】のアクセス・ランキング
無料ユーザーもGoogleアナリティクスが使えるようになりました!
アクセス解析が使える「gooブログフォト」は初月無料(初回購入のみ)
アクセスとランキングの状況を表示します。ランキングは上位100,000件まで表示されます。
過去1週間の閲覧数・訪問者数とランキング(日別)
日付 閲覧数 訪問者数 ランキング
本日 リアルタイム解析

2017.11.11(土) 305 PV 165 IP 7597 位 / 2782134ブログ
2017.11.10(金) 198 PV 95 IP 13372 位 / 2782049ブログ
2017.11.09(木) 186 PV 109 IP 11249 位 / 2781864ブログ
2017.11.08(水) 199 PV 104 IP 12692 位 / 2781695ブログ
2017.11.07(火) 266 PV 86 IP 18241 位 / 2781510ブログ
2017.11.06(月) 104 PV 42 IP 36551 位 / 2781234ブログ
2017.11.05(日) 80 PV 37 IP 36224 位 / 2780938ブログ

ご報告
昨日夕刻での下記のブログ記事アップ、その後の僅かな時間で、多数の閲覧者を招くことができました。今後も閲覧者は増え続けるでしょう。ご期待ください。

《参考資料》
【訂正済み】
珠算塾と学習塾の融合化促進

皆様のご清栄をお慶び致します。

さて、最近において、東京地区や大阪地区の大手学習塾が、千葉県に本部を置く伝統的な珠算塾の運営方式を採用して、そのフランチャイジーとなって、学習塾内の一事業部門また

は幼児や小学生低学年生向けの一講座として運営していることを知りました。

ところで、私ども学習塾としての「岡村ゼミナール」が、2年半前に、「多人数・集団指導方式で、しかも週3回等の多数回レッスン制」を教室運営の柱とする伝統的な珠算塾の運

営手法とは大きく異なる「通塾しやすい週1回レッスン制を基本としつつ、しかも生徒たちの理解と学習が進みやすい少人数制・個別指導的運営を主体とする」独自の方式の下に、

幼児や小学生向けの早期知能開発ACE Kids Academyの中核部門として珠算部門を開講し、その後も極めて順調に生徒の技能力を伸ばし、かつ地域の人々の信頼と期待に応え、生徒

数も大きく伸ばしてきたことは、数百年にも及ぶといわれる長い珠算塾の歴史をも塗り替えるほどに、顕著かつ明白な客観的事実といえるでしょう。

この岡村ゼミナール:ACE Kids Academyが、圧倒的な強みを持ってきた地域内の伝統的珠算塾やその連盟の強い開講反対の声を無視し、むしろ率直にそれらを排撃して独自方式の

珠算塾の開講に当たって採用した戦略・戦術というのは、次のようなものでした。

上記の千葉県の伝統的なフランチャイザー珠算塾の起業時の考え方というものは、開業時のリスクを避けるためにという大義名分を掲げて、僅か2~3件のごく少数の店舗・教室開

校しか認めない小粒の起業方式です。

しかし、その小粒な開業方式では、私ども異業種の業界から立ち上げて、多くの地元の伝統的な珠算塾に対抗して開業する場合、開業行為にかける私どもの強い信念や気迫をほとん

ど世間の皆様には伝えることができず、そのために、たった一回しかない貴重な開業の機会に世間の大きな注目を集め得ず、逆に、起業・開業を失敗する恐れさえ生じてくるものと

考えられました。

そこで、岡村ゼミナールは、40年以上もの長きにわたって、浮き沈みの激しい、生き残りをかけての激戦また激戦が続いている学習塾経営の厳しい歴史の過程の中で培ってきた起

業時の知恵としての「一挙大量出店」方式を、長年にわたって熱望し続けてきた珠算塾開講にかける熱い思いの下に敢然と採用しました。

開業時におけるこの基本的戦略についての一般世間や塾内幹部・周囲の考え方との争いや葛藤は、2年半前の開講時にも度々公表してきました。

ところで、ACE Kids Academyの開講後2年半余りを経て、ここにおいてまた、上記のフランチャイザーとなっている伝統的な珠算塾運営手法の大きな行き詰まりに気づいていま

