ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)では日本に唯一生息している沖縄のジュゴンを守るために活動をしています。

【大阪】牧志治さん写真展 “子や孫に残したい海”~辺野古・大浦湾~

2017年04月27日 | イベント案内
5月20、21日、レンタルスペースチャクラ(天神橋筋商店街沿い)で、
5月22日~6月18日、MAGATAMA café×dining(JR・地下鉄玉造駅前)で
写真展を開催します。
今回、辺野古・大浦湾で撮影を続け、現在抗議船の船長としても活動を
されている牧志 治さんの写真を展示します。

また、6月4日には、沖縄から牧志治さんをお呼びして、お話会を開きます。
辺野古・大浦湾の自然への思い、船長として海上阻止行動の現状について、
昨年末のオスプレイ墜落事故についてなどをお話しいただきます。
牧志さんが撮影されたオスプレイのスクープ写真は衝撃的です。

レンタルスペースチャクラ
5月20日(土)11時~19時 
5月21日(日)11時~18時
入場無料

Cafe×dining マガタマ  
写真展(café営業中)
5月22日(月)~6月18日(日)11時~21時
牧志治さんお話し会
6月4日(日)16時半~18時半 開場16時
参加費 予約1500円 当日1800円

 *場所など詳細は、チラシをご覧ください。

かけがえのない自然が、基地建設のために壊されようとしていることを
多くの人に知ってもらえるように、また『基地ではなくジュゴン保護区』を
つくり平和で豊かな未来を創るにはどうしたらいいのかを
考えるきっかけになればと企画しました。
皆さまのお越しをお待ちしています。

チラシPDF




お問合せ・ご予約 ジュゴン保護キャンペーンセンター関西事務所
 メールアドレス:info@sdcc.jp  TEL/FAX: 06-6353-0514
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/20「美ら海を未来へ」試写会

2017年04月25日 | 活動報告
4月20日(木)、大阪吹田のモモの家で、ドキュメンタリー映画
「 美ら海を未来へ ~ 辺野古・高江、新基地建設反対によせる思い ~ 」の
試写会がありました。
監督の中井信介さんも来られて映画への思いをお話ししてくださいました。


普天間、辺野古、高江、伊江島。
平和を願い、基地建設を止めるために座り込むたくさんの人たちの声を
丁寧に取材されています。
どうしてそこまで、がんばれるのか?
それは、沖縄戦体験、アメリカの占領など沖縄の歴史を
知ることで浮かび上がってきます。

豊かな暮らしとは?平和を創るにはどうしたらいいのか?
そんなことも考えさせられました。

もっともっとたくさんの人に観てもらいたい映画です。
今回映画を観た有志で、上映会を企画したいねと話しています。

今日、埋め立て着手のニュースが流れてきましたが、
あきらめず、美ら海を未来につないでいきましょう
 埋め立て着手…沖縄の反発必至

自主上映の案内などはこちらです。
https://henokotake.jimdo.com/

ZAN



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月21日、防衛省、環境省、外務省、と交渉しました

2017年04月21日 | 基地と沖縄
4月21日、防衛省、環境省、外務省、三省と交渉しました。

まず防衛省。



防衛省まえに集合。



会議室に向かいます。





ボーリング調査開始以降に、防衛省の事後調査によって辺野古大浦湾で、ジュゴンが確認されていないこと、「個体C」が姿を消した理由について、防衛省の見解を問いました。



しかし担当の官僚が、ボーリング調査開始以降に、防衛省自身の事後調査で大浦湾でジュゴンが確認出来ていない事実すら知らない、という無責任にあぜん。事実を確認し見解を文書回答することを確認しました。
また、海草の移植などの「ジュゴン保護の施策」について環境等監視委員会で議論しているのか?問うと「今のところ予定はない」(防衛省)との回答。
埋め立て承認の条件である環境配慮事項すら全く実行する気がないのです。

安倍政権のむちゃくちゃなやり方に影響され、官僚の知的退廃が進んでいると感じました。

昼食後に、まず環境省交渉。



「ヤンバルの世界自然遺産申請に関わって、オスプレイ訓練の環境影響を考えているのか?米軍に申請を報告し訓練中止を要請する責任があるのではないか? 」「世界自然遺産の申請書に北部訓練場に言及してないのはおかしいのではないか」と問いました。

環境省は「2012年の米軍によるオスプレイの環境レビューの後だが、在日米軍司令部に申請に関して報告はした。」「申請書の冒頭で演習場についても触れている」「オスプレイの環境影響は少ないと考えている」「辺野古の埋め立て土砂の外来種混入問題は、ヤンバルの世界自然遺産申請とは関係ない」と回答。
現実問題として、オスプレイの影響,辺野古新基地建設の影響は無視できないにも関わらず、それを回避して世界自然遺産申請を進めようとする態度に終止しました。

夏にはIUCNの調査があります。これにむけ、環境省への働きかけを強めていく必要があります。

外務省交渉。



「ヤンバルの世界自然遺産申請に当たって、外務省としてオスプレイ訓練の中止、縮小など、日米地位協定の運用改善という立場から、日米合同委員会などで働きかけられないか?」「外務省として世界自然遺産条約を遵守する責任がある。環境省の世界自然遺産申請書には北部訓練場、オスプレイに関する記述がない。正しい現実をユネスコにつたえ、評価を受ける必要があるのでは」(SDCC)と問いました。



「趣旨は理解する。」(ユネスコ担当)「オスプレイは抑止力維持のため必要。」「しかし運用改善は要求していっている。」(北米課)

世界自然遺産申請をすすめるなら、外務省はオスプレイ訓練中止、大幅縮小を日米合同委員会などで、米軍に求めるべきだ、と強く要請して外務省交渉を終えました。


(感想)

 2000年ヨルダンのアンマンでの世界自然保護会議で採択された沖縄ジュゴン保護勧告に「ヤンバルを世界自然遺産に申請するよう検討するべき」と明記されています。これから17年。ようやく日本政府が重い腰を上げ、申請を行いました。ところが政府は北部演習場とオスプレイ、辺野古新基地建設問題を回避して世界自然遺産申請を進めようとしています。しかしこのような環境破壊の現実を隠ぺいした申請は国際社会に通用しません。ヤンバル世界自然遺産指定のため、政府は北部演習場・オスプレイと辺野古新基地建設の現実を世界に明らかにし、環境保全の具体的施策をしめさなければなりません。新基地建設の中止、オスプレイ訓練の中止は当然のことです。世界自然遺産申請をしたのは政府自身です。逃げることはできない。だからこそ、世界自然遺産申請と辺野古新基地中止、オスプレイ訓練中止をひとつにして、世界の世論に訴えていく必要があると思います。







☆じゅごん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017あなたの街でジュゴンでトレイン!

2017年04月19日 | 活動報告
4月15日ジュゴンの日に、大阪でのジュゴンでトレイン!に
合わせて、あなたの街でもアクションをと呼びかけたところ、
たくさんの方が、色んな場所から写真とメッセージを送ってくださいました。
東京、三重県、兵庫県、沖縄、そしてハワイからも

ではでは、どうぞご覧ください。









ZAN

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017ジュゴンでトレインinOsaka

2017年04月17日 | 活動報告
4月15日(土)ジュゴンでトレイン!出発進行~

まずは、京橋駅前でアピール
ニューヨークから観光で来た家族が「Very peacefull protest!Good!」。
フィリピン出身の女性が、「フィリピンにもジュゴンいるよ。がんばってね」
と応援してくれたり。
和歌山から出張で来た方は「辺野古のことは良く知っています。
平和行進に参加したこともあります。今はこれしか出来ませんが」
と署名してくれたり。色んな出会いがありました


京橋駅から環状線に乗り込み、天王寺駅で乗り換え、そして天満駅へ。
電車の中はメッセージボードを胸にサイレントアピール。
ジュゴンに紅型着物、胸にはメッセージボード。
結構目立ってますね。
みんな見てくれたかな。


天満駅で下車。天六すまい情報センターまで商店街を練り歩き。
芳沢さんの三線と歌がとってもいい感じ。
着ぐるみジュゴンにも注目が集まり、チラシの受け取りのいいこと!
5/20-21、この商店街で開催する牧志治さんの写真展の宣伝もしました。
「行く行く!」という方もいましたよ!
商店街のねり歩きっていいな~


「あなたの街でジュゴンでトレイン!」にも写真やメッセージが届いています。
また報告しますね~。

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄のネーネーの話を聞く集い

2017年04月16日 | 基地と沖縄


4月15日、辺野古に基地はつくらせない 勝つまであきらめない 沖縄のネーネーの話を聞く集い にブース参加しました。
開会前に、昼間のジュゴンでトレインにも参加していただいた芳沢さんの歌三線。赤のジュゴン帽子が素敵です。



呼びかけ人のひとりの平石澄子さんより挨拶。辺野古、高江にかかわってきた関西の女性がよびかけ人になって、辺野古にかようネーネーたちの肉声を聞いてもらおうという企画です。





屋富祖昌子さんのお話。屋富祖さんは昆虫分類学の研究者。やんばるの森が世界でも稀な亜熱帯雨林であること、多様な植生とそこを棲みかにする生物たちが、相互に依存しあって豊かな生物多様性をつくりあげていることをお話されました。しかし高江ヘリパット建設により、ノグチゲラがすむ木もきりたおされました。豊かな谷間は、コンクリートの解体ガラで埋められました。膨大な数の「生き物殺し」がおこなわれ、私たち人間が生きていく基盤もこわされています。
研究者らしい冷静なお話の端々に「生き物殺し」を行った安倍政権への強烈な怒りが感じられました。





佐藤明美さん。大阪で40年暮らして帰ったふるさと沖縄は、全くかわっていなかった、と感じたことをきっかけに辺野古に通い始めたとのこと。ゲート前でもやっている身体をほぐす体操を参加者と一緒にしました。機動隊にごぼう抜きされるときも、まず身体が大切です。そして「故郷」の替え歌で沖縄への思いを伝えてくれました。



大城博子さん。
自分は65歳で戦争は知らない。でも戦後ずっと沖縄が戦争の深い傷を負ってきたこと、戦争体験者の話もたくさん聞いてきた。私がゆずれないのは、戦争は絶対ダメということ。子や孫に絶対戦争を経験させたくない。





三人で辺野古ゲート前で歌っている「ボケない小唄」「どうにも止まらない(替え歌)」などを熱演してくれました。



名護市議会議員の翁長久美子さんも自腹で駆けつけてくれました。



「自分も保守の立場でした。でもゲートまえに保守も革新もない。戦争はだめ。子や孫に平和を。人は行動をするなかで信頼しあい、変わるんです。ぜひ辺野古にきてください。そして翁長知事は必ず撤回をやります。それまで現場を支えるのが私たちのやることです。」とお話されました。







アカリトバリさんと川口真由美さんの歌。



最後はカチャーシーで盛り上がりました。



SDCCのブースには、京都やロックアクションの仲間も集まり賑やかに記念撮影しました。ジュゴングッズもたくさん販売できました。ありがとうございます。

「勝つまであきらめない」そのためには、行動し「戦争はだめ」という当たり前のことをまわりに伝えていくことだ、と強く感じた集いでした。

☆じゅごん


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎月15日はジュゴンの日♪

2017年04月15日 | 基地と沖縄
毎月15日はジュゴンの日

  

さくらの季節ですね 沖縄のデイゴも見頃をむかえますよ

  

春はフレッシュな気持ち 新芽もニョキニョキ
 新しい事にドキドキするかもしれませんががんばりましょう

  

先日首都圏事務所で看板娘たちが集まりイベントに向けて作業をしました 娘よ

  

直近の土日4月22日・23日のアースデイ(代々木公園10時~)の準備に

  

新しいバナーの作成に

  

アースデイ用の撮影会など

  

沖縄のジュゴンの現状を広めると共に、沢山のみなさんとお話できる事を願って
 「地球の事を考える日・アースデイ」ぜひ遊びに来てくださいね 沖縄のブースで待っています
 ジュゴングッズもあるよ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月のじゅごん茶話会のご案内~4月27日(木)14時~です

2017年04月08日 | イベント案内
春爛漫桜が咲いています
お花見など楽しまれているでしょうか

月1回ひらいている“じゅごん茶話会”
4月は27日(木)ですよ~

じゅごんとお茶とお菓子でお迎えします

この日は、4/21~23の政府交渉&総会&アースデイ東京参加の
報告ができたらと思っています。
21日(金)は政府交渉、外務省・防衛省・環境省へ要請行動を予定しています
22日(土)23日(日)はアースデイ東京@代々木公園でブース出店です

そして、今年のじゅごんの里ツアー用にピースリボンを作りたいと思っています。
また、平和の学びも続けます。

どうぞご参加くださいませ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月のじゅごん茶話会のご案内

じゅごんが泳ぐ宝の海 …守りたい


お茶とお菓子で ゆる~りと
ゆんたく(おしゃべり)しています

 2017年4月27日(木) 14時~16時
                    

辺野古はどうなってるの?ジュゴンは?
最新情報や気になることを話し合い、できることを考えています
そして、今年は沖縄のガンジーと称された伊江島の阿波根昌鴻さんの
平和運動を学んでいます。
時には、DVDを観たり、ジュゴンの折り紙を折ったり
ピースリボンにメッセージを書いたり
おしゃべりしながら、その時にできることをしています

ご要望があれば、ジュゴンのミニマスコット作りもできます
材料の準備がありますので、事前に連絡いただければ助かります

場所:ジュゴン保護キャンペーンセンター関西事務所
       最寄駅~JR・京阪・地下鉄「京橋」駅より徒歩10分ほど
  アクセスはこちらです

参加費:200円(場所代、資料代など)

問合せ:ジュゴン保護キャンペーンセンター関西事務所
        TEL/FAX 06-6353-0514 メール info@sdcc.jp
        当日は 090-5882-3629(いけがわ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/21日ジュゴン保護キャンペーンセンター第17回総会のご案内

2017年04月06日 | イベント案内

    昨年の総会の様子

ジュゴン保護キャンペーンセンターの第17回総会を
下記の日程で東京・大井町きゅりあんで行います。

日時:4月21日(金)午後6時30分~8時30分
場所:大井町きゅりあん4階(JR大井町下車すぐ)
    アクセスはこちら
議事 ①海勢頭豊代表 あいさつ「沖縄の情勢」
   ②吉川秀樹国際担当 講演「米政府への手紙」
   ③総括方針・決算予算案と討議
参加費無料


沖縄から海勢頭豊代表が参加し、沖縄の情勢についてお話しします。


吉川秀樹国際担当の講演は、米政府へ提出した
「やんばるの森の世界遺産登録に向けて」の懸念と要請の手紙の内容、
その後の動きについてなどがテーマです。

辺野古、高江は厳しい状況が続きますが、やんばるの海と森を守るための
今後の方針を話しあえたらと思います。

会員でない方も、どなたもご参加いただけます。
皆さまのご参加、お待ちしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/2 モモまつりに行ってきました

2017年04月05日 | 活動報告
4月2日、あおぞらモモの家~ねんにいちどのモモまつり~に行ってきました。
モモの家は、大阪吹田にあるコミュニティスペース。
色んなイベントが催されていますが、年に一度近くの公園でまつりをします。


前日まで寒かったのがうそのような春うららの一日となりました。
SDCCは、いつものように、ジュゴングッズを広げました
来てくださったひとりひとりと、ゆっくりお話しできるのがいい感じ。
まだまだ辺野古のことを知らない人もいるし、
「詳しく知らなかったけど、色々聞けて良かったわ」という人もいて、
皆さん、署名してくれました。


いか焼きや、ぶどう栽培農家さんのワインなど色んなお店が並びます。


バザーは、靴1足10円~など。


ステージも、元気いっぱい
こちらの「みつばちダンス」は、5/21に神戸で開催される
「神戸まつり」でパレードすることが決定したそうです


替え歌「アベイラン」も大盛り上がり


そして私たちも三線演奏を披露
子どもたちも、一緒に踊ってくれました。
モモの家で月1回ほど練習をはじめて、ほぼ1年たちました。
このほど、「つきもも(月桃)琉球三線会」という名前が決まりました
なかなか上手にはなりませんが、楽しく練習を続けています。

ゆったり、のんびり、楽しい一日となりました。
また来年

ZAN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加