REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



7月25日、暑い暑い夏の琵琶湖に行ってきました。



この時期、寺田が好きな釣り方は「テキサスリグ」のウィード打ち。

今回は琵琶湖南湖・下物(おろしも)エリアを中心に釣って行きました。

使ったアイテムは大好きな「スワンプムーヴァーマグナム」と最近、グリパンがお気に入りの「TGスリップシンカー3/8ozマットカラー仕様」の組み合わせ。



寺田的には、下物名物の「浚渫」のまわりに絡んだ「適度に隙間のあるエビ藻パッチ」を釣っていくのが相性が良いようです。







この日は、30~52cmを9本とまずますの釣果。











灼熱の琵琶湖ですが皆さんもぜひ出かけてみて下さい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です。

7月半ば、そろそろ梅雨明けする琵琶湖。

朝方、強烈なゲリラ豪雨で目が覚める大雨!
シャローが気になりポイントに近づいて見ると案の定土茶濁り!(ガイドの時いつも)

マリーナ周辺2メートルラインをチェックするも無。
河口からの濁りがやはり入っています!!

濁りの影響が少ないディープレンジで釣り再開

ここでお客様に、1/16×レインズスワンプ(モエビ)のネコリグで大岩に湖流が当たる所にキャスト!
反応は直ぐにあります。
ファーストキャッチは40up(^-^)vその後も同サイズが釣れ続け、サイズupを狙いに漁礁に移動!

ベイトは居るがサイズが今一ですねぇ~!!って事でウィードエリアに移動。
ここでムーヴァJr(グリパン)ジグヘッドのスイミングで狙ってもらいます!

バイトはあるらしいんですがフッキングしません(^^;)
ワームにボリュームを出すために、ロックバイブシャッドギルカラー)に、これが良かったのか30後半を連発!



最後のエリアを7メートルまで落ち込んでフラットになるハードボトム。
TGダウンショットシンカー×ロックバイブシャッドギルカラー)ダウンショットでボトムをズル引き、ベイトの反応があるまで繰り返してもらいます!

数分後、根掛かりのような重みがロッドに伝わりフッキング!
ナイスな50upバス君






一日をやりきり、ベイトが居る所や湖流がしっかり当り水通しのいいエリアで釣りをする勉強になったと思います!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




岩手小島です。山形宮城チャプター合同主催の八郎潟STCカップに参戦してまいりました。
今回は福島幕田プロに同船させていただくことになりノンボーター参加です。
たまにはまったりと楽しむトーナメントもいいもんですね♪
あれこれぶっつけ魚を探しながらの試合展開です。

東部承水路北部のアシにつくアフターフィッシュを狙いますが、全然釣れません。
少し沖めのファーストブレイクにて幕田プロファーストフィッシュです。
一件平坦なショアラインですが、水中の張りだし、凹み、構造物等の地形変化が絡むポイントが狙いの様です。
二人気付くのに時間がかかりましたが少し下のレンジでした。

自分は2.5リングクロウミニ、カラーエビミソ。1/16ozダウンショットで水門コンクリの落ち込みをしつこく丁寧に責めた結果、1580のびっくりフィッシュに出会うことができました♪
最近釣れないといわれる八郎の水門。
ちゃんとお魚いますね。
ノンキーも丁寧に探るとバイトしてきます。



気付いて、出会ってすぐ時間切れです。
これがプラだったらと楽しくもあり悔しくもある素敵な一日でした。
また来年も恒例八郎戦参加したいと思います。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




全国レインズファンの皆さんこんにちは。福島の橘内です。

今回はJB桧原湖第2戦に出場してきました。

前日プラ同様に、当日の天気は曇り。

まだまだネストも残り、ネスト・アフター・サマーな御魚達が入り乱れる試合でした。

私はアフター回復系のエビを多く捕食しているであろうと言うウィードエリアを何箇所か見つけていました。

朝一その水深0,5m~3,5mのウィードエリアに入ると表層にエビが沢山浮いており、辺りではボイルが起こっていました。

そこで、私はレインズネイルシンカー0,9gエコスワンプミニ・エビ味噌との組み合わせたネコリグを中層スイミングさせて誘いました

ズバリ的中

幸先良く580g台のスモール君をゲット



その後カラーをスカパノンに変えて440g台も追加

時間が経ち表層のエビは沈み始めた為、今度はレインズTGスリップシンカー1,8gエコミートヘッド及びエコロックバイブ3・グリパンのボディー半分使用の橘内流シークレット芋キャロで又630g台を(^-^)



そしてエコ3”キックリンガー・ウォーターメロン・レインズTGダウンショットシンカー1,3gのダウンショットをウィードの面を引いての中層スイミングで、

またまた500g台

10時にはリミットメイク・入れ替えで、1700g台

その後、同じエリアのバンクでエコスワンプミニ・スカパノンのネコリグを引いて来ると680gのスモール君が・・・・今日一番です(^-^)

結果的には1872g台で111人中24位でした。



時間まで400g台~600g後半まで数多くのスモールマウス君と遊ぶことが出来とても楽しかったです。(^-^)v

お魚釣りは楽しいが一番!そしてその楽しさを与えてくれたレインズの商材。
今日もありがとう!



7月もまだまだ釣れます。レインズ商材と共に、裏磐梯桧原湖に出かけてみるのはいかがでしょうか。(^-^)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはレインプロスタッフの小木です。
そろそろ梅雨明けしそうな天気ですね。
ときおり見せる晴れ間は真夏を思わせる暑さ。
すぐそこまで猛暑は来ている気がします。
さて今回は2週連続で霞ヶ浦に行ってきましたので報告します。

6月30日 湖の状況は雨の影響で全体に濁りが入り、減水気味。
水温は22~23度と低い。
この状況は経験上あまり良い思いをした事がありません。
だがアフター回復系は果敢にベイトを追いまわして捕食していると思いシャロークランクで狙うが、中々バイトに持ち込めない。

ここで作戦を変え、ショアラインで水深があるストラクチャーにレインズスワンプJrのネコリグをキャスト。
濁りがありバスはストラクチャーにタイトに付いていると判断し、リグをタイトに落としていく。
少しボトムでステイさせるとラインが走った。
ラインスラッグをとりフッキング。



無事釣る事が出来たが、その後バイトがなく、再度巻物で狙う。
最後の最後で釣る事が出来た所でストップフィッシング。


7月7日 この日は先週とは全く湖の状況が変わっていた。
先週の濁りはなく、水温も24~25度に上がっていた。
相変わらず減水気味だが、水温が上がり夏を意識したバスが増えていると判断。

そこで狙った場所は風が当たるポイントや水が動く場所。
水が動く場所は湖流当たる場所、水門、流入河川等色々あります。

今回は水門でレインズスワンプミニのダウンショットで狙う。
霞ヶ浦の水門は水を吐きだす水門と吸い込む水門の2種類があります。
今回は吐き出す水門をチェック。
吐き出す水門はベイトやエビ等が流れてくる事があり、バスにとって絶好の捕食場。

そこで水門の壁にキャストして沖側にスイミングさせるとバイトがあり釣る事に成功。



その後ポイント移動し、沖に張り出したリーズを同リグで狙うと連続で釣る事に成功。




スワンプシリーズは全国のフィールド何処に行っても欠かせないアイテムになっています。大きさやカラーバリエーションが豊富にありますので、気に入るカラーや大きさが見つかると思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




擬似餌屋さんのオープントーナメントに参加させて頂きました。



久しぶりの琵琶湖での競いなので、本気全開で、挑ませて頂きました!

が、ババ雨で寒い寒い…

先ずは先週爆発していた、貝捨てへ。

ボートだらけでしたが、私の思うピンとピンを結ぶメインラインから外したプチプチピンを結ぶ東小ラインは渋滞は無く、キッチリ攻めれる余裕が有ったので、
先ずは、風波が無いのでレイン マグナムスワンプを使ったネコリグで、底を切らずコリコリとずる引き+ステイの繰り返しを。

今回のポイントは、先週同様ネイルシンカーのウェイトを3.1グラム(レインTG ネイルシンガー)と、重めを使い、底を切らない+ウィードに絡んだ後、ストン!と落ちる動きを重視して攻める事に。

すると早速 コンッ と当たりが!
スイープに合わせるとナイスファイトで上がってきたのは、
48の中々エエ魚で
「エエ感じやん!この感じでサイズアップや」 



で、すぐに次が



先週同様、爆釣のようで更に釣れる釣れる。

久しぶりに早い時間から釣りしたし朝早いからか?
琵琶湖が異常なんか?(ウィードも少ないしetc )
などなど考えながらも、更に釣れ続け、風と波が少し出てきたタイミングで

「魚が浮き出したかな?」

と、感じ レイン フィッシュ Dr. のジグヘッドで浮かし気味に攻め、コレも当たりで、ガンガン釣れる事釣れる事





デカいのも出て最高~に楽しい展開!

しかし、雨が激しくカッパの防水きーてへんしビショビショで寒い寒い…
しかし楽しい…

が、ヤッパ寒い…

で、9時半位で、集中が途切れ出したので移動を入れる事にし、DH 浜大津 六本柱南(ココはよく釣れた)
で、何やかんやで45~54ぐらいまでを10本(何故かほとんど48)、~43をイッパイで大釣れ!最高~に楽しい釣果。
で、1時の帰着となりました。

結果

優勝
頂きました~



ほんま、久しぶりに本気になれたし、最高~に楽しい日にさせて頂きました。

擬似餌屋様、参加されていた皆様、ありがとうございました!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月1日山形チャプター第3戦に出場してきました!

今回は宮城・山形合同のオープン大会ということで、八郎潟で行われました。

久々の八郎潟ということで、岩手の小島プロに同船してもらいました。

バスはスポーニングからまだ回復途中のようで、ベイトがたくさんライズしているのに追い切れる状態ではない感じでした。

小島さんと会話で時間がゆっくりと経過していき・・・ふと水中でベイトが反転しているのが見えたので、
アピール力のあるファットレインズスワンプに1/64シンカーのネコリグをほとんど移動させずにへこへこさせると、グッーとラインがはしり1匹目900g



釣ったポイントは他のストレッチよりも若干水深があるところで、ショアから少しブレイクになっている下側で、ベイトを追い込みやすい所でした。

似たようなポイントで推定1200g?を同じ感じで釣ったが・・・まさかの人生初のウェインバッカンからロケットダイブ(泣)次戦のJB桧原湖ではミスしないようがんばります!

あと、小島プロは違った釣り方でバスを釣っていたので、詳細は小島さんのレポートで。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月10日 霞ヶ浦第2戦一週間前プラクティス

朝ー アフタースポーニング明けの食い気のあるバスを狙い、

ドッグの石積みにワッキーリグ(エコスワンプ モエビ+ レインズTGネイルシンカー3/64oz)を数投した後ラインが走り、フックアップ 45cmを釣り上げた



これかなと思い西浦のドッグの石積みをチェックして回るが反応がなく、次第に東風が強くなり濁りが出始めた。

風裏のエリアの杭を打ったらテキサスリグ(エコレインズホッグ グリパン+レインズTGスリップシンカー3/16ozグリパン)に 40、42cmを立て続けにキャッチ



これは と思ったが、一段と風が強くなり東岸に移動。

その後はアタリもなく終了。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




関西を台風4号、5号と連続で通過し、1週間大雨が続いたエリアコンディション。



前日プラは仕事の都合で午後2時からスタートとなり実質1時間少々でエリアを絞り込むのは流石に困難で気が焦るばかり。



各エリアの濁りをチェックし、ベイトフィネスでエコ3リングシュリンプ1.8gスモラバでランガンしていくと魚の反応はある。しかしサイズが伸びない。



ただ短時間でわかった事はピックアップ時等、中層で反応がある様子で、明日は中層狙いに決定。

試合当日はエコスワンプミニエビミソを軽めのダウンショットワッキー(3/64ozダウンショットシンカー)でスタート。

と、一投目から480gがヒット!

濁りにエビミソの赤ラメが効いたのか、同サイズが連続で釣れ続ける。

しかし、サイズが伸びず、移動を繰り返すもキッカーが混ざらない。

13時の帰着を意識した12時15分過ぎに最後の大移動を決行し、支流奥に入って数投目!!!!



最後まで諦めなかった結果、今大会のビッグフィッシュ賞となる1,480gをドラマティックにキャッチ!!

表彰式でも予想外に準優勝をさせて頂くことが出来ました。



今回、エコスワンプミニで魚からの反応があり続けた事で、集中力を切らす事無くやり切る事が出来ました。

信じ切れる事がトーナメントでは大切ですね。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です。

2日目は、南湖でアフター回復バス狙いで行きます!

志那沖からディープホールまでウィード狙いで行きます。

ウィードと言っても、引っ掛けては外す!これだけです。

午前中は40~40後半までを、ムーヴァJr(グリパン)ジグヘッド、ムーヴァJr(ギルカラー)ダウンショット、で数は出るんですが50upが出ません(^^;)

午後からも同じく、志那沖から流して六本柱周辺に来た時、風が吹き始めこのタイミングでレインズスワンプ(ギルカラー)×1/16のネコリグをキャスト!

ウィードから外れた瞬間!バイトです

やっと出ました待望の60センチ(^-^)v



その後も40up止まりで終了する事に!

数も釣れたし楽しく釣りが出来た一日でした!

琵琶湖で釣りを楽しんでいる方、レインズワームを色々使って下さい!!

今以上に、釣果がupするはずです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