す。それは、伝統的な珠算塾一般が、歴史的にまた事業的に珠算塾として完結し、それだけで終わっていて、隣接分野への進出や拡大・発展性を欠いていて、絶えざる成長と発展や

変化を渇望する企業的発想がほとんどないという点です。

なぜかと言えば、「珠算技能」という狭い領域内の専門性や高度な技能性にとらわれ、かつ同業者同士で組合を作って閉鎖的な体質と運営方式に固執することが多く、他の隣接分野

や異業種との間での広く厚い交流には背を向けがちであるという大きな欠点を宿しているからです。

それがゆえに、学習塾という、際立って重要な隣接分野との交流や一体化に大きく躊躇して、井の中の蛙的な閉鎖体質を守っているのです。

千葉県に本部をもつ珠算塾フランチャイズ・システムも、それは学習塾と業務提携して、学習塾内に珠算塾講座を開講・運営して、出店経費を下げると同時にロイヤリテイー収入を

得つつ、自己の主宰・管轄する珠算塾の生徒数を大きく見せかけることが主な目標であって、真にフランチャイジーである学習塾の将来的な発展のためになるような交流や融合化・

統合化を目標とはしていませんし、それらのための有効なノウハウも全く持っていません。

ですから、珠算塾受講生が長じて学習塾部門への転籍・進級・入学などを考え出す時期になっても、その機微やチャンスを効果的に捉え得ず、学習塾部門への引き上げ活動を、様々

に積極的かつ必死にプランニングして、推進・展開するというような涙ぐましい発想も行動もありません。

つまり、際立つ優れた計数能力や注意力・集中力・忍耐力・記憶力、旺盛な挑戦心などの精神的諸要素を備え、学習や職業面でも大きな躍進や成功を勝ち取る可能性が高い卒業生を

輩出する珠算塾部門をもって、中核事業である学習塾部門の長期的発展や永続性を望むほどに、極めて重要な「前段階・予備的コース」として認識し・捉え、それなりに様々な優遇

策を講じ、珠算塾部門の育成を影に陽に心掛け、珠算塾と学習塾の融合化・一体化を強力に推進するという重要な視点が、伝統的なフランチャイザー珠算塾側にも、同様に、そのフ

ランチャイズ・システムに加盟してフランチャイジーとなっている学習塾側の双方において欠けていると言えるでしょう。

即ち、フランチャイジー・学習塾側は、珠算講座運営を通じて、その時だけの多少の生徒数増加という(学習塾部門につながる優秀な生徒の獲得という本来の目的には沿わない)僅

かなおこぼれ的メリットだけに満足せざるを得ないという厳しい状態に置かれているのではないかと危惧します。

それに対し、岡村ゼミナールでは、早期知能開発:ACE Kids Academyの珠算講座や習字講座を、幼児や小学生などを対象に、その後の学習塾通塾にとって「不可欠の人格・能力育

成の道場」として認識・把握し、熱心に応援し、かつ生徒たちの成長を待って、様々な機会と手法を駆使して、学習塾部門への引き続いての利用を強力に勧めています。

以上、早期知能開発:ACE Kids Academyと岡村ゼミナールとの一体性や融合化促進の重要性について述べてきましたが、その結果、岡村ゼミナールでは、今後、珠算や習字などの

分野での際立つ高い技能力や精神力をもった生徒たちが、中学・高校・大学への進学、更には卒業後の社会への進出において、その有能さを大いに認められ、社会的貢献度も極めて

大きいであろうことが容易に推察されています。

皆様、今後とも早期知能開発:ACE Kids Academyと岡村ゼミナールへのご理解とご支援を何卒宜しくお願い致します。

平成29年11月11日 土曜日

岡村ゼミナール・営業本部長:岡村寛三郎