徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

だから演劇は面白い!

2016年05月29日 | ノンジャンル

書名   だから演劇は面白い!
著者   北村 明子
発行社 小学館
発行年 2011年10月1日
頁数   192頁
価格   700円+税

・「どれだけの思いがあってももとにかく言葉に出していかないと相手には伝わらない」

・関係性や自分の立場が変わるというのは、常にチャンス。発想の転換ができるときなのです。
 めげることは、ありません。



この記事をはてなブックマークに追加

いい言葉は、いい人生をつくる―ラストメッセージ

2016年05月28日 | 伝えたい思い

書名   いい言葉は、いい人生をつくる―ラストメッセージ
著者   斎藤 茂太
発行社 成美堂出版
発行年 2011年9月5日
頁数   221頁
価格   524円+税

・言葉は、刃物より人を傷つけることがあると胸に刻もう。

・少しずつ譲り合い、我慢し、折り合いをつけて暮らす。

・食事には、箸休めがあり、階段ならば踊場がある。
 人生にも、しばし箸休めが必要なタイミングがある。
 ちょっと休んでその後の展開を変える。

・振り向くな、振り向くな、うしろには、夢がない。
                寺山 修司のことば

・本には、人生を決めてしまうような大きなチカラがある。

この記事をはてなブックマークに追加

2016年の「サラリーマン川柳」ベスト10

2016年05月24日 | 耳より情報

2016年の「サラリーマン川柳」ベスト10




この記事をはてなブックマークに追加

親を送る

2016年05月22日 | 小説

書名   親を送る
著者   井上 理津子
発行社 集英社インターナショナル
発行年 2015年9月25日
頁数   288頁
価格   1,500円+税

親を送った人、これから送る人、皆に届けたい半年間の物語。
79才と84才の両親を相次いで亡くしたノンフィクション作家が描く、看取りの苦しさ、悲しみ、そして本当の意味で親を送るまで。




この記事をはてなブックマークに追加

奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り

2016年05月15日 | ノンフィクション

書名   奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り
著者   矢部 輝夫
発行社 あさ出版
発行年 2013年12月10日
頁数   215頁
価格   1,400円+税

『新幹線お掃除の天使たち』で話題沸騰―3K職場だったTESSEI(テッセイ)が、世界最強の「おもてなし集団」に変わるまで。





この記事をはてなブックマークに追加

あの世へ逝く力

2016年05月15日 | 伝えたい思い

書名   あの世へ逝く力
著者   小林 玖仁男
発行社 幻冬舎
発行年 2016年3月16日
頁数   223頁
価格   1,100円+税

終わりが近づくほど、人生は楽しくなる。伝統的和食・おもてなしの専門家が余命2年半を宣告され、たどりついた「終活」よりも大切なこと。

・「人生とは、『宿命』と『偶然』と『選択』でできている」

  
  『宿命』とは、変えられないもの。

・「何でも思い切ってやってみろよ
  どっちに転んだって、人間、野辺の石ころといっしょ。
  最後は、骨となって一生を終えるのだから
  だから、思い切ってやってみろよ」

          坂本竜馬のことば

・人間が死んだあとに残るものは
 集めたものでなく
 与えたもの

・人は、言葉にしないと
 何も整理できない
 心の中を書き出せば
 新しいことに気づける

・人は、想定外のことには
 あたふくするが
 想定内にすれば
 なんとかできる

・転ばないと
 立ち上がれないように
 あきらめないと
 立ち直れない

・「往く道は精進にして
  忍びて終わり
  悔いなし」

    俳優 高倉 健

・「登りたい山を決める。
  これで人生の半分が決まる」

    ソフトバンク 孫正義 のことば

・お葬式に逝く人に感謝の拍手。



  

この記事をはてなブックマークに追加

福島第二原発の奇跡

2016年05月15日 | ノンフィクション

書名   福島第二原発の奇跡
著者   高嶋 哲夫
発行社 PHP研究所
発行年 2016年3月5日
頁数   313頁
価格   1,700円+税

2011年3月11日、福島第二原発も未曾有の危機に立たされていた。彼らはなぜ、発電所を守り抜くことができたのか!?
『M8』『TSUNAMI津波』の著者が描く、緊迫のノンフィクション。





この記事をはてなブックマークに追加

夫婦という病:夫を愛せない妻たち

2016年05月15日 | ノンジャンル

書名   夫婦という病:夫を愛せない妻たち
著者   岡田 尊司
発行社 河出書房新社
発行年 2016年1月21日
頁数   269頁
価格   1,400円+税


長年「家族」を見つめてきた精神科医が最前線の治療現場から贈る、結婚を人生の墓場にしないための傷んだ愛の処方箋。
初期の方も、末期の方も、きっとあなたにもあてはまる21のケースと有効な対処法。

・愛は、優しさや寛容の上に成り立つものだ。

・つまらない意地のために人生を寂しく、孤独なものにすることほど、愚かなことはない。

・相手のせいにだけしていたのでは、一向に問題は解決しない。
 
・自分から与えようとすると、求めなくとも、自然に与えられるようになる。

・幸福になりたければ、周りの人を幸福にすることだ。



この記事をはてなブックマークに追加

津波もがんも笑いで越えて いのちの落語家が追った3.11

2016年05月03日 | 伝えたい思い

書名   津波もがんも笑いで越えて いのちの落語家が追った3.11
著者   樋口強
発行社 東京新聞出版局
発行年 2016年2月27日
頁数   206頁
価格   1,500円+税


笑ってたほうが楽しいよ。生きるって、楽しいよ。
肺小細胞がんを克服した「いのちの落語家」。
笑って生きる喜びを伝える「創作落語」にしたのは、なんと、がんを背負い、3.11の津波に襲われた2人の女性だった。
3年にわたる「いのちの交流」から生まれた落語は、笑って生きるヒントにあふれている。

・「置かれた場所で咲きなさい」・・・渡辺和子 著

  ・いつもすべてに順風満帆な人生なんてない。
  ・人生は、こんなはずじゃなかったの繰り返し。
  ・時間の使い方は、そのまま人生の使い方。
  ・辛い日々も、いつか笑える日に繋がっている。
  ・だから、置かれた場所で咲きなさい

・この道を歩けばその先で、きっと笑っている自分が待っていてくれる。

・”待つのが祭り”

・本能や直観を大切にすれば、説明は出来なくても、大筋で間違うことはない。

・直観で生きる。

・”ある”という証明は、簡単に出来る。
 ところが、”ない”ことを証明するのは、至難の業である。

樋口 強 「いのちの落語」


この記事をはてなブックマークに追加

マーチよ響け!消防音楽隊―石巻「涙の復活」神戸「震災伝承」

2016年05月03日 | ノンジャンル

書名   マーチよ響け!消防音楽隊―石巻「涙の復活」神戸「震災伝承」
著者   鈴木 孝也
発行社 近代消防社
発行年 2015年10月4日
頁数   154頁
価格   1,389円+税

目次

活動再スタート
第1章 つなぐ(存廃問題に苦悩
復活への狼煙
リード役に期待 ほか)
第2章 支える(音楽構成は二人三脚
病と闘い続ける声楽家
吹奏楽のまっちゃん先生 ほか)
第3章 伝える(神戸から愛と元気を
被災地から感謝の言葉
阪神大震災でも音楽の力 ほか)


この記事をはてなブックマークに追加

離婚しないという選択――新・良妻賢母のすすめ実践編

2016年05月03日 | ノンジャンル

書名   離婚しないという選択――新・良妻賢母のすすめ実践編
著者   芙蓉
発行社 コスモトゥーワン
発行年 2016年2月12日
頁数   237頁
価格   1,600円+税

目次

第1章 家庭崩壊への経緯
第2章 別居生活の苦悶、そして気付き
第3章 夫婦再生への道のり
第4章 家族の新しい歩み

この記事をはてなブックマークに追加

KING JIM ワードリーダー7「イミシル」

2016年05月02日 | 耳より情報


KING JIM ワードリーダー「イミシル」



この記事をはてなブックマークに追加