REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



6月23日、徳島県の旧吉野川にて開催されたJBⅡ四国に参戦してきました~

JBⅡは、2人組での試合です
パートナーは、レインプロスタッフで元TOP50の池田隊長です。



当日は、台風の影響で激濁り激流の、難しそうなフィールドコンディションでした。

まずは前週、火曜日のプラクティスで見つけていた場所に直行し、いきなり一投目から、ヒット

私が、信頼している、レインズエコスワンプのエビミソカラーの1/16ozのベイトネコに1キロクラスのグッドフィッシュが釣れました~

そのあとは、粘るも当たりがなく、更に下流にくだり、テトラの中を、同じように攻めていくと、リミットメイクし、更に入れ替えを~



戻りながら、気になる場所を探っていくと、新製品の2"Gテールツインのダウンショットリグに1キロクラスがきて、更に入れ替え成功!

ウェイトは2877gでフィニッシュ!!

岸に上がると、あまり釣れてないようで準優勝でした~





今回、活躍してくれたのは

エコスワンプ エビミソカラー



新発売の、2"Gテールツイン グリーンパンプキン



レインズワーム、釣れますよ~


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回は、ガイド兼ショップトーナメントに参戦。



今回のガイドでは、ゲストにサイトで魚を捕って頂くのが前半の目標。

まずは、今回のゲスト、中尾さん、山根さんにタックルの説明をし、先ずは北湖へ。

お二人共サイトは初との事で色々とお話をしながら、目を慣らしてもらい、魚を探し、魚のスイッチを入れて釣る。

この動作を覚えて頂き、先ずは、中尾さんがキーパーをキャッチ!

勿論サイトではロックバイブシャッドです!

お次は、山根さん
グッドフィッシュに口を使わすも、反射的に絵に描いたようなフルフッキングでラインブレイク
これにはみんな爆笑で、船上が笑いモードに入り、楽しい雰囲気の中、両ゲストに数本キャッチして頂き、風が出てきたのと同時に、サイズアップを計る為、南湖へ移動。

数ヶ所回りながら、この日良さげな貝捨て東で、レインズ ファットスワンプを使ったネコリグで丁寧に、この日当りの軽いリフト&フォールで繰り返しピンポイントを攻め、各自グッドフィッシュを連発!









その後も、更にサイズアップを計るべく、ゆみはま沖へ移動。

ここでは、一発狙いのテキサスで攻めると、山根さんのロッドが絞り込まれたんですが痛恨のフックオフ。

その後、中尾さんにもヒットするも又々フックオフで、タイムアップとなりました。

トーナメント結果は。

私、準優勝頂いちゃいました~



ゲストの中尾さん7位、山根さん8位でした。

今回、ウェインした魚は、私もゲストも、レインズ ファットスワンプでした!
ファットスワンプはエエ魚良く釣れますわー!
ゲストの山根さんもファットスワンプ愛用者で、ファットスワンプボックスをお持ちでした!

今回、ゲストが爽快で楽しい方だったので、笑いが絶えず楽しい釣行となりました。

有り難う御座いました~


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはレインプロスタッフの大津です。
今回は奈良県の津風呂湖でJB戦が開催しましたので、プラクティスから大会当日までの様子を報告します。

大会前日

湖の状況は先週より水位が下がり、一段深い水深にバスが移動したと思い、先週反応が良かったノーシンカーでチェックする。
フォール中にバイトはないがピックアップと同時にバスが追いかけてきた。
ファーストブレイクにいる事が解り、その後はシャローをチェックする。
先週より見えバスが多く、Gテールサターンのダウンショットを目先付近にキャストするとすぐにバイト

