REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



梅雨真っ盛りの6月26〜27日の休暇を利用して

長野県野尻湖に釣行して来ました!


今回は日本一のスモール職人、ミゲル・サントスさんに案内して頂きました!

到着して湖に浮いてみるとスポーニング終盤、シャローには虫やエビを意識したバスもたくさんみえている状況でした。

朝や風が吹いた時はバンクやシャロー、日中はディープを新製品のスワンプマイクロGテールサターン2インチを使用したくさんのスモールマウスバスに出会う事が出来ました(*^_^*)


 

 

 

スモールマウスバスの時にデレデレ、時にツンツンなギャップにハマりそうです( ´ ▽ ` )ノ

今回、案内して頂いたサントスさん、いつも大漁なレインのワームに感謝です!


今からはインセクターチビセクターを使用した水面の釣りが盛りが上がりそうです(*^_^*)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月26日JB霞ヶ浦シリーズ第1戦、エバーグリーンカップに参加しました。

今大会までにマイボートが準備出来なかったため、

チャプターに参加している選手からボートを借りての参加となりましたが、

朝、エンジンをかけようと紐を引くと切れてしまい、修復させようと試みるも直らず、

他選手に迷惑を掛けることを承知で会場まで曳いていただき、

ミーティング遅刻で罰金2000円、これはトーナメント人生初です。

ともあれエレキのみの参戦となりました。


雨、風吹く中、55lb、12Vでは遠くには行けないと思いながら、無事にポイント到着。

大潮初日、前日の寒波の影響も少なからずあると思い、

1/8ozのペグ留めなしテキサスリグを、葦の先端から奥までステイを長めに撃って行くと、

1kgクラスを1本キャッチ。

ライブウエルのスイッチを入れるも作動しない、急遽バケツで水を汲み応急処置、

残りの主要ポイントは3ヶ所、じっくり丁寧に狙っていくと、

700g、1kg、1kgと釣れ9時半までには入れ替えも出来き、リミット達成。

雨が降りしきる中ではあるものの、大潮パワーでバスが供給されるかもと

折り返し狙っていくが釣れず、残り時間1時間となったところで、

1匹目を釣ったポイントへ入ると違和感のないバイトが、フッキングすると700g

あったため、残念ながら更なる入れ替えは出来ませんでした。

帰りのバッテリーパワーを考慮すると残り30分はあるが帰着致しました。

結果は久しぶりの優勝

 

朝は運から見放されているかと思いましたが、

リミット揃えるまで誰ともバッティングしなかったことは運があったのかもしれません。

 

【タックルデータ】                 

テキサスリグ用

ロッド:TVC-68M  jingorome

リール:ABU

フック:がまかつ#1

ルアー :リトルレインズホッグ

ライン:フロロ10lb



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フィールドスタッフの島田です。

2016年度 津久井湖オープントーナメント 第1戦に参加してきました。

前日プラに入り、去年良かった上流域をチェックするが水質があまり良くなく断念、

プラ後半は中流域にシフトして名手ワンドを中心にチェックするとベイトとバスが回遊するポイントを発見。

3.5”カーリーシャッドダウンショットリグでチェックすると、

800gフィッシュがバイトしてきました。

この時期、冬水位で満水状態のためショアライン沿いは冠水植物が非常に多く、

必然的にオフセットを使用が前提となります。

しかし、カーリーシャッドのセールスポイントでもある

「頭部にくびれを持たせたことで、バイト時にはボディが折れ曲がり、深いフックアップ率を実現しました。」

という言葉通り、オフセットフック使用時において抜群のフッキングを見せてくれました。

大会当日、前日のポイントに直行するがレインコンディションのため状況が激変、

ベイトのレンジがサーフェイス~ディープレンジに分散してしまい、

狙っているポイントになかなかベイトが入ってきません。

なんとか粘って、1本目をキャッチするも期待はずれのサイズ。

そろそろ見切りを付けようと思った矢先にビッグバイト

ところが、正体は40㎝オーバーのニゴイでした。

これで見切りをつけて会場前に移動してしまったのが大失敗。

この後、一時的にカレントが発生して同エリアにて多数の選手がバスをヒットさせ、

上位入賞者もこのエリアから出ました。

会場前に移動して1本追加したがこれでは勝てません。

自分のミスでした。

使用リグはカーリーシャッドダウンショットリグ

バス2本、ニゴイ1本という釣果でした。

 

大会結果は、76名が参加して16位でしたが、

外道賞ニゴイをウェイインして、こちらは2位入賞となりました。

津久井湖オープン恒例の外道賞ですが、

地元津久井産のお米や野菜等の豪華景品が貰えるのです。

皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか?

これから冬本番。

1本釣れば入賞という厳しい世界になりますが、

頑張って結果を出したいと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは

大内 直美です!

先日のJB河口湖A最終戦9位入賞する事が出来ました!!

 

今回釣れた大きな要因

 

カットしたポークに染み込ませたセントパウダー!!
集魚効果がバツグンです!!
釣れる魚が大きいです!!(≧∇≦)

 


そしてウィードの濃い今の河口湖に最適な

 

レインTGスリムダウンショットシンカー1/4oz(環状タイプ)

 

今回はショートダウンショットで使用しました。

 

ウィードの、すり抜けも良くライン切れや、はずれによるロストが減ります。


特に今の時期は、環状タイプがお勧めです!!


環状アイの軽量DSシンカー

レイン TGラウンドアイスリムシンカー1/16oz~3/16ozも新発売されています。


是非河口湖で、お試し下さい(≧∇≦)

 

最終戦でバスプロ選手権の、権利も獲得出来ました。

 

苦節10年(笑)

今回入賞出来たのはこんな私をサポートしてくださる

レイン様のお陰と感謝しております。


有難うございました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




朝の気温も14°とかなり秋めいてきた精進湖

朝靄の中出船

まずはシャローを見て流すがバスの気配を感じないので、

昨年の秋に良かった沖にある水中島へ いい感じにベイトが入っている

5mから落ちるブレークにスモラバをキャッスト。

(スモラバ 1/16 HYPER F SKIRTBUR ブラック(細) エコ2.5Gテールサタン ブラック)

底をズル引いてると心地良いバイト!!!

アベレージサイズのバスをキャッチできた。

 

しばらくねばるが後が続かないのでポイント移動。

湖を半周したが全くノー感じ!!!

最初のポイントに戻ったらベイトがブレークからトップのウィードの絡むフラット部
に移動していた

スモラバ・DSとローテーション バイトはあるが乗せきれない

ライトキャロに変えると1発でフッキングに成功!!

アベレージサイズのバスをキャッチでえきた。

シンカーTG SLIP SINKER 3/32 エコ2.5Gテールサタン 霞ジンゴローム

 

 

この後ギルの猛攻に襲われ仕方なくポイントを移動 風の当たる岬に移動

岬の先端からスモラバをキャストで流して行くと、フォーリング中にバイト!!

コンディションの良いバスをキャッチする事ができた。

 

ここで同船している長田君に釣らせる為ガイドに徹する事にした。

とりあえず1匹と思い私が得意としてるエリアに移動

スモラバをひたすらキャストするがノーバイト

溶岩滞を流しなして行くと長田君に待望のバイト!!!

アベレージサイズのバスを釣らせる事が出来た。

 

その後は夕方のフィーディング場所で2匹のバスをDSで釣り終了。

DS DROP SHOT SINKER 1/16 ラウンドアイスリム エコ2.5Gテールサタン ブラック)

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、ふくしまの幕田です。

今回は3月14・15日に千葉県亀山ダムで行われた、


JBマスターズ第1戦に出場してきました。

初めてのフィールドということで、前週のプリプラ

2日と前日プラで試合にのぞみました。

亀山ダムはレンタルボートでエレキのみのため事前に

レインスタッフ橘内師匠にエレキをお借りし、前週プラ2日お供いただきました。

 プラでの亀山ダムの印象は流れが当たるところは岸からすぐ水深10~という具合に落ちるため、

逆のインサイドの水深6mより上に絞る。

有望なカバー(倒木・立木・竹)が多くて絞れないということで、プリプラでは橘内プロとカバーと

その沖を分担して探りました。水温が9℃濁りがきつい中

2日間でバイト3回という厳しい状況でした。

 そして、大会初日スタートが最後のため会場前の島まわりの水深3mのシャローを探るがノーバイト。

前週プラで唯一のバイトがあったのむらボート前で水深4mのところのオダに

Gテールサターン3・5インチのダウンショットで丁寧に探るがノーバイト。

このオダで前週2回バイトを得た確信的なポイントだったのでショック大!

このままゼロ帰着となった。


 そして、大会2日目スタートが最初だったためのむらボートをめざすが、

トキタボート前でエレキ2基がけのボート20艇ぐらいに抜かれそこで一旦とまり、

冷静になってトキタボート前で船団になっていた周りの選手のポジションをみてみると

水深8mだいに浮いていた。このままのむらボートをめざし

ても、前日ノーバイト+メインとしていポイントが6mより浅いレンジのかけあがりだったため、

まだこの水深にバスは少ないのかなと思いいくのをやめ、プリプラから気になっていたトキタボート対岸

のボディーウォーターが近くディープ隣接のはりだしなら水深6mから浅い所でもありかと思い、

そこの5mに沈むオダにスワンプミニグリーンパンプキン)にレイインズネイルシンカー0.9g

のネコリグで底からあまり浮かないように2回ふわふわと少し浮かせてとめるを繰り返して丁寧に探ると

とめていたときに待望のバイト!

慎重に取り込むと900gのナイスキーパー!


小場所だったためこの1本でみきり場所移動。5mフラットに沈むオダに同じリグ・アクションで

500gを追加。帰着しウェイン2本1400gたんじつ4位総合15位でした。

 今回も1匹のバスの価値の高さを感じる試合でした。

2本のバスを連れてきてくれたレインのワーム

そして、ボートをお借りしたトキタボート様、釣れないプリプラに付き合ってくれた橘内プロ。

応援してくれるみなさまに感謝します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはレインプロスタッフの大津です。

今年も後僅かですね。

みなさん今年はどんな年でしたか?

さて今回は今年最後の釣行。

良型のバスを釣り竿納めする事を目的とし、地元河川に行ってきました。

 

釣行数日前は雪が降り、めったに積もる事がないのに、かなりの積雪量。

尚且つ前日には冷たい雨と最悪なコンディション。

釣行当日。

たぶん水温も最低温度(4℃)になっていると仮定して、スローな展開になるだろ~と思い、フィールドに向かう。

朝の冷え込みを感じつつ水温を計るとやはり4℃。

これは間違いなく冬パターン。

そこで北風の影響を受けなく、水深があるポイントを選択。

まずはレインズスワンプミニ+タングステンネイルシンカー1/16ozをセットしたネコリグでボトムを探る。

ボトム着底後スローにズル引きし、時折ステイを入れる。

ズル引く際もなるべく移動距離を少なくして細かく探る。

この時期のバスはハイシーズンの様にルアーを追いかける事がなく、

目の前にきたベイトを捕食する事が多いので移動距離を少なくして狙う。

そしてハードボトムをズル引きした瞬間バイトが。

だがショートバイトで掛ける事が出来なかった。

その後バイトがないのでメタルバイブでリアクション気味に狙う。

リフト&フォールで狙うと違和感がありフッキング。

だが掛かってきたのはギル

一通り探ったが反応がなく、ポイントを移動するが、先行者がいて中々良いポイントに入る事が出来ない。

やっと入れる場所があり、再度冬バスを狙う。

入れた場所は五三川に隣接する野池。

水深はなく皿池。ショアラインにはストラクチャーが多く、沖は泥フラット。

そこで北斜面のストラクチャー周りをネコリグ(同リグ)で狙うがバイトがない。

そこでリグをネコリグからスモラバにチェンジ

1/16ozスモラバ2インチGテールツインをセット。

今度はボトムに沈んでいるオダにスモラバを絡ませながらズル引きさせるとラインが走った。

フッキングしやりとり開始。

だがいきなり杭に巻かれ数分後外す事が出来慎重に寄せ上がってき個体は今年を締めくくる良型な個体だった。

ここで満足することなく。次なる良型を狙いに行くが、バスから反応がないままストップフィッシング。

今回は低水温でもナチュラルに動いてくれる2インチGテールツインが活躍しました。

これからの時期に大活躍しますので、是非皆さん使用してください。

 

今年釣果レポートを観て頂いた皆さん有難うございました。

来年も宜しく御願いします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フィールドスタッフの島田です。

9月27~28日、野尻湖で開催されたマスターシリーズ第4戦に参戦してきました。

今年のマスターシリーズも、あっというまに最終戦を迎えることになりました。


年間順位も上位につけていることもあり、気合いを入れて9月に入ってから

プラにほぼ毎週入っていました。


色々と試行錯誤したが、結局は確実にバイトを得ることが出来るのはライトキャロでした。


あとバイト数は極端に少なくなってしまうが、フットボールジグでキロアップというパターンを見出していました。


ライトキャロにはGテールツイン2インチをメインに使用。


フォールやスイミングではそのまま使用するが、ボトムステイの時はカーリーテールをカットして使用します。


フットボールジグのトレーラーには、同じく3インチGテールツイン3インチがいい感じで、グッドサイズがプラでは釣れました。

そんな感じで魚を見失うことなく順調にプラをこなすことが出来たが、決してバイトを得るのは

イージーでなく、また大会が近付くにつれて釣れるエリアが少なくなり、ディープフラットに

おいても自分にはピンスポットでしか釣れず、エリアのバッティング等を考慮すると

5本揃えるのは厳しいという感触で大会を迎えました。

大会初日は今まであまり吹かなかった南風となり、それも結構強めに風が吹いて

タフコンディションに拍車をかけたようでした。


スタートから一時間程たったころ、攻めていたスポットをスモールの群れが通過していくのが

HDSに映り、抜けて行ったと思われるバンクに向かってGテールツイン2インチのライトキャロ

をキャストすると、着底する前にひったくっていくようなバイトがあり、900gサイズを無事にゲットしました。


しかし、スモール動きが早く2本目を追加しようと思った頃にはHDSには何も映らず真っ白…


しばらく粘るが、まったく回遊してくる気配、予感を感じなかったので別にスポットに移動しました。


しかし、今までのプラで魚映の濃かったこのスポットも非常にプアーな状況になっていたので、


風の影響をプロテクトするようなエリアに移動してGテールツイン2インチでもう1本追加して初日は終了。


2本1662グラム18位

 

2日目は風向きが北風に戻ったので、状況変化を期待して

お気に入りスポットに向かったが何事も起こらず…


このまま張り付いてもノーフィッシュとなる予感がして初日に2本目を取ったスポットに移動。


ここで、キロフィッシュを含む3本をキャッチし劇場開幕か?


5本揃うかも?

と思ったが現実は甘くなく、貴重な1バイトをミスフッキングして帰着となりました。


運命を分けたラストバイト。


2日目の成績は3本2364グラム10位


総合成績は7位入賞でした。


お立ち台までたった1ポイント差…


そして、年間ランキングは追い上げも届かず、4ポイント差の2位で残念ですが、


マスターシリーズ上位5名までの


年間特別賞を受賞出来たので満足です。

 

今大会のメインリグ:
ライトキャロにGテールツイン2インチ、
シンカーはタングステンスリップシンカー(グリーンパンプキン) 2.7g
フットボールジグのトレーラーにGテールツイン3インチ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




8/17に相模湖で開催されたチャプター東京第5戦の参戦レポートです。

今年になって初めてのチャプター戦となってしまい、また久しぶりの相模湖であったので

前日プラに入りました。


手強い秋山川からチェックして昼前には「スミマセンでした…」と秋山川を後にしました。

その後、スリップインバグをセットしたテキサスリグでカバーを攻めていくと

早速バイトがあり、サイズは小さいがスリップインバグでの初バスをゲット。

 

そして、今度は明らかにキロアップがバイト、カバーを交わして引き離そうとしたがラインブレイク…


残念でしたがスリップインバグのポテンシャルを感じ取れることが出来ました。


適度なウェイトと適度なマテリアルの硬さで、ストレスなくカバーを攻めることが可能で

ッキングが良くまた、ハイパーFスカートのアピールとぷるぷるとアクションする

パドルテールでバイトを誘います。

カバーが有効であるのが確認できたので、終盤は下流域のオープンウォーターを


最近ハマっているレインズスワンプエビミソカラー(今頃になってエビミソに開眼)


をセットしたダウンショットリグでチェックすることにしました。

すると、岩盤エリアで500gクラスがヒットしたのをきっかけに、エビミソ劇場が開幕。

翌日の大会も台風の影響による豪雨を懸念して延期となったので


キロアップ55アップを筆頭に久々に釣りまくりました!!

 

そして、一週間後に延期となったチャプター東京第5戦


台風による影響はあまりなく(自分には…)

 


先ずは本湖と桂川のインターセクションとなる勝瀬橋方面にバウを向けました。


岩盤エリアはベイトが全くいなくなっていたので見切って、勝瀬橋下流の一二三沖に移動。


フラット上にベイトが固まっているのとそれを狙うバスが多く回遊しているのに気付いた選手が

いなかったようでラッキーにもフラットエリアを独占することが出来ました。


結局、同エリアで入れ替えをしながらウェイトを伸ばすことに専念し、スリップインバグの出番は

なくなってしまいましたが、2本入れ替えて3本で2,580gのウェイトで

優勝することが出来ました。

ただ、1本キロオーバーをばらしてしまい、目標としていた3キロ台に届かなかったのが残念…

関東Cブロック参加の権利が獲得できたので、10月の津久井湖戦は

上位入賞出来るように頑張ります。

使用リグ:
ダウンショットにエコスワンプミニ、(エビミソ)のワッキー掛け
シンカーはタングステンダウンショットシンカー2.6g



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前日プラクティス


 梅雨による影響で 平水位より10cm増水しています 小雨まじりでのち曇り 東よりの風が強目に吹きました。


夏霞ヶ浦の定番 タテストをメインにし 牛堀から北上しました 。

沖のテトラの付近で 同船者がバイブレーションプラグがテトラに掛かり外れて着水したところバイトがあり 丹念に探るとノーシンカーリグに3バイト1フィッシュ(40cm)で好感触

その後 キャットフィッシュの猛攻にあっただけでプラクティス終了

 

 大会当日


 曇りでのち晴れ間がでるとゆう予報で朝一 風がない為 風が出てから沖のテトラに入ろうと決め

前大会に良かった本湖の水門まわりに直行 杭 水門まわり そして 大き目のシェードで スモラバでKupを釣り上げ これは シェードパターンかなと思い

前回 本湖~古渡で失敗しているので西浦へ 思っていたより水質が良く 西浦をランガンすることに決定

葦際で1700g位のと ドッグまわりからKupを釣り上げリミットメイクしました。

今日は 釣れていると思い4Kオーバーを目指し走り回りましたが 入れ替え出来ず終了となりました。


結果 3895g 2位 久しぶりのお立ち台 やっぱり お立ち台は 気持ちいいですね~。‼︎

 

 

スモラバ
 自作1/8ozスモラバ+レインズ2Gテールツイン(グリパン)

 ノーシンカーリグ
 レインズ エコ3ヘビースワンプ
 (グリパン)+レインズTGネイルシンカー1/64oz



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