徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

図解 眠れなくなるほど面白い 物理の話

2017年09月13日 | 理論・法則


書名   図解 眠れなくなるほど面白い 物理の話
著者   長澤 光晴
発行社  日本文芸社
発行年 2016年6月30日
頁数   127頁
価格   680円+税

トイレ・冷蔵庫から人工衛星・GPSまで身の回りにある物や現象のしくみが面白いほどよくわかる!

目次

第1章 生活と物理(コップの水はなぜ、せり上がっているのか?
みそ汁のお椀がテーブルの上を滑るのはナゼ? ほか)
第2章 自然と物理(空にはどうしていろいろな色があるのか?
オーロラはどうして発生するのだろう? ほか)
第3章 スポーツと物理(着地でスキージャンパーがケガをしないワケは?
フィギュアスケートの回転がだんだん速くなるワケは? ほか)
第4章 乗り物と物理(リニアモーターカーが浮いて進めるワケは?
飛行機の速度と高度はどうやって測るのだろう? ほか)
第5章 光と音と物理(水中で物が浅い場所にあるように見えるワケは?
物を実物より大小に見せるレンズの性質とは? ほか)



この記事をはてなブックマークに追加

三相交流回路と位相電流の方向の関係

2016年12月25日 | 理論・法則

三相交流回路と位相電流の方向の関係(PDF)

三相交流回路と位相電流の方向の関係 参考(PDF)



この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからわかる微分・積分

2016年09月03日 | 理論・法則

書名   ゼロからわかる微分・積分
著者   深川和久
発行社 ベレ出版
発行年 2006年12月25日
頁数   213頁
価格   1,400円+税

コンピュータ、通信、光学機器、テレビ、ラジオ、CD、車、鉄道、飛行機、建築物、経済学、物理学、工学、農学…すべて微分・積分がなければ発達しなかった。
文系の人のための数学読本。



この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからわかる指数・対数

2016年08月08日 | 理論・法則

書名   ゼロからわかる指数・対数
著者   深川和久
発行社 ベレ出版
発行年 2007年12月25日
頁数   207頁
価格   1,500円+税

「指数・対数」はどちらかというと数学の中でもなじみの薄い分野ですが、実は身のまわりの自然現象や社会生活に深く関わっています。
本書では、コンピュータや貯金の複利計算、計算尺や地震のマグニチュードなどの例をとりあげながら、指数・対数を易しく解説。世の中の様々なことは指数的(乗法的)であり、それに対して人の認識の仕方がいかに対数的(加法的)であるかがわかる目からウロコの一冊。





この記事をはてなブックマークに追加

交渉術 フット・イン・ザ・ドアとドア・イン・ザ・フェース

2015年01月26日 | 理論・法則

交渉術 フット・イン・ザ・ドアとドア・イン・ザ・フェース

この記事をはてなブックマークに追加

「場」とはなんだろう なにもないのに波が伝わる不思議

2014年11月29日 | 理論・法則

書名   「場」とはなんだろう なにもないのに波が伝わる不思議
著者   竹内 薫 
発行社 講談社
発行年 2000年11月20日
頁数   249頁
価格   900円+税


この記事をはてなブックマークに追加

マンガでわかる微分積分 微積ってなにをしているの? どうして教科書はわかりにくいの?

2014年02月05日 | 理論・法則

書名  マンガでわかる微分積分 微積ってなにをしているの? どうして教科書はわかりにくいの?
著者   石山 たいら
発行社 ソフトバンククリエイティブ
発行年 2007年12月14日
頁数   206頁
価格   952円+税

理解するための微分積分入門書
微分積分の入門書ですが、教科書のおさらいはせず、微分積分の意味を考えることで、この学問領域が表したいことを解説します。
意味が理解できれば暗記は不要で、知識の一部として公式が頭に入ります。これが数学頭。


この記事をはてなブックマークに追加

お母さんにしてもらったことは何ですか?

2013年02月13日 | 理論・法則

書名   お母さんにしてもらったことは何ですか?
著者   大山真弘
発行社 サンマーク出版
発行年 2012年12月25日
頁数   174頁
価格   1,500円+税

あなたがお母さんに「してもらったこと」は何ですか? こう聞かれたら、どう答えますか。
当たり前すぎて考えたこともないという人や、改めて思い浮かべるとその多さに驚くという人もいるかもしれません。
本書は、「3つの問いかけ」をもとに、お母さんをはじめとする身近な人に思いを馳せ、自分という人間と心の対話をしながら、明日への活力を得 るという内観療法を紹介します。
実際にこの「3つの問いかけ」によって人生をよりよく生きるヒントをつかんだ人のエピソードの数々は、読む人の胸に深く入り込んできます。
その「3つの問いかけ」とは、以下の通り。
さあ、あなたはどう答えますか?
1) お母さんに「してもらったこと」は何ですか?
2) お母さんに「お返ししたこと」は何ですか?
3) お母さんに「迷惑をかけたこと」は何ですか?


・「とらわれすぎなさんなよ。こだわりすぎなさんなよ。かたよりすぎなさんなよ」

・「とらわれすぎということにすら、とらわれすぎなさんなよ」

・「自分の中に鬼を発見すると、不思議に仏になる」

・余裕は、知恵を生む。


この記事をはてなブックマークに追加

算数の探険10 数と形のクイズ

2013年02月07日 | 理論・法則

書名   算数の探険10 数と形のクイズ
著者   遠山 啓
発行社 日本図書センター
発行年 2011年6月25日
頁数   111頁
価格   3,600円+税

目次

いたずらクモの子
牛乳のはかり方
どっちの水がしょっぱいか?
カレンダー・パズル
虫食い算
土地を4人で分けるには
三角形をさかさまに
いくつあるかな?
ホットケーキを早く焼くには?
ふく面算〔ほか〕


この記事をはてなブックマークに追加

等積変形

2013年02月01日 | 理論・法則

等積変形

等積変形の仕方


この記事をはてなブックマークに追加

誰のためのデザイン? ~認知科学者のデザイン言論~

2012年04月26日 | 理論・法則

書名   誰のためのデザイン?
      ~認知科学者のデザイン言論~
著者   D.A.ノーマン
発行社 新曜社
発行年 1990年1月25日
頁数   403頁
価格   3,300円+税


この記事をはてなブックマークに追加

マンガでわかる統計学 因子分析編

2011年12月22日 | 理論・法則

書名   マンガでわかる統計学 因子分析編
著者   高橋 信、井上 いろは
発行社 オーム社
発行年 2006年10月25日
頁数   237頁
価格   2,200円+税

アンケートの基礎知識や因子分析、主成分分析を、喫茶店などを舞台にマンガで解説。
計算の過程がかなり細かく記されているので、数学が得意な読者はじっくり追い、得意でない読者は眺める程度で十分!

目次

プロローグ あなたと私の因子分析
第1章 アンケートの基礎知識
第2章 調査票と質問
第3章 数学的な基礎知識
第4章 主成分分析
第5章 因子分析
付録 さまざまな分析手法

この記事をはてなブックマークに追加

マンガでわかる統計学 回帰分析編

2011年12月21日 | 理論・法則

書名   マンガでわかる統計学 回帰分析編
著者   高橋 信、井上 いろは
発行社 オーム社
発行年 2005年9月25日
頁数   212頁
価格   2,200円+税

回帰分析の基本から類書で解説されることの少ないロジスティック回帰分析まで、
喫茶店を舞台にマンガでやさしく解説した。

目次

プロローグ ノルンへようこそ!
第1章 基礎知識
第2章 回帰分析
第3章 重回帰分析
第4章 ロジスティック回帰分析
付録 Excelで計算してみよう!


この記事をはてなブックマークに追加

マンガでわかる微分積分

2011年12月20日 | 理論・法則

書名   マンガでわかる微分積分
著者   小島 寛之、十神 真
発行社 オーム社
発行年 2005年12月25日
頁数   231頁
価格   1,900円+税

さまざまな社会の出来事を微積で解決!
微分積分の概念を、身近な関数に置き換えてわかりやすく解説。
新人の女性新聞記者が、さまざまな社会の出来事を微積を用いて
理解していくというストーリーをとおして、微分積分の概念を学んでいくことができる。

目次

プロローグ 関数って何だろう
第1章 関数をはしょって要約することが微分
第2章 微分の技を身に付けよう
第3章 積分ってなめらかに変化する量を集計することさ
第4章 苦手な関数は積分で克服せよ
第5章 テイラー展開って真似っこ関数のすぐれもの
第6章 複数の原因から1個だけ取り出すのが偏微分
エピローグ 数学って何のためにあるの?


この記事をはてなブックマークに追加

マンガでわかる統計学

2011年12月16日 | 理論・法則

書名   マンガでわかる統計学
著者   高橋 信、トレンドプロ
発行社 オーム社
発行年 2004年7月23日
頁数   215頁
価格   2,000円+税

統計学の基礎から応用まで、マンガと文章と例題で分かりやすい構成。
統計学の基礎である平均、中央値、標準偏差や正規分布、検定から、アンケート分析に必要な手法まで解説する。


この記事をはてなブックマークに追加