Cool Japan Academy&ACE KIDS ACADEMY

主として、学習塾「岡村ゼミナール㈱」・日本語教師養成講座「CJA」に関することについて、気ままに書いています。

ビジネス・マーケッテイング戦略

2018年12月31日 | 日記
ビジネス・マーケッテイング戦略

➀「備え」あれば憂いなし・・・二重・三重(内堀・中堀・外堀)の備えは、あるに越したことはない。

戦闘軍団の五段構えや八段構えも同様の備え。

②「先手」の「連打」・・・敵がまだ備えをしていない時点で、敵の意表を突く戦術の発想                  
と実行

★➀や③の作戦遂行には、資金や人手・準備時間なども膨大な量を必要とする。
 その点、②の作戦においては、個人のユニークな独創力の発揮で作戦を思い立ち、実施することも可能で

あり、弱者には極めて有用な逆転のための手法

③ 山鹿流:❶一向二裏、❷一手別手(≒陽動作戦)

★山鹿流戦術では、私は、とりわけ「一向二裏」が気に入りました。

 競争相手の拠点に向かい合わせで一店、左右斜めの背後に2店・・・古くから唱えられ続けてきた3点囲

 い込み戦法 ⇒ランチェスターの法則例

④現代の「飛び道具」積極採用・・・❶迅速に配布可能、❷手軽に発信、❸対象も全国規模ないしは、

世界規模、❹受けても内容を理解しやすい文章又は動画で可能、❺格安、❻一度に伝達できる情報も豊富

・・・これだけ発信効率が良ければ、インターネット広報を活用しない手はない。

   紙媒体の使用は、頻度や配布範囲を広げれば、用紙サイズを大きくするとき同様に、

   経費が随分と掛かり、その割には顧客獲得率が低く、採算性を考えれば、なかなか利用しがたくなっ

   てきている。

⑤人的交流・面談機会の確保と増強

 ★企業内スタッフ・友人・知人・家族等で作る「人の輪」は、敵の攻撃に対する防波堤であると同時に、

  有力な攻撃手段でもある。

  味方は一人でも多く、かつ強力な味方を大事にしよう。

  取り分け、多くは危険に満ちた「新規ビジネス」の開始時には、この人の輪は欠かせない。

➅自己自身を発奮させる思想のマスター:中村天風氏の言葉

「今日一日、怒らず・恐れず・悲しまず、正直・親切・愉快に、力と勇気と信念をもって、

自己の人世に対する責務を果たし、常に平和と愛とを失わざる立派な人間として生きることを誓います。」

平成30年12月31日 月曜日
岡村ゼミナール&CJA日本語学校:岡村寛三郎


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤穂浪士と山鹿流 | トップ | 謹賀新年  希望の実現を! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事