Cool Japan Academy&ACE KIDS ACADEMY

主として、学習塾「岡村ゼミナール㈱」・日本語教師養成講座「CJA」に関することについて、気ままに書いています。

ACE Kids Academy珠算部の11月第4週、週報2例

2015年11月28日 | お知らせ
☆岡村会長様 丸岡事業部長様、いつもお世話になります。珠算教育部長・高島篤です。

今週は検定試験週でしたが、久々の全員合格でした。

(1)以前は、受けるのを嫌がってた生徒数名が、積極的にどんどん受けてくれるようになりました。

そろばんが好きになってきた生徒が増えてきましたので授業の雰囲気もどんどん良くなっています。

各教場の講師からも同様の報告があり嬉しい限りです。

(2)11/1の秋季競技会及びその練習で暗算に本格的に取り組んで以来、暗算が好きで暗算をたくさん練習する生徒が増えてきました。

そろばん式暗算は、まずそろばんの上達が先という考えで本格的な暗算指導はあまりしてきませんでしたが、ここに来て一気に花開いている感じです。

そろばんの上達とともにみんなしっかり暗算が出来るようになっています。

親御さんと良く話をするのですが、最近計算が速くなったという話を良く聞きます。

12月は多くの生徒が初めて暗算検定も受けます。

(3)指導面の工夫として、各級で覚えるべき全問題を級ごとにプリント1枚にまとめたものを作成し使っています。

特に19級、18級、15級引き算、14級引き算では抜群の効果があります。

今一度自分の苦手なところを明確にし、そこを徹底的に練習します。

生徒達もそろばんが上手くなりたいと思っていますのでみんな「やりたい、やりたい」と言ってくれて、自主的に苦手なところを探そうとしてくれています。

そのプリント1枚が完全に出来れば出来るという風にゴールが明確ですので、生徒も取り組みやすいようです。

非常に効果があるので、次回の講師研修会で紹介し、各教場にも展開して欲しいと思います。


N0.16
何時もお世話になっております。 龍野校から11月第4週の週報です。

1)検定試験においては、受験した生徒は無事に全員が合格しました。

女児1名は体調不良により12月4日に行うことになっております。

2)12月に入会する為延君が、20日に1度お試しで来た時「先生、練習は火曜日もあるんですか?」と聞くので「そうだよ、ここは火曜日と金曜日に授業してるよ。12月1日に待ってるね。」と答えました。

すると24日の火曜日に嬉しそうにカバンを下げて教室にやって来ました。

一瞬、??と思いながらも、自分が質問に勘違いして答えていた事に気づきました。

「少し家でやって来た!」とテキストを見せると、そのまま机に・・・。
お迎えのお母様が、「今日、来させて貰って良かったんですよね?もう、ソロバンがしたくて、したくてー。」とおっしゃいました。

そこで、思わずそのヤル気と笑顔を買って「金曜日も来て良いですよ!指導は出来ませんがー内緒で!!」すると親子でニッコリ!!!

実は、この生徒を紹介してくれた生徒や仲の良い生徒が、1学年上の為延君がいると追いつかれまいと考えてか、俄然ヤル気を見せて、教室が良い雰囲気になります。

(普段は少々手をやいているのですが・・・)

子供にとって競争相手がいる事は、とても重要で自然と頑張る空気に導いてくれるようです。

私自身にとっても、来週からの授業がとても楽しみに思え、この競争心が普段皆んなが敬遠している暗算学習に取り組む良いきっかけになるのではと考えています。

3)少し問題のある生徒のお母様は、いつも教室まで迎えに来て下さいます。

ですので、その日の様子や進歩した点など密に話しができています。

その話しの中で、以前より進めてきた時間増について、「1月から仕事のスケジュールが変更になるので、姉の方だけですが1月から2時間にー。」とお聞きしました。

日々頑張っている子供の姿を見て、お仕事を調整して下さったのだと思うと、気の引き締まる思いがしました。


4)金曜日に生徒の1人から、可愛いくまさんのお手紙を貰いました。

「そろばんのせんせいへ そろばんおしえてくれてありがとう おうかより」とそろばんの絵つきです。

 私にとってラブレターのように嬉しく、大きなやりがいを貰った気持ちになりました。

 来月からも子供の気持ちに応えられるよう頑張ります。

コメント

11月第3週報の週報、珠算教育部長・高島篤先生より

2015年11月24日 | お知らせ
岡村会長様 丸岡事業部長様。珠算教育部長・高島篤です。

いつもお世話になります。今週も順調な1週間でした。

特に嬉しかったことを2点記します。



① 小2女児が、9級のそろばん問題を全部暗算で出来たこと。

この生徒は、習い始めには苦労したのですが、諦めずにしっかり反復練習をしたお陰で上達しました。
特に、間違えた問題は、こちらがもう良いよと止めるまで徹底的に練習します。

お陰でここに来ての正答率が素晴らしいのとたくさん練習した分、頭にそろばんが浮かぶので暗算が楽に出来ています。

掛け算の2桁×1桁が暗算で出来るのは、小4のレベルです。

つい数ヶ月前は九九も知らなかったのですから本人の努力は素晴らしいです。

小4くらいから算数の計算問題が急に難しくなり、算数嫌いになる生徒が増えるのですが、すでに小2でそれに必要な計算力がついており、更にこれからもっと出来るようになります。お母様にも暗算の様子を見ていただき大変喜んでいただきました。

②小1男児が、到達テスト後の反復練習を自分からしてくれたこと。

この生徒も最初苦労しましたが、すっかり上達してきました。

普通なら早く次の級に行きたいので、その級の最終問題である到達テストが終わり、ほとんど正解なら次の級となるのですが、正解問題も含めてもう一度、反復していました。

どちらかというと、もともとは反復練習が苦手だった生徒ですのでその成長には嬉しい
限りです。

以上、今回は2人の生徒の様子を紹介致しましたが、2人とも、もともとは週1時間から週2時間に増やしてくれた生徒です。

特に最初はなかなか上手くいかず、面白くなかったと思いますので週2時間に増やすのは勇気が必要だったと思います。

しかし粘り強く頑張ったお陰で今では物凄く上達し、そろばんが大好きになりました。

生徒の個性、個人差はありますが、まずは続けることが一番大事なことだと思います。

特にそろばんは、続けていれば誰もが上達出来る習い事ですので、苦しい時に続けられる工夫を生徒の個性に合わせて実践していきます。

コメント

珠算・習字人気

2015年11月17日 | お知らせ
珠算・習字人気

今春でのACE Kids Academy珠算・習字塾の開講以来も、毎日、実にいろんな方がたとお出会いする機会がありますが、そのつど、そろばん学習の効果が計算力・暗算力の向上のみならず、注意力や集中力・記憶力など精神力強化の効果にも大きく役立つことをお話しさせていただいています。

嬉しいことに、皆さんから、例外のない100%の確率で、「その通りだ。」という承認・支持のお返事をいただけます。

このように100%の支持率ですと、もはや「(うつろいやすい)人気」というレベルを超えて、「絶対神への信仰」の様な感じさえしてきます。

それほどに珠算練習とその効果についての人々の間での「信頼」感は大きく強く、そういった感想や声に接するたびごとに、私自身が学習塾運営の40年以上にわたって、そろばん塾を運営出来る日への強い希望を辛抱強く持ち続け、遂に今日の開業に至っていることにつき、深い深い喜びと満足感を感じるところです。

そこで、このそろばん練習と効用を、できる限り大勢の子どもたちに体験してもらい、ますますその計算能力や精神力強化、そして実用的効果を伸ばしてもらいたいと切に祈る毎日です。

その心からの強い願いが、各地での個々の教室運営のみならず、春季や秋季毎の「全日本オープンそろばん&習字競技会」といった広域統合レベルのイヴェント開催への計画につながっています。

皆様のご理解とご支援を切に願うところです。今後ともなにとぞよろしくお願いします。

平成27年11月17日 火曜日
岡村寛三郎(岡村ゼミナール(株) 会長)
ACE Kids Academy:フリーダイヤル0120-121213、㈹電話079-284-2100

コメント

11月第2週・珠算部の週報:ACE Kids Academy珠算教育部長・高島篤先生

2015年11月16日 | お知らせ
★岡村会長様 丸岡事業部長様、珠算教育部長・高島篤です。

いつもお世話になります。

今週もみんな笑顔で通って来てくれました。

11/1の秋祭り以来、上達のためには、厳しさに加えて楽しさも必要だと実感しましたので、今週は、楽しさも意識した授業にしました。
まずは、授業の最後にフラッシュ暗算をしました。

フラッシュ暗算はゲーム性があるのでみんな大好きです。

しかし、瞬時に計算しなければならないので、実は紙に書いてある見取り暗算より難しいので、暗算とそろばんの上達に繋がります。

普段黙々と練習する生徒には、少し気分転換を兼ねて、また集中力が持続しにくい生徒には、課題を与えてここまで出来たらフラッシュ暗算に参加出来るということで進めました。とても盛り上がりました。

また、大体同じ実力の生徒同士に、同じ問題で競争させました。

負けた生徒はもう一回となります。

最後5分しかないのにもう一回やりたいというのでやらせました。

気付いたら1時間で本当にたくさんの問題を解くことが出来、しかも勝負をしていますから集中力も凄く、暗算では500点満点も出ました。

その他、19級、18級でつまずいている生徒には、大きいそろばんと100玉そろばんを多用して説明をしました。

例えば、1+4は、100玉そろばんを使って、「5を使うしかないけど本当は4で良いので1返そな」と視覚に訴えたら理解が進みやすくなりました。

いずれにしても楽しみながら上達させられるよう、これからも工夫していきます。

最後に、10月、11月から入塾 の4名もすっかり慣れてきました。

全員1日に連続2時間の生徒ですが全員集中力があり、必ず2時間のなかで何かを掴んでくれるので上達が早いです。

特に、習い始めでは、集中力がある生徒なら、同じ2時間なら2日で1時間ずつより1日で連続2時間の方が理解しやすいのではと思います。

コメント

11月1日のACE Kids Academy珠算・習字・英会話講座の競技会やデモンストレーションなどは大変好評でした!

2015年11月07日 | お知らせ
★岡村会長様 丸岡事業部長様。いつもお世話になります。珠算教育部長・高島篤です。

今週は、秋祭りとの関連も含めてご報告致します。

(1)競技会、体験レッスン、催し物と盛りだくさんの1日でしたが、参加者及びご父兄からは概ね良い評価をいただきました。

特に、競技会については我が子の成長を見ることが出来、感激されているご父兄が多かったです。

ほとんどの生徒が、練習時よりも良い成績で頑張りましたので私もたくさん褒めました。

中でも、年中さん生徒が2人参加してくれたのですが、今週の授業から、授業態度が物凄く積極的になり、どんどん自分で問題を解いていくようになりました。

競技会の、あの30分のそろばん及び15分の暗算に挑戦した成果だと思います。

(2)催し物も楽しかったそうです。

午前中、競技会を頑張って、午後は催し物で楽しむというスタイルは、なかなかにメリハリがあって良いんだなと感じました。

また、体験レッスンの生徒が、早速入塾してくれ、昨日2時間連続の授業をしました。

この生徒は、今回競技会に参加してくれた3月開講時から頑張ってくれている年中さん生徒の保育園の友達です。

すでに7月にも1人入塾してくれており口コミでの2人目の入塾になりました。

開講時からの生徒が成果を上げてくれているお陰です。

同時間に3人の年中さんとなりますが、みんな良く頑張ってくれるので全く問題なく授業が出来ています。

当日、私は、無料体験レッスン講座を多く担当しましたが、どなたからも反応は良かったので、もう少し入塾される生徒は増えてくると思っています。

(3)先週もご報告しましたが、競技会練習で15分暗算をやって以来、多くの生徒が暗算に興味を持ち、積極的に練習するようになったことも競技会の成果だと思います。

岡部先生の暗算教室に出た生徒は、特に暗算が楽しいようです。

以上

コメント