徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

0.5ミリ

2016年10月25日 | 小説


書名   0.5ミリ
著者   安藤 桃子
発行社 幻冬舎
発行年 2016年2月10日
頁数   318頁
価格   650円+税

介護ヘルパーとして働くサワはある日、派遣先で老人との添い寝を頼まれたことがきっかけで職を失ってしまう。
住み慣れた街を離れた彼女は、見知らぬ土地土地で見つけた老人の弱みにつけこみ、おしかけヘルパーを始めるのだが…。
死を見つめることで「今を生き抜く」ことが見えてくる。
老人と女性との魂の交流を描いた至極のヒューマンノベル。

この記事をはてなブックマークに追加

いやな事こそ、先にやれ!

2016年10月23日 | 言葉


いやな事こそ、先にやれ!

この記事をはてなブックマークに追加

心が折れる職場

2016年10月21日 | ノンジャンル

書名   心が折れる職場
著者   見波 利幸
発行社 日本経済新聞出版社
発行年 2016年7月8日
頁数   219頁
価格   850円+税

上司がアドバイス上手、「頭のいい人」が周囲にそろっている、無駄口をきかず効率最優先…こんな職場こそ、実は心が折れやすい?
数々の実例を知るプロカウンセラーが、パワハラや長時間労働だけではない、不調を起こす本当の原因についてひもとき、働きやすい職場とは何かを掘り下げる。

目次

はじめに
1章 飲み会が少ない職場は危ない
2章 「アドバイス上手な上司」が部下の心を折る
3章 なぜ運動部を経験していないと、心が折れやすいのか
4章 90分のメンタルヘルス研修で、不調者が増える理由
5章 心が折れない職場とは?
おわりに

・「俎板に乗った鯉」

  相手の意志でいかようにもされてしまうこと



この記事をはてなブックマークに追加

人間(じんかん)到る処青山有り

2016年10月19日 | 言葉

人間(じんかん)到る処青山有り

「どこにでも自分の力を発揮する働き場所はある」という意味

青山:墓地

この記事をはてなブックマークに追加

18歳の君へ贈る言葉

2016年10月19日 | 伝えたい思い

書名   18歳の君へ贈る言葉
著者   柳沢 幸雄
発行社 講談社
発行年 2016年8月18日
頁数   167頁
価格   800円+税

開成の校長先生は生徒たちにこんな話をしています!
与えられた才能「ギフテッド」は誰にでもある。
その才能を伸ばし続ける36の知恵!親子で必読!

目次

第1章 リーダーシップを育む(自分をリードする力を持つ
夢はトップダウンで決める ほか)
第2章 本当の多様性を身につける(大事なのは入口ではなく、出口
変化に対応できるものが生き残る ほか)
第3章 消費者から生産者になる(稼げる人になる
3年経験しなければゼロと同じ ほか)
第4章 持てるものの義務を果たす(多様性を確保する
「指示待ち族」は上司の責任 ほか)

・夢はトップダウンで決める

・実現方法は、ボトムアップでアプローチする。



この記事をはてなブックマークに追加

こいつできる! と思われる いまどきの「段取り」

2016年10月18日 | How to 本

書名   こいつできる! と思われる いまどきの「段取り」
著者   野田 宜成
発行社 日本実業出版社
発行年 2016年7月20日
頁数   221頁
価格   1,300円+税

「段取り」を、時間管理、チーム運営、資料・名刺の整理、思考の整理、アイデア出し、報連相など、様々な視点で解説します。
また、段取りの「仕組み化」についても紹介します。
著者は、理系・文系、大企業・中小企業・起業家と様々な立場で、「段取り」を実践してきました。
その体験と工夫を、本書では紹介しています。
段取りは、早くに覚えておきたい、仕事の「基礎力」であり「実践力」!

目次

1 できる人は、こんな「段取り」をしている!
2 「スピードアップ」は絶妙な段取りから―時間管理・進捗管理・目標管理
3 「プロジェクト」は段取りでゼロから変わる―チーム運営・打合せ・会議・プレゼン
4 「整理術」も結局は段取り次第―資料・記憶・名刺・思考の整理
5 「アイデア発想」は段取りで劇的にアップする―発想力・メモ術
6 「報連相」の段取りでコミュニケーション力アップ―報告・連絡・相談・メール
7 段取りの「仕組み化」にチャレンジしよう!

