徒然草Ⅱ

「アッ!」「イイねえ!」「ウッソー!」「エーッ!」「オおぉ!」ということを書きたい!?

金木犀が匂っています。

2016年09月29日 | ノンジャンル

昨日朝、雨戸を開けたら、香しい匂いが漂って来ました。

よく見ると我が家の金木犀が咲いていました。

花は、季節を裏切りません。


この記事をはてなブックマークに追加

2016_09_22 市立船橋高校文化祭 吹奏楽部yosakoiソーラン2016演舞動画

2016年09月23日 | 映像

2016_09_22 市立船橋高校文化祭 吹奏楽部yosakoiソーラン2016演舞動画






この記事をはてなブックマークに追加

2016_09_22_新聞情報_「時代遅れの放送法制度」(PDF形式文書)

2016年09月22日 | 新聞情報

2016_09_22_新聞情報_「時代遅れの放送法制度」(PDF形式文書)


私の意見

NHKの番組を視聴するには、「テレビを設置した家庭」、「携帯電話をもっている人」すべてから受信料を徴収するという今の制度は、不自然で納得できないです。
古い放送法制度に固執して無理やり受信料を裁判で勝ち取るやり方は、大人げなく醜いです。

現代は、資本主義、自由競争社会なのですから「NHKの番組を視聴したい方は、受信料を払って観る」というのが自然で納得感があります。受信料を払わない人は、見れない仕掛けで見れないようにすれば良いと思います。左記のようなスクランブルは、技術的にも、現在のスカパーのように実現できます。

NHKは、他民放に比べ すぐれた番組を多数創って放送しているので
良い番組を創り続ければ多数の国民が受信料を払ってまで観ると思います。

話は、それますが、放送法、天皇制、年金問題は、小手先の議論ですますか、タブー視し
議論しないかで国会議員の存在価値がないです。
100年先を見すえて議論してほしいです。





この記事をはてなブックマークに追加

村上海賊の娘  上巻

2016年09月22日 | 小説

書名   村上海賊の娘  上巻
著者   和田 竜
発行社 新潮社社
発行年 2013年10月20日
頁数   474頁
価格   1,600円+税

和睦が崩れ、信長に攻め立てられる大坂本願寺。
海路からの支援を乞われた毛利は村上海賊に頼ろうとした。
その娘、景は海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女だった…。



この記事をはてなブックマークに追加

平常心のコツ──「乱れた心」を整える93の言葉

2016年09月10日 | How to 本

書名   平常心のコツ──「乱れた心」を整える93の言葉
著者   植西 聰
発行社 自由国民社
発行年 2013年12月10日
頁数   219頁
価格   1,200円+税

目次

第1章 他人の言葉に惑わされない
第2章 クヨクヨしないで生きていく
第3章 鈍感に生きていくほうが幸せになれる
第4章 自分の弱さに素直でいるから、心が安らぐ
第5章 「どうにかなるさ」と楽観的でいる
第6章 「人は人、自分は自分」の関係で人とつきあう
第7章 成り行きに任せるほうが、いい結果が出る
第8章 心を癒す方法を持っておくから持続力がつく
第9章 バランスよく生きることを心がける

・しっかり努力して、結果はその時の運次第だ。
 その時の神様のご機嫌に任せよう。



この記事をはてなブックマークに追加

五能線物語 「奇跡のローカル線」を生んだ最強の現場力

2016年09月07日 | ノンフィクション

書名   五能線物語 「奇跡のローカル線」を生んだ最強の現場力
著者   遠藤 功
発行社 PHP研究所
発行年 2016年7月28日
頁数   219頁
価格   1,400円+税

絶体絶命の路線は、こうして「日本一乗りたい路線」になった。
JR東日本秋田支社、驚異の仕事を初公開。



この記事をはてなブックマークに追加

いきものがたり

2016年09月07日 | ノンフィクション


書名   いきものがたり
著者   水野 良樹
発行社 小学館
発行年 2016年8月31日
頁数   447頁
価格   1,574円+税

「ありがとう」「風が吹いている」誰もが口ずさめる名曲ばかり。
「いきものがかり」のリーダー水野良樹氏による自伝的ノンフィクション本。

・前に進むことで生まれるつらさは、まだ我慢できる。
 前に進めない。トライもできない。身動きが出来ない。
 そのことの方が、よっぽど自分にとって辛い。

・「わかってしまったもの」には、人々は注目してくれない。
 かと言って「まったくわからないもの」となってしまうと、
 それも人々は、怖がってなかなか手を伸ばそうとはしてくれない。
 「わかるようでわからないもの」を人々は追いかける。
 「わかるようでわからないもの」に人々は、惹かれる。



この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからわかる微分・積分

2016年09月03日 | 理論・法則

書名   ゼロからわかる微分・積分
著者   深川和久
発行社 ベレ出版
発行年 2006年12月25日
頁数   213頁
価格   1,400円+税

コンピュータ、通信、光学機器、テレビ、ラジオ、CD、車、鉄道、飛行機、建築物、経済学、物理学、工学、農学…すべて微分・積分がなければ発達しなかった。
文系の人のための数学読本。



この記事をはてなブックマークに追加