REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



こんにちは、ふくしまの幕田です。

10月26日に桧原湖での東北ブロックチャンピオンシップに出場してきました。

今回は都合により前日プラができなかったので、この時期自信のある場所で勝負しようと

スタートしましたが、先行者がいたので目的のポイントが見える無名島で釣りスタートしました。

スタート前に厳しことはきいていましたが、実際魚探で見てみるとバスがワカサギについていたので、

ただ普通には釣りにく感じかなと思いました。

こういうときは、シャッドで喰わせるのが効くので、

3・5gのキャロにシャッドで島のブレイクの壁にそってゆっくり流すと、開始すぐに800gがヒット!

そのあとすぐに目的のポイントにはいれて、シャッドのキャロでもう一本追加

 

もうひとつ用意しといたパターンの2.7gのキャロリーダー20センチ位

短めに2”Gテールツインのあしをとり、テールもほんの少し残してカットして、

いも状にしてゴリに似せたシルエットで使いました。


このリグで3本追加でき、5匹で2887g5位になることができました。

 

 

なお、桧原湖もだいぶ寒くなってきたので防寒具レインのワームをお忘れなく!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




秋の琵琶湖に、今回は幼少時代からの友人と、二人トーナメントです。

友人は、10年間ぐらいJB選手だったひとです。

強敵です。

まずは水深2m前後のウイードエリアで、マメサイズが時々釣れる中、

早速やられました!50cmのグッドサイズ!

 

僕は最近マイブームのファットレインズスワンプスカッパノンレッド(西宮にあるショップ擬似餌屋さんのオリジナルカラーです)、

1/16ozのネコリグで

僕にも来ました~! 45cm

その後沈黙が続き、沖のウイードエッジ付近に移動。

ここではいつもの3.5レインズホッググリパンの5/16ozテキサスでバスを探します。

ウイードの中にロングキャストし、シェイク、フォールの繰り返し。

フォール中にコン!と吸い込むアタリで早速の50cm

 

 

その後40アップ2連発

友人もライトリグで10連続ヒットしましたがサイズが伸びずタイムアップ。

 

天気もよく、ピーカンベタ凪ぎの中、スーパービッグは出ませんでしたが二人とも50㎝を釣り、楽しい釣りが出来ました。

最後は友人のこのポーズで

勝った!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です。


関西からお越しの竹内さん、奥村さんを秋の琵琶湖を楽しんで貰えるように頑張ります!!


マリーナ周辺から牧周辺では、レインズカーリーカーリーのヘビダンや

レインズスワンプのネコリグ等で数は釣れますが、

今一つサイズが出ず水深の有るウィードが点在するエリアに移動!!


6メートルの水深でウィードトップ3メートルのレンジを、ディープクランクで奥村さんにナイスサイズ♪


竹内さんは、レインズスワンプで!!

エリアを湖流の当たるロックエリアで、奥村さんのディープクランクでナイスバス!!

竹内さんも、レインズGテールサターンレインズスワンなどでナイスサイズ♪

マリーナ周辺に戻り、二連貯水塔でもディープクランクに!!


秋の琵琶湖は巻いて好し、ピンスポットに入れても好し!!っと言った感じです‼

 

秋の琵琶湖を満喫して下さったお二人様お疲れ様でした!!有り難うございましたm(__)m


プライド50最終戦に参加させて頂きました!!

結果はまったく釣れなく2本で15位

それでも何とか年間優勝獲ることが出来ました‼

サポートして下さっているレインズ様‼

有り難うございましたm(__)m


この一年を通してレインズワームに助けられた一年になりました‼

本当に有り難うございました‼


来年も更なる上を目指して頑張りたいと思います‼



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




台風19号の接近で開催も危ぶまれましたが開催時間を4時間に短縮とエリア縮小の措置がとられ無事開催されました。


前回のレポートでお伝えしたとおりプリプラではビッグフィッシュが釣れていましたが

週を追うごとに水質悪化が進み状況は厳しくなる一方で釣れるスポットが限られるようになってました。


大会スタート後は少しでも水質の良い最上流のカレントの当たるシャローに入りテキサスリグ5gエコブラッシュホグ)でアプローチすると2投目で300gキャッチ


周囲にくまなくテキサスを通して反応を得られなかったのでソウルシャッドを投入すると

1投目に650gがヒット幸先良いスタートとなりました!


1時間ほど最上流エリアに費やしても追加とはいかなかったので今回本命と思っていた

沖にハンプが点在するエリアに移動


しかしテキサスリグでアプローチするのですが強風が吹きつけ

シンカーを7gに上げても上手くボトムをトレースできずバスからの反応は返ってきません。


そこで同エリアのバンクに近いブレイクをよりタイトにトレースできるようにアップヒルにテキサスリグ5gエコブラッシュホグ)を通すと950g600g連続ヒット!


その後いろいろと手を尽くして2本キャッチしましたがそれ以上の入れ替えは出来ず終了。

2190gをウェイイン


 

周りも強風に悩まされてウェイトは伸びなかったようでなんとか2位入賞しました。


この時期の遠賀川では細長いよりテナガエビに近いシルエットのワームに好反応なのでエコブラッシュホグを選択し

それが良い結果につながりました!

チャンピオンシップでは年間の表彰も行なわれるので

今回の2位の盾の他にヒューチャプ2位福チャプ4位の賞状頂きました!


今年もチャンピオンシップ西日本決勝への切符を手にすることが出来ました。


遠く離れたアウェイの地での開催となりますが4回目の権利獲得で昨年は6位と悔しい思いもしたので

リベンジのつもりで挑んできたいと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です!!


今回のゲストさんは、秋の湖北バスを狙いに来て下さった林さんです。


マリーナ周辺の水深の浅いレンジでチェックするもバイト無し?


牧に移動し、周りは琵琶湖オープンのプラのボートだらけで漁礁は満員です!!


近くに有る貯水塔を、レインズ3、5インチGテールサターンのダウンショットで45up‼

それ以降サイズが出ず30前後のバス入れ食い‼


漁礁が空いたので、エレキで移動中ゲストさんのタックル調整中、水中に入っていた

レインズカーリーカーリーのヘビダンに、ナマズがバイトしてしまいました( ̄▽ ̄;)

 

漁礁に入ったのですが、サイズが良く無く沖ノ島南側に移動‼


水深6メートルに有る、ロックエリアでレインズスワンプ(ウォーターメロン)のベイトネコで待望の50up!!

マリーナ周辺の二連貯水塔でレインズカーリーカーリーのヘビダンで40位ので終了となりました❗

サイズ関係無くバイトしてくる季節になりましたが、ピンスポットにルアーを入れてビッグバスをキャッチして下さった林さん!!

お見事でした‼


琵琶湖に遊びに行く時は、皆さんレインズワームを是非タックルボックスに沢山詰め込んで来て下さいね!!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フィールドスタッフの島田です。

9月27~28日、野尻湖で開催されたマスターシリーズ第4戦に参戦してきました。

今年のマスターシリーズも、あっというまに最終戦を迎えることになりました。


年間順位も上位につけていることもあり、気合いを入れて9月に入ってから

プラにほぼ毎週入っていました。


色々と試行錯誤したが、結局は確実にバイトを得ることが出来るのはライトキャロでした。


あとバイト数は極端に少なくなってしまうが、フットボールジグでキロアップというパターンを見出していました。


ライトキャロにはGテールツイン2インチをメインに使用。


フォールやスイミングではそのまま使用するが、ボトムステイの時はカーリーテールをカットして使用します。


フットボールジグのトレーラーには、同じく3インチGテールツイン3インチがいい感じで、グッドサイズがプラでは釣れました。

そんな感じで魚を見失うことなく順調にプラをこなすことが出来たが、決してバイトを得るのは

イージーでなく、また大会が近付くにつれて釣れるエリアが少なくなり、ディープフラットに

おいても自分にはピンスポットでしか釣れず、エリアのバッティング等を考慮すると

5本揃えるのは厳しいという感触で大会を迎えました。

大会初日は今まであまり吹かなかった南風となり、それも結構強めに風が吹いて

タフコンディションに拍車をかけたようでした。


スタートから一時間程たったころ、攻めていたスポットをスモールの群れが通過していくのが

HDSに映り、抜けて行ったと思われるバンクに向かってGテールツイン2インチのライトキャロ

をキャストすると、着底する前にひったくっていくようなバイトがあり、900gサイズを無事にゲットしました。


しかし、スモール動きが早く2本目を追加しようと思った頃にはHDSには何も映らず真っ白…


しばらく粘るが、まったく回遊してくる気配、予感を感じなかったので別にスポットに移動しました。


しかし、今までのプラで魚映の濃かったこのスポットも非常にプアーな状況になっていたので、


風の影響をプロテクトするようなエリアに移動してGテールツイン2インチでもう1本追加して初日は終了。


2本1662グラム18位

 

2日目は風向きが北風に戻ったので、状況変化を期待して

お気に入りスポットに向かったが何事も起こらず…


このまま張り付いてもノーフィッシュとなる予感がして初日に2本目を取ったスポットに移動。


ここで、キロフィッシュを含む3本をキャッチし劇場開幕か?


5本揃うかも?

と思ったが現実は甘くなく、貴重な1バイトをミスフッキングして帰着となりました。


運命を分けたラストバイト。


2日目の成績は3本2364グラム10位


総合成績は7位入賞でした。


お立ち台までたった1ポイント差…


そして、年間ランキングは追い上げも届かず、4ポイント差の2位で残念ですが、


マスターシリーズ上位5名までの


年間特別賞を受賞出来たので満足です。

 

今大会のメインリグ:
ライトキャロにGテールツイン2インチ、
シンカーはタングステンスリップシンカー(グリーンパンプキン) 2.7g
フットボールジグのトレーラーにGテールツイン3インチ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




福岡のスタッフ松吉です。

九州ブロックチャンピオンシップが近くなったので遠賀川に通い始めました。


9/23(火) 水温23℃カレントも強く水色も良く釣れそうな雰囲気


強めのカレントが当たる石積みを釣っていくとクランクやネコリグでポツポツ釣れてきますが

サイズが上がらず最大600g


午後からパッタリとバイトが遠のき気付けばあっという間に夕方


最後に上流カバーをゼロダン5g(3"Gテールツイン)で撃ちはじめるとすぐに

ピックUP中にバスがチェイス戻っていったカバーにすかさず撃ち込むと

 

今日一1kg弱のバス


これに気を良くしてそのままカバーを流してみましたがノーバイト


すっかり辺りが薄暗くなってきたので帰ろうとエレキを一度上げたのですが

目の前にある沖のピンスポットが気になりもう一度エレキを下ろして

ゼロダン5g(3"Gテールツイン)を投入すると1発でコツコツと小気味良いバイト反射的に

フッキングを入れるとギュンギュンと強烈な引き

上がって来たのはジャスト50cmのビッグバスでした!


いつもなら夕方早くに切り上げるのですが遅くまで粘った甲斐が有りました。

 

****************************************************

 

翌週9/28(日)到着してみると辺りは霧に覆われていて僅か10数m先も見えないほど


仕方ないので岸近くを流して行ってテキサスリグ5g(リトルレインズホッグ)で600gキャッチ


霧が晴れると辺りの状況が分かって来ました。

カレントこそソコソコあるものの前回より水質は悪化していて水温も25℃と少し上昇

そこからは延々ノーバイト

 

昼食と少し昼寝をして気持ちを切り替え少しでも水質の良い上流域の石積みを

テキサスリグ5g(リトルレインズホッグ)で丁寧にズル引きしていると一瞬違和感が・・


フッキングを入れるとドン!と根掛かりのような重量感 

強烈な引きをいなして上がって来たのは

自身の遠賀川レコードとなる55cmのビッグバス!


遠賀川でもなかなかキャッチされない50UPを

2週連続でキャッチ!


正直この2本以外はプラクティスとして収獲はありませんでしたが

本番でもビッグバスが獲れると信じてレインズワームを撃っていこうと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




レインフィールドスタッフの青木です

JB2四国の最終戦のレポートです

前日のプラクティスは、台風後の濁流を見て、今回はテトラに的を絞って探していきました。

なんとか、良いスポットを見つけて練習を終えました

試合では、メインはスワンプサターンのネコリグ、超絶穴打ちをメインに展開、この超絶穴打ちとはこんなの無茶だというところに、根性だけでネコリグをねじ込んでいきます。

すると、8時15分にはリミットメイク!

がんばって、少し入れ替えをしていき、なんとかかんとか1961gでフィニッシュ
写真はパートナーの横地君

順位こそ、8位でしたが、内容は良く、皆さん苦しみながら3本リミットのリミットメイクをされた方が7名でした。

それもかつかつ3匹釣れた選手ばかりなのに対し、スワンプサターンのおかげで、ネイスキーパーを7匹捕ることができました。

ウエイトは負けてしまいましたが、うれしかったです。

年間順位も9位になりました!

今回の立役者のスワンプサターンです。

スワンプよりも水押しが強いのが特徴です。

今年の琵琶湖チャプターと京都チャプター年間優勝者のメインルアーも、スワンプサターンだそうです。

詳しくわかりましたら、またレポートします。

青木



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )