gooブログはじめました!よろしく

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ 私は、日常の風景やイ
ベントなどを写真で紹介したいと思い開設をいたします。

夷堂橋についてNO36(南6)

2018-09-15 08:27:06 | 日記

 「鎌倉の碑」めぐり 著者 稲葉一彦には、次のような記述がありました。碑の元文を現代文になおすと次のような内容となります。
 此の夷堂(えびすどう)橋は、鎌倉十橋の一つであって、このあたりには、昔夷堂があったと伝えられている。
 この下を流れる川は、上流では胡桃(くるみ)川と言い、浄妙寺の門前に至ると滑川と呼ばれ、文覚上人の屋敷あとの辺では座禅川と唱え、そして此の辺では夷堂川と称しているが、さらに下流の延命寺のかたわらからは、すみうり川と名づけ、閻魔(えんま)堂跡のあたりでは閻魔川といっている。
(参考)
 夷堂
 現在の夷堂橋と、日蓮辻説法跡とのほぼ中間点のあたりの道すじに、蛭子神社という小さな社がある。この蛭子神社は、明治の代になって神仏分離のため、現地点に移ったのであって、江戸時代までは、この橋のたもとにあり、夷堂と呼ばれていた。この橋が夷堂橋といわれるのは、この夷堂とのえにしでつけられたものである。
 このあたりは、小町と大町との境にあたっていて、鎌倉の世には、町大路とよぶ道すじにあたるので、材木座・小町を結ぶ重要な地点であった。
鎌倉十橋は、鎌倉には大きな川はないが、交通上の必要に応じて多くの橋がかけられている。その橋の中で、言い伝えを特にもつ橋、交通の要路にあたる橋を10上げて、鎌倉10橋と呼んでいる。
 鎌倉のJR・京急駅を基点に、
東コースでは、歌の橋、筋違橋(筋替橋)、南コースでは、夷堂橋、逆川橋、乱橋
駅裏コースでは、勝の橋、裁許橋、西コースでは、琵琶橋、針磨橋、十王堂橋の
以上10橋などの記述がありましたので、投稿いたします。

(夷堂橋の碑)

(夷堂橋の袂の本覚寺)
コメント

日蓮上人辻説法之址についてNO35(南5)

2018-09-14 16:25:23 | 日記
 「鎌倉の碑」めぐり 著者 稲葉一彦には、次のような記述がありました。碑の元文を現代文になおすと次のような内容となります。
 此のあたりは、鎌倉時代には、屋敷町と商人町とのちょうど境をなす所にあたり、幕府にも近いので、まことににぎやかなところであった。
 建長五年(1253年)5月日蓮聖人は、房州(千葉県)から鎌倉に来て、松葉ケ谷に草庵をつくり、日ごとに此のあたりの道すじに立ち、伝道の説法を行ない、民衆に獅子吼(ししく)を続けたあとである。世の人々は、辻説法の旧蹟として伝えている。
(参考)
日蓮上人
 貞応元年(1222年)安房国(千葉県)に生まれ、天台宗を学んだあと、鎌倉、比叡山、高野山をまわり修行につとめたが、「法華経」にこそ仏法の真髄ありとして、日蓮宗を唱えるようになった。
 建長五年(1253年)には、鎌倉松葉ケ谷(現在妙法寺のある地)に小庵を建てて、辻説法による布教活動をはじめた。北条時頼に「立正安国論」を上書したのはその7年後のことであった。「念仏無間、禅天魔、真言亡国、律国賊」と既成宗教を鋭く攻撃した為、日蓮は多くの宗敵を持つようになり、あわせて政治についても批判をきびしくしたので、竜の口であわや斬罪という法難を受けたり、伊豆、佐渡への流罪にもあった。
 国難到来の予言は、蒙古襲来の事実となってあらわれたことはよく知られているが、日蓮の鎌倉における活動の大きかったことは、今も日蓮宗の寺の多いことや、数多くの遺跡によってうかがい知ることができる。
 弘安五年(1282年)身延山を下って、今の東京、池上の本門寺の地にて60歳の生涯を終えた。
 辻説法跡
 今、碑の立つところは明治34年以来のことであって、それ以前は、妙勝寺(廃寺となって今はない。)の門前にあったという。
 この碑の立つ道は、当時小町大路と呼ばれて、武家の屋敷の多い北部と、商家・町屋の多い南部とを
つなぐ賑やかな道すじであった。
 日蓮がこの人通りの多い道すじに立って、説法活動を行なったにちがいないと思われるが、その位置が、この碑の位置にきまっていたと考えるべきではなく、随所にて布教の説法をなしたであろう。などという記述がありましたので、投稿いたします。

