ACE KIDS ACADEMY&CJA日本語学校

岡村ゼミナール(株)珠算・習字・英会話部門、CJA日本語学校(日本語教師養成講座)についてのブログです。

心に太陽を、唇に歌を!

2020-02-27 09:58:53 | 日記
心に太陽を、唇に歌を!  新型コロナウイルス感染騒動を乗り越えて

 皆様のご健勝とご清栄をお慶び致します。

 さて、2月も末になると、夜明けの時刻も早くなり、日中の日差しも強くなってきて、庭の梅の花は、美しく白色や紅色に染まり、自然界では、今年も春の季節の訪れを強く感じます。

他方、人間社会では、新型コロナウイルス感染者数の増大を受けて、今まで経験したことが無いような社会的・経済的な大打撃が襲いつつあるため、殆どの業界において、深刻なピンチ到来かと推察致します。

 しかし、もうこの段階まで来てしまうと、一民間人や民間企業の忍耐や抵抗力ではどうしようも防ぎようがないところまで来ているため、思い切って開き直りましょう!

 そして、もう激動の波に逆らうのではなく、その波に乗って激しく浮き沈みしながら、その状態を、遊園地のジェットコースターに乗ったつもりで、むしろ面白いレジャーの一環か、激しいスポーツの一種であるかのように(無理にでも)思い直して楽しむことにしましょう。

 オリンピックの年ですから、我々一般人が先に奇妙で激しい「新種のスポーツ」を楽しむという気持ちで、「今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず…」「正直・親切・愉快に」、我々の本来のミッションである中核事業の仕事に打ち込みましょう。

 私ども、CJA日本語学校:日本語教師養成講座なら、2万という数を越えて世界中に広がっている日本語学校に向けて、優秀な日本語教師を育てて送り込むという使命の大切さをしっかりと胸に刻み、日々、教務能力の向上に励むという生き方に邁進してゆきます。

 混乱・混迷の深い今日この頃ですが、なお一層、こういった精神的な落ち着きや冷静さを維持し、襲ってくる社会的・経済的打撃の種類や大きさは、敢えて無視することにします。

 大海において嵐に襲われて、乗っていた小舟が大破して、荒れ海に投げ出されて漂流するのと同じ危機的状況下にあるかもしれませんが、心に真っ赤に燃える太陽を思い描き、唇に歌を乗せつつ、お互いの幸運を祈ることにしましょう。

                                  令和2年2月27日
                                  CJA日本語学校:岡村寛三郎


この記事についてブログを書く
« 行方定まらぬ社会の中で、考... | トップ | 無料体験授業には安心してお... »
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事