・「幸福の花を摘むより種を蒔け」




この記事をはてなブックマークに追加

星くずたちの記憶――銀河から太陽系への物語

2016年10月16日 | ノンジャンル

書名   星くずたちの記憶――銀河から太陽系への物語
著者   橘 省吾
発行社 岩波書店
発行年 2016年8月24日
頁数   121頁
価格   1,200円+税

地球に飛来した隕石、彗星の塵、月の石、そして「はやぶさ」が持ち帰った小惑星のかけら…。
地球上の鉱物が大地の歴史を伝えるように、「星くず」の中の鉱物には、宇宙や太陽系の過去が刻印されている。
その“記憶”を丁寧に読み解きながら、星くずたちの壮大な旅路を紹介。
「はやぶさ2」とともに、いざ、太陽系大航海時代へ!


この記事をはてなブックマークに追加

言葉のチカラ

2016年10月15日 | 伝えたい思い

書名   言葉のチカラ
著者   三宅 民夫
発行社 NHK出版
発行年 2013年1月30日
頁数   205頁
価格   1,300円+税

・意のままにならないことがあっても、気長に努力を続ける我慢強さ

・抵抗があるから、やりがいがある。手応えをつかめるまで頑張れ。

・うまくいかなくても投げずに頑張る。

・「仕事」というものは、やってみなければ向いているかどうかわからないものだ。

・ものごとは、一つ突破口が見つかると、どんどん開けていくようです。

・食器の「鼎」・・・三つの支点


この記事をはてなブックマークに追加

きらきら眼鏡

2016年10月08日 | 小説


書名   きらきら眼鏡
著者   森沢 明夫
発行社 双葉社
発行年 2015年11月22日
頁数   491頁
価格   1,700円+税

愛猫を亡くし、喪失感にうちひしがれていた立花明海は、西船橋の古書店で普段は読まない自己啓発系の本を買う。
すると、中に元の持ち主の名刺が栞代わりに挟んであり、明海が最も心を動かされたフレーズにはすでに傍線が引かれていた。
気になった明海は意を決して名刺の「大滝あかね」に連絡をとる。
会うと、あかねは明るい年上の女性で、日常の物事を幸福感たっぷりに捉えている“幸せの天才”だった。
明海には、今まさに恋愛関係に発展しそうな会社の同僚・松原弥生がいたが、あかねの存在が徐々に大きくなっていく。
だが…あかねには恋人がいた。
彼は病に伏し、余命宣告を受けているという。


この記事をはてなブックマークに追加

結婚クライシス: 中流転落不安

2016年10月03日 | ノンジャンル

書名   結婚クライシス: 中流転落不安
著者   山田 昌弘
発行社 東京書籍
発行年 2016年8月10日
頁数   191頁
価格   1,400円+税

なぜ、日本人は結婚をしなくなったのか?その背景が、本書でついに明らかになる。
「パラサイト・シングル」「婚活」の言葉を生んだ著者が見出した問題は、「中流転落不安」であった!

目次

序章 中流転落不安―結婚クライシスの背後にあるもの
第1部 今ここにある中流転落不安(結婚・男女交際不安
育児・子育て不安
就職不安
労働不安
年金・老後不安
社会保障制度不安)
第2部 婚活はどこへ向かうのか(婚活の時代性
婚活の現場から)


この記事をはてなブックマークに追加

マイナンバーシステム ここがおかしいよ!

2016年10月01日 | 違和感

坊主憎けりゃ 袈裟まで憎い!

マイナンバーシステムは、おかしい! 

利用者目線でカードデザイン、端末の画面遷移が作られていない!

1.マイナンバーカードのデザインがおかしい。

 (1)カードの有効期間の印刷文字、および 脳死状態のときの臓器提供の有無文字が
    虫眼鏡で見ないと見えない。

 (2)電子証明書の有効期間が、プレプリントされていず、手書きしなければならない。
    手書きのスペースが非常に狭く、油性極細ペンで非常に書きずらい。

 (3)写真のバックのぼかしが「センス」がない。ぼかし、丸い縁取りは、必要ない。

    専門のデザイナーは、何をしていたのでしょうか?
    私のような素人でもデザインに違和感を持つのに、なぜ、このデザインが
    通っているのでしょうか?


 (4)電子証明書の暗唱番号は、英字は、大文字しか使えない。常識では、ありえない!
    普通、パソコンやスマートフォンは、英小文字が、ディフォルトなのに
    どういう設計思想になっているのでしょうか?

    ・市役所のマイナンバーの係りやマイナンバー総合センターに問い合わせても
     上から押し付けられて「そうゆうふうに決まっています」としか答えません。
     なんという「ていたらく」か。英小文字、英大文字を組み合わせたほうが、
     暗唱番号の強度は、高まると思います。
     英大文字をバソコンで打つ場合、シフトキーを同時に押さないといけないので
     操作性が悪くなります。

  このシステム、素人が設計したとしか思えません!、誰が承認したのでしょうか?
  東京都の豊洲市場の盛り土なし問題と同じ構造で責任があいまいです。


2.コンビニでマイナンバーカードを使って印鑑証明書を交付してもらったときのこと。

 (1)画面遷移が、わかりずらい。
    
    「本市の証明書か」 「他市の証明書か」 二つのボタンをタップすることにより
    次の画面に遷移するが、なぜこの画面を表示させないといけないのか意味が
    わからない。本来、カード情報があるのだから表示させなくても良い仕掛けと
    すべきと思う。なぜ、利用者に負担をかけるのか?
    実は、二つのボタンの選択のところで、はたっと考えこんでしまいました。
    しばらく考えてもわからないのでコンビニの店員さんに聞いても操作が
    分からなかったです。
    市役所のマイナンバーの係りに電話してもコンビニの端末を操作したことがないので
    画面遷移は、わからないとのこと。こんなことでシステムを運用すること自体、
    無理と感じました。
    あとで聞いた話ですが、マイナンバーの番号には、自治体を表す情報が含まれて
    いないので、銀行の振り込みのように画面により自治体を選択しなければならない
    とのこと。なんとも情けないシステムです。しかも、自治体により各種サービスの
    サポート時期が異なる。全国から利用できるが、サービスを受けられるか
    否かは、その証明書がある大元の自治体のサポート次第とのこと。
    政府主導でいつまでと期限を決めてすべての自治体でのサポート完了できるように
    できなかったのか? まさに「やっつけ仕事」です。無責任です。

3.マイナンバー総合センターや市役所の係りの人に聞いても

  (1)設計思想を聞くのは期待できません。

  (2)設計思想を聞ける公的な部署がありません。

以上、日本の代表的な「マイナンバーシステム」には、がっかりです。
やっつけシステムで日本のソフトウェアの恥です。






    

この記事をはてなブックマークに追加

天皇の生前退位と天皇制

2016年10月01日 | 違和感

天皇の生前退位問題が注目されている。

確かに現天皇は、高齢にもかかわらず公務をしなければならないのは、同情できます。

80歳以上になっても仕事を強いられなければならないなんて信じられない。

しかし、この問題、根が深い。

象徴天皇とは、何かを議論しないで小手先の法律改正、皇室典範の改正で済ませてはならないと思う。

象徴とは、何か。非常にあいまいだ。伝統だから天皇制を存続させるのも説得力が、ない。

終戦直後、特定の人が天皇制を存続させたいために、象徴天皇制を苦し紛れに憲法に盛り込んだと私は、解釈している。

時代は、変わりました。

本当に天皇制が必要か、象徴とは何か 、「天皇は、ほんとうに国民の総意」の支持を得ているのか?

日本人は、平等のはずなのに国民でない皇室という特別の分類があることに違和感を感じます。

私は、天皇制、皇室は、必要ないと思っています。

現、皇太子夫婦、秋篠宮夫婦、その子供に親しみを感じません。

ピンチは、チャンス。

今こそはげしく議論し、最後は、国民投票で天皇制の行方を決めるべきと思います。



この記事をはてなブックマークに追加

NTT docomoのおすすめアプリ ブッシュ案内に違和感

2016年10月01日 | 違和感


NTT docomo dマーケットより私が望んでないのに「おすすめNTT docomoアプリの紹介」が
プッシュ配信された。

そのアプリは、「安心ナンバーチェック」という。
アプリの内容は、迷惑電話番号から電話が、掛かってきたときにスマートフォンにその旨が
表示されるというものらしかった。

良さそうなアプリと思い「使ってみる」をタップしたら、画面が変わり「インストール」ボタンが現れた。

料金が気になるので下にスクロールしたら「料金」という見出しが見つかったが、利用料金は、表示されていなかった。見出しの右に↓アイコンがあったのでタップしたら「月額200円」と表示された。

わざと料金を隠し、騙してインストール、契約させようとの意図を感じた。
NTTドコモは、一流会社だと思っていたのに あまりにも常識がなく「姑息」だと感じた。

NTTドコモに電話してクレームと改善を要望した。
スマートフォンにNTTドコモからリモート接続してもらい、一連の画面を見せた。
料金が故意に隠されている画面を画面キャプチャーか、写真に撮ってもらい証拠写真にし
NTT ドコモの会社内で再発防止に役立ててもらおうとしたが、「個人情報」のため
それは、できないという。「画面には個人情報」は、表示されていないのにだ。
利用者が「撮ってもよい」と言ってもできないという。
なんてNTTドコモは、後ろ向きの会社なんだろうと感じた。
普通、証拠がなければ、社内展開には、支障をきたすはずなのに・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

クラス会幹事の怠慢・誠意の無さに苛立ち

2016年10月01日 | 違和感


高校のクラス会が、3年毎にある。
今年は、そのクラス会の予定の年である。
ところが、幹事より「いつ実施する」とも何の通知もない。
幹事宛て正月の年賀状に「クラス会の案内状は、実施日の少なくともとも4か月前に届くよう」書いた。
2016年6月2日に幹事に何回か電話したが、避けているのか電話は、つながらなく幹事と会話出来なかった。その日の夜に幹事よりショートメールで「クラス会は、稲刈りが終わった後、実施予定」となんともアナログなメールが届いた。9月末、10月クラス会実施と予想した。
8月になってクラス会案内通知が、届かないので再び電話を何回も掛けたが、電話口に出てもらえなかった。やっぱり私との電話の会話を避けているみたいだ。その後、「クラス会の日付を現在調整中」とのショートメールが届いた。蕎麦屋の出前のような話で口先だけの対応だと感じた。
9月10日になり10月の休日出勤の予定やその他の土日の予定もあるのでショートメールで
「10月のクラス会実施の有無」と「いつ実施予定か」を問い合わせた。
返信は、「10月は、実施予定なし。クラス会の日付が決まったら連絡する!」との内容だった。
幹事の怠慢と誠意のなさでクラス会を先伸ばしになっていると感じた。
9月30日になってもクラス会案内メールが、届かなかった。幹事は、「やる気と誠意が無い」と感じた。
同じクラスメートの一人に「幹事が忙しくてクラス会の設定や案内が出せないのなら、私が11月中にクラス会を実施する段取りをするので新たに幹事になり現幹事は、役を降りてもらいたい旨」仲立ちを頼み現幹事の家を訪問してその話をしてもらった。
結果は、拒否され、現幹事が幹事を続行するとのことだった。
いつクラス会を実施するか聞いてもらったところ、2017年2月以降との話だった。
実施場所も未定とのことで、改めてクラス会実施の先送り、幹事のやる気の無さを感じた。
きっと来年の2月になっても、クラス会は、実施されないと感じた。
いいかげんな現幹事が、主催するクラス会には、私は、出席しないことを心に誓った。
今後、クラス会のことでは、気を揉まないよう心に誓った。


この記事をはてなブックマークに追加