(日蓮上人辻説法之址の碑)

(日蓮上人辻説法之址の告知標)

(日蓮上人辻説法墓標)
コメント

東勝寺旧蹟についてNO34(南4)

2018-09-13 16:52:53 | 日記
 「鎌倉の碑」めぐり 著者 稲葉一彦には、次のような記述がありました。碑の元文を現代文になおすと次のような内容となります。
 元弘三年(1333年)5月、新田義貞の軍が鎌倉に攻め入ったとき、北条高時は、小町の邸を出て、父祖代々の墓所である東勝寺にたてこもった。
 150年もの間、にぎわい栄えた鎌倉の中にある邸や店は、すべて一面に焔の海となってしまった。
 北条高時は、この焔煙のうずまく有様を望み見つつ、一族縁のつながる者総勢870余人と共に、自刃したのであった。
 北条氏執権の歴史の最後の悲惨な一こまは、実に此の地にて演じられたのである。
 (参考)
 北条一族の最期
 太平記巻十より関係個所を次に引用する。
 去る程に、(由比ケ浜)在家ならびに稲瀬河の東西に(新田義貞の軍勢が)火をかけたれば、折りふし浜風烈しく吹きしいて、車輪の如くなる炎、黒煙の中にとび散って、十町二十町がほかに燃えつくこと、同時に二十余箇所なり、猛火の下より源氏の兵乱入りて、とほうを失える敵どもを、ここかしこに、射伏せ切り伏せ、あるいは引き組んで差ちがえ、あるいは生けどり、分どりさまざまなり。
 煙に迷える女、わらんべども追立られて火の中、堀の底ともいわず、逃げ倒れたる有様は、これやこの帝釈宮の戦に、修羅の眷族ども、天帝のために罰せられて、剣戟の上に倒れ伏し、阿鼻大城の罪人が、獄卒の槍にかられて、鉄湯の底に落ち入るらんも、かくやと思い知られて、語るにことばもさらになく、聞くにあわれを催して、、皆泪にぞむせびける。
去る程に、余煙四方より吹きかけて、相模入道殿の屋形近く火かかりければ、相模入道殿八千余騎にて、葛西ケ谷に引きこもり給いければ、諸大将の兵どもは、東勝寺にみちみちたり。(中略)総じて、その門葉たる人283人、我先きにと腹切って、屋形に火をかけたれば、猛炎さかんに燃え上り、黒煙天をかすめたり。庭上門前になみいたる兵共これを見て、あるいは自ら腹切って、炎の中へとび入るもあり、あるいは父子兄弟刺しちがえかさなり臥すもあり、血は流れて大地にあふれ、漫々として洪河の如くなれば、かばねは行路に横たわって、累々たる郊原の如し。死骸は焼けて見えねども、後に名字を尋ねれば、この一所にて死する者、すべて870余人なり、このほか、門葉恩願の者、僧俗男女をいわず、聞き伝え聞き伝え泉下に恩を報ずる人、世上に悲しみを催す者、遠国の事はいざ知らず、鎌倉中を考うるに、すべて6千余人なり、ああこの日いかなる日ぞや。元弘三年五月二十二日と申すに、平家九代の繁昌一時に滅亡して、源氏多年の蜜懐(ひきこもりがまんする心)一朝に開くるを得たり。
(東勝寺)
 北条氏の菩提寺である東勝寺については、その位置について明確に指摘できるまでに至っていなかったが、昭和50年の発掘調査によって、はじめて、位置、規模なとせが明るみに出るようになった。調査の実際を目のあたりにし、また調査報告をたよりにしたりして、ありし日の東勝寺を想見してみると次のようになる。
 東勝寺橋をわたって、「東勝寺旧蹟碑」に向って坂をのぼって行くと、右手にかなりの広さの草地があるが、このあたりが、およそ650年の昔、北条氏一門の終焉の地、東勝寺のあったところである。
 草地が住宅で終わるところで、右の草地へ住宅沿いに折れて入ると、①のあたりで、2メートルたらずの、地下から寺の入口と思われる石畳の坂道が見つかり、その石畳の脇には、鎌倉石5段位つみ重ねた石垣も出て来た。そしてこの石垣も、その積み方が一般の寺の石垣様式とはちがって、堅固な積重ね方は、まさに山城の石垣を思わせるものであった。寺は同時に館、とりでの働きをするものである。
 石畳の坂を進んで、住宅に沿って左折れするあたり②の所では、法条家の家紋(三つうろこ)のついた瓦が堀りだされ、そのあたりは門があったと推定された。その奥に入って③のあたりは、1メートル余りの土を掘りとると、岩盤があらわれ、多くの柱穴や溝のあとが数多く見出された。土台のしっかりした岩盤に穴をあけて柱をたてた建物のあったことは、もはや歴然とした事実となった。その岩盤からすこし離れて、④のあたりには、小さな堂のあった遺跡が見つかったし、その堂址の東の方からは、厚さ30センチにも及ぶおびただしい炭と灰の層⑤があらわれ、大火災のあったことのまぎれもないあかしとなった。
 今これらのあとは、再び土で覆われ、往時の遺跡は地下に埋められてあるが、この地に立つと、北条高時以下一族郎党が、悪銭苦闘の末、ついに力つきて、この伽藍に火をかけ、猛火の中に亡びていったその怨念の深さを思い、憶惻と胸を打たれる思いがする。
 発掘あとの草地から少しのぼると、「東勝寺旧蹟」の碑があるが、その左奥が腹切やぐらと言われるところであって、小さな供養塔の下には、おびただしい戦死者を集め、埋められているのではないかと考えられている。このやぐらについても、発掘調査の計画がたてられていると聞くので、この結果から、またあらたに往時を偲ぶあかしが日の目を見るようになるであろう。などという記述がありましたので、投稿いたします。

(東勝寺旧蹟の碑)

(東勝寺旧蹟への階段)

(東勝寺旧蹟の告知標)

(切腹やぐら)
コメント

青砥藤綱旧蹟についてNO33(南3)

2018-09-01 08:25:29 | 日記
 「鎌倉の碑」めぐり 著者 稲葉一彦には、次のような記述がありました。碑の元文を現代文になおすと次のような内容となります。
「太平記」という書によると、青砥藤綱は、北条時宗、貞時の二代に仕え、引付衆(ひきつけしゅう)の役につらなつた者である。
その藤綱が、ある夜、役所に出かけるときに、あやまって十文の銭を滑川に落としてしまった。そこで藤綱は。五十文ものたい松を買いもとめて、やっとさがし出すことができた。
人々は、まことに小利大損なことをしたものよとあざ笑った。しかし藤綱は、「十文の銭はわずかであるとはいえ、これを失ってしまえば、天下の財産をそこなうことになる。五十文つかったということは、自分には損であっても、世の人々の役にたつばである。」と人々におしえたという。
この逸話は、此のあたりにてあった話であると伝えられている。
 (参考)
 十文の銭を求めて五十文の続松をともす
 表題の逸話を太平記の記事からとりあげることにする。
 ある夜のこと、藤綱は出仕し滑川を渡る折に、銭十文を川中に落としてしまった。わずかの金だからと一旦はそのまま通りすごそうとしたが、思い返し、急いで近くの店へ使いを走らせ、五十文の銭で続松を十把買い求め、遂に十文の銭を見つけ出すことができた。世の人が「小利の大損かな。」と笑ったが、藤綱は眉をひそめて、「さればこそ、御辺達は愚かにて、世の費えをも知らず、民を恵む心なき人なれ、銭十文は只今求めずば、滑川の底に沈みて永く失せぬべし。某が続松を買わせつる五十文の銭は、商人の家に止まって永く失せるべからず。我が損は商人の利なり、彼と我と何の差別がある。彼此の六十の銭、一をも失わず。あに天下の利に非ずや。」と語ったので、藤綱を笑った人々は、舌をまいて感じ入ったという。
 藤綱のとった行為は、今日的な判断からすれば、異論もあるかと思うが、当時の貨幣流通の実情と考え併せ、為政者の公私の弁別に論理を通している説話であることを思うと、鎌倉幕府政治の底流にふれる思いがするであろう。
 藤綱が出仕の途中のできごとというが、この東勝寺橋の奥には、東勝寺があるけれど出仕する役所があったとは考えられない。出仕の役所が執権の邸に近き所とすれば、この位置では。挿話は起こり得ぬことになる。あるいは、東勝寺に赴く用務を出仕と称しているのであるなら、うなずけることでもある。藤綱にかかわる逸話には、多分にできすぎた話として教訓めいた感じがつきまとうが、時代の理想をかいまみることができるのはたしかなことである。などという記述がありましたので、投稿いたします。

(青砥藤綱旧蹟の碑)

(碑のある周辺風景)
コメント

土佐坊昌俊邸址についてNO32(南2)

2018-08-25 09:36:10 | 日記
「鎌倉の碑」めぐり 著者 稲葉一彦には、次のような記述がありました。碑の元文を現代文になおすと次のような内容となります。
源義経が、平家討滅のあと京都にあって、兄の頼朝と不仲になったとき、鎌倉の命をうけて京にのぼり、義経のいる堀河の館に夜襲をかけたのは、土佐坊昌俊とその一味であった。
鎌倉で、義経を討つことが議されたときの様子を、東鑑(吾妻鏡)は文治元年(1184年)10月の記録に
 「此の追討のことについては、多くの者がその役を辞退したが、昌俊は進み出てその役を受けると申出たので、頼朝の御感をこうむった。すでに出発のとき、頼朝の御前に出て、老母とみどり児が下野の国(栃木県)に残しているので、この者たちへの配慮を願った。」
とある。二度と生きて還らぬ覚悟で、昌俊は出発したのであろう。その土佐坊昌俊の邸は、此の地にあつたのである。
 参考
 義経臭誅伐を命じた頼朝
 義経は兄頼朝に、戦術に巧みなことを買われて、木曽義仲や平氏の追討の将軍としてつかわされ、抜群の功をたてた。しかし、その反面、軍功の重なるにつれて、鎌倉の指示通りに動かず、専越の行為も目立って来た為、頼朝は多くの軍功あるにもかかわらず、義経を快く見ていなかった。
 たまたま、頼朝の許可も得ずに、院よりの叙位任官を受けたことから、義経は甚だしく頼朝の怒りを買ってしまった。壇の浦に、平氏討滅の大功をたてたにもかかわらず、頼朝は、ついに義経を鎌倉に迎え入れようともしなかったので、義経はむなしく京都に戻らざるを得なかった。
 以来、義経も、完全に兄頼朝を敵とする言動を示すようになったので、文治元年(1184年)10月には、頼朝は義経を誅伐する群議をするまでになってしまったのである。
 頼朝が挙兵して、富士川に平氏を撃破した折、奥州より走せ参じた義経と涙の対面をしたときから、わずか4年にして、この破局となったのであった。
 土佐坊昌俊 
昌俊が義経誅伐の大役を引き受けるについて、吾妻鏡の記事をあげて碑は述べているので、それをさらに敷行することにする。
 かねて義経を誅すべきことについては、群議をして来たが、名だたる武将は、いずれもこの役を受けようと申し出ず、皆辞退するぎかりであった。義経の武略にすぐれていることへの顧慮もあったであろうが、それよりも義経への同情と、頼朝の肉親を討つということへのたじろぎが、武将の胸中を去来したのであろう。
 その点、立身出世の機をうかがっていた昌俊にとっては、全く違った発意のもとにこの大役を引き受けようと申し出たのである。
 武士の生活の基盤は、なんといっても所領にある。一所懸命という文字のごとく、土地を確保することこそ、安穏の道と心得る当時の武士たちにとっては、いかにして功をたて、恩賞の土地を得んかと、耽々と命をかけて好機をねらっていたのである。
 昌俊の如き小身の者には、全くの好機逸すべからずと思ったにちがいない。頼朝は、昌俊の申し出を受けるや、下野国にいる老母や子どもの保障をすると共に、下野国の中泉庄を賜うとまで約束している。
 まさしく、昌俊は一所に命を懸けて、必死の刺客となったのである。
 行程9ケ日という速い足どりで、83騎をひきつれた昌俊一行は京都に入った。
 昌俊が大任を領状したのが10月9日で、義経の六条室町亭を急襲したのは、同月17日であるから、まさに電光石火の襲撃であった。これは、この企てがいち早く義経の耳に入り、防備を固めるのをおそれてのことであったであろう。
 しかし、襲撃は失敗し、昌俊は、鞍馬の山奥にと逃げかくれたが、10月26日には義経方の手の者に探しあてられ、六条河原にて斬られてしまっている。昌俊の失敗は、鎌倉方にも早々に伝えられたであろうが、その不首尾を知った頼朝は、昌俊の遺族に約束通りの身分保証所領の安堵をしてやったかどうか、吾妻鏡ではそのへんのことは全くわからない。
 しかし、昌俊の死後6年の後、昌俊の老母が鎌倉に参上した折、頼朝は老母をあわれんで、綿糸二領を与えたことを記している。と云うような記述がありましので、投稿いたします。

(土佐坊昌俊邸址の碑)

(鎌倉駅方面)
コメント