REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



こんにちはスタッフの石川です
10月に入っても夏を感じさせる暑さが 続きます!!


今の琵琶湖は水温がなかなか低くならず、ディープよりシャロー それも極端に浅いレンジ。


まず、ゲストのお二人にはマリーナ周辺のシャローに点在するウィード。

1/16のジグヘッド×レインズムーヴァ(ウォーターメロンシード)でアプローチしてもらいます!!


数投でバスからの反応 竹内さんにファーストバス

 

その後もリズム良く竹内さん連発!!  

日が徐々に上り始めるとベイトが少し沖に移動。

貯水搭で相方の奥村さんのヘビダン(レインズカーリーカーリー)でナイスバス

 


 少しだけディープが気になり、漁礁をチェックしましたがサイズが出ず、次にディープに隣接するシャローのピンスポットにジグヘッド×レインズムーヴァのリアクションで反応を見ます。


水面に張り出しているロックのシェードにキャスト、1投目からバイト!

 1キャスト1フィッシュの連発モード突入!!

ボートの上はお祭り騒ぎです!お二人は、ジグヘッドの経験がなく初めてのリグ。

それでも釣れれば40upとまずまずの釣果だと思います。


ウィードエリアでは引っ掛けて外す、ロックエリアではボトムに落としてからは跳ねさせる!!

ジグヘッドにはレインズムーヴァの最強コンビ。


ゲストのお二人には楽しく琵琶湖でレインズワームと遊んでもらえた一日になったと思います

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはレインプロスタッフの大津です。

10月に入りまだまだ夏日が続き、秋が待ち遠しいですね。

今回は七色ダムに行ってきました。七色ダムは初めて訪れるので右も左も解らない状況。

釣行日は朝から雨。日中は降ったり止んだりを繰り返す天候。

七色ダムの水質はクリアーと思っていたが、台風の影響が色濃く残り水質はマッディー。

しかも流木や枝などが湖面に浮いており、走行するのに最新の注意を払わなければヒットしてしまう。

さて朝一は濁りの回復が早い上流エリアに向かう。

上流エリアに近づくにつれ水質が良くなっているのが目に見えて解る。

最上流手前から釣り開始。

ショアラインはボトムがはっきり解るほどクリアーで水深1.5mは目視で確認できる。

目視で確認できる水深にはバスの姿はなく、その沖側の水深にいると仮定してミドルクランクを通していく。

雨も降っているので中層にサスペンドしていると思い、ゆっくりとトレースしてくる。

するとクランクの振動が消えた瞬間明確なバイト。

七色バスを早々に釣る事に成功

その後もクランクで狙うがバスからの反応がないので最上流まで移動する事に。

最上流エリアのフラットエリアをキックリンガー・スワンプミニのダウンショットでボトムを狙う。

6m前後のフラットをズル引きさせながら時折ステイを繰り返す。

するとバイトがあるがショートバイトで掛ける事が出来ない。

その後も通すコースを変えて狙うが反応がない為移動。

今日はボトムではなく中層に浮いている個体が多いと判断できた。

最上流から下りながらショアラインを観察していると、沖から立木が入っているポイントを見つけた。

ディープも隣接しているし、シャローにはフィーディングに入りそうなフラットエリアもある。

この立木を経由して移動していると思い、3.5Gテールサターンのダウンショットを立木にタイトに落していく。

するとフォール中にラインが止まりフッキング。

立木に巻かれない様にバスを沖に誘導して無事に釣る事に成功。

だがその後も立木にキャストしていくが後が続かない。

やはり秋なので回遊しているのか?ただ単にバスのストック量が少ないだけなのか?解らない状況。とにかく色々な事を試してみるがバイトが遠い。

ここで下流の濁っているエリアに移動して濁りの影響が少ないクリークに入る。

クリークの奥にはインレットがあり、幾分回復している。

インレット付近はクリアーで少し離れると濁りが入っている状況。

そこで濁りのさいか目の岩盤にスワンプサターンのネコリグをキャスト。

ボトムに着底後シェイクさせながらズル引きさせると違和感がありフッキング。

サイズは小さいが釣る事に成功。

その後も同リグで狙うとバイトがあるが中々掛ける事が出来ないまま時間だけが過ぎていく。

後釣りが出来る時間も僅か。最後は岩盤エリアのゴミ溜まりにレインズホッグのテキサスを入れていくがバスからの反応がないままストップフィッシング。

濁っている水質にはスワンプサターンに反応が良いですね。普通のスワンプより水上噛みが良く波動で誘う時には欠かせないアイテムです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは!熊本の村上です。季節が進行し徐々にフィールドは晩秋に向かってく9月の末日、今回は大分県松原ダムに釣行致しました。

 秋のマウンテンリザーバーというと水温の低下に伴うターンオーバーとベイトを追ってバスが深いレンジに落る事で、バスのコンタクトスポットを見つける事が難しいシーズンになります。

 当日も魚探とにらめっこしライトリグで探るも効率が悪い展開でした。そこで展開を変える為に、水質の良いスポットを5.3gTGスリップシンカーと4Gテールサターン(グリーンパンプキン)のテキサスでテンポよく打つと先程の展開がウソのよう、シャロー居残りの良いサイズが連発!!

 

 同行していた佐藤さんも同リグ(3.5エコGテールサターン ベイトフッシュSP)で51センチ捕獲!これにはびっくりでした。

 

  場所は変わりまして

 10月5日6日、遠賀川にて九州ブロックチャンピオンシップのプラクティスにてもバッチリの釣果!

 正直このワーム、サイズも数も欲張りワーム^皿^!☆

これからもGテールサターンシリーズと一緒にバス釣りを楽しみます=^-^=v



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




レインフィールドスタッフの青木です。

スワンプサターンは、ひょんな事から初めてデザインさせていただいたワームで、約一年の開発期間があり製品化させていただいたワームです。


もちろん、レインズのスワンプシリーズは、めちゃくちゃ釣れるのですが、一点でシェイクして粘るときに、

テールのアクションが欲しいとお願いすると、作ってみたらいいよと社長に言っていただき、制作に取り掛かりました。

最初に出来た物は、バイトはたくさんあるのですが、バイトがテールに集中しボツに

さらに煮詰めていった結果が、スワンプサターンの前方についている6個のパドルです。

このパドルが水の抵抗を得て、一点シェイクをやりやすくし、ワームを持ち上げた時にドリルロールアクションをさせるのです!

動画は、こちら


セッティングも工夫次第で、アクションが出せますので、試してくださいね



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月29日、秋田県八郎潟にて東北ブロックチャンピオンシップに出場してきました。
一年ぶりに来た八郎潟は減水でアシの根が見えるまでになっていました。

前日プラではバスがフィーディングするポイントを見て回りました。
ベイトのサイズはエコミートヘッドやエコロックバイブシャッドぐらいだったので、最初は0.9gジグヘッドでゴロタに引っかからないようにゆっくりスイミングすると、アタリがあるがのらない。

そこで、3.5gのスモラバにエコロックバイブシャッドでジグヘッドよりもゆっくり底をはう様にスイミングさせて、バスに食べる間をもたせました。



結果は3本で2335gの9位。



今回の大会は上位5位まで、東日本の決勝(ホームの桧原湖が会場)に進出できる権利がもらえたので残念でした。

今回の大会でもクォリティーの高いバスに出会えた八郎潟に、みなさんもreinsのワームと一緒に来てみてください!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




サポートスタッフの松原です。
先日のNBC布目チャプター第6戦のレポートをさせて頂きます。

大きな台風による影響が落ち着いた様に見える布目ダムですが、極端な増減水で状況が全く変わってしまった様子で大きいサイズが出にくいと仲間に聞いていましたが、仕事の都合でプラなしで最終戦に参加する事になりました。



今回のメインリグは先日届いたばかりの新商品スワンプサターンセントパウダーに漬け込み準備しておりました。



一見、スワンプサターンはブサイクで色々なワームを切って貼ってくっつけた様に見えますがこれが凄い!ネコリグ用に作られたスワンプサターンはムーミンに出てくるニョロニョロの手みたいなパーツが水を受け移動距離短くブルブル震え誘い、
さらにイタズラにスワンプにくっつけただけの様に見えるGテイルサターンがユラユラ魅力的に誘います。

まず上流部の釜口橋の橋脚に向け一投目!!



いきなりのヒットで540gをゲット。
そして二投目!!!



何コレ?・・・・
延々500gくらい魚が釣れ続けます。

少し釣り過ぎ場所を変えようかと思いピックアップしようと巻き始めた瞬間ゴンっと、また反応があり中層を狙う事にしました。

このスワンプサターンネコリグの凄いところはまだあり、アクションを加えた瞬間に逆についた6本の足がブルブル!
サターンのテイルがプルプル!!とおそらく魚も見た事のない動きに凄い反応をみせます。
そして・・・・





エライもんが釣れてしまいました

その後も移動を繰り返してもどこでも延々釣れ続け帰着時間をむかえました。

結果





ビッグフィッシュ賞となる2,410gを含む3,510gで優勝する事が出来ました。

間違いなく今回の勝因はスワンプサターンとセントパウダーのおかげだと思います。
スワンプサターンはもうすぐ店頭に並ぶと思いますが嬉しいエコ商品でトーナメントにもお薦めです!!
シビレル動きを是非見て爆釣りを体感してください!!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




九州の松吉です。
私の今期シリーズ最終戦となるチャプター福岡 第5戦に参加してきました。
前週のJB九州最終戦をバンク撃ちで優勝したので前日プラではバンクメインで全域チェック。

800gベースで2kg後半は揃いそうな手応えを得ることができました。
おさえとして上流域沖ブレイクのシェードにもナイスバスを確認してプラ終了。

トップと5P差のランキング暫定3位で今戦をなんとしても上位フィニッシュしておきたいところですが朝の天気予報では関東に台風接近中でその余波で福岡でも強風が吹く予報。
強風で波がバンクに打ち付けられれてしまえばバンクは終わってしまうので波風の影響を受けにくい会場前の沖ブレイクからスタートしました。

前日に1kg程のバスを手にしたテキサスリグ(TGスリップシンカー8.8g)+エコレインズホグでアプローチすると2・3投目で900gをキャッチ!

その後同リグではバイトが得られないのでワームをエコリトルレインズホグにサイズダウンしリアクション的に使うと500gをキャッチ!!

この500gとのファイト中1kg級のバスが3本チェイスしてきました!
これはココで粘らなければと思いライトリグやハードベイト色々と試してみて最後に行き着いたのがGテールツインのヘビダンこれをブレイクの壁にタイトにフォールさせると900gと1kg連続ヒット



開始1時間で2800g超をマーク。

その後も次々とヒットしますが入れ替えには至らず上流エリアの同様なスポットでも釣れてくるのは850gまで。

終了間際に朝一のブレイクでヘビダンに950gヒットで微妙な入れ替え。



トータル2910g
リミットを揃えることすら難しい遠賀川Gテールツインのおかげで試合中に2桁もクリア!



2週連続・今期4勝目とはいかず2位でした。

そして年間表彰は



AOY獲得!
チャプターデビューして18年目 過去年間2位が4回1P差でAOYを逃したこともあり凄く悔しい思いをしてましたがやっとタイトル獲得できました



このAOY獲得もよく釣れるレインのエコワームのおかげ中でもGテールサタンは釣れすぎ今期試合中に釣ったバスの約8割はこのワームで釣りました。
来期もGテールにイッパイ活躍してもらってまた次のタイトル獲得目指しましょう!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )