ACE KIDS ACADEMY&CJA日本語学校

岡村ゼミナールの園児・小学生向けの珠算・習字・英会話部門、播磨にある日本語学校についてのブログです。

9月18日の業務報告

2019-09-18 18:16:43 | 日記

9月18日の業務報告

 

いつもお世話になっております。 

➀今日も、CJA日本語学校・曽根校の徹底的な玄関・廊下・教室のゴシゴシ「汚れ落とし」に汗だくになりました。

お陰様で、玄関わきの小事務室や3階の多目的ルームの床のあちこち薄汚れた個所は、今日で、もうほとんどなくなったと言えるでしょう。

そこで、かなり全体的な清潔感が増しました。

この事実は、曽根校・教室管理者の八木俊彦・営業部長&習字教育部長にも認めてもらえるでしょう。

曽根の禅寺化はかなり先が見えてきました。

但し、20日からは10日間のネパール・ビジネスツアーが待っていますので、留守中は、八木先生やCJA日本語学校のスタッフのご奉仕に委ねます。

幸い、教室の清掃担当のYさんが、見回りに来てくださいましたので、留守中の清掃作業・ご奉仕を宜しくとしっかりとお願いできました。

先日の暑い日に、汗だくで掃除に励んでくださっているYさんに、「どうぞ」と言ってプレゼントした「かき氷」が美味しくて、そのお礼の気持ちからか、玄関土間のごく小さなゴミを拾い上げつつ、「これこの通り、朝から数時間もたてば、もう、どこからかゴミが飛んできているのですよ。」といったところ、「まるで、神さまのようですネ!」と大げさに褒めてもらいました。

そこで、取り分け、床の黒い汚れは、這いつくばって、雑巾などで力一杯にゴシゴシこするしかないので、誰もがなかなかできないことだとは思いますが、とにかく頼んでおきました。

皆様、宜しくお願いします。

 

②さて、今日は、本年でも最も重要な官庁への資料提出を済ませました。

スタッフ全員が、心から非常に力を合わせ、今日の提出締め切り日に間に合いました。 

 

③ところで、7月期生の教育実習等が始まり、受講生の専門学校の留学生相手の指導実習が現実となりました。

ドキドキものだったでしょうが、指導教師の報告によれば、第一回目としては上手にできたそうです。

順調な指導や受講成果が現れていることを、とても嬉しく思っています。

10月期生の募集締め切り日も近づいていますので、皆様何卒よろしくお願い申し上げます。

令和1年9月18日 水曜日

岡村ゼミナール&CJA日本語学校:岡村寛三郎


申し込み締め切り日が迫る「進化する国際化」テーマの「新・日本教育者セミナー」

2019-09-18 09:44:18 | 日記

申し込み締め切り日が迫る「進化する国際化」テーマの「新・日本教育者セミナー」

各位

いつもお世話になっております。

さて、昨夕は、50年以上もスクールビジネスに携わってこられた有力な方と会合をしました。

そこでは、少子高齢化の進行で日本の国力の減退があちこちの場面で心配される状況であることが、お互いの今後のスクールビジネスの方向性にも大きな影響を及ぼすことを確認し合いました。

そのため、国内の諸産業の活性化のために、若い外国人の力を導入することと、そこで生産された商品を海外マーケットにおいて販売するルートの開拓という2面の方向性が確認されました。

もちろん、このようなアイデアや方向性は、すでに多くの産業分野や企業において採用済みのものですが、まだまだサービス事業分野では、上記の様な国際性の開拓につき及び腰の企業も少なくはなく、そのために将来のジリ貧傾向を懸念せざるを得ないところです。

そこで、この生産と消費の分野での国際性を開拓・確保するために、幾分かでも先進的な試みを始めておられるスクールの勇敢な挑戦の物語を聞いて、参考にすることにしましょう。

そのための情報収集の機会が、10月27日(日)に姫路大学で開催される「進化する国際化」テーマの「新・日本教育者セミナー」です。

その参加申し込み締め切り日が今月末に迫っています。

皆様の一人でも多い方々のお申し込みをお待ちしています。

令和1年9月18日 水曜日
岡村ゼミナール・営業本部長:岡村寛三郎
CJA日本語学校:理事長
協同組合クラブ・メデカルツーリズム・ジャパン

 進化する国際化 「新・日本教育者セミナー」スケジュール

 
 

⑴    20191026(前夜祭(参加者2030名予定)

【会場】姫路キャッスルグランヴィリオホテル

 

 

 

 

 

17:00  受付開始

18:00  開宴 ~相互の自己紹介と情報交換の集い~

21:00  お開き

【宿泊】「姫路キャッスルグランヴィリオホテル」

 

 
 

⑵    2019年10月27日(日) セミナー(参加者80~100名予定)

【会場】姫路キャッスルグランヴィリオホテル

 

 

 

 

 

 

(8:30~ 9:00  「楽市楽座」設営スタッフは、姫路大学に集合、開店準備)

10:00~12:30  「楽市楽座」開業:30店舗

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

13:00     セミナー開講

       主催者挨拶 岡村ゼミナール&CJA日本語学校理事長:岡村寛三郎

       ② ご挨拶  姫路大学理事長兼学長:上田正一先生

       スケジュールと注意事項等 CJA日本語学校・事務局長・志方順子

 

13:30     招待講師による講演 成学社会長:太田明弘先生

(休憩15分)

14:45        〃      日本航空学園理事長:梅澤重雄先生

15:45        〃      ISI学園理事長:荻野祥二郎先生

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

17:00     移動とチェックイン・・・姫路キャッスルホテルへ(バス3台用意)

18:00     宴会(夕食会)開宴・・・【会場】キャッスルホテル

21:00     お開き

21:30~23:00  二次会・・・【会場】キャッスルホテル(参加者20~30名予定)

【宿泊】「姫路キャッスルグランヴィリオホテル」




ご挨拶

 皆様のご健勝と清栄をお慶び致します。

 さて、翌年に世界の平和と友好の象徴「東京オリンピック」開催を控えた本年2019年秋季において、「進化する国際化」をテーマに掲げて「新・日本教育者セミナー」を開催することができますのは、

➀我が国の青少年たちへの教育と進学指導を担っている私立学校や学習塾業界と、②まさに、世界中の青年たちへの日本語と日本文化の紹介と指導役という国際的な重責を担っている日本語学校業界に身をおく者にとって、非常に有意義なことだと考えています。

 ところで、世界と我が国内における青少年向けの教育や進路指導の現状と将来性について考える場合、国内の少子化・人口減少の傾向と、国際化に舵を切る進路の必要性と重要性とは、必ず表裏一体として意識せざるを得ません。

 もちろん、青少年向けの教育を考える場合、その質と量との双方向から考察してゆく必要があります。
 しかし、そうしたバランスの取れた教育論を追求する場合でも、科学技術の発達による情報交換の

スピード化や大容量化、人々が国境をまたぐ際の往来に要する時間の短縮化や便利さの著しい向上、費用の顕著な格安化、などの恩恵を受けての国際化の進捗は、誰の目にも極めて明らかであることを前提にする必要があるでしょう。

 言い換えれば、少なくとも、我が国は、もっともっと、諸外国から多くの青少年を留学生として、そしてやがては共生社会における貴重な住民・市民としてお招きする体制を整え、異文化の交流促進と相互理解とを進めつつ、真に世界の平和と諸国民の友好関係の深化に貢献するべきでしょう。

 そこで、私からの提案ですが、国内の教育機関は、学校や学習塾であるかを問わず、もっと積極的に外国人生徒や異文化の受け入れを大胆に進め、国内の青少年たちとの間での競争と理解の促進を図り、青少年全体の学力や能力、個性の活性化等に向けて励み、貢献するべきではないでしょうか。

 以上のような視点から、今回、私どもは、国内の青少年を預かる学校や学習塾、そして留学生を預かる日本語学校の双方の運営責任者や担当者にお集まりいただき、今日における日本の国内外の社会情勢・国際情勢等を、改めて大所高所から、また同時に底辺から仔細に見つめ直し、青少年向けの教育の進むべき方向につき、思考と議論を尽くしたいと望んでいます。

 一人でも多くの皆様方のご来場をお待ちしていますので、どうか宜しくお願い致します。


各参加者が自社もしくは自身の商品やサービスをPRする展示ブースのことです。但し、展示内容につきましては、➀教育関係、②今回のテーマ「国際化」に関連するものに限らせていただきます。

少子化により教育関係市場が縮小する中、新たな分野(国際化等)への進出や開拓に関心をお持ちの参加者に向けてPRする絶好のチャンスです。

最低でも100枚の名刺をご用意いただき、新学習指導要領への対応、プログラミングやロボット教育、英語教育、日本語教育、留学、インバウンド関係、通信制高校、フリースクール、通信教育など幅広い関係者の方のご参加をお待ちしています。

★「新・教育者セミナー」のご参加について

(お申込み方法)FAX:079-284-4713 または、Email:okamura3@oksemi.co.jpでお申し込みください。「ご参加お申し込み書」につきましては次のページをご覧ください。

(お申し込み先)〒670-0877 姫路市北八代一丁目7番2号  
      Cool Japan Expo㈱ 代表取締役 岡村寛三郎
      電話:079-284-2102 携帯電話:090-9097-7613

(お申込み締切日): 2019年9月30日(月)



《新・日本教育者セミナー ご参加お申込み書》

【お申込み代表者】

氏名

 

所属(役職)

(          )

連絡先

 

 

【ご同行者1】

氏名

 

所属(役職)

(          )

連絡先

 

 

【ご同行者2】

氏名

 

所属(役職) 

(          )

連絡先

 

 

内容等

参加人数

金額

小計

前夜祭 参加(会食込み)

8,000 円

前夜祭 宿泊シングル

8,500 円

楽市楽座の出展 テーブル1脚

(180㎝の長机)

ブース

3,000 円

セミナー 参加

5000 円

宴会(夕食会)

10,000 円

二次会 参加

3,000 円

セミナー 宿泊シングル(素泊まり)

7,500 円

総合計


注:30室が満室の場合はご容赦ください。他のホテルをご紹介します。
お問い合わせ:姫路キャッスルグランヴィリオホテル(TEL:050-5847-7770)

(振込先・口座) 三菱UFJ銀行 姫路支店(店番496)
普通預金 口座番号 0005110
Cool Japan Expo株式会社


9月17日の業務と東野圭吾の「白夜行」

2019-09-17 17:26:17 | 日記
9月17日(火)の業務報告

➀今朝は5時半に家を出て、CJA日本語学校・曽根校へ

・・・雑草一本も許さない庭掃除、徹底的に雑巾でこすりまわっての廊下・階段・床掃除

・・・汗だくの遣り甲斐感・達成感

しかし、夕刻4時半の退去時には、既に明日の清掃向けのゴミがあちこちに散らばっているのを見て、残念なような嬉しいような複雑な思い。

②今日は、全員出社につき賑やかな職員室内・教室風景

③しかし、今日は1年の内でも極めて重要な、数少ない一日で、志方順子:理事・事務局長先生・CJA日本語学校:呂充代・校長先生が大忙しの一日で、他の職員の支援もお願いして、何時に業務が終わるのか不明の厳しさ…

④明日のお昼での官庁への提出書類の作成仕上げが目標!

⑤私は、午後6時半から、夕食会を兼ねて、知人と共に、双方の学校運営上の生徒募集等の効率や成果向上のための戦略会議

⑦9月も後半になると、来年度に向けた諸準備で大忙しの厳しい毎日です。

今年より、より良い年を迎えたい気持ちが強く、早くも決死の行動戦略の練り合わせが始まっています。

⑧そんなお忙しさの中、昨日、姫路駅前のジュンク堂書店で買った、860頁もある分厚い推理小説:東野圭吾著「白夜行」1,000円が、220万部超も売れたミステリー界の記念碑的作品というキャッチコピーに、先ず魅かれて、次いで厚手の本の割に値段も安いので、当たりはずれを問わず安心して買えると決断して買った。

 その本が、非常に滑り出しから、現実らしさと登場人物の悲劇の連続とが、思わず読者の手に汗を握らせる意外なシーンが詰まった刑事ものなので、興味深くストーリーに引きずり込まれて読めるものですから、流石に多くの読者が付いた小説だけのことはあるなと感心しながら、仕事の合間合間に読み続け、今、漸く123頁に至った。全分量の約14%。

 一応は、今週中には読み上げたいなと望んでいます。

 令和1年9月17日 火曜日
岡村ゼミナール&CJA日本語学校:岡村寛三郎
協同組合クラブ・メデカルツーリズム・ジャパン


日本語教師への求人状況(No.2)

2019-09-16 14:59:39 | 日記
日本語教師への求人状況

いつもお世話になっております。

国内の日本語学校では、原則的に欠員が出た場合しか募集が出ないことと、

近隣にお住まいの方を前提に募集しているためか、非常勤講師の募集が多いです。

昨日は、兵庫県と岐阜県の日本語学校での非常勤講師、今日は東京都中心部と長野県の日本語学校での非常勤講師募集の知らせを受けました。

他方、もちろん海外の学校勤務の場合には、転居が必要ですので、常勤講師の募集が主流となります。

格安航空ビジネスの大発展により、渡航も便利になってきました。

できることなら、一度は海外校のご勤務で、ネイティブの日本語教師としてのご経験を積まれ、様々な教え方の引き出しを得られることを望みます。

                   令和1年9月16日 月曜日
                   岡村ゼミナール・営業本部長:岡村寛三郎

東南アジアの英傑物語

2019-09-16 09:50:21 | 日記
各位

いつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

さて、本日の話題は、矢張り海外の日本語学校経営者たちに共通する《深く、そして強固な》「誠意・友愛・叡智」の人柄と行動への感動の物語です。

➀ミャンマーのES4E EDUCATION GROUP CEO 有馬慎二様、②ベトナムのひので日本語教育センター・阿部正行先生、③インドネシア・バリ島のPT JIPA会長・吉岡浩嗣先生、④更には日本で起業されて大活躍のUNIBIRD Inc.(ユニバード株式会社)代表取締役社長 エンピ カンデルさんです。
                             記
➀若い頃にシンガポールで活躍されていたといわれるだけあって、優しく包容力のあるお人柄の魅力のみならず、英会話能力の高さや東南アジアの人材たちを日本に送りだすビジネスの巧みさなど、どの点を取っても超一流で、私が有馬先生を尊敬しかつ信頼する最大の根拠がそこにあります。

その多岐に亘る業種やそれぞれの分野での大きな業績を考えれば、正に、日本が生んだ今の時代の「山田長政」的な存在でしょう。

上記の「誠意・友愛・叡智」(CJA日本語学校の校訓)という言葉で表現される立派さを体現しておられる人物でしょう。

その有馬先生が、10月27日(日)に姫路大学で開催される「進化する国際化」テーマの「新・日本教育者セミナー」に参加してくださいます。

私ども岡村ゼミナールのACE Kids Academyの珠算部では、有馬さんが運営しておられるES4E日本語学校さんとの共同事業の一環として、将来は、そろばん教室を是非とも開講させていただきたいと願っています。

皆様も、是非ともこの方の知己を得て、この方と協力し合えるビジネス関係を築いてください。

世間の皆様方に、強くお勧めします。

②ひので日本語教育センター・阿部正行先生は、日本の麺類製造の㈱ニッセープロダクツの社員でヴェトナムに事務局長として派遣されておられる若い方です。

秋葉原にある㈱ニッセープロダクツ本社をも訪問しましたが、その上品で礼儀正しく、余裕のある応対ぶりやお出会いした数名の社員の皆様の丁寧さや優しさを深く感じる雰囲気は、正に一流の企業の証でしょう。取引先・商品の納入先も日本最高のコンビニ企業だそうです。

そういった素晴らしい日本企業への人材供給拠点として、Vietnamで合弁で設置されている学校・企業グループに、阿部さんが単身で赴任されておられる模様です。

上記のES4E EDUCATION GROUP CEO 有馬慎二様からの日本語教師の供給も受けておられるそうですが、まだまだ日本人・日本語教師が必要で、有馬先生ともどもに、懸命に募集しておられます。

それにしても、現地ビジネス責任者の阿部さんの徹底した親切な対応や物腰の柔らかさ、Vietnam全域に対する識見の深さなどは、流石に難しいことも多く、各種の危険も潜むと推測される異国でのビジネスを、上手に運営・かじ取りをして成功しておられることが良く理解できる高いレベルのものです。

③赤く美しく咲き誇るブーゲンビリアの枝越しに見える夕日と海の美しさが、欧米人を含めて世界中から多くの若者たち・観光客集めている国際観光都市:インドネシアのバリ島・・・その一角には観光学部や看護医療系の学部を備えた大学や専門学校が所狭しと並び、その学生たちを日本にインターンシップ研修や技能実習生として訓練して、日本に送りこむことを中核業務としておられるPT JIPA会長・吉岡浩嗣先生ご夫妻は、未だ中年の働き盛りで日々極めてご多忙な業務に携わっておられます。

にもかかわらず、10月16日(水)からは、CJA日本語学校、姫路大学、そしてやはり中高生の留学生募集をしておられる高知県の明徳義塾中・高等学校を、ご夫妻で2泊3日間の予定で訪問されるスケジュールを組んでいただいています。

更には、現在、前日の15日(火)には、インドネシアにも工場を持たれている関係上、多くのインドネシア人が日本国内の工場でも勤務中の市川町のサンライズ工業株式会社・代表取締役会長・平石正人様や代表取締役社長・中島一郎様にもお会いされてのご挨拶の機会を検討していただいています。

④そして、日本語学校業界のコンサルタントして高い人気を有しておられるUNIBIRD Inc.(ユニバード株式会社)代表取締役社長 エンピ カンデルさんとは、まだ2年足らずの交流ですが、最初から丸で親子か兄弟みたいな親しみを感じ合っての厚い交流が続いています。

私自身は、1年365日、一日も休まずにCJA日本語学校「日本語教師養成講座」の運営に邁進していますが、留学生向けの日本語学校の方は素人でしたので、学校法人・ISI学園理事長・荻野祥二郎先生に、直接間接かつ頻繁にご指導を戴くばかりか、エンピ・カンデルさんの業界情報に依存して、苦戦の連続ですが、とにかく生き抜いています。

今月20日(金)から29日(日)までの10日間、そのカンデルさんのお誘いで、ネパール・カトマンズの多くの大学・専門学校・企業を訪問・視察し、良いご縁をしっかりと築くつもりです。

観光といえば、少しの余裕の時間を利用して、カンデルさんの実家があるカトマンズの南方に所在する《珍しいインド・サイやベンガル虎などの野生の王国》として有名な世界遺産・チトワン国立公園の近くにご案内いただく予定です。


                                 以上

                 岡村ゼミナール&CJA日本語学校:岡村寛三郎
                 協同組合クラブ・メデカルツーリズム・ジャパン