散歩者goo  (自選ブログ集参照)

タイトルのgooは、他人の同名HPやブログと区別の為。村ぶろの「散歩者」は本人作成。HPの「散歩者」は、無関係。

昨日記161004火(オムリス 足のタコ モスキートトラップ更新 ランニング・疲労)

2016年10月08日 22時09分37秒 | 日記 (昨日記・最近の話を含む)
曇  最高/最低℃ 28.9  21.1
朝はいつも通り有償ボランティアに参加し、帰りに大阪市立中央図書館に寄り、オムリスを使って初めて本を検索予約した。
オムリスの使い方がわからなくて、司書の方に教えてもらった。
それ以前に、オムリス使用の暗証番号をもらっていないと思い、暗証番号を打ち出してもらった。
家のPCで「オムリス」は使っていないが、今回打ち出してもらった暗証番号の、頭の3-4桁になんとなく見覚えがあった。
多分、随分前に家のPCで何度か図書の貸出期限の延長をした可能性があるのか、それとも財布に以前もらった暗証番号を打ち出したものを入れていて、何の暗証番号かわからずにそのメモを捨てたのかもしれない。
とにかくこれで家からの本の予約や、検索や、借り出し図書の延長が、家のPCで可能になった。
そうした手続きに時間を取られ、帰宅したのは昼を過ぎた。
遅い昼食後右足のつま先に近い部分にの右に大きな分厚いタコができていて、走ると足に痛みを感じるようになったので、ニッパを使って切り取った。
厚みは5mm程度あり幅1センチ長さも3センチ程切った。
夜になってジムに行きランニングをした。
走るときに感じていた右足の痛みは無くなったが、今度は左足の母指球のタコが痛み出した。
左右の足のタコ(角質化した分厚い皮膚)は月に1-2回は切り取らないと、足が痛くて走れない。
特に左足の母指球のタコは、以前は魚の目で、現在魚の目を血が出るほど抉り取り、無くなっているが、タコを放置すると確実に魚の目に変化しさらに痛くなるので、左足の母指球のタコは魚の目にならぬよう、早めに処置している

この日の数日前から何度も蚊に刺されるようになった。
真夏に近い気温上昇があり、天候不順で蚊の発生環境がよくなり、現実に蚊の姿を再びよく見るようになり、ゴロ寝しているとたまに蚊の羽音が耳元でするようにもなった。
仕方なく、室内に置いた2個のモスキートトラップの中身を捨て、改めた水300ccに砂糖20gにドライイースト1.5gを入れたモスキートトラップをセットした。
水温が低かったので、真夏のようにはプチプチと泡立たなかったが、それ以降蚊に刺されなくなったので、モスキートトラップは、有効に効いているようだ。
何より真夏の夜中に、どこからともなく来襲する蚊がいなくなったのは、モスキートトラップの大きな効果だった。
蚊取り線香や電子蚊取は、確かに効果はあるが、私の場合、蚊取り線香や電子蚊取りを使用した朝の起床時は、なんとなくボーとした感じなのだったが、モスキートトラップでは、それがなくなり、スッキリした目覚めだえられた。。

さてランニングの方は、5分間サイクルX6回・30分間で時速8.5kmから10km(2分間)で走ったが、最後は苦しくて、時速10kmで2分間は走れなかった。
なんとなく疲労が蓄積している感じで、非常に苦しかった。
慢性疲労は、体力を低下させ怪我の原因にもなるので、栄養と休養を十分にとり、疲労を除去したい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 昨日記161003月(雨対策用ウ... | トップ | 昨日記161005水(スマホ調査... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。