明日はフライトが遅い為このポイントに入れないと判断し移動。

その後一通りシャローをチェックし地形や回遊ルートをチェックして前日プら終了。


大会当日

昨夜から降り続いた雨。
朝方も小雨が降り今日はローライトかな~と思い準備を始める。
朝のミーティングが終わりスタート。
そして本命ポイントの岬に入る事が出来た。
しかも釣り開始と共に曇りから晴天になり気温上昇。
昨日同様ノーシンカーをキャスト。
フォール中に反応がないと解っていたので、ピックアップ時に集中。
ボトム着底後早巻きでピックアップすると後ろからバスが。
だが寸前でUターン。
今度はディスタンスをとり再度狙うがまたしても寸前でUターン。
これは何かが違うと思い色々なリグで試すが反応がない。

一端ポイントを休める為にシェード狙いに。
立ち木のシェードにノーシンカーをキャストし、ボトム着底後グーっと重たくなった。
すかさずフッキングするがロッドから伝わる感触がバスとは違う様な?上がってきたのは雷魚。
がっくりして即座にポイント移動。

もう一カ所狙っていた岬に入るが時間だけが過ぎていく。
そこで再度本命岬に戻る。
岬のフラット部分にシェードが出来ていたのでGテールサターンのロングリーダーのダウンショットをキャスト。
フラット部分のエッジにステイさせ回遊で回ってくるバス・フィーディングで入ってくるバスの両方を狙う。
するとステイ中にラインが走った。
すかさずフッキングしやりとり開始。
引きの強さから良型と解りオープンウォーターに誘導し慎重にやりとりして釣る事に成功。





再度同リグで狙うが反応がない。
帰着時間まで1時間。ポイント移動し良型を狙うが反応がないまま終了。

1匹の重量1800g。




結果80人中19位で初戦を終了しました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月9日 アズマボートクラブ主催の大会に参加しました。

梅雨入りしましたが雨が降らず減水していました。

シャローの一歩手前で水の流れのあるエリアをテキサスリグのピッチ&フリップでラン・ガンしました。

5バイト、2フィッシュ一本47㎝1520グラムを釣り上げることができ、ビックフィッシュ賞をいただきました



リグは 5,3グラムレインズTGスリップシンカーマットカラー仕様グリパン

3.5”レインズホッグ グリパン)です。

今シーズン魚探掛けに集中していたので 良いリハビリになりました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です!

レインズ新製品ハネセクター!!パッケージから取り出しビビっと来たのが、マリーナ周辺のリーズ!!



早速、ノーシンカーでチェック 静止状態異常なし!! 次に少し動かす!! バスの反応あり! しかしUターン

何が足らない!!? 前後ろフックの指方を変えてみたり色々試すがバイト無し

釣り方を表層から少し下のレンジにシフトチェンジ!!
これが良かったのか、直ぐにバイト
掛かりが浅くフックOFF!!

その後、5バイトするも1フィッシュ。



まだまだ、上手く使いこなせてないのか、魚の方かエリアなのか!? 色々開拓する予知が沢山有ります!! それが楽しいんですがね

これから、色々なエリア で試して行きます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




全国レインズファンの皆様。こんにちは、福島の橘内です!

5月に続き、6月9日裏磐梯桧原湖に行って来ました。

今回はプチガイドです。
プロガイドさんではありません・・・・プチガイドさんで~す。。。

さて、6月初旬の桧原湖は、通常スポーニング中~後半で、まだまだネストが点在する時期です。
それと同時にプリ・アフター・サマーなお魚が入り乱れ、釣れる時期なのです。

2週間ぶりの桧原なので、今一状況は解りませんでしたが、取りあえずアフター回復組みを探しに行きました。
ポイント的にはスポーニングエリアに隣接するミドルレンジから始めました。

橘内君的定番な、レインズエコキックリンガー3インチオキシブラッツドのジグヘッドを、地形的にエサを追い込める場所に中層スイミングで誘いますと、僅か2投で!!!

良型サイズがヒット!!



その後、ゲストさんにも釣れ幸先の良いスタートをきれました。

風が出たり止んだりで、時より寒さを感じる場面もありましたが、そんなタイミングで場所移動!
移動したポイントは、ハードロックボトムに絡むウィードエリア。

ここでは、レインズスワンプミニスカッパノンエビミ・レインズネイルシンカー0.9gをメインに、橘内流ネコスト(ネコリグ中層スイミング)
答えは簡単でした。



ウィードに触らず、その上をかすめる様にスワンプミニをネコストしてくると・・・・ゴ~ンって感じでした!

兎に角完全アフター回復の桧原のスモールマウス・・・・・パワ~もハンパ無いですよ~~~~~!!



アフター回復組みは、ご飯を食べたくて食べたくて・・・・・イヤ!レインズスワンプミニを食べたくて、丸呑みゴックンチョよ。



信じられませんが・・・・・・この後そのポイントが爆発。永遠に釣れつ続いたのです

釣れ続け、渋くなって来たので〆はレインズキックリンガー3インチエビミソに、レインズTGダウンショッツトシンカー1,8gのスローズルズルシェイキ~でドス~~ン!!



ゲスト様も、桧原湖のバスのサイズが大きくなった事に驚きながら、一日楽しんでもらいました。

因みにゲスト様はレインズオリジナルエコスワンプでした(^-^)v



6月桧原釣行の祭は、2m~4mくらいの水深で、ハードボトム・岩地帯・ウィード地帯を、レインズキックリンガ~のダウンショットや、レインズスワンプのネコリグなどで攻めてみるとスモールへの近道になる事間違いなしですね!!

全国津々浦々のレインズファンの皆様、桧原湖スモール・・熱いですよ~~~。

魚釣りは楽しいが一番!レインズの商材と共に(^-^)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




サポートスタッフの松原です。
先日JB旭川第2戦に参加させて頂きました!まあ結果は後ほど・・・

前日プラはいつもの通り金曜仕事終わって準備し夜中2時ころ出発。



流石に途中で仮眠を取り、到着したのが午前8時、早々に準備しプラスタート!

まずはスモラバでスロープ対岸を上流に流すと!!!
違うお魚でした・・・( ・∀・)つ ∑>+++{ ゜ )



水の動いているところで反応はあるが全部小さい・・・





こりゃ違うな・・・

そしてプラ終了

何も掴めないまま明日をこのまま迎える訳にもいかないので
ゲン担ぎ(๑≧౪≦)てへぺろ



岡山県旭川ダム周辺は自然が豊かでいい所。何気なく蛍が舞っていました。





と、話が逸れて迎えた当日、昨夜からの雨が残ってのスタート。



毎日数十センチずつ減水しており昨日と風景も水の色も違い焦りながら
昨日サイトで確認出来た魚を見に行くがお留守・・・

その後、キーパーギリギリを何とか1匹エコスワンプミニ(エビミソ)でキャッチし
再度見に行くがいない・・・終わった・・・

諦め切れずエレキも踏まず数分様子を見ているとボワンと昨日の魚が戻ってきた!
慎重にエコスワンプミニ(エビミソ)のダウンショットを投入すると一発で反応!!



その後も必死で走り回ったがそのまま終了m(_ _)m

今回50名参加、17名ウエイイン、1名リミット5名2匹キャッチ。

私の成績は13位と微妙な成績でしたが、厳しいトーナメントの中、複数匹の
魚を捻り出せたのは自信に繋がりました。

信頼して勝負出来るエコスワンプミニは私の気持ちを支え続けてくれました。
第3戦も頑張ります!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはレインプロスタッフの大津です。
全国的に梅雨入りしましたが、雨が降らず夏日が続いていますね。

今回は中部の野池にてアフタースポーンから回復したバスを狙ってきました。

この日、日の出と共に釣り開始。
天候は曇り時々晴れで時折小雨が降る状況。

初めて訪れる野池でショアラインにはオーバーハング・葦・ヘラ台等数多くのストラクチャーが存在し水質はステイン。
池の大きさは小規模で歩いて一周出来る。
第一印象は何処にキャストしても釣れそうな雰囲気。

さて今回は梅雨時期という事で水面を意識するバスを狙う事に。
朝一フィーディングでシャローに上がっているバスをフロッグで葦やオーバーハングをタイトに通していくとフロッグに襲い掛かる。
だが自分でもビックリするほど中々掛ける事が出来ず時間だけが過ぎていく。

