REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



皆さんこんにちは。フィールドスタッフの小木です。
今年も霞ヶ浦水系を中心に、釣果情報をお伝えしますので、宜しくお願いします。

関東の2月は、雪が積もる日があり、かなり寒いです。
そして寒い中、初バスを狙いに、霞ヶ浦に行ってきました。

この日は、クラブチームの大会開催日。初バスを狙いながら、参加してきました。

当日、朝の気温、氷点下5度。あまりの寒さにビックリ。

何もかも瞬時に凍ってしまう状況でしたが、15名の参加者が集まりました。

さて、スタート後、まずは1匹を確実に釣るという事で、沈みテトラ帯を狙う事に。
水温を確認すると、目を疑うほど低い。なんと2度後半。
この水温では、シャローは釣れない。ディープも冷たいと思い、中層を狙う作戦。
テトラのエッジにシャッドをコンタクトさせながら、狙うが反応がない。

次にハイパーFスカートを巻いた1/16ozのスモールラバージグ+キックリンガーをテトラに引っかけて、リアクション気味に外す。


そのアクションを繰り返し、外した瞬間にグーと重たくなり、スイープフッキング。
するとロッドから伝わる、バスの引き。
この時期は食い込みが浅いので、慎重にやりとりして、初バスを釣る事に成功。




1匹釣る事が出来ましたので、ここで作戦変更。
冬バス狙いから春バス狙いに。コンタクトポイントをリトルレインズホッグのライトテキサスにて狙うが反応がない。
そこで再度スモールラバージグで狙うとバイトが。
だがバスではなくニゴイ。帰着間際に、バイト。またニゴイでショック。
ここで帰着時間に。

帰着後、検量。3位になる事出来ました。

春先には欠かせないキックリンガー。ダウンショットやスモールラバージグのトレラー等に最適ですよ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




グルーバーズベンドさんのショップトーナメント「GB open」に参加してきました。
この冬は全国的に寒い日が続いていますが九州一釣れる湖 北山湖もその例外ではなく、異例の低水温が続いており、たった1本を釣るのも難しい状況

今大会の朝も湖が一部結氷するほどの強烈な放射冷却に襲われました。



前日プラでは写真のようなBIGバスが春らしい場所でつれたのでそれを狙っていきますが、ターンオーバーが起きていて激沈黙で300g1本のみ。

そこで冷え込みの影響を受けにくいキーパー場でジグヘッドリグ3/32oz(Gテールサターン3.5in)で難なくリミットメイク!

その後、同じ場所でタイミングを変えてジグヘッドを1/8ozにするとバイトが続き入れ替えを繰り返し1700gでウェイイン



今大会はGB tour史上初の激タフコンディションで参加者の約2/3がノーフィッシュ
サイズに恵まれなかったもののリミットメイクしたのが私を含めて3名だったので4位入賞しました!



今回活躍したのはGテールサターン3.5inとキックリンガー4inは今期エコ認定されたワーム
今年の公式戦でバリバリ活躍してくれそうなので販売されるのが待ち遠しいですね!


ロッド:オールソリッド 6.4ft
リール:2500番
ライン:FCスナイパー 3lb
ルアー:ジグヘッドリグ3/32oz or 1/8oz(Gテールサターン3.5in・キックリンガー4in)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )