一本の葦

あんなこと・こんなこと・・・

10月29日、30日の舞台

2019-10-14 17:25:00 | 芝居
台風19号の被害に遭われた方々、ニュースを見るたびに心痛みます。
 
心からお見舞い申し上げます。
 
 
 ウッディシアター
 
 
今月の舞台、照明もなく、音楽もなく、特
 
別な衣装もなく、黒い稽古時そのままの
 

格好で、地明かりの中、演技だけでお客様

 
の前で見せようという、俳優にとっては
 
とても冒険的な舞台です。しかも、たった

5〜10分のモノローグです。

人生の一瞬です。

稽古は7月から少しづつ、始まっていまし

た。1本の芝居の中の人物をを演じる時の

ように、自分が演じる女性のプロフィールを

え、どこで生まれ、どのように育ち

どんな性格なのか?今、何歳か?職業は?

結婚は?両親は?住まいは?

いま、どんな状況にいるのか?

誰と話しているのか?

この場が始まる前に、何が起こったのか?

どう考え、何をしようとしているのか?

細かく考え、細かく演出していただくこと

で、彼女の考えを的確に伝えることが

できてくる。

ほんとうに、伝えることができるのか!?

人生のたった一瞬のことですから、観客に

は、少し説明が必要かもしれませんが

どのような運びになるか、私にも分かって

いません。演出家三田地里穂さんの頭の中

にそれはあります。

私たち、演者もまだ他の作品を知りませ

ん。26日に初めて合同の稽古があり、他の

方の演じる人生の一瞬を見ることになりま

す。楽しみです。

29日、30 日、是非中目黒ウッディシア

まで、お越しください。
 

TCワークショップ・スペシャル 2019

公開プレゼンテーション 

「ショート・ショート」 

~ 現代を生きる女性たちの物語 ~ 


<日時>

1029日(火)

プレゼンテーション(1): 19:00

開場: 18:45

1030日(水)

プレゼンテーション(2): 14:30 

開場: 14:15

プレゼンテーション(3): 19:00

開場: 18:45

<会場>

ウッディシアター中目黒

東京都目黒区上目黒2-43-5 キャトルセゾンB1F  TEL 03-3791-6566

*東急東横線・日比谷線 中目黒駅下車。改札(正面口)を出て、右へ。

TSUTAYAビルの手前の道を右へ曲がり、商店街をまっすぐ-約8分。

左手の大空電機の少し先、右手のレンガ作りのビルB1F.

<入場料>

無料で公開いたします。当日、直接劇場へお越しください。

*目黒区民の方々は優先的にご入場頂けす。

 

<作品>

米国の劇作家たちが生みだした「ショート・ショート」と呼ばれる、上演時間5分~10分の「ひとり芝居」の新作プレゼンテーションをご覧いただきます。

新作プレゼンテーションは、通常は創作チームにのみ公開され、新作の可能性を検討するためのものです。

今回の作品群は、今という時代を、様々な環境にある、様々な年代の女性たちが人生を歩んでいくなか、多様な問題に直面し、格闘し、その結果迎える「変化の瞬間」を捉えた極小の、でも、キラリと輝く「ショート・ショート」たちです。

これらの「ショート・ショート」がデビューを果たすのは「劇場」――ですが、通常はお客様が目にすることのない「なにもない空間」――まさに、演劇の原点といえる舞台です。装置も照明も音響もない舞台、「なにもない空間」で、女優たちが生きる現代の女性」たちの「人生」を、ご一緒に「生きて」頂ければ幸いです。

めったに体験できない演劇の原点、「ショート・ショート」の「初お目見え」上演を

是非体験しにいらしてください!

 

<お問合せ>

シアター・クラシックス e-mail: tcrep07@yahoo.co.jp

 
コメント

久しぶりの映画観賞

2019-10-01 22:35:00 | Weblog

 

9月の芝居の稽古、本番。10月の稽古。
 
母たちの見守りなどで、もう終わりに近く
 
なって、やっと見らことができまた。
 
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イ

ン・ハリウッド』
 
脚本・監督クエンティン・タランティーノ
 
あらすじ

リック・ダルトン(レオナルド・ディカプ
 
リオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映
 
画スター転身の道を目指し焦る日々が続い
 
ていた。そんなリックを支えるクリフ・
 
ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われ
 
た付き人でスタントマン、そして親友でも
 
ある。目まぐるしく変化するエンタテイン
 
メント業界で生き抜くことに精神をすり減
 
らしているリックとは対照的に、いつも自
 
分らしさを失わないクリフ。パーフェクト
 
な友情で結ばれた二人だったが、時代は大
 
きな転換期を迎えようとしていた。そんな
 
ある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・
 
ポランスキー監督と新進の女優シャロン・
 
テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越し
 
てくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。
 
この明暗こそハリウッド。リックは再び俳
 
優としての光明を求め、イタリアでマカロ
 
ニ・ウエスタン映画に出演する決意をする
 
が―。
 
そして、1969年8月9日-それぞれの人生を
 
巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起
 
こる。
 


私の好きな、ディカプリオが落ちぶれたカ

ウボーイ俳優を好演。

ブラピも変わらずステキでした。

可愛らしく優しさに溢れた、シャロンテー

ト役のマーゴット・ロビーも魅力的でした。
 
シャロンテート(マーゴット・ロビー)が
 
8ヶ月という身重で、カルト集団のファミ
 
リーたちに襲われ、殺されるという史実。
 
いつ事件に合うのか、とハラハラして見て

いたら、リックの家が襲われるという展

開。
 
残忍な殺しの場面が、笑えて、笑えて

コミカルに描かれていて救われました。

そして、希望の持てる最後へ。
 
楽しみました。
 
面白かった!!
 
 


 


 
 
 
 
 
コメント

テレビが寿命・・・?!

2019-09-28 17:30:00 | Weblog



台風でなぎ倒されても、頑張って咲いている我が家の ひまわり


先週の月曜16日から、我が家のテレビです

が、始め画像は写ったのに音が聞こえず

目を離した隙に消えてしまいました。

真っ暗で何も映らず、電源だけは光ってい

ました。

よくやるので、母がまたどこかのコードを

抜いたのか、と点検しましたが、正しい位

置に入っていました。

ケーブルテレビにSOSしましたが、台風の

後の停電家庭の処理で忙しいとか。

言われるままに、チューナーを初期化して

みたりしましたが、電話ではダメ。

私は稽古、本番で忙しいし、母と叔母は

ショートステイに行ってしまうので、しば

らくテレビがなくとも、影響なし。と我慢

し、24日母たちも帰宅。テレビがないと寂

しそうにしているので、25日午後にやっと

ケーブルテレビさんに来ていただきまし

た。2人の方がいらして、色々点検してくだ

さいましたが、テレビが寿命ですね。とい

う結論になってしまいました。

なんてこった!

早速近くの家電ショップに買いに出かけ

選んだものは、届くのに2週間はかかるとい

う。これならすぐです、というのは高い!

迷いに迷い、少しぐらい高くても、二人の

幸せのために!とか思い、買ってしまっ

た。さて明日届くというので、組み立

時の助っ人として、友人を頼み、古い

テレビの裏の配線をiphoneに撮り、履いて

いると、テレビの横に色々なスイッチがあ

るではありませんか。ダメ元でいじってい

たら、テレビがついたのです。

わぁー!!!

びっくりです。やはり母がいじっていたの

ですね。やった!!ラッキー!!

早速、家電ショップに電話し、キャンセル

を申し込みました。

またすぐつかなくなるかもしれませんよ

とか、買い替えの時期ではありますが。

とか言われましたが、今度壊れたら、あな

たから買わせていただくので、申し訳ない

けれど、今回はキャンセルさせて。と領収

書とカードを持って手続きに出かけました。

今もテレビは元気で映っていますし、母と

叔母は仲良くテレビを見ています!

しかし、ケーブルテレビさん、二人もいら

して、寿命という判断を下すのは早すぎで

しょう。親切な方達だったので、怒っては

いませんが。

我が家では、冷蔵庫も、洗濯機も、レンジ

も、テレビも、母や叔母も私も、鳥さんま

でも、古くなっていますが、まだ寿命は来

ないようです。(笑)





コメント

ブティストホール 「ランチ」終了

2019-09-27 00:03:00 | 芝居

 

21〜23日に、ブティストホールで上演され
 
た「ランチ」が終了。facebookのご挨拶も
 
25日になってしまいましたが、ブログは
 
らに遅れての、アップになってしまいま

た。ごめんなさい。
 
お越しいただいたお客様、いらっしゃれな
 
かったけれど応援してくださった方々
 
ありがとうございました。
 
 
小学校入学から大学卒業まで一緒
 
だった4人の親友たちのその後、3ヶ月に
 
1度のランチの会。出席し続けた人も仕事で
 
しばらく来られなかった人もいたけれど、
 
紆余曲折、それぞれに乗り越え、古希を

迎えます。

23歳、37歳、57歳、70歳と4人が演じ分け
 
皆さんの笑いや、涙や、共感をいただき
 
脚本家も、演出家も、キャスト4人も、高評価
 
を頂いて、幸せな公演でした。
 
劇中の曲、キャロル・キングCarole King
 
も懐かしく楽しんでいただけたようです。
 
是非、再演をというお声も多く、とても
 
嬉しいです

本当にありがとうございました。
 
 

左後から 演出家嶽本さん、駒塚さん
羽場さん、左前 脚本家金塚さん、杉嶋さん
 
 
稽古の始めに、演出家のインプロ(即興)
 
ワークがあり、みどり、夏子、蛍子、沙羅
 
4人、生まれてから、小学校お受験面接や
 
入学式、高校修学旅行、大学時代、夏子の
 
結婚式、等を経験したおかげで、仲の良さ
 
も倍増、稽古後も楽屋も舞台の上でも
 
暖かく支え合い、傍目にも昔から友達
 
だったんですか?と訪ねあられ、嬉し
 
いかぎりでした。
 
 


 
終わってしまって、寂しさを感じています
 
が、再演を夢見ながら、前に進んで行きま
 
す。
 
今度は、10月29日、30日、中目黒の
 
ウッディシアターで、シアタークラシック
 
スの舞台での公開スペシャルワーク。
 
私は短いモノローグ「名ばかりの母親」
 
一本ですが、きめ細かい役作り、心理描

写、の稽古が8月から少しづつ始まっ
 
ておりました。これから、更に磨き上げて
 
の公開となります。
 
ご興味のある方は、どうぞいらしてくださ
 
い。時間などは、後日またブログにて書か
 
せていただきます。
 
 
しかし、まだ「ランチ」終了の寂しさに

浸っている今宵です。。。
 

コメント

ジャズダンスフェスティバル ブラボーMIYAZAKI !

2019-09-10 12:15:15 | Weblog
 
 


   
   

古くからの友人たち
向かって右から、沙和あい子さん、宮崎渥巳さん、望月めぐみさん、私


8日、日曜日16:30〜 芝大門で開かれた
 
ジャズダンスフェスティバル!
 
稽古が休みだったので、見に行くことが
 
出来ました。
 
目指すは、宮崎ダンススタジオ、それも
 
大先生の宮崎渥巳さんのダンス。お宮さん、と呼ば
 
せてもらっている、古い友達です。
 
昨年もブログに書かせて頂きましたが
 
昨年は、病気、手術、治療中で今一つ体調が回復せず

フェスティバルへの参加は無理でした。

ロビーでお会いした時
に、「来年は踊るよ」と

私や友人達に
宣言していました。

その通り、8日のフェスティバルでは

踊られるというので、これは見なければと

出かけて行きました。まだ治療中だというのにです。

ラスト、宮崎ダンススタジオの踊りの最後に

宮崎氏は、ジャズの名曲「It's a wonderfulworld」

をソロで踊られました。

しっとりと、優雅に、存在感あるジャズ
 
ダンスを魅せてくれました。
 
あー、胸に迫るものがありました。
 
感動で胸が熱くなり、目がウルウル。

本当にwonderful ! !
 
友達の1人にしてもらっていることが、誇り
 
に思えます。
 
そして、この日のために、凄い努力をな
 
さったのだろうと思うと、百倍万倍の元気
 
がもらえました。
 
小さな芝居の舞台だけれど、私も頑張る!!
 
 
力が湧いてくるのでした。。。
 
 
 
 
 
 
 
コメント

「SEVEN」集中力で乗り切るか

2019-08-29 23:01:00 | 芝居
 

9月21日からの公演「ランチ」は

 
 



 
インプロ(即興)ワークしながら、小学校
 
受験から大学までの4人のいろいろな場面を
 
体験し、親友たちの絆を深め、本読み、立

ち稽古と、順調に進んでいます。
 
4人の女性の、それぞれの波乱万丈の人生。
 
公演時間は70分程ですが、中身の濃い芝居
 
になりそうです。
 
 
そんな中、昨年も行われた、朗読劇
 
「SEVEN」の好評により、今年も国立女性
 
教育会館にて、男女共同参画推進フォーラ
 
ムの中、30日、朗読劇&ワークショップとし

て、行われることになりました。
 


 
朗読とは言っても、ほとんど台本から目を
 
離し、役を演じなければならず、大変。
 
ドラマティック・リーディングと言います。
 
それぞれの女性たちはエネルギー溢れる

とてつもない苦しみや悲しみを経てきた

パワー溢れる人たち。
 
私が演じるのは、グァテマラの政治家
 
アナベラ・デ・レオン。正義感強く、命を

狙われながらも、不正や貧困、女性への暴

力などと戦っている女性政治家。
 
今日、一日稽古漬けで、疲れ果てましたが
 
本番は、明日一回だけです。
 
これでもか、と持っているエネルギーを

ぶつけて体当たり!

さて、きてくださった方々の心を掴めるで

しょうか。本日も終わりに近い時間、稽古帰り

の電車の中で、このブログを書きました。







コメント

2つのクリスチャン・ボルタンスキー展

2019-08-12 22:16:22 | Weblog

 

今日はTAPdanceレッスンがお休みになり
 
他に予定もなかったことから、昨夜思い立
 
ち、国立新美術館へクリスチャン・ボルタ
 
ンスキー展「lifetime」を観に行くことにしました。
 
 
 国立新美術館

今日は休日。大行列かもしれないと、早め

に家を出ましたが、電車も六本木の街も

美術館も意外にも空いていました。

人々は、海へ、山へ、故郷へと出かけて行って

しまったのでしょうか。
 
お陰で涼しい美術館で、ゆっくりボルタン
 
スキー展を観ることができました。
 
ボルタンスキーの心音が大音量で聞こえる部屋で
 
は、彼の子供の頃からの顔写真が、通路となる
 
すだれ状のカーテンに、大きく映し出されて
 
ていました。自分の心音もかすかに共鳴して
 
いるみたいでした。部屋を出て、死者の霊が
 
踊る廊下を通り、スピリットの部屋へ。
 
そこには、木とライトで作られた黒い服を着た人形が

何人もいて、その前に立つと、死とはどんな
 
だったか、死んだ時はどうだったか、問いかけて

きます。中央には大きな黒い「ぼた山」

それはスピリットたちが着ていたであろう

服が黒くなり、山をなしているものでした。

奥には大きな画面の映像、雪の平原に

いくつ
もの風鈴が、風に吹かれ鳴り続けて

いまし
た。「アニミタス」白2017年 

展覧会場全てが、インスタレーション・・・?




国立新美術館を観終わって、時間がまだ

早かったので、その足で、表参道にある

エスパス ルイヴィトン東京 でもやっている

クリスチャン・ボル
タンスキー展に寄りました。

新美術館で観た「アニミタス」は雪の中

ここでの「アニミタス」、ささやきの森 2016年 日本

死せる母たち 死海2017年 は、森で、死海で

日の出から12時間に渡って撮影された映像でした。

たくさんの鈴が、森で、死海のほとりで、優しい音色を
 
聴かせてくれていました。

エスパス ルイヴィトン東京


ベンチに座り、静かに
ゆっくりと日が昇るのを観る

ことができま
した。そして、風鈴の音を聞きながら

多くの私の知るひとたちの
魂を想いました。

この二つのクリスチャン・ボルタンスキー展は

私には、人生について、今は亡き人たち
について

いずれ私も迎える死について、静かに考え

る良い展覧会でした。。。






 
コメント

ハートの修理

2019-07-28 15:58:45 | Weblog

 

出窓にある可愛いハート❤️

 

私のハート、心臓カテーテルアブレーション

手術を2回も経験してしまったのですが

その後、やっと規則的にドキドキと動く鼓動を

感じるごとに、嬉しくなっていました。

もうこれで、元気百倍。

 復活、復活!
 
と思っていたら、今月8日の検診で、頻脈だと
 
言われました。不整脈ではない頻脈ですって。
 
自分でも、疲れやすく、早足で歩くと、すぐ

に息がきれる自覚症状が少しありました。

でも、あまり心配もせず、スマートウォッチ

が、いよいよ壊れたか、とも思っていた

のです。ドクターに言うと、真面目な顔で
 
「壊れてません!」と言われ笑えませんでした。
 
1週間薬を変え、様子を見ることになりました。
 
1週間後でも変わらずだったら、電気ショック
 
療法(DC)をして、頻脈を消しましょう
 
と、ドクターがおっしゃる。
 
電気ショック療法??なんか怖い。
 
救命処置の時のAEDを思い浮かべる。ビビる!
 
1週間後の検査でも、やはり結果は思わしくなく
 
電気ショックを行うことになりましたが。
 
電気はAEDの3分の1か4分の1位だそうで
 
起きていては、辛すぎるので、全身麻酔で行うと
 
待合室で少し待たされ、すぐに治療に入りました。
 
麻酔で寝てしまったので、どんなだったかは皆目
 
分からないのですが、目が覚めたら、頻脈は消えて
 
いました。
 
私の身体の、電気修理、完了!!
 
再び、規則的にドキドキ打ち出した鼓動を感じて
 
医療の進歩に感謝、ドクターに感謝でした。
 
来月まで、薬はまだ続ける必要があるらしいのですが
 
心臓は、元通りになったようです。
 
カテーテル手術や電気ショック療法(DC)など
 
医療の進歩は、日進月歩と言いますが、すごい!
 
昨年まで、病気知らずで生きてきましたが、医学の
 
進歩の恩恵を受けています。
 
病院を変え、今のドクタに巡り会うことができ
 
本当によかった。
 
自分の病気を知り、積極的に関わることが
 
必要ですね。
 
 
コメント

ARTと 演劇

2019-07-23 00:17:00 | Weblog
 
今日はTap danceレッスン日。
 
夜は新宿花園神社での椿組公演を予約してあるの
 
で、時間がすごく空いてしまい、電車の中で映画
 
を見るか、美術館に行くか、さて…と考えていた
 
ら、思い浮かびました。
 
森美術館「塩田千春展 魂が震える」です。
 
ドイツ在住でグローバルに活躍している
 
アーティストのインスタレーションで、赤や黒
 
の糸を使った、ダイナミックな作品たちに
 
魅了されます。
 
[不確かな旅]
 
