REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



皆さんこんにちは。
琵琶湖では「セバスチャン」と呼ばれてます寺田です。

4月の12日と16日、琵琶湖に行ってきました。

今年の春の琵琶湖は何だか変な感じが…?
琵琶湖の仲間達の情報によると、昨年秋の記録的な大増水の影響がこの春にも及んでおり、スポーニングの時期が近付いても、シャローに入って来るバスさんはどうやら少ないようです。

実際のところ、いつもの春の感覚で幾つかポイントを回っても、バスさんからは音信不通で大苦戦の展開に…。

そして、暗中模索しながらたどり着いたのは、南湖西岸、水深3~4mに何個かある小規模な硬いモノ。ここでバスさんにご挨拶できました。

使ったリグは「レインズファットスワンプ」1/16oz「TGネイルシンカー」をセットしたネコリグ。

このリグをその硬いモノ付近に「ソッと」置いておく感じで釣っていきました。

最初は超ショートバイト、そしておそらくではありますが、ラインがバスさんの体に触っている感覚が数回。

これでバスさんが居ると確信しましたが、「今年は何だか変!」というのはこう言うことなんでしょうね。

何がどう気に入らないのか、なかなか「パクッ!」といってくれません。

 

そこで、昨年よりタフコン時にこっそり寺田が使っている、「しっぽの付いたスワンプ」を使うことに。

「しっぽ」と言っても寺田が個人的に造っているモノで、スワンプのテール部分にシリコンラバーを2本植毛している簡単なチューンです。
寺田的には、このシリコンラバーの「さりげない誘い」が、何やら状況の悪い時に口を使わせる「最後のひと押し」になるように感じています。(あくまでも個人の感想です。)

このピンポイントでの釣果ですが、12日が40~52センチを4本。16日は40~49センチを6本(上位3本は、49、48、48センチ)と、正解が解らないものの、この釣果を素直に受け入れています。

勿論、レインズスワンプは、そのままの状態で充分に釣果をもたらしてくれます。


 

しかし時に「ちょっとした工夫」で、レインズスワンプが秘めている未知のポテンシャルを引き出すことがあると寺田は考えています。


このチューンの場合、水圧などで発生したボディの微振動が細いシリコンラバーに伝わることで、昆虫でいう触覚だけを動かしている様子にプラスのチカラがあると考えています。


シリコンラバーの「しっぽのチカラ」信じるか信じないかは、アナタ次第です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です!


本格的にスポーニングシーズンを迎える琵琶湖です!


26日~28日まで魚の状態や見るプラやタックル調整など色々試しに行って来ました。


初日は見るプラクティス!!

南湖は全体的に魚はスポーニング状態。

目の視力はバッチリ!

 


二日目は魚を触って見ます♪

レインズチューブレインズロックバイブシャッドのサイトチャート×1ozヘビーダウンショットシンカーです。

どちらのワームも問題無くバイトに持ち込めますね。


 

三日目は、大橋から上のエリアをチェックです。

魚にアプローチをして見るとかなりの効反応!!

午前中だけでかなりの仕上がりです!

 


ゴールデンウィークのガイドもいい感じで行けそうですね。


レインズワームは、いつもいい仕事をしてくれますね!!


これで、お客様に満足して貰えそうなプラクティスが出来ました!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 3月の後半から暖かい日が増え、熊本の各フィールドでもhotな釣果がきかれるようになりました。

今回はトーナメントの合間などに釣行した陸っぱりの模様をレポートします。

釣行したのは熊本のメジャーフィールド鐙中堤、ここは池の半分に遊歩道があり釣りをしやすいフィールドです。

その為プレッシャーもあるのですが、レインワームが活躍してくれたので釣果の一部をアップしていきます^-^

 

 3月21日   

 ヒットルアーは2.5Gテールサターン  ヨシノボリSP


   

     

   

 3月30日

  

 

 この日はタイニーレインズホッグ キックリンガー3インチ 2.5Gテールサターン

  

 

 4月3日


 3インチバブリングシェイカー モエビカラーで爆釣

  

    

 

 4月6日


 2.5Gテールサターン ヨシノボリSPでナイスバス

  

    

 

 釣り方はいたって簡単、岸沿いのゴロタ石や枝周りなどの変化を重ためのスプリットやキャロでゆっくりとなぞるだけ。

 特に何か障害物がある場所では丁寧に釣って行くと何かしらの反応が返ってくるので釣果も上向きです。


 毎回の釣行で10匹近い釣果を叩き出してくれるレインワーム^-^☆

 最強のスケットと春の爆釣の味わえました^-^☆


 エビやゴリを捕食している野池や小河川ではヨシノボリSPベイトフィッシュSPモエビゴリゴリなどのカラーのGテールバブリングシェイカーなどがベストマッチする為、爆釣への手助けをしてくれるハズです^皿^v



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、ふくしまの幕田です。


今回は待望の新商品3”Gテールツインをもって、橘内プロと野池ツアーへ。


ふくしまでも比較的暖かい地方の野池へ向かいましたが、桜のつぼみも膨らみ始めたばかりで、
まだ 春には少し早く感じられました。

しかし、前週の雨でにごりが入り、Gテールツインのサイズアップバージョンのアピールを試すのにはもってこい。

カバーにタイトにバスが付いていると思い、
スモラバ+3”Gテールツイン(グリーンパンキン)をアシ際でしつこくシェイク!

