徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

詩 相田 みつを 「セトモノ」

2015年11月12日 | 

セトモノとセトモノと


  ぶつかりっこすると

     すぐこわれちゃう


  どっちか
 
     やわらかければ

        だいじょうぶ


  やわらかいこころを

     もちましょう


  そういうわたしは
    
     いつもせともの


   2015.11.11 東京新聞 AC JAPANの広告より

この記事をはてなブックマークに追加

紺野 美沙子の朗読座 「鶴の恩返し」

2015年10月18日 | 

紺野 美沙子の朗読座 「鶴の恩返し」



紺野 美沙子の朗読座 「鶴の恩返し」感動しました。

紺野 美沙子のオフィシャル ウェブサイト
 




この記事をはてなブックマークに追加

祝婚歌

2015年02月07日 | 

書名   祝婚歌
編者   谷川 俊太郎
発行社 書肆山田
発行年 1981年7月25日
頁数   75頁
価格  2,160円+税

祝 婚 歌/ 吉野 弘


二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで
疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい


小さな娘が思ったこと   茨木のり子
              (1927~2006)


小さな娘が思ったこと
ひとの奥さんの肩はなぜあんなに匂うのだろう
木犀みたいに
くちなしみたいに
ひとの奥さんの肩にかかる
あの淡い靄のようなものは
なんだろう?
小さな娘は自分もそれを欲しいと思った
どんなきれいな娘にもない
とても素敵な或るなにか・・・・・・

小さな娘がおとなになって
妻になって母になって
ある日不意に気づいてしまう
ひとの奥さんの肩にふりつもる
あのやさしいものは
日々
ひとを愛してゆくための
  ただの疲労であったと
 


この記事をはてなブックマークに追加