徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

安保法案 作家 赤川 次郎さんの怒り 「言葉を軽んじるな」

2015年08月29日 | 新聞情報


安保法案 作家 赤川 次郎さんの怒り 「言葉を軽んじるな」




この記事をはてなブックマークに追加

サクソフォーンは歌う!

2015年08月29日 | エッセー

書名   サクソフォーンは歌う!
著者   須川 展也
発行社 時事通信社
発行年 2014年5月1日
頁数   248頁
価格  2,200円+税

中学生の時、ビゼー『アルルの女』を聴いて、「天から降ってくるような透明な美しい音」のクラシカル・サクソフォーンをもっと広めたいと思ってから30数年、全身全霊で疾走して来た「青春記」。

目次


第1章 夢
第2章 青春
第3章 プロへの道
第4章 心技体のレッスン
第5章 情熱
第6章 響け!
あとがき
委嘱索引
須川展也年表

・苦手なものの中にも、実は沢山の楽しみが隠れている!

・得意なところと苦手なところが、ハッキリ分かるように指摘し、やる気にさせることが、すごく大事。

・人間というのは必ずいろんな人と関わって生きていくが、そこで同じ感覚を共有できた時に幸せを感じるのだと思う。


この記事をはてなブックマークに追加

演劇「明日花(あしたばな)」

2015年08月24日 | 演劇


演劇「明日花(あしたばな)」

2015.8.28 19:00~ 中野 劇場MOMOにて観劇、感動しました。

90席の満席でした。

演劇鑑賞 ハマリそうです。(*^。^*)

劇団 日穏-bion-





この記事をはてなブックマークに追加

音楽劇 「君よ生きて」

2015年08月23日 | 演劇

8月21日 千葉公演 音楽劇 「君よ生きて」を観ました。


音楽劇「君よ生きて」

この記事をはてなブックマークに追加

田中将大から学ぶ負けない「気持ち」の創り方

2015年08月22日 | 伝えたい思い

書名   田中将大から学ぶ負けない「気持ち」の創り方
著者   児玉 光雄
発行社 辰巳出版
発行年 2014年4月1日
頁数   223頁
価格  1,300円+税

なぜ田中将大は、ここまで進化することができたのか?
どんな環境でも“日々ベストを尽くす”自分を創る100の方法。

・たとえ変化が、目に見えなくとも、強い気持ちを維持して「日々自分は成長している!」と自らを励まそう。

・「他人と比較しない。」 ライバルは、自分。

・「こころをしなやかにする。」  聞くべき意見は、聞く。

・人間という動物は、変化を好まない。
 ”変化”と”現状維持”に迷った時、人間は、間違いなく後者を選ぶ。しかし、それでは進歩していけない。
 敢えて変化を選択する勇気を持とう。

・野村克也 監督の持論:「三段階理論」

 ・「人間は、無視、称賛、非難の段階で試される」

   ・見込が感じられない段階の選手は、徹底的に「無視」する。

   ・少し可能性が見えたら今度は、 「称賛」する。

   ・中堅選手になった時点で今度は、「非難」する。

・「差し手型人間」と「駒型」人間

・個性とは、「相違点」。



この記事をはてなブックマークに追加

内村航平 心が折れそうなとき自分を支える言葉

2015年08月20日 | 伝えたい思い

書名   内村航平 心が折れそうなとき自分を支える言葉
著者   児玉 光雄
発行社 PHP研究所
発行年 2013年2月12日
頁数   190頁
価格  1,300円+税

苦境を乗り越え、金メダルを獲得できたのには理由がある。
体操日本を背負って、ロンドン五輪金メダリストに輝いた内村航平選手の発言に、どんなときもうつむかずに前を見続ける勇気を学ぶ本。
気鋭のスポーツ心理学者・児玉光雄が迫る、平常心を保ち、勝利した秘密。

・挑戦する行為そのものが尊いわけであり、それはひょっとしたらゴールに到達するよりも大切なことかもしれない。

・目標を掲げることで人は強くなれる。

 ・私たちは、ただ黙々と努力を続けられるほど強くない。
 ・希望がなければ、簡単に挫折してしまう。人間とは、そんな弱い動物なのである。

・確かに目標がなくとも生きていける。しかし、それでは、せっかく奇跡の上に奇跡が
 何重にも重なって人間としてこの世に生まれてきた甲斐がない。

・「ゴールは、到達するものではなく、チャレンジするもの」

・うまくいかないのが人生と知ろう。

 ・「思い通りにいかないから明日からまた頑張ろう」という気になる。

・「どれだけ勝利したか」より「どれだけ成長したか」

・「人間の努力の究極の目的は、成果や報酬を獲得することではなく、満足感を獲得することにある」

・私たちが生きているこの瞬間は、当たり前ではなく、ひつとの奇跡である。

・自分は、生きているのではなく、生かされている。

・本番前のプレッシャーは、当たり前の生理反応。

 ・動悸が、激しくなる。
 ・手のひらに汗をかく。
 ・尿意を催す。

この記事をはてなブックマークに追加

錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考

2015年08月20日 | 伝えたい思い

書名   錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考
著者   児玉 光雄
発行社 サンクチュアリ出版
発行年 2014年12月28日
頁数   187頁
価格  1,300円+税

意識を変えれば、人は劇的に成長できる。
本書では、錦織選手の強さはどこにあるのか、
そしてマイケル・チャンはどのような思考を植え付けたのか、
二人の言葉をスポーツ心理学によって分析し、その真意を説き明かします。

・壁にぶっかって人は成長する。

・情熱が人と人を結びつける。

・何事もシンプルに考えよう。

 ・物事を複雑に考えすぎると、真実から遠ざかり答えが見えなくなってしまう。

・一万時間の法則

 ・ある分野でプロと言えるレベルまで達するには、少なくとも一万時間の練習が必要であるという法則。

・人間の脳は、抱いた夢より大きな成果を実現する機能を備えていない。



この記事をはてなブックマークに追加

チンチン電車と女学生

2015年08月13日 | ノンフィクション

書名   チンチン電車と女学生
著者   堀川 惠子、小笠原 信之
発行社 日本評論社
発行年 2005年7月15日
頁数   251頁
価格  1,400円+税

男たちは戦場へ行った。
少女たちがチンチン電車を運転した。
そして8月6日の朝がやってきた。
いまよみがえる「チンチン電車被爆秘話」。

目次


第1章 「幻の女学校」との出会い
第2章 広島電鉄家政女学校開校
第3章 女学生運転士の誕生
第4章 青春の日々
第5章 軍都・広島とチンチン電車
第6章 八月六日、午前八時一五分
第7章 地獄絵のなかを
第8章 復旧電車が走る
第9章 女学生たちの六〇年

2015/8/10 NHK総合テレビ ドラマ『いちばん電車が走った』




この記事をはてなブックマークに追加

制御棒なき社会

2015年08月12日 | 新聞情報

制御棒なき社会(新聞コラム)


この記事をはてなブックマークに追加

いかに死を受けとめたか―終末期がん患者を支えた家族たち

2015年08月09日 | ノンジャンル

書名   いかに死を受けとめたか―終末期がん患者を支えた家族たち
著者   井藤 美由紀
発行社 ナカニシヤ出版
発行年 2015年3月31日
頁数   383頁
価格  3,200円+税

余命告知を受けた終末期がん患者―悲しみを予期しながら、その死を看取った家族たちの声から、喪われつつある「看取りの文化」の継承を探求する。



この記事をはてなブックマークに追加

決定版 日本のいちばん長い日

2015年08月08日 | ノンフィクション

書名   決定版 日本のいちばん長い日
著者   半藤 一利
発行社 文藝春秋
発行年 1995年6月25日
頁数   322頁
価格  1,600円+税

昭和二十年八月六日、広島に原爆投下、そして、ソ連軍の満州侵略と、最早日本の命運は尽きた…。
しかるに日本政府は、徹底抗戦を叫ぶ陸軍に引きずられ、先に出されたポツダム宣言に対し判断を決められない。
八月十五日をめぐる二十四時間を、綿密な取材と証言を基に再現する、史上最も長い一日を活写したノンフィクション。


映画『日本のいちばん長い日』 公式サイト





この記事をはてなブックマークに追加

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす

2015年08月08日 | ノンジャンル

書名   紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす
著者   武田 砂鉄
発行社 朝日出版社
発行年 2015年4月25日
頁数   285頁
価格  1,700円+税

新しい書き手。
自由な批評。
決まりきったフレーズの連発が硬直させる現代社会の症状を、軽やかに解きほぐす。

目次


はじめに
「乙武君」………障害は最適化して伝えられる
「育ててくれてありがとう」………親は子を育てないこともある
「ニッポンには夢の力が必要だ」………カタカナは何をほぐすのか
「禿同。良記事。」………検索予測なんて超えられる
「若い人は、本当の貧しさを知らない」………老害論客を丁寧に捌く方法
「全米が泣いた」………〈絶賛〉の言語学
「あなたにとって、演じるとは?」………「情熱大陸」化する日本
「顔に出していいよ」………セックスの「ニュートラル」
「国益を損なうことになる」………オールでワンを高めるパラドックス
「なるほど。わかりやすいです。」………認め合う「ほぼ日」的言葉遣い
「会うといい人だよ」………未知と既知のジレンマ
「カントによれば」………引用の印鑑的信頼
「うちの会社としては」………なぜ一度社に持ち帰るのか
「ずっと好きだったんだぜ」………語尾はコスプレである
「“泣ける”と話題のバラード」………プレスリリース化する社会
「誤解を恐れずに言えば」………東大話法と成城大話法
「逆にこちらが励まされました」………批評を遠ざける「仲良しこよし」
「そうは言っても男は」………国全体がブラック企業化する
「もうユニクロで構わない」………ファッションを彩らない言葉
「誰がハッピーになるのですか?」………大雑把なつながり
おわりに

・夜中に書いたラブレターに翌朝赤面するように・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

トコトンやさしい発電・送電の本 (今日からモノ知りシリーズ)

2015年08月02日 | 技術書

書名   トコトンやさしい発電・送電の本 (今日からモノ知りシリーズ)
著者   福田 遵
発行社 日刊工業新聞社
発行年 2014年7月25日
頁数   158頁
価格  1,400円+税

「電気をいつも安定して届ける」を技術として実現する「電力システム」。
本書はその発電の方法や技術、そして送電・配電のしくみや設備を紹介した本。
社会を守っているこの重要なインフラ技術をわかりやすく解説しています。

目次


第1章 電気の基礎知識(発送配電設備の基礎知識)
第2章 電気を生み出す(発電設備のしくみ)
第3章 電気を安全に送る(送電設備の工夫)
第4章 電気を確実に届ける(配電設備の方式)
第5章 電気の安定を図る(電力の安定化対策)
第6章 電気の品質を守る(運転・維持管理の苦労)



この記事をはてなブックマークに追加

今すぐ使えるかんたん Windows 10

2015年08月02日 | 技術書

書名   今すぐ使えるかんたん Windows 10
著者   オンサイト、技術評論社編集部
発行社 技術評論社
発行年 2015年7月29日
頁数   317頁
価格  1,000円+税


この記事をはてなブックマークに追加