REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



こんにちはスタッフの石川です。
まだまだ夏の暑さの残る9月です
今回のゲストさんは、この時期から良く琵琶湖に遊びに来て下さる奥村さんと竹内さんです!!

午前中のエリアは目に見えるストラクチャーから行きます!
まずはマリーナ周辺の2連貯水から!
レインズスワンプヘビネコとレインズムーヴァJrダウンショットで狙います!

ファーストヒットはダウンショットで狙った奥村さん!
40後半のナイスバス!



ヘビネコで狙っていた竹内さんにもファーストバイト!



次に、沖ノ島周辺ロックエリアに移動

ディープクランクで探るも反応無し。
ベイトのポジションがボトムより少し浮き気味!
ネコリグの反応無し!

竹内さんのレインズスワンプのジグヘッドワッキーをスローにホールさせると、ラインが走りバイトに成功!
上がって来たのはナイスな50up



その後も、各エリアを転々と探るも40upがポロポロと言う感じです!!

夏のようで秋の気配の難しい琵琶湖で丁寧に釣って下さったお二人さんお疲れ様でした。
このような活性の悪いバスに口を使わせる事の出来るレインズワームはさすがですね!!
お二人も驚いていました(^-^)v
レインズワームで琵琶湖のバスと遊びたい方はガイド募集していますので宜しくお願いします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




晩秋の活性が高くなっている、グッドサイズの魚のみを狙って捕る為、定番の北湖へ。

毎シーズン恒例の、レイン ファッドロックバイブシャッドのみを使い、釣法はスローにストレートに引くのみ!

ポイントさえ正解なら、丸太のような体力のある魚が、ディープから浮いてきてバイトする最高に楽しい釣りが出来ます!









今回は、若干、魚が沈みぎみだったので、いつもはノーシンカーがメインの釣りですが、ジグヘッドをリグって行ったのですが、以外とファッドロックバイブシャッドの動きが良くなり、良い釣果につながりました。



この時期この釣り方はオススメです。
ハマれば最高に楽しめますよ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日琵琶湖で行われた「擬似餌屋OPEN第2戦」をレポートさせて頂きます。



何故か毎回雨が降る擬似餌屋OPENが怪しい雲行きの中スタート。

少し前までは結構大型がたくさん釣れる情報があったが、ここ何度かの雨で季節の進行が掴み切れず、最近の釣果は厳しい模様。

この季節の琵琶湖は例年ならアユの群れを追うバスのボイルが多く見られるが、今年は季節の進行が遅いのかあまりその姿も見られない。

パンチ組も今年は爆発力に欠けると皆が漏らしている・・・困った・・・・





今回は、疎らに生えたエビ藻エリアではファットスワンプのネコリグ、

バスがベイトを追っかけてそうなエリアではバブリンシェイカー4”のノーシンカー高速引きの2つをメインに・・・と言っている間に雨と強風が・・・

強風時はファットスワンプに重めの7/64 ozのネイルシンカーでスイミング気味に、風が少し弱まった時はバブリンシェイカー超高速引き!

で、



56.7センチ他、40前後多数で優勝させて頂く事が出来ました!

琵琶湖は色んなパターンがあるから面白いです。



結局最後まで雨・・・・(T_T)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前日プラクティス
局地的な雷雨もあり、水位ももどり 水温も1℃さがり 水質も良くなっていた湖の状態を把握するために一周する事に。

東浦は、恋瀬川河口付近でアオコがあり、川筋に入ると 赤茶色になっていた。

西浦は、思っていたより水質が良く、桜川河口で、チャネル絡みのベジテーションで スピナーベイトにファーストバイト 500グラムくらいのを、キャッチ

後が続かず 気になる水門を見てまわり、プラクティス終了。

大会当日。
第2フライト 本湖の水門を2ヶ所まわり西浦のドッグへ。
石積みでテキサスリグ(エコブラッシュホッグ ブルーギル、レインズTGスリップシンカー マットカラー仕様グリパン)に800グラムくらいのをキャッチ

桜川河口に移動。
スピナーベイトで流すもノーバイト。
折り返し5グラムのテキサスリグにかえ、2本キャッチしリミットメイク。

12時をまわり実績のあるポイントをランガンするも、入れ替え出来ずタイムアップ。

2162グラム 11位。



思っていたより順位が上がっていたので嬉しかったです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




皆さん、いい釣りしてますか!
10/10、秋本番の琵琶湖に行ってきました。



事前情報では「厳しい!」と聞いていた琵琶湖。
その通り、スタートから何をやっても魚信が伝わって来ない大苦戦の展開に。

結局、午前中はバスを触ることは出来ませんでした。

ノーフィッシュが頭を過ぎる中、最後と思い腰をすえたポイントは、いつものボディウォーターの絡むフラットなウィードエリア。
リグは寺田のファイナルウエポン、レインズスワンプのネコリグ。

ウィードエリアと言っても、今年はもともと少ない上に季節が変わり、さらに減ってしまった状況の中、リグをズル引いて「こんもり」した感覚のところでロングステイ。
寺田のいつもの手口ですが、これにはバスさんは反応してくれました。

50と46センチのナイスなバスとご対面。
(あとは30センチクラスを5~6本)







琵琶湖としては、まだまだのサイズですが、状況から考えて良かったのではないでしょうか?

まぁそれにしても、レインズスワンプにはいつも助けられますね!
寺田にとっては「神様、仏様、レインズスワンプ様」です。

◆リグのご紹介
・ワーム   レインズスワンプ(カラー:擬似餌屋限定スカッパノンレッド)
・フック    擬似餌屋フックLサイズ
・シンカー  レインズTGネイルシンカー 1/16oz

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




例年通りなら秋の荒食いが始まり出す琵琶湖。
まだ鮎が流入河川の河口に集まりきれて無い状況でしたが、河口ではボイルがちらほら(;´Д`)…
バスは鮎が入って来るのを待ち伏せしてるだろう場所にレインズスワンプマグナムで50UP含め大量に釣れましたV(^-^)V











この日の当たりカラーはグリーンパンプキン、シンカーはレインズタングステンネイルシンカー3.2g。

その他のカラーは全くアタリが無くお客様のグリーンパンプキン在庫が無くなる状況(;∇;)/~~

レインズスワンプマグナムは、ハマると驚異的に入れ食いになるのでストックは沢山準備して琵琶湖へお越しくださいネェ~(・o・)ノ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月1日土曜日の午後からと、2日日曜日、マリーナ主催のトーナメントに参加しながらプラクティスをしました。

初日は、北利根川に入る。
すると各水門付近で、表層にワカサギの群れそれを補食しようとするキャットフィッシュが見られた。
バスも混じっていないかとルアーをキャストしたが、反応はありませんでた。

2日は、東寄りの風が吹き東岸をメインにする事にしました。
島並のジャカコに入り、アウトサイドの杭でテキサスリグ(エコブラッシュホッグ、ブルーギルとレインズTGスリップシンカーマットカラー仕様グリパン)で600グラムをキャッチしました。



が、すぐさま雷雲が押し寄せ霞ヶ浦大橋まで移動し、その付近をチェック。
その1時間後に局地的豪雨に飲み込まれ大橋に避難し、収まる次第マリーナに帰着しました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スタッフの平石です(・o・)ノ
チャプター琵琶湖で年間優勝する事が出来ました(^_^)v





最終戦は良い成績ではありませんでしたが、過去にAOYを逃した事があり、メンタル的にかなりまずい状況でしたが、
エコレインズスワンプに絶対の信頼があったので最終戦も自分の釣りが出来ましたo(^-^)o

レイン様には私をサポートして頂き大変感謝してますm(_ _)m
皆さんも日本一のビックバスレイク琵琶湖にお越しの際は必ずレインズスワンプを持参して下さいネェ~(・o・)ノ

スワンプマグナムやファットスワンプもビックバスの確率があがるので必ず用意しましょうネェ~(≧∇≦)

琵琶湖でガイドもしてますので「琵琶湖とバス釣り」で私のブログから是非ともお越しくださいV(^-^)V

皆様のお越しをお待ちしてますm(_ _)m

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはレインプロスタッフの大津です。
半袖では少し肌寒い季節。そろそろ紅葉が始まり秋本番。
心地よい季節で湖上は数多くの釣り人で賑わってきますね。

今回は秋を意識して巻物中心で狙ってきました。

この日朝から曇り。巻物には最適な天気。
ここ半月で水温が下がりバスが広範囲に散らばり始めましたので、巻物でテンポ良く探る作戦。
広範囲に探る為にはハードルアーの存在は欠かせません。
特にワイヤーベイトを使用するアングラーが多いと思います。
やはり表層からボトムまで探れ、尚且つハードルアーよりロストする確率が低い。
自分の場合は、他のアングラーが攻めた後に釣りする事が多くので、アクションを抑えたジグスピナーを使用します。
また水深が浅い場所が多く、ジグヘッドのウエイトを軽くしてスローリトリーブ狙う事が多い。
狙う場所はシャローフラットエリアや風・流れがよれている場所。
シャローフラットエリアにはバスがフィーディングでシャローに移動して果敢にベイトを捕食する。
風・流れがよれている場所にはバスが捕食するベイトが集まっている事が多い。
この2つの場所を何カ所か回り良型のバスを狙う。

朝一はシャローフラット狙い。
ジグスピナーにGテールサターンをセットしキャスト。
この時タイミング良く水門が開放し流れが出始めた。
これはチャンスと思いシャローフラットエリアで流れがよれるポイントにキャスト。
ボトム付近をトレースするといきなりバイト。





幸先良く1匹目を釣る事に成功。


その後は流れが強くなりポイント移動。
次に移動したポイントもインサイドにあるシャローフラット。
同リグで表層付近をトレースすると元気が良い小さいバスを連続で釣る事が出来たが、金太郎飴状態でしたのでポイント移動。

何か所か回り自分が思い描くポイントに到着。
岬状になっている地形で流れがよれるポイントにカバーがある。
そこでリングクローをセットしたテキサスをキャスト。
普通ならカバーの周りや中にテキサスをキャストするが、先行者も同じ事をしている可能性があるので少し狙い方を変えてみた。
キャストしラインをワザと枝に引っ掛けカーブフォール。
そして中層でステイをさせる。
5秒ぐらいステイさせた瞬間にラインが走った。
瞬時にフッキングしカバーから離し、一気にバスを抜く。
だが手前の藪に引っ掛かってしまったがロッドを突出し真上にテンションを掛けて強引に抜く。するとこの日最大魚を釣る事に成功





ここで再度巻物にチェンジ。
ここ数カ月釣りをしていて感じた事が。
自分が行くフィールドではバスが甲殻類よりベイト(サヨリ、ボラ等)を捕食している感じがします。
そこでベイトと同サイズのシャッドを流れがよれているポイントにキャスト。
岸ギリギリにキャストし2~3巻き目にバイト。
無事釣る事が出来ここでストップフィッシング。

Gテールサターンの集魚力にはビックリするほど凄い。
何処のフィールドに行っても欠かせないアイテムですね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




皆さん、いい釣りしてますか?
9/19、またまた琵琶湖に行ってきました。
これで何週連続の琵琶湖釣行になりますかねぇ?

今回のゲストは、実に同船が4年ぶりとなる京都府在住のブログネーム「ヒロK」さん。

以前はよく、ヒロKさんの愛艇で南湖を駆けずり回ったものです。

この日の釣りは、ここ数週間で寺田が手応えを感じている西岸のウィードエリア数箇所とボディウォーターの絡むウィードエリアをレインズスワンプのネコリグで徹底的に攻めるというプラン。
お互いにネコリグを得意としているので、自ずとガチンコ勝負となりました。

特にネコリグにおいては、丁寧なラインコントロールをされるヒロKさん。
寺田も横で見ていて脱帽です。
やはりその結果は如実に現れ、強風に悩まされる寺田を横目に40~56センチを8本と快釣。(昔からそうですが、やっぱりよく釣られます!)















寺田も負けじと感化され、数は40センチ~を5本と振るわなかったものの、61センチと久しぶりのスーパービッグをゲット



ネコリグにはそれぞれの持論を持つ二人。
マリーナ帰還後は、レインズスワンプのネコリグ談義に花が咲きました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