ここで気分を変えてフローティングミノーで再度同じコースを通す。
アクションは2回トゥイッチさせ水面まで浮かせるを繰り返しラインテンションを張りスローに浮かすとルアーを引っ手繰るバスが見えた。

一呼吸おいてフッキングし釣る事に成功。







ここで解った事は確実に水面付近を意識しているバスが多い事と少し食い気がない事。

もっと確実に釣果を伸ばせる釣り方があると思い、色々考えた結果ハネセクターのロングリーダーのダウンショットを選択。

リーダーの長さは水深の約2/3ぐらい。
リーダーの長さは30~40cm。
アクションはズル引き&ステイ。
高浮力のワームを使用しているのでラインテンションを緩めても水中で漂わせる事が出来る為、ナチュラルな動きで誘える。

またファットボディーでバスからも認識しやすくバイトを誘発します。
そして気温と共に水温も上がり始め、水通しが良い岬の先端を狙う。
スローにズル引きした瞬間ラインが走りフッキング。
慎重にやりとりし良型を釣る事に成功。\(^o^)/



その後昼休憩をして再度同リグで狙う。
昼過ぎから風が吹き始め、風が当たる面の岸際を同リグ・同アクションで狙うと連続で釣る事に成功。



その後日没まで釣れ続き満足出来る釣果でストップフィッシング。
気が付けばワンパックを消費してしまうほど反応が良かったです。
これらの時期から梅雨明けまで活躍しますので是非皆さん使ってみてください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




皆さんこんにちは。
いよいよ梅雨に入ってしまいましたねぇ。

6/1、梅雨の止み間をみて、ちょっとだけ琵琶湖に出てみました。

エリアは東岸の北山田沖。
ウィードのアウトサイドにあたるところを中心に釣っていきました。

リグは4”Gテールサターンのジグヘッドリグで、アクションは「シェイク&ポーズ」と至ってシンプル。(放置がキモです。)

寺田の場合、ジグヘッドでウィードを感じながらサクッと切りたいので、ジグヘッドのフックは小さめで短いものを使っています。
(ウエイトは、1/16ozと1/32ozを状況に応じて使い分けています。)



この日は、40~54センチのバスさん達が寺田を楽しませてくれました。(10本くらい釣らせてもらいました。)







琵琶湖では定説になっていますが、これからアフターの時期が進行していくと、バスさん達はこのカーリーテールのアクションにハートを刺激されるようです。

レインにはこのGテールサターンのほか、テキサスリグで使うようなロングカーリーテールのワームもありますので、ぜひ使ってみて下さい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今期不調が続いていた北山湖もGW頃から好釣果が届くようになりました。

スポーニングは遅れぎみで回復しておらずポストの状態が予想され、ポストが得意な私はこのタイミングを逃す手はないと思い急遽チャプターヒューマンに参加しました。

戦略はポストのバスに有効なエコGテールサターン3.5inのライトキャロ1本勝負 !

まずは中流域のスポーニングエリアからスタート!

幸先良く2投目からアベレージサイズの400gをキャッチ!
開始1時間でお立ち台のターゲットウェイト1500gをクリア

序々に上流へ釣り上がっていき釣果を重ねますがさすがに500gを超えるバスには巡り会えず
どうやら上流から田んぼの濁り水が流入しているらしく水が悪い。
そこでラスト1時間は最下流域に移動その選択がビンゴ !

スポーニングフラットにあるスタンプに張り付いていたポストメス700gを捕獲し大幅ウェイトUP !!





トータルウェイト1810g

僅差ではありますが優勝
北山湖公式戦2連勝することができました。



ポストスポーンの打たれたバスはワームを咥える力が弱いので
ライトキャロのようにウェイトがワームに直結していないリグが有効です。
Gテールのライトキャロを試すなら ・ ・ ・ 今でしょ

使用リグ

エコGテールサターン3.5inライトキャロ(TGスリップシンカー3/32oz)

ロッド:オールソリッド6.6ft

ライン:FCスナイパー4lb

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