この部屋に入っただけで、圧倒され包み込まれて
 
しまいました。
 
 
 
[静けさの中で]
 
 
 
[目的地を求めて]
 
 
 
赤い糸のインスタレーションは、体内を流れる
 
血管のようでもあり、人と人をつなぐ赤い糸であり
 
湧き上がる生命力、のようにも感じられました。
 
黒は広大に広がる深い宇宙、と作者は書いてい
 
ましたが、私が感じた生命を感じさせない死や沈黙
 
それを宇宙というのでしょうか。
 
オペラや演劇の舞台美術も手掛けていらっしゃる
 
とか。私も、このような舞台美術の中で演じて
 
みたい衝動に、かられました。
 
インスタレーションって、心が震えるばかり
 
でなく、皮膚感覚で感じられる表現なのだ
 
と思えました。
 
素晴らしい展覧会でした。〜10月27日まで。
 
まさに、私の魂も、震えました。。。
 
 
夜は、19:00〜新宿花園神社の椿組「芙蓉咲く
 
路地のサーガ〜熊野にありし男の物語」千穐楽でした。
 
 
 
原作 中上健次 脚本・演出 青木 豪
 
主題歌 山崎ハコ
 
芙蓉咲く、紀州・熊野の「路地」で
 
地を這うように生きた〝秋幸〟という男と
 
その家族の「血の物語」である…
 
こちらも、先祖との関係、家族の複雑な人間関係
 
愛憎、生と死、見応えがありました。
 
糸のインスタレーションを見たばかりだったの
 
で、舞台の中に、赤い糸が張り巡らされている
 
ように、感じられました。
 
 
終演後のご挨拶 外波山文明さん 出演者の方々
 
友人の 下元史郎さんも出演していましたが
 
皆さんお疲れ様でした!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

冷や汗💦

2019-07-13 10:58:50 | 介護・介助
 
出窓で今年も沢山の花を咲かせてくれた
セントポーリア
 
 
昨夜は、テレビを見ていた母が、急に
 
バッグの中を点検しだし、財布の中に一万円
 
入っていたはずなのに、無い、おかしい。
 
と言いながら、出したり入れたり、他の
 
ものを出したり入れたり。みんな無くなったと。
 
もう寝る時間ですよ。とベッドに誘導して
 
パジャマを着てもらったのはいいのですが
 
一度布団を被った母が、私がキッチンで片付け
 
ものをして戻ってみると、ベッドに腰掛けて
 
またバッグを開け、点検。なかなか寝てくれません。
 
私も眠いから、もう寝ましょう。と不満そうな母を
 
やっと寝かせて電気を消しました。
 
歯を磨いて、寝ようとした時、今週1週間だけ飲む
 
ことになった夜の薬を、飲むのを忘れたことに
 
気づきました。
 
しかし、いつも置いておく所にありません。
 
忘れないように、テーブルの私が座る場所の角に
 
置いてあったはずなのに。片づけものをした時
 
キッチンに置いてしまったか? 二階に持って
 
上がったトートバックの中? もしや、ゴミと
 
一緒に捨てたか? あぁ、私も認知症か?!
 
なんて考えながら、、、?もしや母か?
 
と思うも、なんでも母のせいにしてはいけないね
 
と、反省しつつ、もう一度探す。見当たらない。
 
とうとう、母には悪いけど、暗くなった母たち
 
の部屋に行き、引き出しを開けてみる。無い
 
無い、あったーっ!なにやらそれらしき袋が・・・

引っ張り出し
てみると、私の薬の袋の中にハンドタオルや
 
なにやら入れてあって、引き出しの奥にあったのです。
 
なんということ! やはり犯人は、母でした。
 
それにしても、いつのまに?
 
見つかって、ほんとうによかった!!
 
 
 いやいや、何があるかわからない。

冷や汗💦ものでした!!
 
 
 
 
 
 
コメント