 

すると今年の初バスをGETできました!

 

3”Gテールツインはアピール力がすごく、スモラバ・ラバージグのトレーラーやテキサスリグ
にベストマッチだと思いました。

みなさんも試してみてくださいね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、スタッフの石川です!


今年の初ガイドが初釣り♪ しかも、琵琶湖も桜が満開なのに寒波到来で寒いし、雨だし、おまけに爆風の予報


関西から来て下さった竹内さんと南湖で頑張ります♪

朝一風の吹いてない間に、水深の有るエリアからスタート!!

クランク、スピナーベイトなど巻物に反応無し。

徐々に浅いレンジに移動。

シャローの水温も12℃といい感じですね!

スポーニングに入る前にコンタクトするであろうポイントに、1/16ジグヘッド×レインズムーヴァーJr(モエビ)で探って見ますがバイト無し。


開始から二時間過ぎた頃から雨、風強くなり午前中釣りにならなくなり、昼過ぎ位から雨が止んだダイミングで風裏になるエリアで再スタートです。


浜大津周辺で竹内さんのレインズマグナムスワンプ(スカッパノン)ヘビネコに3㌔オーバーのプリバス。

その周辺をレインズムーヴァJr(モエビ)で40up!!!


風が強くなり早めに終了する事にしました。

今年もレインズ様と共にガイドやトーナメントに頑張って行きますので宜しくお願いしますm(__)m


竹内さん一日お疲れ様でした!

有り難うございました

 


 


琵琶湖ガイドプロジェクト-R



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはレインプロスタッフの大津です。

皆さん初バスは釣れましたか?

自分は良型の春バスを狙いながら初バスを釣ろうと思い、地元の河川に行ってきました。

 

3月は三寒四温の始まりで気温が安定しない季節ですが、暖かい日が続くと春を意識したバスが動き初めシャローに上がってきます。

狙うポイントは越冬ポイントに隣接するフラットエリアや水温が上がりやすいゴロタエリア等。

狙い方はシャッドやライトリグをスローにアクションさせステイさせる。まだバスもルアーを果敢に追う事が出来ないのでステイを入れ誘う事が重要。

さて3月中旬はまだ防寒着なしでは寒くて釣りが出来ないほど気温が上がらない。

朝一はシャローフラットエリアでシャッドをスローリトリーブさせ5~6秒ステイ。

バイトがなければスローリトリーブさせまた5~6秒ステイを繰り返す。

だがバスからの反応がない。

朝の冷え込みでバスの活性は極端に低いと思い、ステイを10秒ぐらいにさせるが反応がない。

そこでもう一段下がったかなと思いセカンドポジションをレインズスワンプJrジグヘッドワッキー(1/18oz)で狙う。ボトム付近をシャッドと同じアクション、ステイを入れながらズル引きで狙うが反応がない。

まだシャローに上がっていない。

セカンドポジションにもいない。

まだ越冬ポイントから動いてないのかと思い、越冬ポイントに移動。

そして越冬バスがフィーディングに上がってくるフラットエリアにレインズスワンプJrジグヘッドワッキー(1/18oz)を通す。すると数投目にバイトがありフッキングし慎重にやりとりして初バスを釣る事に成功。

アベレージサイズで自分が狙っているバスではなかったが嬉しい一匹。

 

すぐに同じコースを通すと連続ヒット。釣る事が出来たがサイズダウン。

このサイズが動いているなら、『必ず良型のバスはシャローに上がってきているはず』と思い再度春を意識したバスを狙いに行くがバスからの反応がないままストップフィッシング。

 

レインズスワンプJrは何処のフィールドでも活躍するアイテムですね。

丁度いい一口サイズで大きさ問わずバイトしてきます。

是非皆さん使用してくださいね。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大会1週間前に風邪をひいてしまい、
プリプラ無しで大会に挑むことになってしまいました。

前日プラにて水温をチェックしながら主要スポットを回ったが、
平均して4℃台でハワイエリアが若干高めという状況で、
厳しい大会となることを予感しました。

大会初日、先ずは西川~畳岩に入ったが
人が多く集中できないので1時間程度で見切りをつけ
メインのグラブワンドの入りました。

そして10時頃、
カーブフォール後、溶岩にスタックしたジグヘッドをハングオフさせたところ、
待望のバイトがあり貴重な1本をゲットすることに成功しました。

ウェイトは1,620gで初日6位でした。

 

そして運命の2日目…
一つのスポットに固執してしまい、
優勝のチャンスを自ら逃してしまいました。

2日目は2名のみのウェインだったので、
順位は2つだけおとして
総合成績8位入賞という結果でした。

しかし、
そのチャンスがあまりにも大きかったこともあり、
後悔しか残らない大会となってしまい残念です。

使用したリグは、
1/16ozのジグヘッドポークルアーで、
ポークは、セントパウダーをまぶして1週間ほど熟成。
とろみ成分とエビフレーバーで効果抜群でした。

次の三瀬谷戦エコワーム大会
レインズ・エコワームシリーズを武器に頑張ります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )